剣道の段位のシステム?

剣道の段位のシステム?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、剣道の段位って、
いったいどういうシステムなんでしょう?

剣道を統括する団体には、
全日本剣道連盟と日本剣道協会があるようで、

それぞれが独自の基準で審査や授与を行っているようです。

ですが、警察官や皇宮護衛官などの公務員の
武道区分採用の受験資格として認められるのは、

全日本剣道連盟の段位だけなようですから、
全日本剣道連盟が主流と言えるようですね。

全日本剣道連盟の段位システムには、
級位(六級から一級)、段位(初段から八段)、

称号(錬士・教士・範士)があるようですし、
実技(2級以上は剣道形も含む)と

学科(級位審査は実技のみ)で審査を受け、
合格すると得られるようです。

段位(初段以上)の取得者は、
個別に割り振られる全剣連番号で管理されており、

昇段審査を受ける際にもこの番号が必要となるようです。

又、基本的には、
級位の審査は市町村単位の支部剣道連盟が主催し、

初段から五段までの審査は都道府県の剣道連盟が
主催して行うことが多いようです。

六段以上の審査は、
全日本剣道連盟が主催して行っているようで、

主要都市で年に4回から
8回(段位によって異なる)開催されているようです。

二級以上の受審には受審条件があるようで、
特に称号は、加盟団体の会長に推薦された

高段者(六段以上)のみが受審可能なようですね。

剣道の段位のことが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒剣道 段位

関連記事
剣道用具の手入れの仕方?
剣道の昇段審査で合格するには?
剣道にはどんな技があるの?
剣道で強くなる為の練習?
剣道を始める為には何が必要?
剣道ってどんなスポーツ?

スポンサードリンク