ゴルフメーカーのフォーティーンの特徴は?

ゴルフメーカーのフォーティーンの特徴は?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。1981年に有限会社としてフォーティーンを設立した竹林隆光さんには、ゴルフクラブの設計家としての実績は勿論なんですが、ゴルファーとしても日本オープンベストアマという輝かしい実績があるようですね。

それだけに、フォーティーンのゴルフクラブは、全てのゴルファーがワンランク上を目指せるように作られているようです。フォーティーンのゴルフクラブの特徴はと言うと、どなたでも簡単にスピンがかけられることでしょうか。

拘りのエッジをきかせたスコアラインにより、抜群のスピン性能を生み出しているようです。フォーティーンの製品の中でも、特にアイアン・ウェッジには定評があるようで、スピン性能や方向性が高く評価されているようです。

設計が絶妙ですから、ゴルフ初心者でもプロ並みのショットを実現させることが可能になるようですよ。飛距離を伸ばすことよりも、ウェッジで正確な距離を打ち、コントロールすることを意識して、今まで打つことができなかったショットが打てるゴルフクラブを目指しているようです。

フォーティーンでは、新商品の開発時には、ターゲットの的を絞り、どんな性能を持たせるかを明確に決定した上で開発されているそうです。例えば、MT-28V4ウェッジは、モデルによってソール幅やバンス角が細かく設計されているようで、自分に合ったクラブを選ぶことができるようです。

ヘッドの重量が適度に上部に配置されることで、ヒッティングポイントを一定に保つことが難しい状況でも、フェースの向きを一定に保つことが可能なようです。つまり、しっかりとボールを捉えて打つことができるようです。

その為、ボールにきちんとスピンをかけることができて、安定したショットへと繋がるかも・・・。又、トップを斜めにカットするなどの工夫でデザインもシャープな印象になっていますし、ノーメッキの黒染めが選べるのも魅力なようですね。

楽天で見る⇒ゴルフ フォーティーン

関連記事
ゴルフメーカーのミズノの特徴って?
ゴルフメーカーとしてのヤマハの特徴は?
ゴルフメーカーのプロギアの特徴は?
ゴルフメーカーのマグレガーの特徴は?
ゴルフメーカーのウイルソンの特徴は?

スポンサードリンク


プロゴルファーのゴルフスイングの特徴?

プロゴルファーのゴルフスイングの特徴って、どんな事があるんでしょう?参考になるかもしれませんよね。そこで、プロゴルファーのゴルフスイングの特徴について、簡単にご紹介しますね。片山晋呉プロは2000年の賞金王以来、常に賞金王レースに絡んでいるんですよね。片山プロのゴルフスイングの特徴って言うのは、インパクト周辺でのシャフトプレーンと、フェースアングルの安定度にあるようです。アドレス時のシャフト角度が、インパクト時で殆ど変わらないようです。これは、上半身の前傾姿勢が保たれている事から可能になっているんですね。又、グリップが腰の高さでのダウンスイングとフォロースルーでのフェースの向きは、インパクトを挟んでの半円のゴルフスイング中にクラブフェースが左右対称に回転して、しかもゾーンでボールを捕らえているんです。これらは、腕と身体が一体となってスイングしているから可能となるもののようです。

上田桃子プロはここ一、二年で急速に実力を付けて活躍している、今、一番注目の女子プロゴルファーなんですよね。上田桃子プロのゴルフスイングは、スタンスは肩幅よりも広めにとり、振り遅れないように、しっかりとインサイドから振り抜いているんですね。それは、トップからの切り替えしの時に、打ち急がずに、上半身で最大限に我慢したあと、クラブヘッドを上手く走らせているから、小柄な身体にも拘らず、飛距離を出しているようです。古閑美保プロは小学生の時は野球少女で甲子園を目指していたようです。古閑プロのゴルフスイングの特徴は、滑らかなスイングテンポにあるようです。身体能力が高い事から、飛距離もよく出るようです。二つ目の特徴は、シャフトプレーンの軌道と、クラブフェースのコントロールが抜群に良い事なようですね。少しでも参考になると良いのですが・・・。

楽天で見る⇒ゴルフスイング

関連記事
ゴルフの基本スイングの練習法?
ゴルフスイング時の体重移動って?
ゴルフスイングの理論?
ゴルフスイングを動画で学ぶ?
ゴルフスイングの基本って?
ゴルフはスイングが大事?

スポンサードリンク


ゴルフの基本スイングの練習法?

ゴルフの基本スイングの練習法ってどうすれば良いの?っていう方もいらっしゃるかもしれませんね。そこで、ゴルフの基本スイングの練習法について、簡単にご紹介しますね。アプローチでのゴルフスイングの基本を習得する為の練習法として、左脇にタオルを挟んでボールを打ってみるのが良いようですね。小手先でのアプローチショットであれば、左脇が開いてタオルが落ちてしまいます。バックスイングをインサイドに引くと左脇が開いてしまうので、タオルが落ちてしまうんですよね。又、フィニッシュで左脇が開くと、クラブの方向性にばらつきが生じ、その結果、ボールの方向性も安定しないようですね。左脇のタオルを落とさないようにクラブを振る事が出来れば、身体と腕が連動して動いているという事になります。

小さなゴルフスイングでも、身体と腕を連動させる事が出来れば、方向性と距離感は確実に良くなるでしょう。ダフリが多い方は、ボールをティーアップして、ミドルアイアンでボールのみをクリーンに打つ練習をしてみましょう。ティーアップされたボールを、5番アイアンから7番アイアンで打つんです。ボールをクリーンに打たないと、クラブヘッドにティーが当たった鈍い音がするはずです。ボールがフェースの中心にクリーンにヒットすれば鈍い音は聞こえてこないはず・・・。又、ボールの弾道は大変力強いものになるはずですよ。練習場では左右のどちらかの足を、ボールを入れるかごの上に乗せてゴルフスイングの練習をしてみましょう。かごの上に足を乗せてゴルフスイングをする事によって、スイングの軌道を修正する事が出来るようですよ。ゴルフスイングが上手になるとと良いですね。

楽天で見る⇒ゴルフスイング

関連記事
プロゴルファーのゴルフスイングの特徴?
ゴルフスイング時の体重移動って?
ゴルフスイングの理論?
ゴルフスイングを動画で学ぶ?
ゴルフスイングの基本って?
ゴルフはスイングが大事?

スポンサードリンク


ゴルフスイング時の体重移動って?

ゴルフスイング時の体重移動って、どうすれば良いの?っていう方もいらっしゃるかもしれませんね。ゴルフをしている方なら、どなたもが飛ばしたいと思っているでしょうね。ですが、力んでしまう事と、力が入るようにスイングする事って、全く違う事なんですよね。アマチュアのゴルファーの多くの方は、自分の持っている力をボールに伝えられていないようです。つまり、ゴルフスイングでは、スイング時の体重移動がとっても重要なようです。なので、ゴルフスイング時の体重移動について、ちょっと簡単にお話をしてみますね。

ゴルフスイングのスイングモーション(一連の動作)は、身体の動きと腕の動きの二つに分かれるようです。更に、身体の動きは、ショルダーターン(肩の回転)とウエイトシフト(体重移動)に分かれるようです。ウエイトシフトとは体重移動を言い、バックスイングでは右に、フォワードスイングでは左に、スムースに体重移動を行わなければいけないようです。アドレス(ゴルフで、スタンスをとり、クラブを構えて打つ姿勢をとる事をいいます)した時は、両足均等に、トップでは八割方右足に、フィニッシュでは九割方左足に体重を掛けます。アドレスで右に体重を掛け過ぎると、バックスイングはしやすいようですが、すくい上げるスイングになるようで、トップボールが出やすくなるようです。又、インパクトで左腰が引けて、引っ掛けたり、スライスボールも出やすくなるようですね。左に体重を掛け過ぎると、バックスイングで肩が回りにくく、手打ちになりがちなようですよ。又、トップで前傾姿勢が起き上がり、インパクトで体が突っ込み、トップやダフリ、右にプッシュアウトする等、いろいろなミスに繋がるようですね。

楽天で見る⇒ゴルフスイング

関連記事
プロゴルファーのゴルフスイングの特徴?
ゴルフの基本スイングの練習法?
ゴルフスイングの理論?
ゴルフスイングを動画で学ぶ?
ゴルフスイングの基本って?
ゴルフはスイングが大事?

スポンサードリンク


ゴルフスイングの理論?

ゴルフスイングの理論?何か難しそうですが、ゴルフの基本となる事なので、簡単にゴルフスイング理論(ゴルフスイングの基本)についてご説明しますね。アマチュアゴルファーにとって、シングルプレイヤーっていうのは、憧れの的ですよね。アマチュアが、プロゴルファーがインパクト直前でコックをため、すばやく腰で切る連続写真を模倣してスイングしていたのでは、良いスイングは作れないようです。数あるゴルフスイング理論なんですが、ここでは、アマチュアのゴルフスイング理論を一つご紹介してみますね。

先ず、クラブシャフトの動き、いわゆるコックは、常に両腕の中で動かすのが基本のようです。プロゴルファーのダウンスイングやインパクトの写真のイメージを持ってはいけないようですね。次に、スタンスは、背筋を伸ばし、やや立ち気味で、下目使いでセットして下さい。丸まった背中では良いスイングは出来ないようです。上手に出来ない方は、一度セット後、いったん背筋を伸ばして立ち、そのまま腰を折れば良いかも・・・。スイングの軸である背中(背骨)を意識する事が大切なようです。テイクバックは、腕で上げるのではなく、背骨を軸とし肩(上半身)の回転で行います。この時、左肩が落ちないように、水平気味のイメージで回す方が良いようですよ。トップでは、右下半身がスウェーしないように、右足土踏まずの内側、下肢の内側の筋肉に力を入れて緊張を持たせ、上半身の捻りを受け止めます。この時、左肩は飛方向より後方である右に移動し(右利きの場合)、ボールを左気味に見る事となります。インパクトからフォロースルーでも、クラブシャフトは両腕の中で縦に返ります。いかがでしょうか。こんな事を心掛けながら、ゴルフスイングをしてみてはいかがでしょうか。

楽天で見る⇒ゴルフスイング

関連記事
プロゴルファーのゴルフスイングの特徴?
ゴルフの基本スイングの練習法?
ゴルフスイング時の体重移動って?
ゴルフスイングを動画で学ぶ?
ゴルフスイングの基本って?
ゴルフはスイングが大事?

スポンサードリンク


ゴルフスイングを動画で学ぶ?

ゴルフスイングを動画で学ぶ?これって、気になりますよね。ゴルフ初心者の方は、ゴルフスイングをレッスンプロに教えてもらうのが最も効果的なようですよね。でもなかなか時間が無方が多いのでは・・・。そんな方には、動画で学ぶ教材がお勧めなんですよね。レッスンプロに習うよりは時間も自由ですし、“ゴルフの肝”を学ぶ事が出来るでしょう。”V1ゴルフ 日本語版ゴルフスイング分析ソフト”は自分のスイングを研究、分析したりする事に大きな威力を発揮!動画をベースとした双方向のゴルフスイング学習システムのようですね。DVカメラでスイングを撮影すれば、簡単にPCにキャプチャー出来るようです。そして、このソフトがあなたのスイングの問題点を指摘し、その修正方法を呈示してくれるソフトのようです。

”現役ツアー・プロの簡単・速効ゴルフ上達法!『4Days』レッスン!”は、現役ツアープロの小池智徳さんが公開した、4日間で学ぶゴルフ上達法のようです。ゴルフ初心者〜中級者を対象に動画と文章の両方で、現役ツアープロも実践しているゴルフ上達のコツを、シンプルに分かりやすく説明してくれてるようです。色んなゴルフ雑誌を読みあさって、正しいスイングが分からなくなってしまっているゴルファーには、良いかもしれませんね。”内藤雄士のDVDで必ず上手くなるゴルフスイング”は、本と動画で正しいグリップと構え方、正しいスイング等の基本から、スイングプレーンとフェースコントロールまでを完全マスター出来る教材で人気となっているようです。この他にも、DVDやビデオ、動画でゴルフスイングのレッスンを受ける事が出来るDVDが多数発売されているようですね。

楽天で見る⇒【送料無料】内藤雄士のDVDで必ず上手くなるゴルフスイング

関連記事
プロゴルファーのゴルフスイングの特徴?
ゴルフの基本スイングの練習法?
ゴルフスイング時の体重移動って?
ゴルフスイングの理論?
ゴルフスイングの基本って?
ゴルフはスイングが大事?

スポンサードリンク


ゴルフスイングの基本って?

ゴルフスイングの基本って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。ゴルフスイングって言うのは、アドレスから始まるようです。このアドレスとは、ゴルフで、スタンスをとり、クラブを構えて打つ姿勢をとる事を言うんですね。正しいアドレスが行われないと、正しいゴルフスイングに繋がっていかないようで。正しい構えは、ゴルフスイングの基本姿勢のようですね。スイングする前に、正しい構えをしなければミスが必ず出てくるようです。同じスイングを繰り返す為には、ゴルフのスイングはシンプルでなければなりません。

アドレスの基本は、
1.スタンスは肩幅に開く。
2.膝は軽く曲げる。膝はリラックスして柔らかく構えるようにすると良いようです。
3.お尻を少し突き出すようにすれば、体と腕の間にゆとりが出来て、スムースにスイングが出来るようです。
4.軽く会釈をする程度の前傾姿勢を作る。
5.体重はややつま先よりに置く。
6.腕はリラックスして構える。
7.肩、腰、足のラインを、ターゲットラインに平行にする。
などが、基本になるようです。

次に、ゴルフスイングの基本についてお話してみますね。人間の身体の自然な動きの中から、ボールをより遠くへ、より正確に飛ばす為の要素をまとめたものがスイングモーション(一連の動作)のようですね。このスイングモーションは、身体の動きと腕の動きの二つに分かれるようです。更に、身体の動きは、ショルダーターン(肩の回転)とウエイトシフト(体重移動)に、腕の動きはフォーアームローテーション(前腕の回転)とヒンジング(肘の折り畳み)に分けられるようです。ショルダーターンとは肩の回転を言い、バックスイングでは右に、フォワードスイングでは左に肩を回転させます。肩と背骨のラインが作るTの字を崩さずに回転させるのが、ゴルフスイングの基本のようですね。基本を守る事が、ゴルフが上達する事に繋がるようですね。

関連記事
プロゴルファーのゴルフスイングの特徴?
ゴルフの基本スイングの練習法?
ゴルフスイング時の体重移動って?
ゴルフスイングの理論?
ゴルフスイングを動画で学ぶ?
ゴルフはスイングが大事?

スポンサードリンク


ゴルフはスイングが大事?

ゴルフはスイングが大事なようですね。ゴルフという競技では、ゴルフスイングをした回数を数えていきますよね。つまり、ゴルフスイングをした回数が少なければ少ないほど上手である、という事なんです。この時には、打数を数えていく事になるんですが、ドライバーも1打として数えますし、パットも1打として数えます。ゴルフのスコアを良くする為には、パット数も減らさなくてはなりません。ゴルフスイングは、ボールをより遠くへ、より正確に飛ばすという二つの目的を同時に果たさなくてはいけないようです。

ゴルフスイングの理想って言うのは、毎回同じスイングが出来る、事なようです。状況やクラブが変わっても、毎回同じスイングが出来れば、ボールを正確に飛ばす事が可能になりますよね。ですが、現実的には、毎回同じようにスイングをする事って、とっても難しい事ですよね。練習場で素振りをしている時は、基本的に毎回同じ軌道でスイング出来ているのに、コースに出た途端、自分のスイングが一定ではなくなってしまう事って、ありますよね。それは、ボールに当てにいくスイングをしているからのようですね。つまり、素振りの時は、ボール(目標物)が無い為、常に自分のスイングが出来るようですが、意識が目標物にいく事で、無意識のうちに、目標物に合わせるようなスイングをしてしまっている、という状態になってしまうようです。スイングの調子が悪くなってきたな、って感じたら、最初にスイングを修正しようとするのではなくって、自分のスイング軌道にボールがセットされているかを確認するのが良いようですよ。ゴルフスイング、上手になると良いですね。

関連記事
プロゴルファーのゴルフスイングの特徴?
ゴルフの基本スイングの練習法?
ゴルフスイング時の体重移動って?
ゴルフスイングの理論?
ゴルフスイングを動画で学ぶ?
ゴルフスイングの基本って?

スポンサードリンク