バッティングで長打を打つには?

バッティングで長打を打つには?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、バッティングで長打を打つには、
上半身だけ、もしくは、手だけで打つのではなく、

全身で打つことが重要になるようですね。

体重をのせて、全ての力を打球にのせることで、
打球が遠くまで飛び、長打になるようです。

その為には、まず、バッティングフォームを
しっかりと固めることが大切なようです。

体を十分にひねって、下半身と上半身を
スムーズに連動させることが、

長打に繋がるようですね。

足腰を鍛える為に、走り込みをするのも、
長打力の強化に繋がるかも・・・。

それに、手首を鍛えること、
柔らかくすることも大切なようですね。

できれば、毎日、鏡の前で
回数を決めて素振りをして下さい。

その際に大切なのは、
素振りをする回数の多さではなくって、

精度になるようです。

つまり、やみくもにバットを振るのではなく、
一回ごとにちゃんとフォームを確認しながら振りましょう。

過剰で不適切な練習は、
腰などを痛める原因にもなるようですから、

練習方法やメニューには注意が必要なようです。

もし、体が小さくてなかなか長打が打てない
と悩んでいるのなら、

自分と同じ位の身長のプロ野球選手の
バッティングフォームを参考にしてみるのも良いようです。

例えば、イチロー選手や小笠原選手は
プロ野球選手としては小柄なようですが、

十分な長打力がありますよね。

体格的に恵まれていなかったとしても、
練習次第では長打を打てるようになるようです。

又、長打を打つ為には、ボールの芯に
バットを当てる必要もありますから、

実際にボールを打つバッティング練習も
欠かせないでしょうね。

楽天で見る⇒バッティング 長打

関連記事
バッティングで必要な筋肉?
バッティングを効果的に練習?
バッティングで最も重要なのはタイミングの取り方?
三振してしまうのはなぜなの?
ティーバッティングのコツ?

スポンサードリンク


この記事へのトラックバック