アイアンの種類や特徴って?

アイアンの種類や特徴って?と、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

アイアンと言うのは、距離を打ち分けることを
目的としたゴルフクラブのことなようですよね。

アイアンは、
飛距離よりもボールをコントロールし、

狙ったところに持っていくことを
重視して作られているようで、

ウッドクラブよりもヘッドが薄く
シャープな作りになっているようです。

クラブヘッドは、
その殆どが鉄製なようですね。

アイアンは、通常3番からSWまでの
セットで構成されていて、

用途別に3番〜9番、PW(ピッチングウェッジ)、
AW(アプローチウェッジ)、SW(サンドウェッジ)の
四つのグループに分類されるようです。

具体的には、
・3番、4番のロングアイアンは、
  160〜200ヤードを打つ際に使用
・5番〜7番のミドルアイアンは、
  130〜160ヤードを打つ際に使用
・8番と9番のショートアイアンは、
  100〜130ヤードを打つ際に使用
・PW(ピッチングウェッジ)は、
  100ヤード以内で使用
・AW(アプローチウェッジ)は、
  アプローチショットで使用
・SW(サンドウェッジ)は、
  バンカーから脱出する際に使用
などとなってるようです。

又、アイアンは、
構造別に三つに分類されるようですね。

一つは、フェースの後ろが凹んだ形状に
なっているキャビティアイアン、

ヘッドの内部が空洞になっている中空アイアン、
シンプルな板状になっている
マッスルバックアイアンなようです。

初心者には、価格が安く種類も豊富な
キャビティアイアンが良いようです。

ボールが上がりやすく、スイートスポットも広く、
方向性が安定しているようで、

比較的扱いやすいと言えるようですね。

楽天で見る⇒アイアン

関連記事
ゴルフ保険?
ゴルフ場のプレーのマナー?
ゴルフのハンディキャップって何?
ゴルフでOBをださない為には?
ゴルフはどうやって練習したら良いの?
自分に合ったゴルフクラブを選ぶには?
ゴルフボールの種類?
クラブ意外に何が必要なの?
ウッド、アイアン、パター以外のクラブ?
パターの種類や特徴って?
ウッドクラブの種類や特徴って?

スポンサードリンク


アイアンの中古はどうなの?

アイアンの中古はどうなの?っていう方もいらっしゃるかもしれませんね。ゴルフルールで、キャディバッグの中には14本のゴルフクラブを入れる事が出来るんですが、通常、その半分を占めているのがアイアンなんですよね。いろいろなアイアンを揃えたいと思う方も多いと思うんですが、アイアンは安いものではないですよね。そんな時には、中古のアイアンを購入するのも良いのでは・・・。中古のアイアンなら、いつも使っているアイアンとは別の種類のアイアンを買うとか、軽量もしくは重量のアイアンを買うといった冒険をする事も出来ますよね。

中古アイアンでお薦めなのがマッスルバックアイアンなんです。アイアンの中でも高額なので、新品で買って失敗すると大変な損になります。中古ゴルフクラブは、モデルチェンジがあるたびに価格が安くなっていくのが普通のようですね。発売後、1年〜2年が経過したモデルは、最新モデルと大きな性能の違いが無いわりに価格が下がる為、お得な金額で購入する事が出来るようです。新品クラブに比べて価格の安いこと、今使っているクラブを買い取り(下取り)に出せる事が、中古ゴルフショップの最大のメリットですから、中古ショップを活用するのも良いですよね。中古ゴルフクラブは、ショップによりゴルフクラブの値段も取り扱っている商品数なども異なります。まずはネットなどで自分の欲しいゴルフクラブの値段を確認した上で、実際に中古ゴルフショップに行ってみて、相場よりも安いのか、品揃えは豊富なのかを確認してから購入するようにしましょうね。中古アイアンで初心者向きなのはキャビティアイアンのようですね。

楽天で見る⇒アイアン 中古

関連記事
アイアンのセットって?
アイアンのメーカーって?
アイアンの飛距離って?
アイアンのシャフトって?
アイアンの種類って?
アイアンの選び方って?

スポンサードリンク


アイアンのセットって?

アイアンのセットって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。かつては、3番アイアンから9番アイアン、ピッチングウェッジ(PW)とサンドウェッジ(SW)を加えた9本セットが標準的なアイアンセットだったようですよね。(PW)と(SW)の間にアプローチウェッジAW(又はP/S)を入れる事が一般化しても、1本加えた10本セットで販売されていたようですよね。グリーンへ寄せる際によく使用されるのがピッチングウェッジ(PW)。ピッチングウェッジとサンドウェッジの中間にあたるロフト角を持つのが アプローチウェッジ(AW)で、バンカーから脱出させる際に使用されるのが、サンドウェッジ(SW)と呼ばれているんですよね。

ところが、現在のアイアンは多くの場合、5番アイアンから PWまでの6本セットで販売されているようですね。ですから、ゴルファーは、それにPW、AW、SWといったウェッジやロングアイアンを各自で別に購入する必要があるようです。ゴルフルールでは、キャディバッグには14本しかゴルフクラブを入れることが出来ません。そこからパターを除いた13本の中でどのようなセッティングをするか? ゴルファーのスタイルと戦略の個性が現れるところのようですね。アイアンは一般に市販されているアイアンの構造から三つに分類する事が出来るようです。
・キャビティアイアン:フェイスのバック部がへこんだ形状のアイアン。
・マッスルバックアイアン:ヘッドはシンプルな板状のアイアン。
・中空アイアン:ヘッドの内側が空洞になっている構造のアイアン。
これらのアイアンなんですが、それぞれの特徴があるんですが、初心者の方なら、キャビティアイアンが良いようですね。

楽天で見る⇒アイアン セット

関連記事
アイアンの中古はどうなの?
アイアンの飛距離って?
アイアンのシャフトって?
アイアンの種類って?
アイアンの選び方って?

スポンサードリンク


アイアンのメーカーって?

アイアンのメーカーって、どんなところが有るんでしょう?現在、アイアンの主流は、キャビティーバック・ポケットキャビティと言われるフェースの裏側が繰る抜かれたタイプのアイアンのようですね。キャビティーバックアイアンの特徴って言うのは、フェース面を薄くする事で、従来のアイアンより軽くなり、その余分な重さをヘッドの大きさに替えた事なようです。フェースが大きくなった事から、スイートスポットの範囲が広くなり、ミスショットが少ないアイアンのようです。アイアン人気売れ筋ランキング 2008/06/28 (GDO調べ)では、
1位 キャロウェイゴルフ Xプロトタイプアイアン スチールM10DB(8本セット)。
2位 ヤマハ インプレスX V Forged スチールNS(6本セット)。
3位 フォーティーン TC-550 フォージドアイアン スチールNS(6本セット)。
4位 テーラーメイド ツアー バーナー スチール(6本セット)。
5位 ナイキ サスクワッチ SUMOアイアン カーボン(6本セット)。
となっているんですよね。

アイアンメーカーには多くのメーカーがあるようですね。例えば、朝日ゴルフ用品やアキラプロダクツ、アダムス、イオンスポーツ、ウイルソン、それに、エナやカタナ、クリーブランド、クルーズ、ゲージデザイン、コブラ、サソー、更には、ゼブラやセントアンドリュース、タイトリスト、ダイワ、ダンロップ、ツアーエッジ、つるや、トミーアーマー、ニッケント、パワービルト、ファウンダース、そして、ブリヂストンやプロギア、本間ゴルフ、マグレガー、マスダゴルフ、マルマンミ、ズノ、ヨネックス、リンクス、ロイヤルコレクション、ワークスゴルフ、TMJなど、とってもたくさんのメーカーがあるようです。

楽天で見る⇒アイアン

関連記事
アイアンの中古はどうなの?
アイアンのセットって?
アイアンの飛距離って?
アイアンのシャフトって?
アイアンの種類って?
アイアンの選び方って?

スポンサードリンク


アイアンの飛距離って?

アイアンの飛距離って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。アイアンって言うのは、距離の打ち分けが主目的のようで、本数が多いほど微妙な距離調節が易しくなるようですね。それに、アイアンの場合も、ウッド同様、3番、4番・・・9番と数字で種類分けされていて、9番以降は、ピッチングウェッジ(PW)、アプローチウェッジ(AW)、サンドウェッジ(SW)と呼ばれているんですよね。アイアンの飛距離の悩みの多くは、アイアンの飛距離が出ないとか、飛ばない事と、ショットが安定しないという事だと言われているようですね。一般的なアイアンというのは、3番で平均190ヤード位が目安になるようです。

アイアンの特徴は、番手による飛距離の打ち分けにあるようです。一般的に、アイアンは、サンドウェッジを除き、3番〜ピッチングウェッジまでの8本のクラブが揃っているようです。その全てのクラブの飛距離が、同じリズムで打った時に違ってくるようですね。力で調整するのではなく、同じリズムで打っても自動的に飛距離が違ってきてこそ、アイアンが使いこなせた事になるようですね。アイアンの飛距離アップをする為には、ヘッドスピードとインパクト、スピン量が大切だと言われているようです。スイートスポットの位置は正しいかチェックする必要がありますので、確認してみてくださいね。その場合、クラブフェースの中央がスイートスポットではないので注意が必要なようです。アイアンの飛距離アップにおいて、最近は大型化に伴い、やや上部に移動しているようなので覚えておくと良いのでは・・・。アイアンの飛距離アップの為には、使用している道具の癖などを知ると効率よく上達できるようですよ。

楽天で見る⇒アイアン

関連記事
アイアンの中古はどうなの?
アイアンのセットって?
アイアンのメーカーって?
アイアンのシャフトって?
アイアンの種類って?
アイアンの選び方って?

スポンサードリンク


アイアンのシャフトって?

アイアンのシャフトって?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。アイアンには、金属(特殊鋼)製のスチールシャフトと炭素繊維を用いたカーボンシャフトの二種類があるようですね。このスチールシャフトとカーボンシャフトとのもっとも大きな違いは、重さのようです。一般的に市販されているアイアン用カーボンシャフトは、50〜60グラム位で、スチールシャフトは代表的なモデルであるDynamic Gold(ダイナミックゴールド)で120g前後なようです。軽量スチールシャフトでも90g強の重さがあるのが普通なようですね。ゴルフメーカーでは、出来るだけ同じ感覚で振れるように、カーボンシャフト用のヘッドは重く、スチールシャフト用のヘッドは軽く作られているようです。10g違うと、大抵のゴルファーは重さを感じることができ、50gを超える総重量の差はゴルフスイングに大きく影響するようですね。

ゴルフクラブは、振り切れる範囲で重い方が良いと言われているようです。それは、クラブの慣性を体感しやすくなる為、無理のないスイングを養う事が出来るためのようです。又、重い方が芝生の抵抗に負けず、強いボールを打つ事が出来るようです。ある程度重量のあるクラブを扱えるパワーのあるゴルファーは、スチールシャフトを、どちらかといえば非力で軽量で扱いやすいクラブを選びたい時は、カーボンシャフトを選ぶと良いようですね。アイアンは正確性が命のようですよね。いつも同じ距離を打ちやすいスチールシャフトの精度の高さは、ゴルファーにとっても大きな魅力のようです。価格は総じてスチールシャフトの方が安価のようですね。

楽天で見る⇒アイアン シャフト

関連記事
アイアンの中古はどうなの?
アイアンのセットって?
アイアンのメーカーって?
アイアンの飛距離って?
アイアンの種類って?
アイアンの選び方って?

スポンサードリンク


アイアンの種類って?

アイアンの種類って?と気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。アイアンって言うのは、飛ばす事よりも正確にゴルフボールを打つ事に、より特性を置いたクラブのようで、1番から9番アイアンまであり、それにグリーンへの寄せの際によく使用されるピッチングウェッジ(PW)、バンカーからの脱出の際に使用されるサンドウェッジ(SW)、ピッチングウェッジとサンドウェッジの中間のアプローチウェッジ(AW)、グリーンへの寄せのためのロブウェッジ(LW)という種類があるようですよね。

1番アイアンはドライビングアイアンと呼ばれているようで、その名のとおり飛距離の出るクラブのようですが、長く重い為に使いこなしが難しいようで、プロでも最近ではあまり使わなくなっているようです。3番アイアンは、多くの方が使いこなせない難しいクラブのようですね。最近では3番アイアンと4番アイアンも、アマチュア向けのゴルフクラブのセットでは除外されているようです。4番アイアン、5番アイアン、6番アイアンは、俗に言うミドルアイアンなんですが、ほどほどに難しく、少し慣れた方には使いやすいクラブのようです。一般的に、5番アイアンを中心にしている方が多いようですね。7番アイアン、8番アイアン、9番アイアンは、俗に言うショートアイアンなんですが、7番アイアンから練習を始めるアマチュアゴルファーも多いようですね。アプローチ等にも良く使うようなので、最低でも使いこなしておきたいクラブのようです。又、アイアンは大きく鍛造アイアンとキャビティーデザインの鋳造アイアンに分類されてきたようですが、最近では ハイブリッドという新しいタイプのクラブも出回っているようですね。

楽天で見る⇒アイアン

関連記事
アイアンの中古はどうなの?
アイアンのセットって?
アイアンのメーカーって?
アイアンの飛距離って?
アイアンのシャフトって?
アイアンの選び方って?

スポンサードリンク


アイアンの選び方って?

アイアンの選び方って?という方もいらっしゃるかもしれませんね。ドライバーの場合、最長飛距離(ドライビングディスタンス)、方向性(フェアウェイキープ率)といった分かりやすい選択の基準があるんですが、アイアンの場合は、モデルの特徴が分かりにくいようで、求める性能もゴルファーのレベルによって異なるようです。それに、クラブ選びのノウハウも、ドライバーほど確立されてはいないようですね。アイアンって言うのは、距離の打ち分けが主目的なので、本数が多いほど微妙な距離調節が易しくなるようですよね。そして、アイアンの場合も、ウッド同様、3番、4番・・・9番と数字で種類分けされていて、9番以降は、ピッチングウェッジ(PW)、アプローチウェッジ(AW)、サンドウェッジ(SW)と呼ばれているんですよね。

又、アイアンは、ヘッド形状から三つに分類されるようです。
・キャビティバック:キャビティバックは、中央部の重量を周辺に配分しスイートエリアを広くしたアイアンで、現在のアイアンの主流となっているようです。初心者にはキャビティアイアンが良いようですね。
・マッスルバック:マッスルバックは、周辺に重量を配分しないタイプのようで、小ぶりでスイートエリアは狭く、上級者向けと言われているようです。
・中空タイプ:中空タイプは、アイアンヘッドに空洞を設ける事によって、スイートエリアを拡大する事を企図したアイアンのようです。初心者にはロングアイアン(3番、4番)は難しいので必要はないようですが・・・。重量は、初心者は少し重めが良いようで、一般男性の場合、370g〜410g(5番アイアン)を目安に選ぶと良いようですよ。

楽天で見る⇒アイアン

関連記事
アイアンの中古はどうなの?
アイアンのセットって?
アイアンのメーカーって?
アイアンの飛距離って?
アイアンのシャフトって?
アイアンの種類って?

スポンサードリンク