バスケットのディフェンスのコツ?

バスケットのディフェンスのコツ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ディフェンスのコツとしては、
とにかく抜かれないようにすることなようですね。

無理に止めようとすると、抜かれてしまったり、
フリーの選手を作ってしまいかねないようです。

できるだけオフェンスをコーナーに追い込むようにして、
リングに近づけさせないようにします。

そうすれば、いずれオフェンスは追い詰められて、
無理な体勢からパスしたり、

シュートせざるを得なくなるはず・・・。

強引にボールを奪おうとしたり、
相手のミスを誘うよりも、

簡単に入ってしまうようなシュートを打たせないことに
重点を置いてディフェンスしましょう。

又、相手がドリブルをしている際には、
相手を見ながら腰を落としてサイドステップなどで

移動しなくてはいけませんから、
下半身をしっかりと鍛えておく必要があるようですね。

それに、確実にシュートを防ぐ為にも、
シュートチェックの練習をしておいてください。

ジャンプのタイミングや跳び方などは、
何度も練習しないと、身につけられないかも・・・。

タイミングがずれると
シュートを入れられてしまいますし、

跳び方がまずいと
ファールになってしまうこともあるでしょうから、

試合形式の練習などで
実践的な練習をすると良いかも・・・。

バスケットで勝つ為のディフェンスが気になる方は、
楽天で見てみて⇒バスケット 勝つ ディフェンス

関連記事
バスケットのリバウンド上達のコツ?
バスケットボールのレイアップシュートのコツ?
バスケットの3ポイントシュートのコツ?
バスケットボールのダンクシュートのコツ?
バスケットのドリブルのコツ?
バスケットでパスをミスしない為には?

スポンサードリンク


この記事へのトラックバック