正しいアドレスのポイント?

正しいアドレスのポイント?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ボールを打つ際の構えであるアドレスは、
グリップやスイング、スタンスなどと同様に

とっても重要なようですね。

そこで、
正しいアドレスのポイントをまとめてみると、
・姿勢
・腕の形
・手順
など、これらの三つになるかも・・・。

まず、姿勢なんですが、両足を肩幅位か、
肩幅よりやや狭い位に開いたら、

膝を少し曲げて前傾姿勢になります。

この時、前傾姿勢でありながら、
背筋はしっかりと伸びていなくてはいけないようですよ。

更に、体重を前後左右に均等にかけ、
肩に力が入らないように

リラックスすることも大切なようです。

次に、腕の形なんですが、
正面から見た時に、左右の腕の長さがほぼ同じで、

両腕と肩で三角形に見えるというのが理想なようです。

鏡を使うなどして、なるべく左右の腕の長さが
同じになるように練習してみてくださいね。

それに、いいスコアの為には、
手順も重要になるようですよ。

常に一定の手順の通りに
アドレスに入ることによって、

精神統一することができるようです。

これは、
プリショット・ルーティンとも言うようで、

ジャック・ニクラスやタイガー・ウッズも
行っている方法なようですね。

具体的な手順は、
自分の好みに合わせて決めて良いようなので、

ぜひ、一定の手順を習慣づけるようにしましょうね。

ゴルフの上達が気になる方は、
楽天で見てみて⇒ゴルフ 上達

関連記事
ウィークグリップ?
ゴルフの基本用語?
ゴルフ場デビューで気をつけること?
ゴルフのスタンスの種類?
とりあえず最初は打ちっぱなしに行く?
最低限必要なクラブ?
正しいボールの位置?

スポンサードリンク


この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/449061579
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。