ゴルフのティーアップでのルール?

ゴルフのティーアップでのルール?何なに、どんな事って思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。ゴルフルールの中でも最低限知っておかなければならない事として、このティーアップでのルールがあるようです。最初にボールを打ち始める時は、台座(tee)に乗せて打ちますよね。このティーを刺す場所をティーグラウンド(teeing ground)と言い、この最初の一打の事をティーショット(tee shot)と言うんですね。ここでボールを打ち始める事をティーオフ(tee off)と言い、打つ前にボールをティーに乗せる事を、ティーアップ(tee up)と言うんです。

ティーショットは、ティーマーカーによって定められた正しいティーグランドの区域内にティーアップをして、打たなければならないというルールがあるようですね。もし、正しい区域内から打たなかった場合は、打ち直さなければならないようですし、ストロークプレーであれば、2打罰が科される事になるようで、間違ったティーからショットをした場合でも、同様のペナルティーとなるようです。競技では、ティーの少し前から打ったり、間違ったティーからプレーをしないように気を付けましょうね。フェード、スライス系のボールで打つ場合は、ティーグランドの右側に、ドロー、フック系のボールで攻める場合は ティーグラウンドの左側にティーアップをするのがルールとなっているようです。ティーアップの高さは ショートアイアンが最も低く、クラブが長くなるに従ってティーアップを少し高くし、ロングアイアンで5ミリから1センチ程度となるのが通常なようですね。ゴルフでは、ティーアップでのルールも、しっかりと覚えておかなくてはいけないようですね。

関連記事
ゴルフのフラッグについてのルール?
ゴルフのゴルフ道具のルール?
ゴルフの障害物のルール?
ゴルフの禁止事項?
ゴルフのローカルルール?
ゴルフで最低限の基本ルールって?

スポンサードリンク


ゴルフのフラッグについてのルール?

ゴルフのフラッグについてのルールは、ご存知でしょうか?ゴルフルールの中でも、最低限知っておかなければならない事として、このフラッグについてのルールがあるんですね。グリーンの上のカップの位置は毎日変更されるようですが、その場所が遠くからでも分かるように、旗が立っていますよね。この旗を、フラッグ(flag)、又は、ピン(pin)と言います。 ロングパットをする時など、フラッグスティックを同伴プレーヤーに持ってもらう事もあるかも・・・。これをアテンドしてもらうとも言うようですね。その行為に係わるルールについても、正しい理解をしておく必要があるようです。

グリーン上からパットしたボールが フラッグスティックに当たるという場合、ストロークプレーであれば 2打罰となるようですし、マッチプレーであれば、そのホールの負けというペナルティーが科されるルールになっているようです。フラッグに誰もアテンドしていない状態で、グリーン上にあるボールをパットしてしまい、ボールが転がっている途中で 気が付いてフラッグを抜いた場合には、以前はストロークプレーであれば 2打罰が科されましたが、2008年のルール変更で罰則が無くなったようですね。つまり、ボールを打ってから気が付いて、フラッグやクラブを動かした場合は、それを避ける事が出来たとしても、当たる可能性があると思われるものを動かした場合は 障害物の除去に関するルールの罰則が適用されてきたんですが、2008年のルール変更で フラッグ (アテンドしているいないに係わらず)や道具(誰の道具かに係わらず)を動かす事が出来るようになったようで、罰則の適用がなくなったようですね。

関連記事
ゴルフのティーアップでのルール?
ゴルフのゴルフ道具のルール?
ゴルフの障害物のルール?
ゴルフの禁止事項?
ゴルフのローカルルール?
ゴルフで最低限の基本ルールって?

スポンサードリンク


ゴルフのゴルフ道具のルール?

ゴルフのゴルフ道具のルール?って思われる方もいらっしゃるでしょうね。ですが、ゴルフルールの中でも最低限知っておかなければならない事として、ゴルフ道具のルールがあるようです。ゴルフ道具に関するルールでは、用具の規則として、クラブの適合性については、グリップ、シャフト、クラブヘッドの各種仕様について細かく適合性に関する基準が定められているようです。ゲームに使用しなくとも 不適合なクラブがバッグに入るだけで、ルール違反となるようで、その場合の罰則は、失格となるほど厳しいもののようですよ。

反発係数 (COR) が一定の値 (0.830) を超える高反発モデルは不適合となっているようで、正式競技のルール上は使用禁止となっているんですね。又、14本以上のクラブをバッグに入れていた場合は、それを発見した時点で、直ちに競技委員、同伴競技者、マーカー等にその事実を報告する義務がああるようです。そして、その場合のペナルティーは、1ホール目で発見した場合は、ストロークプレーであれば二打罰、マッチプレーであれば、そのホールの負けとなるようです。又、2ホール目かそれ以降で発見した場合は、ストロークプレーであれば四打罰、マッチプレーであれば、最大、2ホールの負けのペナルティーが科される事になるようです。通常のプレーによって、クラブがラウンド中に損傷を受けた場合は、次のような取り扱いとなります。そのクラブをそのまま使い続ける、プレーが遅れないことを条件に、そのクラブを修理する、クラブが使用に耐えないような状況の場合は、他のクラブと取り替える。ゴルフのゴルフ道具のルールも、よく知っておく必要があるようですね。

関連記事
ゴルフのティーアップでのルール?
ゴルフのフラッグについてのルール?
ゴルフの障害物のルール?
ゴルフの禁止事項?
ゴルフのローカルルール?
ゴルフで最低限の基本ルールって?

スポンサードリンク


ゴルフの障害物のルール?

ゴルフの障害物のルール?何、なに?って気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。ゴルフルールの中でも最低限知っておかなければならない事として、この障害物のルールがあるようです。 ルースインペディメント(Loose Impediment)とは、コース上にある固定されていない石、木の葉、木の枝、ミミズ、動物の糞、虫類、その他類似のもの、及び、その放出物などの障害物の事なようですが、ボールの付近に有る場合は それを取り除いてプレーをする事が出来るようです。但し、ルースインペディメントを取り除く事によってボールが動くと、一打罰が科されてしまうようですね。石や小枝等でも、土に深く埋まっていて固定されていると判断されるものや成長しているもの、又、球に付着しているもの等は、ルースインペディメントの障害物には該当しないようですから、二打罰が科されてしまうようです。

コース内のハザードでは ルースインペディメントにクラブが触れたり取り除いたりすると、二打罰のペナルティーが科されるようです。ルースインペディメントに関するルールには 間違いやすいルールが多いので整理して覚えておきましょうね。例えば、砂や散らばってある土なんですが、パッティンググリーン上に有る場合は、ルースインペディメントと判断されるようですが、それ以外の場所では違ってくるようです。雪と自然の氷は、プレーヤーの選択で、カジュアルウォーターかルースインペディメントとして処置する事が出来るようですが、露と霜は違うようですよ。更に、ルースインペディメントの障害物に、手やクラブで触れる事が出来ないというルールがあるようですね。障害物のルール、紛らわしいですが、しっかりと覚えなくてはね。

関連記事
ゴルフのティーアップでのルール?
ゴルフのフラッグについてのルール?
ゴルフのゴルフ道具のルール?
ゴルフの禁止事項?
ゴルフのローカルルール?
ゴルフで最低限の基本ルールって?

スポンサードリンク


ゴルフの禁止事項?

ゴルフの禁止事項?って思われる方もいらっしゃるでしょうが、ゴルフルールの中でも、最低限知っておかなければならない事として禁止事項があるようです。例えば、ボールを打つ前に障害となりそうな小枝を取り払ったり、地面をならす行為は禁止事項のようですよ。それに、バンカー内で打つ前に砂を動かしたり、グリーンの状態を確かめる為にボールを転がしたりしてはいけないようです。ボールは必ず打たなければならない事になっているんですね。又、クラブで押したりすくったりしてもいけないようで、これも禁止事項のようですね。ティーグラウンドの周辺での練習スイングやパットの練習は問題ないようですが、同組のプレーヤーの邪魔になってはいけないようです。

障害物には動かせるものと動かせないものがあるようです。動かせる障害物とは、偶然コース内に放置されているものと、ある目的の為にそこに設置されているものがあるようです。プロの大会では、ギャラリー用のロープやポールなどがそれに当たるようです。動かせない障害物とは、コースの維持、又は、プレーヤーの便利の為に設置、又は、建設された人工の物件の事なようです。固定物には、コースの境界を示すOB杭などがあります。これは固定物であって障害物ではないので、邪魔になっても抜く事は出来ないようです。構築物とは、コースの造形上必要な構築物で、ティグラウンドの人工芝マットや石垣、土手の補強壁などがあるようです。これらの構築物もOB杭同様、ペナルティ無しに救済する事は出来なくなっているようですね。ゴルフの打順(ティーショットの順番)は、前のホールで一番スコアの良かったプレーヤーから順にティーショットを行うようですね。

・打順を間違えてしまった場合
  ティーショットの打順を間違えた場合にペナルティはなく、
  そのまま球はインプレーとなり訂正してはいけないようです。
  又、遠球先打(グリーンに遠いプレーヤーから打つ)の順番を間違えてもペナルティはなく、
  これも訂正していけないようですね。
・ドロップの方法
  ゴルフのドロップは、まずプレーヤー自身がしなければいけないようです。
  プレーヤーは直立し、球を持った腕を水平に伸ばして球を落とさなければいけないようです。
・マークの方法
  ゴルフにおけるマークの方法は、マーカーはホールに対して球の直後に置くべきである。
  ホールに対して球の左側もしくは右側においても反則にはなりませんが、マナーとして
  直後に置くべきでしょう。
・暫定球の条件
  ゴルフのプレーでOBが出た時やボールを紛失した時は、
  プレーヤーは元の位置から球を打ち直さなければなりませんが、
  打ち込んだ箇所に来てはじめてトラブルが分かった場合、打ち直しに時間が掛かるので、
  時間節約の為にあらかじめ打ち直しをしておく暫定球のルールがあります。
・暫定球の宣言
  ゴルフでは、OBが出たと思われる時やボールを紛失したと思われる時は、
  プレーヤー自身の判断で暫定球を打つことが出来ます。
  プレーヤーが暫定球のプレーを決めた時は、必ずその意志を同伴競技者に
  告げなければなりません。
  宣言せずにそのままプレーすれば、初めに打った球は紛失球となるので、注意しましょう。

関連記事
ゴルフのティーアップでのルール?
ゴルフのフラッグについてのルール?
ゴルフのゴルフ道具のルール?
ゴルフの障害物のルール?
ゴルフのローカルルール?
ゴルフで最低限の基本ルールって?

スポンサードリンク


ゴルフのローカルルール?

ゴルフのローカルルールって、どんなルールなんでしょう?ゴルフルールの中でも、最低限知っておかなければならない事として、このローカルルールがあるようですね。ローカルルールって言うのは、ゴルフ場やコンペ等で定めたゴルフのルールブックに明記されている内容以外の、その独自のルールを総称してローカルルールと呼んでいるようですね。ローカルルールは、ルールブックで認めるタイプのローカルルールと、ルールブックで認めないタイプのローカルルールに大きく分類する事が出来るようですね。

ルールブックでは、付属規則に示す方針と矛盾しないものであれば 地域的な異常な状態に対応する為ローカルルールを作る事が出来るとされているようです。つまり、6インチプレースや OB、ロストボールの前進の2打罰等が、最も一般的なローカルルールとして、日本ではよく採用されているようですね。コースの状態が悪い時のローカルルールとして、ボールを動かす事を許す場合があるようですが、そのルールの決め方は、フェアウェーのみでも、スルーザグリーンとしても良いとされているようです。コースの状態が悪い時のローカルルールですから、コンディションが良い時には、全てノータッチが本来のゴルフの精神というべきでしょうね。バンカー内の石についても、一定の大きさ以上の石は、ローカルルールで動かせる障害物として取り除く事が出来るのが一般的なようです。レクリエーションとしてプレーをする時は、コースの状態が悪ければウィンタールールでプレーをしても良いでしょう。

関連記事
ゴルフのティーアップでのルール?
ゴルフのフラッグについてのルール?
ゴルフのゴルフ道具のルール?
ゴルフの障害物のルール?
ゴルフの禁止事項?
ゴルフで最低限の基本ルールって?

スポンサードリンク


ゴルフで最低限の基本ルールって?

ゴルフで最低限の基本ルールって、どんな事があるんでしょう?ゴルフは、スタート地点からクラブ(club)を使ってボールを打ち、目標とする旗の立っているホール(hole)まで何打でボールを入れる事が出来るかを競うゲームなんですよね。目標のないゴルフはただの散歩だ、って言った有名なゴルフプレイヤーがいたようですが、スポーツとしてのゴルフには、基本ルールから細かいルール、ローカルルール等たくさんのゴルフルールがあるようですよね。日々のラウンドが、どこでも公平且つスムースに行えるように、ローカル・ルールがコースごとにあるようですね。ですから、ゴルファーは、そのクラブでプレーをする限り、それを守る義務もあるんですね。

ルールの適用には プレーヤーがその置かれた状況を、ルールで定義されている用語や条件に従って解釈し、判断するというという事になるんですよね。コースに出る前に、スコアカードの裏面に載っているローカルルールを読んでおきましょう。自分のボールには目印(マーク)を付けておきます。他のゴルファーが同じブランド、番号のボールだと区別出来なくなり、ロストボール(紛失球)になってしまうからのようですね。プレイヤーが持ってスタート出来るクラブの数は、14本以内と決められているようですし、他のプレーヤーからクラブは借りられません。それに、プレー中は、練習ストロークをしてはいけませんが、練習スイングは構わないようですね。又、空いているグリーンでの練習は禁止されているようですが、練習用グリーンは良いようですね。ゴルフって言うのは、プレーヤー自身が審判員となるようなので、一人一人がルールを守らなければいけないようですね。

楽天で見る⇒ゴルフ 基本ルール
在庫切れの場合は、ご容赦ください。

関連記事
ゴルフのティーアップでのルール?
ゴルフのフラッグについてのルール?
ゴルフのゴルフ道具のルール?
ゴルフの障害物のルール?
ゴルフの禁止事項?
ゴルフのローカルルール?

スポンサードリンク