バッティング上達には素振りは必要?

バッティング上達には素振りは必要?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

上手くなりたい、打てるようになりたいと思うなら、
やはり、素振りはした方がいいでしょうね。

例えば、

イチローは、高校での三年間は一日も休まずに、
寝る前に10分素振りをしたそうです。

又、巨人寮には、松井が素振りをし過ぎた為に、
畳が擦り切れてボロボロになった松井部屋が

永久保存されているようですね。

それに、掛布は現役時代、
毎日500回の素振りをしていたようです。

このように、一流のバッターには
素振りを欠かさないでやっていた時期があるようです。

しかも、ただバットを振っていたのではなくって、
一振りごとにテーマを決めるなど、

集中して素振りしていたことが
あの打率に繋がっていたようですね。

例えば、実際にバッターボックスに
立っているところをイメージして、

投手が投げてくる球の速度や球種まで考えて振れば、
イメージトレーニングになるでしょう。

それに、素振りの際に、
バッティングフォームを確認して、

正しいバッティングフォームを維持することも、
とっても重要なことなようですね。

一日の回数を決めて、義務的に嫌々やるのではなく、
ポイントを押さえて効果的に素振りをするのが

効果的なようですね。

素振り用のバットが気になる方は、
楽天で見てみて⇒素振り バット

関連記事
バッティングに必要な筋肉?
バッティング上達の為に選球眼を鍛える?
自宅でできるバッティングの練習?
バッティングセンターで効果的な練習?
バットにボールが当たらない?
バッティングで飛距離を伸ばす?

スポンサードリンク


この記事へのトラックバック