三振してしまうのはなぜなの?

三振してしまうのはなぜなの?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、野球で三振してしまうのは、
どうしてなんでしょうね?

試合で毎打席が三振だと、バッターボックスに
立つのも憂鬱になってしまうかもしれませんよね。

三振してしまう理由として、一番に考えられるのは、
基礎がまだきちんと身に付いていないのかも・・・。

なので、バッティングフォームやスイングなどを
もう一度見直してみてはいかがでしょう。

自分でチェックするだけではなく、
どなたかに客観的に見てもらうのも良いですね。

それに、
バッティング練習も大切なようです。

飛んでくるボールを
バットに当てるだけでも大変なのに、

それを前方に飛ばさなくてはいけないんですから、
振り遅れるわけにはいきませんよね。

つまり、打つタイミングを掴めるようになるまで、
何度も繰り返し、練習する必要があるようです。

バッティングセンターなどに行くのも、
有効な方法の一つなようです。

もし、練習では打てるのに、
試合になると三振してしまうという場合には、

メンタル面が弱いのかもしれませんね。

緊張のあまり、
いつものように体が動かなかったり、

本来の力を出せなかったりするようです。

この場合には、
バッティング技術を磨くのと同時に、

メンタル面も強化する必要があるようです。

ただ、試合になると
練習よりも打てなくなるのは、

ごく普通のことなようです。

バッティング練習の際には、比較的、
打ちやすい球を投げてもらえることが
多いようですよね。

試合形式の練習を行っても、チームメイトですから
ピッチャーの投げる球に慣れてしまっていますよね。

でも、試合では殆どの場合は初めて見る球ですし、
相手のチームのバッテリーとの駆け引きもあります。

選球眼や配球を予測することなども、
必要になるようですね。

楽天で見る⇒野球 打つ

関連記事
バッティングで必要な筋肉?
バッティングを効果的に練習?
バッティングで最も重要なのはタイミングの取り方?
バッティングで長打を打つには?
ティーバッティングのコツ?

スポンサードリンク


この記事へのトラックバック