サーフィンに筋力って必要なの?

サーフィンに筋力って必要なの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。やはり、サーフィンをするのに、筋力は勿論必要になるようですね。サーフィンには、主に、下半身の筋肉を使うようです。つまり、下半身の筋力UPが出来れば、サーフィンがもっと上達するかも・・・。サーフィンの技には、筋力を必要とするものがたくさんあるようです。特に、ボトムターン等はそうでしょうね。では、下半身に筋力を付けるには、どのようなトレーニングが効果的なんでしょう?一番効果が有るのは、スクワットだと言われているようです。なので、サーフィンが上達したかったら、スクワットに取り組んでみてはいかがでしょう。初めは短い時間から、そして徐々に長くしていったら良いと思います。継続は力ですので、毎日続けるようにして下さいね。筋力が付けば、サーフボードを押さえるのにも力が入るはずですよね。

ところで、下半身だけ鍛えれば良いんでしょうか?実は、サーフィンは、上半身にも結構な筋力を必要とするようですよね。波に乗るにも、うつ伏せでボードを動かしてポイントまで進まなければいけませんよね(パドリング)。筋力が無いと、そこまで行くのにとっても疲れてしまいます。すると、サーフィンをするのが苦痛になってしまうかも・・・。ですが、これを続ける事で上半身の筋肉が鍛えられていくようです。とは言っても、殆どの方は、毎日練習の為に海に行く訳にもいかないですよね。そういう方の為に、パドルアップという道具も売られています。それを使用する事で、サーフィンに必要な上半身の筋力を付ける事が出来るようです。なので、上半身の筋力を付けたい方は、一度使ってみてはいかがでしょうか。

楽天で見る⇒パドルアップ

関連記事
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンの波待ちのポイントって?

サーフィンの波待ちのポイントって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サーフィンでの波待ちのポイントって、どんな事があるんでしょうか?先ず、一番に考えるのは波待ちのポジションのようですよね。初心者であれば、先ずは邪魔にならないようにしなければいけませんよね。モタモタしていれば、他の波待ちしているサーファー達の迷惑になりますもんね。出来るだけ人が少なくて空いている場所を選ぶと良いでしょう。沖の方か、又は、波打ち際辺りが空いているようですが、そういう場所を探しましょうね。場所が決まったら、ボードに乗って、波待ちをしてみて下さい。この時、ボードの中心に乗る事がポイントなようです。ボードの中心に乗っていないと、バランスが取りにくく、非常に難しいようですよ。上手く行かない時は、右か左に身体が片寄っているのかもしれません。きちんとボードの中心に乗れているか確認してみましょう。

又、手はボードに添える感じで置くと良いようです。あまり力を入れずに、なるべくリラックスして波を待ちましょう。力を入れると、バランスが取りにくくなってしまうようですね。足も決して力んではいけないようですよ。とにかく、リラックスする事が大事なようです。最初は、ひっくり返ったりして、なかなか上手くいかないでしょうが、そこは練習あるのみですよね。コツが掴めれば、すぐに出来るようになるようですし、何より楽しいですよね。サーフィンが出来なくても、天気の良い日に波待ちするだけでも面白いですもんね。初めは、波の小さい日に練習を重ねていくのが良いでしょう。慣れてしまえば、波乗りは決して難しい事ではないようですよ。

楽天で見る⇒ウエットスーツ

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンにとって重要なポイントって?

サーフィンにとって重要なポイントって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、サーフィンにとって重要なポイントと言えば、どういう事があげられるんでしょう?先ず、ルールやマナーを守り、他の方に迷惑をかけない事が大切ですよね。地元の方や他のサーファーの迷惑にならないような行動を取る事が大事なんですよね。それに、ゴミは必ず持ち帰る事や違法駐車もしてはいけませんね。楽しいからといって、大勢でバカ騒ぎをするのも、他の方にとってはとっても迷惑になります。又、サーフィンの途中で割り込んだりするような行為もいけないですよね。海でのルールやマナーを守る事が、サーフィンをやる上で最も重要なポイントのようです。

それでは、サーフィンを始めるにあたって、重要なポイントは有るんでしょうか?上級者の方って、とってもタイミング良く波に乗って、格好良くサーフィンを楽しんでいますよね。サーフィンをする上で、重要な事の一つに、タイミングがあげられるかも・・・。それに、筋力も重要なポイントだと思います。この筋力は、トレーニングやパドリングでも付ける事が可能なようですが、筋力が付けば、サーフボードをもっと自在に操れるようになるでしょう。バランスも非常に重要だと思います。上半身の筋力と下半身の筋力をバランス良く使う事で、上達も早くなるかも・・・。初心者であれば、サーフボードの選び方にもポイントをおいた方が良いかもしれませんね。とはいえ、何と言っても、出来るまで諦めない事と、サーフィンを楽しむ事が一番重要なポイントになるのでは・・・(笑

楽天で見る⇒ウエットスーツ

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンのカットバックのポイントって?

サーフィンのカットバックのポイントって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。このカットバックって言うのは、サーフィンのテクニックの一つで、波のカールから離れ過ぎた時に波をカットしてUターンして元に戻る技法を言うようですよね。サーフィンの基本的なテクニックのようですが、カットバックの仕方はそれこそ人それぞれで、個性を感じるテクニックなようですね。ですが、このテクニックも、初めから上手くいくものではないようです。初心者の方は、なかなか上手くカットバック出来ないかも・・・。サーフボードを上手く操る事が出来ずに、バランスを崩してしまうようです。美しく、格好の良いカットバックが出来るようになるには、やはり、練習と経験が必要なようですね。

初心者の方は、広く緩やかな波で、何回も練習するのが良いでしょう。ゆっくりカールに戻る練習をします。小さいターンを何回もしながら、最終的に大きくターンが出来るようになりましょうね。いきなりターンに戻ろうとはしない方が良いようです。この時は、視線にも気を付けて下さいね。カットバックに入った時から、視線はカールに向けるようにします。視線が上手く行けば、自然とターンが出来るようになるようです。コツが掴めれば、いろいろな波で臨機応変にカットバックを楽しむ事が出来るようになるでしょう。カットバックはスピードがあり、鋭角であるほど美しく、見栄え良く見えるようです。でも、そんなカットバックをするのはなかなか難しく、かなりのテクニックが要求されるようですね。それだけに、習得出来ればサーフィンがとっても楽しいものになるのでは・・・(笑

楽天で見る⇒サーフボード

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?

スポンサードリンク


オフザリップのポイントって?

オフザリップのポイントって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。このオフザリップって言うの、サーフィンのテクニックの中でも、一番派手で格好良く、憧れる方の多い技法の一つなようです。これが格好良くできる方は、サーフィンもかなりの上級者のようですね。パッと見た感じでは、簡単そうに見えたりもするるようですが、初心者の方には、なかなか難しいテクニックのようです。実際にサーフィンをしてみて、最終的に習得出来るのが、もしかしたら、このオフザリップかもしれません。

このオフザリップを完成させる為には、ボトムターンのテクニックを先に習得する事が必要なようです。オフザリップは、波のトップが崩れるところにサーフボードを当て込むようにしなければなりませんよね。サーフボードを当てる場所を間違えると上手くいかないようです。プロは、先ず、ここを瞬時に見極めているようですが、初心者の方にはまだ見極める事が難しいようですから、美しいオブザリップの形にならないようです。しかも、自分のスピードやレベルを知っていないといけません。スピードが付き過ぎても上手く行かないようですし、波を見極めて臨機応変に出来なければいけませんよね。技法的には、やはりプロの技法を見て、研究するのが良いでしょうね。サーフィンの初心者がオフザリップを習得するのは、かなり後の事になるでしょうが、名前とこういうテクニックが有るということだけでも覚えておきましょうね。この技法を習得出来れば、サーフィンの腕前はかなり上達しているという事に・・・。自分の腕にある程度の自信を持っても良いようですね(笑

楽天で見る⇒ウエットスーツ

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンのアップスのポイントって?

サーフィンのアップスのポイントって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サーフィンのテクニックの一つに、アップス&ダウンスというものがあるようで、その名前の通り、波の斜面を上がったり、下りたりするテクニックの事を言うようですね。これは、略してアップスと呼んだりもするようです。アップスは、サーフィンの全てのテクニックの基本になるようで、これが出来ないとカットバックも当て込みも出来ないようです。又、アップスが出来ていないと、どんな技をやろうとしても、見栄えが良くないようですね。なので、最初に身につけておかなければならないテクニックのようですよ。ですが、数回やっただけで上手くいくほど甘くはないようで、サーフィンのコツを掴むって、とっても難しいようです。でも、何回も海に通って、繰り返し練習するうちに身に付いてくるようですが・・・(笑)

コツとしては、上に上がる時は腰を落とし、足を縮め、膝を曲げると良いようです。そして、下に下がる時は、足を伸ばすようにします。上半身はあまり動かさずに、下半身だけを使うようにすると良いようですね。ターンのタイミングと体重のかけ方が上手くいけば、スピードが上手くついてくるようです。サーフィンは口で説明されても、あまりピンとこないかもしれませんね。やはり、上手な方のやり方を見たり、ビデオやDVD等で動画を見たりして研究する方が良いでしょう。又、アップスと言っても、波に合わせていろいろなスタイルがあるようです。これを習得すると、その他のテクニックが習得しやすくなるようですから、サーフィンもより楽しくなるでしょう。それからカットバックやボトムターンに挑戦していって下さいね。

楽天で見る⇒サーフィン テクニック

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンに適した時期や季節って?

サーフィンに適した時期や季節って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サーフィンを始めるにあたって、適した時期や季節は人によって考え方が様々のようですが、参考までにお話してみますね。先ず、適した時期についてなんですが、サーフィンは意外にも年中通して楽しめるスポーツのようなので、自分がサーフィンを始めたいと思う時期が、適した時期になるかもしれませんね。 そして、適した季節についてですが、自分がどこにポイントを置くかによって大きく変わってくるようです。初心者の方は、身体を水に慣らす事から始めるので、無理なく楽しめる季節は、やはり春から夏にかけてでしょうね。この季節は、水温も徐々に上昇してくるので、比較的長い時間海に入っていられるようですよね。特に四月末頃からはお薦めです。

しかし、サーフィン最盛期の春から夏になると、やはり、他のサーファーや海水浴客も多くなってきますよね。そうすると、初心者のサーファーは、何らかのトラブルに巻き込まれる事もないとは言いきれませんよね。それらを回避する為に、サーファーや海水浴客が少なくなる秋から冬にかけて、短期集中型でサーフィンを始めようとする初心者の方もいらっしゃるようです。最近では、冬の寒さにも耐えられるウエットスーツが販売されているようなので、防寒対策をしっかりして、海に入っている時間を短くすれば、勿論、冬でも楽しめます。人が少ない季節にこっそり上達するか、水温が温かい季節にみんなと腕を磨き合うかは、人によって様々なので、自分はどちらが向いているか考えてサーフィンをお楽しみ下さいね。

楽天で見る⇒ウエットスーツ

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?
サーフィン保険?
サーフィンで必要なグッズって?
サーフィンの上達法って?
サーフィンの初心者は?
サーフィンのスクールは?
サーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンのテイクオフのポイントって?

サーフィンのテイクオフのポイントって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テイクオフのポイントは、ずばり、迷わず突き進むんだ、っていう強い精神を持つ事なようですよ。やはり、初めは恐怖心がつきまとうでしょうが、たくさん挑戦して、絶対に諦めない気持ちがあれば、そのスリリングさを楽しめる日がやってくるのでは・・・(笑)ただ、精神面だけ強くなっても技術がついてくる訳ではないので、技術面でのテイクオフのポイントも簡単にお話してみますね。

先ず、波の崩れ方やうねり方、いわゆる波のブレイクを、よく観察して見極める事が大切なようです。出来るだけ早くテイクオフする事が出来れば、その後のライディングに大きな余裕がでてきます。波待ちをしながら、その日の波のコンディションやうねりの方向などをよく見る癖をつけると良いですね。波の状態が掴めてきたら、あくまでも予想の範囲でしかありませんが、波のブレイクポイントであろう位置までパドリングをします。パドリングをする時は、波のうねり方に対して直角になるようにしましょう。テイクオフって言うのは、自身のパドリングで波に乗ってスタンディングをする技なので、パドリングの基本が出来ていないとなかなか上達しないようです。パドリングで最も力を入れるべきなのは、身体の真下から後ろにかけて掻く時のようですよね。これは、最も疲れにくい掻き方のようで、しかもスピードアップに効果的な方法のようですので、是非覚えておくと良いですね。精神面も技術面も鍛える事が出来たら、きっと、どんな波でも乗りこなせ、より楽しくサーフィンができるのでは・・・。

楽天で見る⇒ウインドサーフィン

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンに適した時期や季節って?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?
サーフィン保険?
サーフィンで必要なグッズって?
サーフィンの上達法って?
サーフィンの初心者は?
サーフィンのスクールは?
サーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィンのボトムターンのポイントって?

サーフィンのボトムターンのポイントって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サーファーにとって、ボトムターンって言うのは、それを見るだけでサーフィンの腕が判断出来る位に、とっても重要なテクニックのようですよね。では、このボトムターンが上手くなるポイントって、どんな事があるんでしょう。ボトムターンって言うのは、波のボトム、つまり、波の一番下の平らになっている部分でターンする技の事なんですね。基本的なターンなので、簡単そうにみえますよね。でも、この技は、スピードに乗ってターンする事が重要なようなので、スピードが遅かったり、波が崩れるタイミングを掴めていないと失敗するようです。基本的なターンでありながら、感覚と練習量がものをいうテクニックのようです。

ボトムターンのポイントなんですが、フロントサイドのボトムターンの場合は、膝をよく曲げてボトムに着いたら、自分がいきたい方向を確認しましょう。そして、スピードは必ずつけたままで、サーフボードの側面部分が波に沿うようにして、大きく上半身をひねりながらターンします。バックサイドのボトムターンは、フロントサイドとは違って、背に波がくるようにターンするテクニックのようですね。波の状況が確認しづらい為、技術を要すようです。ただ、上半身を大きくひねる動作や膝をしっかり曲げて、かかとに重心を置くという事は変わりません。波の状況に合わせたタイミングの良いターンをし、自分の行きたい方向へコントロール出来るようになれば大丈夫なようですね。スピード、脚の強さ、バランス感覚を身に付ける事こそがボトムターン習得のポイントのようですね。

楽天で見る⇒サーフボード

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンに適した時期や季節って?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?
サーフィン保険?
サーフィンで必要なグッズって?
サーフィンの上達法って?
サーフィンの初心者は?
サーフィンのスクールは?
サーフィンって?

スポンサードリンク


サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?

サーフィン初心者がつまるドルフィンスルーって?と、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。サーフィンを始めた方にとって、よく耳にするであろうドルフィンスルーなんですが、ドルフィンスルーって言うのは、波の下に潜りこんで、波を上手にくぐり抜けるテクニックの事を言うんですよね。せっかく海に入っても、大波でなかなか前に進めず、沖に辿り着けない事は少なくないようです。そんな時にこのドルフィンスルーが出来ないと、波の状況によっては一日中サーフィンが出来ないなんて事態になりかねませんよね。サーフィンでは、ドルフィンスルーは、波待ちやパドリング同様、基本的なテクニックのようです。

ですが、不安定なサーフボードを水中に沈めるこのテクニックは、初心者が習得するまでには、かなりの練習量と時間を要するようです。そのせいで、サーフィンを諦めてしまう方も多いようですね。何度も練習する事によって、崩しがちだったバランスも徐々に感覚が掴めてくるようなので、どんなに時間が掛かっても諦めない事が肝心なようです。練習をする場合には、膝から腰にかけての波を狙うと比較的練習しやすいようですね。波が完全に崩れる手前のタイミングで、波の下に潜り込んで波の裏へ抜けると良いようですよ。最初は小さな波でコツを掴み、慣れてきたらどんどん大きな波にも挑戦してみましょう。但し、ドルフィンスルーをする場合は、比較的人が少ないところで練習するのが良いようです。って言うのは、失敗した時にボードが飛ぶので、他の方に危害を加えてしまう恐れがあるようです。もし、習得出来たら、更にサーフィンの面白さを味わう事が出来るので、投げださずに頑張って下さいね。とにかく、ひたすら練習あるのみですよ(笑

楽天で見る⇒サーフィン ドルフィンスルー

関連記事
サーフィンに筋力って必要なの?
サーフィンの波待ちのポイントって?
サーフィンにとって重要なポイントって?
サーフィンのカットバックのポイントって?
オフザリップのポイントって?
サーフィンのアップスのポイントって?
サーフィンに適した時期や季節って?
サーフィンのテイクオフのポイントって?
サーフィンのボトムターンのポイントって?
サーフィン初心者のウエットスーツの選び方は?
サーフィン初心者のサーフボードの選び方って?
ウィンドサーフィンって?
サーフィン保険?
サーフィンで必要なグッズって?
サーフィンの上達法って?
サーフィンの初心者は?
サーフィンのスクールは?
サーフィンって?

スポンサードリンク