サーフィンに筋力って必要なの?

サーフィンに筋力って必要なの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。やはり、サーフィンをするのに、筋力は勿論必要になるようですね。サーフィンには、主に、下半身の筋肉を使うようです。つまり、下半身の筋力UPが出来れば、サーフィンがもっと上達するかも・・・。サーフィンの技には、筋力を必要とするものがたくさんあるようです。特に、ボトムターン等はそうでしょうね。では、下半身に筋力を付けるには、どのようなトレーニングが効果的なんでしょう?一番効果が有るのは、スクワットだと言われているようです。なので、サーフィンが上達したかったら、スクワットに取り組んでみてはいかがでしょう。初めは短い時間から、そして徐々に長くしていったら良いと思います。継続は力ですので、毎日続けるようにして下さいね。筋力が付けば、サーフボードを押さえるのにも力が入るはずですよね。

ところで、下半身だけ鍛えれば良いんでしょうか?実は、サーフィンは、上半身にも結構な筋力を必要とするようですよね。波に乗るにも、うつ伏せでボードを動かしてポイントまで進まなければいけませんよね(パドリング)。筋力が無いと、そこまで行くのにとっても疲れてしまいます。すると、サーフィンをするのが苦痛になってしまうかも・・・。ですが、これを続ける事で上半身の筋肉が鍛えられていくようです。とは言っても、殆どの方は、毎日練習の為に海に行く訳にもいかないですよね。そういう方の為に、パドルアップという道具も売られています。それを使用する事で、サーフィンに必要な上半身の筋力を付ける事が出来るようです。なので、上半身の筋力を付けたい方は、一度使ってみてはいかがでしょうか。

楽天で見る⇒パドルアップ

関連記事
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンの波待ちのポイントって?

サーフィンの波待ちのポイントって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サーフィンでの波待ちのポイントって、どんな事があるんでしょうか?先ず、一番に考えるのは波待ちのポジションのようですよね。初心者であれば、先ずは邪魔にならないようにしなければいけませんよね。モタモタしていれば、他の波待ちしているサーファー達の迷惑になりますもんね。出来るだけ人が少なくて空いている場所を選ぶと良いでしょう。沖の方か、又は、波打ち際辺りが空いているようですが、そういう場所を探しましょうね。場所が決まったら、ボードに乗って、波待ちをしてみて下さい。この時、ボードの中心に乗る事がポイントなようです。ボードの中心に乗っていないと、バランスが取りにくく、非常に難しいようですよ。上手く行かない時は、右か左に身体が片寄っているのかもしれません。きちんとボードの中心に乗れているか確認してみましょう。

又、手はボードに添える感じで置くと良いようです。あまり力を入れずに、なるべくリラックスして波を待ちましょう。力を入れると、バランスが取りにくくなってしまうようですね。足も決して力んではいけないようですよ。とにかく、リラックスする事が大事なようです。最初は、ひっくり返ったりして、なかなか上手くいかないでしょうが、そこは練習あるのみですよね。コツが掴めれば、すぐに出来るようになるようですし、何より楽しいですよね。サーフィンが出来なくても、天気の良い日に波待ちするだけでも面白いですもんね。初めは、波の小さい日に練習を重ねていくのが良いでしょう。慣れてしまえば、波乗りは決して難しい事ではないようですよ。

楽天で見る⇒ウエットスーツ

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンにとって重要なポイントって?

サーフィンにとって重要なポイントって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、サーフィンにとって重要なポイントと言えば、どういう事があげられるんでしょう?先ず、ルールやマナーを守り、他の方に迷惑をかけない事が大切ですよね。地元の方や他のサーファーの迷惑にならないような行動を取る事が大事なんですよね。それに、ゴミは必ず持ち帰る事や違法駐車もしてはいけませんね。楽しいからといって、大勢でバカ騒ぎをするのも、他の方にとってはとっても迷惑になります。又、サーフィンの途中で割り込んだりするような行為もいけないですよね。海でのルールやマナーを守る事が、サーフィンをやる上で最も重要なポイントのようです。

それでは、サーフィンを始めるにあたって、重要なポイントは有るんでしょうか?上級者の方って、とってもタイミング良く波に乗って、格好良くサーフィンを楽しんでいますよね。サーフィンをする上で、重要な事の一つに、タイミングがあげられるかも・・・。それに、筋力も重要なポイントだと思います。この筋力は、トレーニングやパドリングでも付ける事が可能なようですが、筋力が付けば、サーフボードをもっと自在に操れるようになるでしょう。バランスも非常に重要だと思います。上半身の筋力と下半身の筋力をバランス良く使う事で、上達も早くなるかも・・・。初心者であれば、サーフボードの選び方にもポイントをおいた方が良いかもしれませんね。とはいえ、何と言っても、出来るまで諦めない事と、サーフィンを楽しむ事が一番重要なポイントになるのでは・・・(笑

楽天で見る⇒ウエットスーツ

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンのカットバックのポイントって?

サーフィンのカットバックのポイントって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。このカットバックって言うのは、サーフィンのテクニックの一つで、波のカールから離れ過ぎた時に波をカットしてUターンして元に戻る技法を言うようですよね。サーフィンの基本的なテクニックのようですが、カットバックの仕方はそれこそ人それぞれで、個性を感じるテクニックなようですね。ですが、このテクニックも、初めから上手くいくものではないようです。初心者の方は、なかなか上手くカットバック出来ないかも・・・。サーフボードを上手く操る事が出来ずに、バランスを崩してしまうようです。美しく、格好の良いカットバックが出来るようになるには、やはり、練習と経験が必要なようですね。

初心者の方は、広く緩やかな波で、何回も練習するのが良いでしょう。ゆっくりカールに戻る練習をします。小さいターンを何回もしながら、最終的に大きくターンが出来るようになりましょうね。いきなりターンに戻ろうとはしない方が良いようです。この時は、視線にも気を付けて下さいね。カットバックに入った時から、視線はカールに向けるようにします。視線が上手く行けば、自然とターンが出来るようになるようです。コツが掴めれば、いろいろな波で臨機応変にカットバックを楽しむ事が出来るようになるでしょう。カットバックはスピードがあり、鋭角であるほど美しく、見栄え良く見えるようです。でも、そんなカットバックをするのはなかなか難しく、かなりのテクニックが要求されるようですね。それだけに、習得出来ればサーフィンがとっても楽しいものになるのでは・・・(笑

楽天で見る⇒サーフボード

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?

スポンサードリンク


オフザリップのポイントって?

オフザリップのポイントって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。このオフザリップって言うの、サーフィンのテクニックの中でも、一番派手で格好良く、憧れる方の多い技法の一つなようです。これが格好良くできる方は、サーフィンもかなりの上級者のようですね。パッと見た感じでは、簡単そうに見えたりもするるようですが、初心者の方には、なかなか難しいテクニックのようです。実際にサーフィンをしてみて、最終的に習得出来るのが、もしかしたら、このオフザリップかもしれません。

このオフザリップを完成させる為には、ボトムターンのテクニックを先に習得する事が必要なようです。オフザリップは、波のトップが崩れるところにサーフボードを当て込むようにしなければなりませんよね。サーフボードを当てる場所を間違えると上手くいかないようです。プロは、先ず、ここを瞬時に見極めているようですが、初心者の方にはまだ見極める事が難しいようですから、美しいオブザリップの形にならないようです。しかも、自分のスピードやレベルを知っていないといけません。スピードが付き過ぎても上手く行かないようですし、波を見極めて臨機応変に出来なければいけませんよね。技法的には、やはりプロの技法を見て、研究するのが良いでしょうね。サーフィンの初心者がオフザリップを習得するのは、かなり後の事になるでしょうが、名前とこういうテクニックが有るということだけでも覚えておきましょうね。この技法を習得出来れば、サーフィンの腕前はかなり上達しているという事に・・・。自分の腕にある程度の自信を持っても良いようですね(笑

楽天で見る⇒ウエットスーツ

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンのアップスのポイントって?

サーフィンのアップスのポイントって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サーフィンのテクニックの一つに、アップス&ダウンスというものがあるようで、その名前の通り、波の斜面を上がったり、下りたりするテクニックの事を言うようですね。これは、略してアップスと呼んだりもするようです。アップスは、サーフィンの全てのテクニックの基本になるようで、これが出来ないとカットバックも当て込みも出来ないようです。又、アップスが出来ていないと、どんな技をやろうとしても、見栄えが良くないようですね。なので、最初に身につけておかなければならないテクニックのようですよ。ですが、数回やっただけで上手くいくほど甘くはないようで、サーフィンのコツを掴むって、とっても難しいようです。でも、何回も海に通って、繰り返し練習するうちに身に付いてくるようですが・・・(笑)

コツとしては、上に上がる時は腰を落とし、足を縮め、膝を曲げると良いようです。そして、下に下がる時は、足を伸ばすようにします。上半身はあまり動かさずに、下半身だけを使うようにすると良いようですね。ターンのタイミングと体重のかけ方が上手くいけば、スピードが上手くついてくるようです。サーフィンは口で説明されても、あまりピンとこないかもしれませんね。やはり、上手な方のやり方を見たり、ビデオやDVD等で動画を見たりして研究する方が良いでしょう。又、アップスと言っても、波に合わせていろいろなスタイルがあるようです。これを習得すると、その他のテクニックが習得しやすくなるようですから、サーフィンもより楽しくなるでしょう。それからカットバックやボトムターンに挑戦していって下さいね。

楽天で見る⇒サーフィン テクニック

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンに適した時期や季節って?

サーフィンに適した時期や季節って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サーフィンを始めるにあたって、適した時期や季節は人によって考え方が様々のようですが、参考までにお話してみますね。先ず、適した時期についてなんですが、サーフィンは意外にも年中通して楽しめるスポーツのようなので、自分がサーフィンを始めたいと思う時期が、適した時期になるかもしれませんね。 そして、適した季節についてですが、自分がどこにポイントを置くかによって大きく変わってくるようです。初心者の方は、身体を水に慣らす事から始めるので、無理なく楽しめる季節は、やはり春から夏にかけてでしょうね。この季節は、水温も徐々に上昇してくるので、比較的長い時間海に入っていられるようですよね。特に四月末頃からはお薦めです。

しかし、サーフィン最盛期の春から夏になると、やはり、他のサーファーや海水浴客も多くなってきますよね。そうすると、初心者のサーファーは、何らかのトラブルに巻き込まれる事もないとは言いきれませんよね。それらを回避する為に、サーファーや海水浴客が少なくなる秋から冬にかけて、短期集中型でサーフィンを始めようとする初心者の方もいらっしゃるようです。最近では、冬の寒さにも耐えられるウエットスーツが販売されているようなので、防寒対策をしっかりして、海に入っている時間を短くすれば、勿論、冬でも楽しめます。人が少ない季節にこっそり上達するか、水温が温かい季節にみんなと腕を磨き合うかは、人によって様々なので、自分はどちらが向いているか考えてサーフィンをお楽しみ下さいね。

楽天で見る⇒ウエットスーツ

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?
サーフィン保険?
サーフィンで必要なグッズって?
サーフィンの上達法って?
サーフィンの初心者は?
サーフィンのスクールは?
サーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンのテイクオフのポイントって?

サーフィンのテイクオフのポイントって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テイクオフのポイントは、ずばり、迷わず突き進むんだ、っていう強い精神を持つ事なようですよ。やはり、初めは恐怖心がつきまとうでしょうが、たくさん挑戦して、絶対に諦めない気持ちがあれば、そのスリリングさを楽しめる日がやってくるのでは・・・(笑)ただ、精神面だけ強くなっても技術がついてくる訳ではないので、技術面でのテイクオフのポイントも簡単にお話してみますね。

先ず、波の崩れ方やうねり方、いわゆる波のブレイクを、よく観察して見極める事が大切なようです。出来るだけ早くテイクオフする事が出来れば、その後のライディングに大きな余裕がでてきます。波待ちをしながら、その日の波のコンディションやうねりの方向などをよく見る癖をつけると良いですね。波の状態が掴めてきたら、あくまでも予想の範囲でしかありませんが、波のブレイクポイントであろう位置までパドリングをします。パドリングをする時は、波のうねり方に対して直角になるようにしましょう。テイクオフって言うのは、自身のパドリングで波に乗ってスタンディングをする技なので、パドリングの基本が出来ていないとなかなか上達しないようです。パドリングで最も力を入れるべきなのは、身体の真下から後ろにかけて掻く時のようですよね。これは、最も疲れにくい掻き方のようで、しかもスピードアップに効果的な方法のようですので、是非覚えておくと良いですね。精神面も技術面も鍛える事が出来たら、きっと、どんな波でも乗りこなせ、より楽しくサーフィンができるのでは・・・。

楽天で見る⇒ウインドサーフィン

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンに適した時期や季節って?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?
サーフィン保険?
サーフィンで必要なグッズって?
サーフィンの上達法って?
サーフィンの初心者は?
サーフィンのスクールは?
サーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンのボトムターンのポイントって?

サーフィンのボトムターンのポイントって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サーファーにとって、ボトムターンって言うのは、それを見るだけでサーフィンの腕が判断出来る位に、とっても重要なテクニックのようですよね。では、このボトムターンが上手くなるポイントって、どんな事があるんでしょう。ボトムターンって言うのは、波のボトム、つまり、波の一番下の平らになっている部分でターンする技の事なんですね。基本的なターンなので、簡単そうにみえますよね。でも、この技は、スピードに乗ってターンする事が重要なようなので、スピードが遅かったり、波が崩れるタイミングを掴めていないと失敗するようです。基本的なターンでありながら、感覚と練習量がものをいうテクニックのようです。

ボトムターンのポイントなんですが、フロントサイドのボトムターンの場合は、膝をよく曲げてボトムに着いたら、自分がいきたい方向を確認しましょう。そして、スピードは必ずつけたままで、サーフボードの側面部分が波に沿うようにして、大きく上半身をひねりながらターンします。バックサイドのボトムターンは、フロントサイドとは違って、背に波がくるようにターンするテクニックのようですね。波の状況が確認しづらい為、技術を要すようです。ただ、上半身を大きくひねる動作や膝をしっかり曲げて、かかとに重心を置くという事は変わりません。波の状況に合わせたタイミングの良いターンをし、自分の行きたい方向へコントロール出来るようになれば大丈夫なようですね。スピード、脚の強さ、バランス感覚を身に付ける事こそがボトムターン習得のポイントのようですね。

楽天で見る⇒サーフボード

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンに適した時期や季節って?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?
サーフィン保険?
サーフィンで必要なグッズって?
サーフィンの上達法って?
サーフィンの初心者は?
サーフィンのスクールは?
サーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?

サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?と、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。サーフィンを始めた方にとって、よく耳にするであろうドルフィンスルーなんですが、ドルフィンスルーって言うのは、波の下に潜りこんで、波を上手にくぐり抜けるテクニックの事を言うんですよね。せっかく海に入っても、大波でなかなか前に進めず、沖に辿り着けない事は少なくないようです。そんな時にこのドルフィンスルーが出来ないと、波の状況によっては一日中サーフィンが出来ないなんて事態になりかねませんよね。サーフィンでは、ドルフィンスルーは、波待ちやパドリング同様、基本的なテクニックのようです。

ですが、不安定なサーフボードを水中に沈めるこのテクニックは、初心者が習得するまでには、かなりの練習量と時間を要するようです。そのせいで、サーフィンを諦めてしまう方も多いようですね。何度も練習する事によって、崩しがちだったバランスも徐々に感覚が掴めてくるようなので、どんなに時間が掛かっても諦めない事が肝心なようです。練習をする場合には、膝から腰にかけての波を狙うと比較的練習しやすいようですね。波が完全に崩れる手前のタイミングで、波の下に潜り込んで波の裏へ抜けると良いようですよ。最初は小さな波でコツを掴み、慣れてきたらどんどん大きな波にも挑戦してみましょう。但し、ドルフィンスルーをする場合は、比較的人が少ないところで練習するのが良いようです。って言うのは、失敗した時にボードが飛ぶので、他の方に危害を加えてしまう恐れがあるようです。もし、習得出来たら、更にサーフィンの面白さを味わう事が出来るので、投げださずに頑張って下さいね。とにかく、ひたすら練習あるのみですよ(笑

楽天で見る⇒サーフィン ドルフィンスルー

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンに適した時期や季節って?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?
サーフィン保険?
サーフィンで必要なグッズって?
サーフィンの上達法って?
サーフィンの初心者は?
サーフィンのスクールは?
サーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?

サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サーフィンを始める場合には、必需品と言えるのがウエットスーツですよね。たくさん種類があり、値段もいろいろな為に、どのウエットスーツを選べば良いのかとっても迷いますよね。決して安い買い物ではないので、慎重に選ぶ為にも、ウエットスーツの選び方を簡単にお話してみますね。ウエットスーツって言うのは、丈や生地、厚さ等が細かく違っているようなので、季節によって使い分けるのが良いようですが・・・。最低二着は持っておいた方が良いかも・・・。どうしても、気温や水温に左右されるでしょうし、特に初心者の方や女性は、水温が実際よりも低く感じる傾向があるようです。

季節で使い分けるのにお薦めなのが、10月以降から春先向きのセミドライスーツと、夏の暖かい季節向きのフルスーツなんです。基本的には、この二つのタイプを選べば大丈夫でしょう。セミドライスーツは、特殊なジッパーによって、海水がスーツ内に侵入するのを防ぐようです。それに、裏地には保温性の有る素材を使っているようなのでとっても温かいようですよ。又、フルスーツは、セミドライスーツと厚さは同じようですが、ジッパーが普通のようです。裏地は、ジャージ生地のようなので保温性は弱いようで、夏に最適なようですね。それぞれ、厚さは三oと五oがあります。そして、冬や寒い気温の時は、手袋(グローブ)とブーツを着用するのが一般的なようですよね。ざっと紹介しましたが、悩んだ時はショップで聞くと良いですね。サーフショップのスタッフはサーフィン経験者が殆どなようなので、色々なアドバイスを貰えるのでは・・・。是非参考にされてみてはいかがでしょうか。

楽天で見る⇒サーフィン ウエットスーツ フルスーツ

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンに適した時期や季節って?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?
サーフィン保険?
サーフィンで必要なグッズって?
サーフィンの上達法って?
サーフィンの初心者は?
サーフィンのスクールは?
サーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?

サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。そこで、サーフィン初心者の方に向いているサーフボードの選び方について、簡単にお話してみますね。ひと口にサーフボードと言っても、種類は大きく分けると三種類あるようですね。先端が尖っていて形が細く、よくドラマなどで目にする格好の良い形のものを、ショートボードと言うんです。これは名前の通り長さが短いのが特徴で、乗りこなすにはかなりの訓練が必要なようで、上級者向けのようですね。先端が丸く長さが三メートル近くあるものは、ロングボードと言うんですね。波乗りの仕方はいろいろなんですが、これは比較的どんな波にも順応出来るようなので、大きくゆったり乗りたい方にはピッタリのようですね。そして、ショートボードとロングボードのちょうど中間にあたるものを、ファンボードと言うんですね。

これら三種類の中で、初心者の方に向いているサーフボードは、ファンボードのようですね。まだ波に慣れていない初心者の方には、不安定なショートボードよりも、操作がしにくく重いロングボードよりも、比較的早くボードの上に立つ事が出来るファンボードが適しているかと・・・。選ぶ時は、個人の身長に関わらず、ボードの長さが二メートル前後のもので、板の幅も厚みがあるものにすると失敗しないようですよ。ショートボードは不安定な為、波に乗る以前に、水に浮いているだけでも重心がとれずに転覆してしまうようです。一方で、幅と厚みが有るものは、安定感がある為、パドリングもしやすいようですよ。デザインや値段等は、サーフショップのスタッフに相談してみると良いかもしれませんね。

楽天で見る⇒ファンボード

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンに適した時期や季節って?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
ウィンドサーフィンって?
サーフィン保険?
サーフィンで必要なグッズって?
サーフィンの上達法って?
サーフィンの初心者は?
サーフィンのスクールは?
サーフィンって?

スポンサードリンク


ウィンドサーフィンって?

ウィンドサーフィンって?と、ウィンドサーフィンについて関心がある方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、ウィンドサーフィンとサーフィンとの違いなどは、どんな事があるんでしょう。ウィンドサーフィンは、ボードに一枚のセイルを立てて、それに風を受け、水面を帆走するスポーツなんですよね。風を受けて進むヨットと、波を進むサーフィンとが混合しているとも言えますね。ウィンドサーフィンとサーフィンの違いは、風を受けるセイル(帆)の有る無しという用具の違いもあるんですが、決定的な違いと言うと、その走行になるかもしれませんね。ウィンドサーフィンでは、ヨットの原理で、風を受けて進む事が出来るので、必ずしもサーフィンのように、波を待つ必要はないんですよね。と言っても、自由自在に水面を疾走するには、勿論訓練を積み、テクニックを磨く必要があるんです。又、サーフィンでは波が命であり、ウインドサーフィンでは、風が命になりますよね。

ところで、風を切る爽快感を味わうこのウインドサーフィンを始めるには、やはり、初めは、ウインドサーフィンスクール等に入って、インストラクターから手ほどきしてもらうのが良いでしょうね。ウインドサーフィンの用具を扱っているお店では、そうした情報も得られるので、訪ねてみましょう。ウインドサーフィンをまったく独学でスタートするのは、無理とは言いませんが、それなりに苦労する事と思います。サーフィンをする人口に比べたら、ウインドサーフィンをする方の方が少ない傾向にあるので、用具ショップやインストラクターのいるショップも限られていると思われるんですが、ネット検索すれば必ずヒットします。波を待たず、風を受けるウインドサーフィンでは、海以外の川や湖など水面が整っていれば楽しむ事が出来るのも魅力なんですよね。自然に接し、身体も鍛えられるすばらしいスポーツのウインドサーフィンなんですが、サーフィンと比べがたいところがありますね。

楽天で見る⇒ウインドサーフィン

関連記事
サーフィン保険?
サーフィンで必要なグッズって?
サーフィンの上達法って?
サーフィンの初心者は?
サーフィンのスクールは?
サーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィン保険?

サーフィン保険?チョッと気になりますよね。サーフィン中の接触事故や怪我、サーフボードの欠損事故が多発しているようですね。サーフィンの事故や怪我は、思わぬ所で発生し、思わぬ所で自分に降り掛かる自動車事故のようなものなんです。そうした事故や怪我から自分を守る為に、サーフィンを始めた時から、傷害保険に加入する事をお勧めします。サーフィン保険とは、サーフィン中の事故や怪我、サーフボードの欠損などの他、例えば、自転車で転んでしまった、料理中にやけどをしてしまった、子供が転んで怪我をした等、自分自身は勿論なんですが、自分の家族の日常生活の全般も保障される保険なんですね。勿論、事故や怪我後の示談交渉はプロの交渉代理人が行ってくれるので、事故後も安心の対応が約束されているんです。

加入は簡単で、サーフィンにも適用される障害保険に入れば良いようです。掛け金は、自分がサーフィンに行く日数で換算してみたら、安くつく掛け金のようですし、日常生活全般も保障されるようなので、更に安心のようです。サーフィン保険の始期日は、年会費を入金した翌日からスタートするようです。補償内容は、偶然な事故により他人をケガさせたり、他人の物を壊したりした事により、法律上の損害賠償を負担した場合、一事故につき3000万円を限度として損害賠償金が支払われるようです。自分の趣味、あるいは自分を磨く為にするサーフィンでしょうが、不意の事故などにより、周囲に迷惑が及ぶ危険と隣り合わせである事を忘れずに、サーフィン保険にはぜひとも加入しましょうね。

楽天で見る⇒サーフィン

関連記事
ウィンドサーフィンって?
サーフィンで必要なグッズって?
サーフィンの上達法って?
サーフィンの初心者は?
サーフィンのスクールは?
サーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンで必要なグッズって?

サーフィンで必要なグッズって、どんな物があるんでしょう?サーフィンで必要なグッズとしては、やはり、まずサーフボードがあるんですよね。サーフボードは大きく、ショートボード、ロングボード、ファンボードの三種類に分類されるようで、ボードによって特徴が違うようですね。又、サーフィンのスタイルによって使うボードも変わってくるようですよ。
1.ショートボードは、170cm〜200cmの短いボードなんですね。操作性がある反面、浮力が少ないようなので、パドリングスピードが遅くバランスの難しいボードのようですよ。
2.ロングボードは、300cm前後の長いボードなんです。浮力が有るようなので、パドリングスピードが速く、安定したライディングが可能なようです。
3.ファンボードは、ショートボードよりもテイクオフが速く、ロングボードよりも操作性があるようですね。初心者に人気のボードのようです。

サーフィンは、思っている以上に難しいスポーツのようで、特に、テイクオフという、ボードに立つまでが最初の難関となるようですね。初心者の方は、浮力のあるファンボードやロングボードから始めるのが良いようですね。次に、ウェットスーツがありますよね。ウェットスーツは、形状や素材によっていろいろな種類があるようで、気温や水温によって使い分けると良いようです。防寒対策だけではなくって、夏場でも日焼けや擦り傷等の怪我から身体を守る為に使用します。海水の温度や気温は、勿論地域によって違います。ウェットスーツを買う場合は、実際に海に入っているサーファーを見て参考にするか、地域のサーフショップで相談するのが良いかもしれませんね。この他のグッズとしては、リーシュコードがあります。サーフボードが流されないように、足とボードを繋いでおく紐の事なんですね。それに、ワックスも欠かせませんね。他には、デッキパッドなどがあるんです。

楽天で見る⇒サーフボード

関連記事
ウィンドサーフィンって?
サーフィン保険?
サーフィンの上達法って?
サーフィンの初心者は?
サーフィンのスクールは?
サーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンの上達法って?

サーフィンの上達法って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。初めてサーフィンに挑戦する場合は、遠浅で足のつくビーチが良いようですね。最初は、長時間ボードに乗り続けられるわけではないので、腰位の深さのポイントで練習を行うのが良いのでは・・・。そして、ボードは長めで浮力の有るものを準備しましょう。サーフィンは思っている以上に難しいスポーツのようです。なので、テイクオフが出来るまで位は、ファンボード等の浮力の有るボードで練習すると良いようですね。

さて、リーシュを装着したら、先ずはサーフボードに腹ばいになるように乗ってみましょう。初めて乗る場合は、左右のバランスだけではなくって、前後のバランスも難しいかも・・・。まず、ボードの中心がどこかを知るように心掛けましょう。左右の中心は、センターのストリンガーなんですよね。身体がストリンガーの真上にくるように左右の中心に乗ります。次に、前後の中心です。両サイドのレールを持って、ボードを沈めるように押してみます。海面に対して平行に保てる位置があると思いますが、そこが板の前後の中心なんですよね。前後の中心にお腹がくるように乗ります。サーフィンでは、サーフボードの上に立った状態で乗っている時間は意外と短いようで、ボードに腹ばいになって移動していたり、ボードに座って波待ちしている時間が大半を占めるようです。腹ばいになって移動する際に、水泳のクロールのように腕を使ってボードを漕ぐ動作をパドリングと言うようですが、沖に出る場合には、パドリングをします。テイクオフの直前にも、ボードを加速させる為にパドリングします。パドリングは、サーフィンにおける基本動作のようですから、マスターすると良いですね。

楽天で見る⇒ファンボード

関連記事
ウィンドサーフィンって?
サーフィン保険?
サーフィンで必要なグッズって?
サーフィンの初心者は?
サーフィンのスクールは?
サーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンの初心者は?

サーフィンの初心者は、どうすれば良いの?って言う方もいらっしゃるかもしれませんね。サーフィン初心者の方は、始めるに当たっては、リーフよりはビーチ(海底が砂)から始めるのが良いようですね。と言うのは、足を怪我する事も少なく、比較的恐怖心も感じないようですからね。最初は、人があまりたくさん入っていない場所を選んで、なるべく経験者と一緒に入ると良いでしょう。サーフィンの注意点とマナーは、周りの方、潮の流れ、海底の状態に注意する事なようです。例えば、ドロップインと言って、人が既に乗っている波を邪魔するような事は絶対してはいけないようです。特に初心者は、周りが良く見えてなかったり、自分がいる位置が分からなかったりするようなので、他人と衝突したり、ボードクラッシュをする事があるようなので注意が必要なようです。どこが波のピークかなど、波の知識を事前にしっかりと頭に入れておく事も大切なようですね。

サーフィンを始めるには、先ず、最低限ボードとリーシュコードを揃えましょう。リーシュコードと言うのは、ボードが流されない為に、身体とボードを繋ぐコードの事なんですね。ボードは相当な値段がするようですので、サーフィンを始める最初は、ボードが傷だらけになってしまうので、中古でも良いのでは・・・。あとは、水着、季節によってはウェットスーツが必要になるようです。サーフボードは大きく、ショートボード、ロングボード、ファンボードの三種類に分類されるようです。それぞれのボードによって特徴が違うようですし、サーフィンのスタイルによって使うボードも変わってくるようですよね。サーフィンは思っている以上に難しいスポーツなようです。特にテイクオフ、つまり、ボードに立つまで、が最初の難関のようですね。初心者は浮力のあるファンボードやロングボードから始めるのが良いようです。

楽天で見る⇒ファンボード

関連記事
ウィンドサーフィンって?
サーフィン保険?
サーフィンで必要なグッズって?
サーフィンの上達法って?
サーフィンのスクールは?
サーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンのスクールは?

サーフィンのスクールは?って、気になってるかもしれませんね。サーフィンを始める時には、最初は誰かに習った方が良いでしょうね。何も知らずに、一人で海に行っても誰も何も教えてくれません。サーフィンに限らず、何事も初めが肝心ですよね。上手で知識の有る友達に教わるなり、教え上手なスクールに入るなりして、やはり基本を学ぶのが良いでしょう。サーフィンのスクールは、全国各地で開かれているようです。まったくの独学でやるよりは、断然上達も早いのでは・・・。レッスンDVDなどで、基本的な知識を身に付けるのも良いかも・・・。又、他のスポーツと同様、サーフィンにもルールがあるようですよね。事故や怪我等を避ける為にも、先輩サーファーから話を聞くなどして覚えていくと良いですね。

日本サーフィン連盟(NSA)では、より多くの方にサーフィンを安全に楽しんでもらえるように、海でのルールやマナーの普及に努めているようです。 その一環として、毎年講習会を行い、公認指導員の養成及び認定も行っているようですね。 その際には、(財)日本海洋レジャー安全・振興協会の認定するサーフィン海上安全指導員の講習も同時に行っているようです。 現在、全国に約200名の資格保持者がいるようで、NSA公認スクールを実施しているようですよ。NSA公認初心者スクールは、NSA公認指導員がインストラクターとして行う、初心者向けの日本サーフィン連盟公認スクールで、毎年、全国で展開されているようです。このスクールが、全国の公認指導員の元で実施される事で、より多くの方に、サーフィンの楽しさと海でのルールやマナーを理解してもらえるきっかけになっているようです。

楽天で見る⇒サーフィン

関連記事
ウィンドサーフィンって?
サーフィン保険?
サーフィンで必要なグッズって?
サーフィンの上達法って?
サーフィンの初心者は?
サーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンって?

サーフィンって、どうなの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サーフィンって、サーフボードの上に立って、波が形成する斜面を滑走するウォータースポーツの一つなんですよね。波乗りとも言いますね。サーフィンをする方の事をサーファー(surfer)と呼ぶようです。サーフィンをしている方で、サーフィンに対してどこに魅力を感じ、始めようと思ったその動機は、って聞かれたら、おそらく殆どの方が、かっこ良くて女の子にもてそう、という答えに尽きるのでは・・・。最初の動機なんて、そんなものですよね。それは他のスポーツに関しても言える事でしょう。

サーフィンは、基本的には、薄い板と自分の身体だけでするスポーツですよね。一瞬で、何トンもの水を運ぶ波に、身体一つのみで挑んでいくスポーツなんです。サーフィンの醍醐味にとりつかれた方にとっては、生活の全てがサーフィンという事も珍しくないようです。サーフィンと出合って、最初は趣味だったものが、人生そのものになってしったと言う方も多い事でしょう。海に入って、波に乗るという事だけではなく、日常の、仕事や家族、暮らし、音楽、仲間との関係、旅など、あらゆる事がサーフィンのようですね。サーフィンを通じて出会えるものがあります。素敵な人々、素敵な波、朝日、風の気持ち良さ、海の偉大さ、水の気持ち良さ等など、いろいろあるんですが、特にサーフインをする事で、自然と自分がとっても近くなれたような気がしてくるものですよね。そして、この美しい自然を前よりも愛するようになっていくのでは・・・。ぜひ、サーフィンを始めて、自然の偉大さや美しさに触れてみてはいかがでしょう。

楽天で見る⇒サーフィン

関連記事
ウィンドサーフィンって?
サーフィン保険?
サーフィンで必要なグッズって?
サーフィンの上達法って?
サーフィンの初心者は?
サーフィンのスクールは?

スポンサードリンク