フットサルの練習方法は?

フットサルの練習方法は?っていう方もいらっしゃるかもしれませんね。フットサルの練習方法について簡単にお話してみますね。フットサルで大切な事の一つに、ボールに慣れる、っていう事があるようですよね。なので、
1:ボールリフティングは、個人技を上げるのに最適な練習方法のようです。サッカーテクニックの要素が詰まっているからでしょうね。
2:ボールタッチ。ボールを足の裏とインサイドを使って、離れないように転がす練習です。
3:基礎練習(ボールコントロール)。簡単なパス練習から動きを入れたパス練習、そして、ゲーム性のあるパスゲームなどの練習を繰り返し行う事で、止める、蹴る、運ぶ等、ボールコントロールを高めることが出来るようです。
4:体力トレーニング(フィジカル)ダッシュandストップ等の瞬発系トレーニングと、インターバル走等のミドル持久力、そして、太ももや腹筋などのボディーバランス系のトレーニングを計画的に行うのが良いようです。

5:ポゼッショントレーニング(ボール支配)3:のトレーニングを発展させて、複数のゴールを設置した状態のゲームや、パスの回数によって得点を争ったり、パスを繋ぐ技術、ボールを失わず支配するための動き、判断、スペースの作り方などをトレーニングします。
6:シュート練習(フィニッシュ)いろいろなパターンを考え出してシュート練習を繰り返します。
7:対人プレー。まずは一対一の個の勝負で負けないように繰り返しトレーニングします。
8:サインプレー。流れの中でのサインプレーや、フリーキック、キックイン、コーナーキック、ゴールクリアランス等において、決められた動きを出来る限り統一する事によって、シュートチャンスを増やしていく事が出来るようです。
このようなフットサルの練習方法、試されてみてはいかがでしょうか。でも、まずはフットサルを楽しむ事ですよね。

関連記事
フットサルのポジションって?
フットサルのユニフォーム?
フットサルのシューズって?
フットサルのルールって?
フットサル(Futsal)って?

スポンサードリンク


フットサルのテクニックって?

フットサルのテクニックって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。フットサルはサッカーと違ってコートが狭い為、より細かい技術やテクニックが求められるようです。フットサルのコートは狭いので、相手との距離間も狭くなるので、判断の速さとボールタッチやパスの正確さが要求されるようですよね。相手のプレスが速く、シュートを撃つタイミングやスペースも少なくなります。その為、フットサルでシュートを撃つ時はトーキックが良いようです。トーキックは膝下の振りだけで速いショートが撃てるようなので、時間が掛からず相手が間に合わないようです。あのジーコの有名な言葉があるんです。”シュートはゴールへのパスだ”と。ただ、センターライン付近より遠い距離では、インステップシュートの方が良いようですが・・・。

ドリブルは相手の身体の向きの逆、体重が乗ってる方向の逆に向かってドリブルする事によって、相手が体勢を立て直すのに時間が掛かり、抜きやすくなるかも・・・。フットサルでパスを出す時は、必ず速いボールを出すようにします。味方選手がプレーしやすくなり、チームのパスワークがとっても良くなるでしょう。パスを出す場所は、味方選手の足元に出すようにします。通常、サッカーのトラップは、足のインサイドかアウトサイドで行うんですが、フットサルでは、トラップを足の裏で行います。足の裏でトラップすると、ボールが足元に近い位置で止まり、トラップした後、足の裏で細かくコントロールする事が出来るようです。足の裏でトラップをする時のポイントは、必ず身体をボールの軌道の上に移動させ、ボールが飛んでくる方向に向いて、トラップする事が大切なようです。又、フットサルは攻撃をする時、二人が攻めて、残りの二人が守備をするという形が大切なようですね。フットサル、楽しんで下さいね。

関連記事
フットサルの練習方法は?
フットサルのポジションって?
フットサルのユニフォーム?
フットサルのシューズって?
フットサルのルールって?
フットサル(Futsal)って?

スポンサードリンク


フットサルのポジションって?

フットサルのポジションって、どうなってるんでしょう?日本においてフットサルの各ポジションの呼称は、ポルトガル語が使われる事が多いようです。ピヴォ(Pivo) - ポルトガル語で要点などを表す単語のようです。サッカーで言うところの、"フォワード(Forward, FW)"にあたるポジションのようですね。主にゴール前にポジションを取って、攻撃中心に動きます。 アラ(Ala) - ポルトガル語で線を意味する単語のようです。サッカーで言うところの、"サイドプレーヤー(Side player)"にあたるポジションで、MF(ミッドフィルダー)とも言うようです。右サイドのプレーヤーはALA DIREITO(アラ・ジレイト)、左サイドのプレーヤーはALA ESQUERDO(アラ・エスケルド)とも言うようです。

又、フィクソ(Fixo) - ポルトガル語で固定されるという意味を持つ単語のようで、サッカーで言うところの、"ディフェンダー(Defender, DF)"にあたるポジションのようですね。なお、このポジションは、他にベッキ(Baque)と呼ばれる事もあるようです。ベッキは、ポルトガル語で、鈍い音という意味を持つ単語なようです。サッカーでいうセンターバックに当たるようで、かなり、重要なポジションのようですね。ゴレイロ(Goleiro) - ポルトガル語でゴールキーパーを意味する単語のようで、サッカーで言うところの、"ゴールキーパー(Goalkeeper、GK)"にあたるポジションのようですね。女性はゴレイラ(Goleira)と言うようです。

関連記事
フットサルの練習方法は?
フットサルのテクニックって?
フットサルのユニフォーム?
フットサルのシューズって?
フットサルのルールって?
フットサル(Futsal)って?

スポンサードリンク


フットサルのユニフォーム?

フットサルのユニフォームについて簡単にお話してみましょう。フットサルって、近年人気の室内スポーツのようですよね。フットサルチームを作ったら、ユニフォームも皆で揃えると良いでしょうね。新しいユニフォームを作ると、チームに大きな変化が起こるはず・・・(笑)メンバーの笑顔、生き生きとしたプレー、チームワーク等、チームに結束力が出来るでしょう。フットサルのユニフォームでは、何と言っても、海外のレプリカユニフォームが人気なようです。フットサルのユニフォームは、シャツやパンツ、ストッキングなどなんですが、基本的に、サッカー用品が最適なようですね。フットサルは、サッカーの1/4位の大きさのコートで、五対五でプレーするサッカーに似たスポーツなんですよね。コートは狭いものの、常にボールが近くにある為、運動量がとっても多いのがフットサルの一番の特徴のようです。

冬場でも大量の汗をかくので、発汗性の良いサッカー用品が良いようです。ポリエステルだけの素材は避けて、速いスピードで汗や水分を吸い取って乾燥させ、体内の水分と体温を管理して、最上の快適感と着心地を保持するスポーツ用素材を使用しているユニフォームを選びましょう。ポリエステルだけのユニフォームと比べると、優れた吸湿速乾性の高い機能素材を使用しているユニフォームですと、プレイ中による、べとつき感がなく、爽快にプレーを楽しむ事が出来るようです。又、激しいスポーツなので、足の怪我には十分注意が必要です。ソックスの内側には、必ずシンガードを着用するのが良いようです。

楽天で見る⇒フットサル ユニフォーム

関連記事
フットサルの練習方法は?
フットサルのテクニックって?
フットサルのポジションって?
フットサルのシューズって?
フットサルのルールって?
フットサル(Futsal)って?

スポンサードリンク


フットサルのシューズって?

フットサルのシューズについて、選び方などを中心にお話してみますね。本来フットサルは、体育館やウレタン床の敷かれた室内で行われるスポーツなんですね。その為、フットサルシューズは、床を傷つけず汚さないように、無色のゴムで底が平らに出来た専用シューズになっているようですね。ですが、実際、フットサルシューズを買おうとすると、各メーカーからいろいろな用途、環境に合わせてシューズが出されているようで、どう選んで良いのか迷ってしまうようですよね。フットサルシューズの選び方として、一番に求められるものはフィット感のようですね。ぴったりに履くのが良いとされているようなので、両足で履いて前に踏ん張ってみて、フィット感を確かめてみるのが良いかも・・・。基本的に、自分の足に合ったフットサルシューズを選ぶのが良いでしょう。メーカに拘らず、履く足にぴったりのシューズを探す事が大切なようですね。

フットサルの独自性は足の使い方にも現れているようで、サッカーが固めの靴でキック力を重視するのに対して、フットサルでは、足裏の感覚が重要視されているようです。フットサルシューズ着用時の足裏の感覚を、いかに自分の素足の感覚に合わせるか、そして、コートの質に合ったものをどのように選ぶかという事のようですね。フットサルシューズ選びでは、つま先の感覚が大切なようなので、横幅よりも、まずは、足の縦のラインがぴったりフィットするフットサルシューズを選ぶのが良いようです。フットサルシューズの足の縦のサイズが決まったら、次は、靴本体のアッパーの素材を決めましょう。素足の感覚を伝える素材と言えば、天然皮革のフットサルシューズが良いようですね。フットサル、存分にお楽しみ下さいね。

楽天で見る⇒フットサル シューズ

関連記事
フットサルの練習方法は?
フットサルのテクニックって?
フットサルのポジションって?
フットサルのユニフォーム?
フットサルのルールって?
フットサル(Futsal)って?

スポンサードリンク


フットサルのルールって?

フットサルのルールって?と気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。フットサルのルールは、フットサルの特長を生かすように考え抜かれているようですね。フットサルの最大の特徴は、スピーディーさにあるようです。その為、4秒ルールやキックインといった、サッカーとは違う独特のルールが設けられているようです。又、フットサルは狭いピッチでプレーするので、プレーを狭めていく行為は、ショルダーチャージでも違反の対象になるようです。フットサルにおけるピッチとマーキングの大きさは、 縦38m-42m×横18m-25m (国際大会)で、ラインの幅8cmのようです。ボールの大きさは、62cm-64cm(外周) 重さ400g-440g 。形は球形で、材質は皮革等。

競技者の人数は5人以下で、そのうち一人はゴールキーパーなんですよね。交代要員は最大7人までで、 交代の数は制限されないようです。審判は主審、第2審判、第3審判で行います。 試合時間は、前後半の20分の計40分で行われます。前後半一回ずつ1分間のタイムアウトを要求出来るようです。 時間内に決着しなければ、延長戦を行なう事が出来るようです。延長戦でも決着しない場合は、PKで勝敗を決めます。ファウルと不正行為としては、直接フリーキックが与えられるファウルは、キッキング (相手を蹴る行為)。 トリッキング (相手をつまずかせる行為)。 ジャンピングアット (相手に飛び掛る行為)。 ファウルチャージ (不当にチャージする行為)等があり、間接フリーキックが与えられるファウルとしては、 ゴールキーパーがバックパスを手で受ける行為、などがあるようです。フットサルを存分にお楽しみ下さいね。

楽天で見る⇒フットサル ルール

関連記事
フットサルの練習方法は?
フットサルのテクニックって?
フットサルのポジションって?
フットサルのユニフォーム?
フットサルのシューズって?
フットサル(Futsal)って?

スポンサードリンク


フットサル(Futsal)って?

フットサル(Futsal)って、どんなスポーツなの?っていう方もいらっしゃるかもしれませんね。フットサル(Futsal)は、サッカーの1/4位の大きさのコートで、5人対5人でプレーするサッカーに似たスポーツのようですね。1989年に国際サッカー連盟(FIFA) がフットサルも管轄する事になったようで、1994年には世界共通の統一ルールをまとめたようです。フットサルの名は、サッカーを表すfutbol(スペイン語)・futebol(ポルトガル語)と、室内を表すsalon(スペイン語)・salao(ポルトガル語)の合成語のようです。スペイン語のfutbol de salon(フットボール・デ・サロン、意味は、室内で行うサッカー)の名称が、いつの間にか短く略され、フットサロ→フットサルと変化して、全世界で定着していったようです。

1998年の日本代表のワールドカップ出場、2002年の日本のワールドカップ開催等をきっかけに、日本でもサッカーへの関心が急速に高まっていく中、日本のフットサル人口も、ここ数年で爆発的に伸びているようです。その実態は、まだ正確に把握出来ていないようですが、数年前には10万人ほどと言われていたプレー人口が、2003年には100万人と言われているようです。フットサルの最大の魅力は、性別、年齢に関係なく楽しめる点でしょうか。ルールの上でも、フットサルは、サッカーよりも接触プレーに厳しく対処するようになっているようで、より安全にプレーが出来るよう定められているようですね。プレーしている年齢も、その中心は20代や30代のようですが、最近は子供中心の大会や、シニア向けのフットサル教室など、年齢層も幅広く拡大しているようですね。

関連記事
フットサルの練習方法は?
フットサルのテクニックって?
フットサルのポジションって?
フットサルのユニフォーム?
フットサルのシューズって?
フットサルのルールって?

スポンサードリンク