将来テニスコーチや指導者になる為には?

将来テニスコーチや指導者になる為には?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニスを人に教える事が大好きな方は、将来的にテニスコーチを目指す事も多いのでは・・・。では、テニスコーチになる為には一体どうしたら良いんでしょう。

先ず、テニスのコーチと言っても、プロテニスプレーヤーを育成するには大変な技術が必要となってくるようです。そう言った事からも、コーチを目指す方の多くは、テニススクールや中高校のテニス部でテニスの指導をやってみたいと思っているのでは・・・。

テニスのコーチになる為には、医者や学校の教師とは違って、決められた資格などは必要ないようです。ただ、テニススクール等でコーチをする場合には、例え高いテニスの技術があったとしても、コミュニケーションの能力が低ければ採用は難しいと思われます。

何故ならば、テニススクール等のコーチであれば、テニス技術の高さよりも、人柄や教え方の上手さの方が重視されるようです。いくらテニスの技術があっても、上手に教えられなかったり、口下手で陰気なコーチだったりすると、生徒さんが集まらないことに・・・。

ですから、テニスの腕だけではなくって、コーチとしてのスキルも磨く必要があるようです。コミュニケーション能力に自信がなければ、テニスのコーチ科と言う学科がある専門学校もあるようですので、勉強の為にも通ってみてもいいかも・・・。

又、テニススクールのコーチの場合には、アルバイト、契約社員、正社員といった雇用形態があるようです。なので、先ずはアルバイトのコーチを体験してみて、人に教えるとはどんな事かを実際に経験してみるといいかもしれませんね。

楽天で見る⇒テニス 指導者

関連記事
テニス肘ってどんな病気なの?
ソフトテニスから硬式テニスに変更する時の注意点って?
テニスのシングルスとダブルスの違いって?
テニスの試合で負けない為には?
テニスでスマッシュやボレーをミスしない為には?

スポンサードリンク


テニス肘ってどんな病気なの?

テニス肘ってどんな病気なの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニスをやっていると、テニス肘と言う言葉をよく耳にするのでは・・・。では、そのテニス肘とは具体的にどんな病気なんでしょう。

テニス肘って言うのは、肘関節の親指側の骨が突き出している部分に痛みが起こる病気なようで、指で押すと肘の外側や内側が痛む症状が現れるようです。又、重い物を持ち上げたり、荷物を持ったりしても痛みが走り、症状が悪化すると何もしていなくても肘がズキズキと痛むようになるようで、日常生活にも支障をきたすようになってしまうようですね。

発症する原因としては、肘に負担が掛かるようなスポーツを頻繁に行っている、生活習慣や家事等による疲労の蓄積、更年期や老化による筋腱の衰え等があげられるようです。テニス肘と言う言葉から、テニスをしている人が掛かる病気のように連想されるかもしれませんね。

でも、これらの原因からも分かるように、家事をしている主婦や農家等の肘に多くの負担が掛かる人、それに、ゴルフ等の他のスポーツで発症する例も多くあるようです。テニス肘は肘の使い過ぎではなくって、手や手首の使い過ぎによって発症するようですが、原因不明で発症した場合には慢性化する場合が多いようなので、特に注意が必要なようですね。

テニス肘は、慢性化すると長期の治療が必要となってしまうようです。もし、発症した場合には、くれぐれも無理をしないようにし、治療に専念する事を心掛けるようにするのがいいようです。治療方法には、消炎鎮痛剤や湿布、塗り薬を使用するようですが、その他にリハビリを行う場合もあるようです。

楽天で見る⇒テニス肘

関連記事
将来テニスコーチや指導者になる為には?
ソフトテニスから硬式テニスに変更する時の注意点って?
テニスのシングルスとダブルスの違いって?
テニスの試合で負けない為には?
テニスでスマッシュやボレーをミスしない為には?

スポンサードリンク


ソフトテニスから硬式テニスに変更する時の注意点って?

ソフトテニスから硬式テニスに変更する時の注意点って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。通っている中学校ではソフトテニス部しかないのに、希望している高校には反対に硬式テニス部しかない、なんて言う場合も割とよくありますよね。

それでも、せっかくテニスを続けてきたのだから、硬式テニスに変更になっても続けていきたいと思う人も少なくないのでは・・・。では、ソフトテニスから硬式テニスに変更する場合に注意する事って、どんな事があるんでしょう。

先ず、ソフトテニスではそれなりの実力があるからと言って、硬式テニスでも上位にいけるとは限らないようですね。ソフトテニスの場合には、多少打点が遅れても上手に手首を使って誤魔化しながら打つ事も可能なようですが、そのような打ち方を硬式テニスでやっていては、確実に故障してしまうようです。

又、ソフトテニスの場合には、ボールが軽い為、相手から強いボールが返ってきても打ち負けると言うような事は少ないかも・・・。ですが、硬式テニスの場合には、ボールが重く、そのようなボールを上手くコントロール出来るようになるまでには、かなりの時間を要する事になるかも・・・。

それに、ルールも硬式テニスでは一部異なる場合があるようなので、ソフトテニスではこうだったと言う事が無いように注意が必要なようですね。ソフトテニスと硬式テニスは、全く別のスポーツだと割り切って挑んだ方が、かえって上達が早いと言えるかもしれませんね。

楽天で見る⇒硬式テニス ルール

関連記事
将来テニスコーチや指導者になる為には?
テニス肘ってどんな病気なの?
テニスのシングルスとダブルスの違いって?
テニスの試合で負けない為には?
テニスでスマッシュやボレーをミスしない為には?

スポンサードリンク


テニスのシングルスとダブルスの違いって?

テニスのシングルスとダブルスの違いって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニスには、一人で試合を行うシングルスと、二人のチームで試合を行うダブルスとがあるんですが、これらの違いにはどんな事があるんでしょう。

先ず、シングルスの醍醐味は、何と言っても自由にプレイが出来る事でしょうか。自分の責任でどんなプレイをする事も可能なんですよね。自分の実力に合わせて、どんな試合運びをしようか、相手をどうやって追い詰めようかなど、戦略を立てる楽しみもありますよね。その代わり、試合に負けた時でも全て自分の責任になるので、言い訳をする事は出来ませんが・・・。

反対に、ダブルスの醍醐味は、チームで試合を組み立てていける事かも・・・。味方の事を信じて、自分がチャンスを作って相手にボールを繋いで決まった時。又は、同じように味方がチャンスを作って、自分にボールを繋いでくれて、それが決まった時等は、チームであれば、盛り上がりは最高潮に達するでしょう。

又、試合におけるプレッシャーもシングルの場合と比べると、同じコートに味方がいる分、比較的軽くて済む場合もあるかも・・・。その代わり、コートの中で動ける範囲が決まってしまうようなので、どんなボールが来ても瞬時に反応出来るようにしておく事が重要となってくるようです。

シングルスでもダブルスでも、テニスそのものは十分に楽しめるはずですが、テニスを始めたばかりの頃は、守る範囲も狭くて済み、味方がある程度テニスが上手だと、試合が続いて長い間楽しむ事が出来るダブルスの方がお勧めかもしれませんね。テニスを、存分にお楽しみくださいね。

楽天で見る⇒テニス シングルス ダブルス

関連記事
将来テニスコーチや指導者になる為には?
テニス肘ってどんな病気なの?
ソフトテニスから硬式テニスに変更する時の注意点って?
テニスの試合で負けない為には?
テニスでスマッシュやボレーをミスしない為には?

スポンサードリンク


テニスの試合で負けない為には?

テニスの試合で負けない為には?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニスの試合で、対戦相手に絶対負けたくないとコートに立って試合をしている全てのプレーヤーが、きっとそう思っていますよね。

では、試合で負けないようにする為にはどうしたら良いんでしょう。ひと言で言ったら、テニスの実力をつける事に尽きるのでは・・・。けれど、そんなのは分かっていますよね。その他にも何かないかと言う事でしたら、とにかく良いコーチに付く事かも・・・。

これはスポーツ全体に言える事でしょうが、自分の欠点は自分ではなかなか見つける事が出来ませんよね。周りの人もライバルですから、素直にあなたに教えてはくれないでしょう。そこで、あなたの欠点を見抜いて潜在能力を伸ばしてくれるようなコーチの存在が重要になってくるようです。

もし、コーチに付くようなテニスをしていなければ、例えば戦略的な試合運びが出来るように練習してみましょう。対戦相手が得意なボールやコースをなるべく打たせないようにして、相手のリズムを崩すようにします。

又、試合の早い段階で、対戦相手の不得意なボールやコースを見付ける事も試合に負けないようにする為には重要なようです。テニスの試合で相手に負けない為の最大の秘訣は、一球多く相手のコートにボールを返す。ただこれだけなようです。

足テニス、なんていう言葉もあるんですが、ボールを返す事を諦めない粘りの強さがあれば、自ずと相手のミスを誘う事が出来るようです。もし、試合に負けたとしても、これで自分の弱点が分かって練習に課題が出来た、と前向きに考えるようにすると勝てる試合が増えるかも・・・。

楽天で見る⇒テニス 勝つ

関連記事
将来テニスコーチや指導者になる為には?
テニス肘ってどんな病気なの?
ソフトテニスから硬式テニスに変更する時の注意点って?
テニスのシングルスとダブルスの違いって?
テニスでスマッシュやボレーをミスしない為には?

スポンサードリンク


テニスでスマッシュやボレーをミスしない為には?

テニスでスマッシュやボレーをミスしない為には?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニスでスマッシュやボレーをミスしないで打てるようになる為には、どうすれば良いんでしょう。

先ず、スマッシュについてなんですが、スマッシュを苦手としたり、失敗したりしている方に多く見られるのが、足が止まっている事なようですね。足テニスと言われるように、テニスで一番大事なのはフットワークなようです。

スマッシュを打つ際に足が止まっているようでは、打点の適切な調整が上手くいかないかも・・・。スマッシュのミスの大きな原因の一つに、ラケットの真ん中にボールが当たらずに打点が狂いやすい事があげられるようです。

それは、スマッシュを打つ際には上からボールが落ちて来るので、打点が読みにくいからなようですね。その為にも、足を使って素早くボールの下に入るようにし、ラケットの真ん中にボールが当たるよう打点を調節してみて下さいね。

次に、ボレーなんですが、ボレーでミスをする原因の一つに足幅を狭くとっている事が挙げられるようです。足幅を狭くとると、どうしても姿勢が高くなりがちなようで、上半身だけの動きになってしまうようです。そのような動きでは、力も入りやすくなるようですし、ボールのコントロールも乱れがちになってしまうかも・・・。ボレーを打つ際には、意識的に肩幅位まで足を広げるようにしてみて下さいね。

スマッシュでもボレーでも同じ事なようですが、バランスの取れた体勢になる事が、ミスを無くす一番のポイントなようです。どのようなボールが来ても安定した体勢が取れるように、下半身の強化にも力を入れてみましょうね。

楽天で見る⇒テニス スマッシュ ミス

関連記事
将来テニスコーチや指導者になる為には?
テニス肘ってどんな病気なの?
ソフトテニスから硬式テニスに変更する時の注意点って?
テニスのシングルスとダブルスの違いって?
テニスの試合で負けない為には?

スポンサードリンク


テニスでバックハンドストロークやボレーが苦手な時の練習方法って?

テニスでバックハンドストロークやボレーが苦手な時の練習方法って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニスを始めた時に、一番最初に教えられたのが素振りなのでは・・・。その後、実際にボールを打ち始めると、素振りのフォームが気になってボールに当てられないなんて経験をした方も多いかも・・・。

特に、バックハンドストロークが苦手な初心者の方は多いのでは・・・。バックハンドでは、自分の肩越しにボールを見なければならないので、ボールとの間隔が捉えにくいという点が一つあるんですが、これは練習で感覚を覚えるしかないようです。

バックハンドには片手打ちと両手打ちがありますよね。教えてくれるコーチによって、どちらかに決められてしまうこともあるようですが、本来は自分が打ちやすい方法を使うのが良いでしょう。両手打ちの方が力が入りやすいようなので、女性の場合には両手打ちを薦めるコーチも多いようです。

バックハンドが苦手な方は、体の軸がぶれやすいことが多いようですが、それは主に下半身の筋力不足やボールに追いついて構えるのが遅れるスピード不足が原因なようです。これらは基礎体力や筋力を付けることで克服することが可能なようです。

ボレーが苦手な方は、そのタイミングの取り方とオーバーしてアウトになってしまうことに悩んでいるのかも・・・。実際、初心者の方は、ボレーでもつい打ってしまいがちなようですおね。ボレーはボールを当てるだけ、と常に意識しておくと良いかも・・・。ボレーでは一瞬の判断力がなにより重要なようで、その為、タイミングがずれてしまうようですが、これは練習して身体に染み込ませるしかなようですね。

楽天で見る⇒テニス バックハンドストローク

関連記事
テニスでスピンサーブやスライスサーブの打ち方って?
テニスでサーブが入らない時は?
良いテニススクールの探し方って?
初心者に適したラケットの選び方って?

スポンサードリンク


良いテニススクールの探し方って?

良いテニススクールの探し方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニススクールに通うには、自宅や職場等の兼ね合いから、通える範囲で選ぶしかないかもしれませんが、もし複数の選択肢が有る場合には、良く考えて選んだ方が良いかも・・・。

なぜなら、テニススクールと言っても、そのスクールによって全く方針や設備に違いがあるからようです。テニススクールと言うからには、テニスが上達するように指導してくれるというイメージも強いかと思うんですが、テニスを楽しめればそれで良いというスクールも案外多いようです。

当然ながら、前者では、テニスを上達させられるようなコーチが揃えられている必要がありますよね。教えてくれるコーチの指導力によって、上達度合いには大きな差が出ますもんね。ですが、ただ趣味で楽しめれば良いと思っているのなら、ハードなトレーニングを望まないかも・・・。ですから、先ず、その点が一番重要ですから、自分がテニススクールに何を望んでいるのかをはっきりさせるのがいいでしょうね。

次に、設備や練習体制、システムにも目を向けてみて下さい。更衣室が狭いと不便ですよね。コート数が少ないと、なかなか自分の練習が出来なかったり、待機している間にもボールが飛んできて危険だったりします。スクールが何人体制かも重要なポイントなようです。勿論、なるべく少人数制のスクールを選ぶのが良いのでは・・・。

又、コーチがアルバイトの学生なんてこともあるようですね。イケメンコーチを眺めながら、楽しんでテニスが出来れば良いというのでしたら構わないでしょうが、もし、上達を望むならしっかりしたコーチがいるテニススクールを選びたいものですね。

楽天で見る⇒テニスシューズ

関連記事
テニスでスピンサーブやスライスサーブの打ち方って?
テニスでバックハンドストロークやボレーが苦手な時の練習方法って?
テニスで高速サーブを打つには?
テニスでサーブが入らない時は?
初心者に適したラケットの選び方って?

スポンサードリンク


初心者に適したラケットの選び方って?


初心者に適したラケットの選び方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニスを始めるにはラケットが必要ですよね。学校の部活動等では、最初は学校で決められたものを購入したり、テニススクールでも初心者用にお薦めのラケットが置いてある事もあるようです。

自分でラケットを選ぶと言っても、誰か経験の豊富な方に同行してもらったりしなければ、なかなか選ぶのは難しいですよね。つい見た目や価格で左右されてしまうかもしれませんが、高ければ良いというわけではないようですね。

ラケットの材質や作りによって重さにも違いがあるようですし、面の大きさにも違いがあるようです。ですから、先ずは、学校やテニススクールでお薦めのものを購入するのが一番無難と言えるかも・・・。なぜなら、初心者が一番使いやすいだろうと思われる平均的なものを紹介してくれているからなんですね。又、価格も手頃なものが用意されていると思います。

ラケットの面の大きさによって、打ちやすさや当てやすさに違いがあるようです。ラケットの重さによって、球に掛かるスピードや重さに違いが出るよですし、長時間使う為の筋力にも違いが出てくるかも・・・。軽いものなら長時間テニスをしても疲れづらいでしょうし、筋力が無くてもコントロールしやすいようですが、その分、球の威力が落ちるようです。重いものならその逆ですよね。それらは、ある程度上達した時に、自分にはこういうラケットが向いている、というのが自分で分かるようになるようです。そうなってから良いものを購入するのが一番良いですね。

楽天で見る⇒テニス ラケット

関連記事
テニスでスピンサーブやスライスサーブの打ち方って?
テニスでバックハンドストロークやボレーが苦手な時の練習方法って?
テニスで高速サーブを打つには?
テニスでサーブが入らない時は?
良いテニススクールの探し方って?

スポンサードリンク


テニスで必要なメンタルトレーニングって?

テニスで必要なメンタルトレーニングって?と、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニスで、絶対にマスターしておきたいものが有るとすれば、それは何だと思います?フォアでしょうか?それともバックでしょうか?もしかして、サーブ?実は、どれも違うようですね。技術うんぬん以前の事なんです。それは、精神的な部分を鍛えるという事。いわゆる、メンタルトレーニングと言われるものなんですね。勿論、技術力も大切なんですよね。特に、基礎的な部分はきちんとおさえておかないと、先々に大きな損失となりえるようです。でも、技術だけではダメなようですよ。

例えば、練習の時はとっても上手なのに、肝心な試合では負けてばかりの選手。逆に、あまり上手とは言えないのに、試合ではよく勝利する選手。あなたの周りにもいませんか?それは、多分、メンタル面の強度が大きく関わっているのでしょうね。試合では、自分を信じる心がプレーにそのまま出るようです。精神的に鍛えられていないと、不安や緊張から、実力が出せないようです。相手の方が強いのでは?等と考えてしまうと、どうしても守りに入ったプレーをしてしまうようです。どんなに強い相手でも、自分なら勝てる!自分のペースにも持ち込んでやる、と強い心で挑めば、相手が自分の本来の力を出せず、勝ててしまう事もあるのでは・・・。人間対人間の勝負ですから、技術のレベルだけでは、結果は分からないようですね。それが、このスポーツの面白いところでもあると言えるでしょう。勿論、自分を信じる為には、普段から真剣にトレーニングしていないといけませんよね。技術は、自信を付ける為のサブくらいに考えると良いようですね。

楽天で見る⇒テニス メンタルトレーニング

関連記事
テニスでのケガって?
テニスのダブルスで上手くなりたい?
テニスでツイストサーブが打ちたい?
テニスでスマッシュが上手くなるには?
軟式テニスと硬式テニスの違いって?
手にまめができたのはテニスのせい?
自分に合ったテニスラケットの選び方って?
自宅でできるテニスの練習って?
テニスの試合に緊張する?
テニスのガットの選び方って?
ボレーがふわっと浮く?
テニスの試合に勝ちたい?
テニスに必要な筋トレって?
テニスが上手にならない?
テニスでシュートボールがコートに入らない?
テニスでサーブが決まらない?

スポンサードリンク


テニスでのケガって?

テニスでのケガって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。実は、テニスをしている方の半分以上は、何らかのケガや故障の経験があるそうですね。怪我が一番多いのは、足首のようです。次は肘で、手首や腰、肩も怪我の多い場所のようですね。ケガで最も多いのは、腱鞘炎のようです。関節炎も、腱鞘炎と同様に多いようです。具体的な病名を例にあげると、ヘルニアやガングリオンや坐骨神経痛、半月板損傷、神経痛、アキレス腱周囲炎、テニス肘、上腕骨外上顆炎、肩腱損傷、足底筋膜症、膝蓋骨軟骨硬化症、肩関節不安定症、四十肩、五十肩、変形性股関節症、変形性膝関節症等などのようです。このような症状を発症するのは、圧倒的に四十代から五十代の方が多いようです。

ケガを起こす具体的なきっかけとしては、サーブをしようとした時に、と言うのが一番多いようで、その他には、フォア、バック、ボレー、スマッシュという順になるようです。又、玉拾いでケガをした方なんかも、少なからずいるようです。治療法は怪我によって変わるんですが、湿布やマッサージが主な対処法のようですが、他に、サポーターやアイシングによる治療等も多いようです。鍼灸、薬の服用、注射、キプス、手術なども稀にはあるようですが・・・。テニスは、ちょっとした事からでも怪我を招きやすいスポーツのようですが、怪我をしない為には、日頃からケガの予防策を万全にし、無理なく安全に練習する事が一番と言えるでしょう。ケガはしないに越した事はありませんよね。なので、面倒でも、準備運動やクールダウン等も入念に行って下さいね。

楽天で見る⇒テニス

関連記事
テニスで必要なメンタルトレーニングって?
テニスのダブルスで上手くなりたい?
テニスでツイストサーブが打ちたい?
テニスでスマッシュが上手くなるには?
軟式テニスと硬式テニスの違いって?
手にまめができたのはテニスのせい?
自分に合ったテニスラケットの選び方って?
自宅でできるテニスの練習って?
テニスの試合に緊張する?
テニスのガットの選び方って?
ボレーがふわっと浮く?
テニスの試合に勝ちたい?
テニスに必要な筋トレって?
テニスが上手にならない?
テニスでシュートボールがコートに入らない?
テニスでサーブが決まらない?

スポンサードリンク


テニスのダブルスで上手くなりたい?

テニスのダブルスで上手くなりたい?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニスで、ダブルスを主にしている方は多いようですよね。シングルと違ってダブルスでは、個人の技術向上だけで試合に勝つ事はとっても難しいようです。それは、ダブルスで一番大切な事が、二人の呼吸だからのようですね。二人の呼吸が合わなければ、どんなに個人個人が上手なプレーヤーでも上手くいかないようです。ダブルスで試合に勝利するには、サポート力も必要なようです。パートナーが失敗しても、それを瞬時に判断して、フォローする。又、フォローして貰えると、お互いに、パートナーを信頼出来ている、これが強いコンビの特徴のようです。

その為には、パートナーの癖やその日のコンディションを把握していないといけませんよね。つまり、自分の事よりパートナーの事を考えられるようにならないといけないようです。 自分の力を見せるだけでは駄目なんですね。自分がミスしても、パートナーがフォローしてくれる。パートナーがミスしたら、自分がフォローする。そういう思いで、思いっきりプレー出来ているコンビはとっても強いようです。試合に挑む前から、細かな点を事前に打ち合わせしておくのも大切なようです。普段から、色々とプレーについて話しておくのも強いコンビになる秘訣なのでは・・・。個人が技術力を上げる事も、悪い事では勿論ありませんが、常に、二人でプレーする状況を思い浮かべながら練習すると、もっと効果が上がるかも・・・。ダブルスが上手くいくと良いですね。

楽天で見る⇒テニス

関連記事
テニスで必要なメンタルトレーニングって?
テニスでのケガって?
テニスでツイストサーブが打ちたい?
テニスでスマッシュが上手くなるには?
軟式テニスと硬式テニスの違いって?
手にまめができたのはテニスのせい?
自分に合ったテニスラケットの選び方って?
自宅でできるテニスの練習って?
テニスの試合に緊張する?
テニスのガットの選び方って?
ボレーがふわっと浮く?
テニスの試合に勝ちたい?
テニスに必要な筋トレって?
テニスが上手にならない?
テニスでシュートボールがコートに入らない?
テニスでサーブが決まらない?

スポンサードリンク


テニスでスマッシュが上手くなるには?

テニスでスマッシュが上手くなるには?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニスをしている方に悩みを聞くと、多くの方が、スマッシュが安定しない、と答えているようですね。皆さん、練習の時はある程度決められるのに、肝心の本番では、どうしてだか失敗するんだそうです。スマッシュの練習のポイントは、やはり、とにかく回数を重ねる事でしょうね。感覚を掴み、自分に合ったフォームを身につける事が何より大切かも・・・。誰かを真似するのではなくって、自分の本当に打ちやすい方法を掴むんです。勉強しておくのは、基礎的な事だけで良いようです。テニスは、スマッシュだけではなく、殆どの事がそのようですね。

スマッシュだけで言うと、打点だけ知っておいて、後は、コツを掴むまで練習してみるという事になるようです。打点は、スマッシュの場合、かなり前方のようですね。打つ時は、球が落ちる場所まで行くのではなく、踏み込んだところに球がくるように練習してみて下さい。技術的な練習法を簡単にお話しましたが、本当に本番で大切なのは、実はこのような事ではないようです。本番で必要なのは、思い切りのようです。これでもかってくらいに、遠慮や躊躇をせずに打ち込みましょう。絶対に入りますから。信じて下さい。自分を信じて、思いっきり打てば、スマッシュは簡単に決まるもののようですよ(笑)と言うより、初心者の方の多くは、勝つ為に必死で、自分の力量よりも少ない技術で勝負しがちのようです。つまり、自分を信じられていないようなので、勝てる訳がないようですね。相手を圧倒する位に、自信満々でプレーしてみてはどうでしょう。それで絶対に勝てますよ(笑

楽天で見る⇒テニス ラケット

関連記事
テニスで必要なメンタルトレーニングって?
テニスでのケガって?
テニスのダブルスで上手くなりたい?
テニスでツイストサーブが打ちたい?
軟式テニスと硬式テニスの違いって?
手にまめができたのはテニスのせい?
自分に合ったテニスラケットの選び方って?
自宅でできるテニスの練習って?
テニスの試合に緊張する?
テニスのガットの選び方って?
ボレーがふわっと浮く?
テニスの試合に勝ちたい?
テニスに必要な筋トレって?
テニスが上手にならない?
テニスでシュートボールがコートに入らない?
テニスでサーブが決まらない?

スポンサードリンク


軟式テニスと硬式テニスの違いって?

軟式テニスと硬式テニスの違いって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、軟式テニスと硬式テニスがどう違うんでしょうね。確かに、ボールが違うだけ、なんて思っている方も少なくないようですね。ですが、実は、違うところは、もっともっとあるようですよ。細かいところまであげると、キリがないくらい、本当に全然違うようです。確かに、ボールは違いますよね。軟式では柔らかいゴムで作られた軽いボールを使用するようですよね。表面はツルツルで、反発性に欠けるようです。硬式では、硬いゴムで作られた重いボールを使い、ラインと毛が付いているので滑りにくく、変化させやすいようですです。反発性にも富んでいるようですよね。

そして、ラケットも違うようですよね。先ず、重さが違うようですし、耐久性や反発性も違うようです。ボールの性質に合わせて、よりそれに合った仕様のラケットになっているようですよね。勿論、ガットも同じく、ボールの性質に合わせて、太さ、長さ、耐久性、反発性等の違いがあるようです。ラケットのメーカーも硬式テニス用の物を扱うところはたくさんあるようですが、軟式においては、製造しているメーカーがかなり限られてくるようですね。この他にも、コートの事やネットの張り方など、様々な違いがありるようです。因みに、軟式テニスは、元々、硬式テニスが伝わった後で日本人が作りだしたもののよううです。理由としては、毛の生えたボールが、当時の日本では高価だったので、ゴムマリのような物で代用を考えたから、等と言われているようですが、真相は定かではないようです。

楽天で見る⇒軟式テニス

関連記事
手にまめができたのはテニスのせい?
自分に合ったテニスラケットの選び方って?
自宅でできるテニスの練習って?
テニスの試合に緊張する?
テニスのガットの選び方って?
ボレーがふわっと浮く?
テニスの試合に勝ちたい?
テニスに必要な筋トレって?
テニスが上手にならない?
テニスでシュートボールがコートに入らない?
テニスでサーブが決まらない?

スポンサードリンク


手にまめができたのはテニスのせい?

手にまめができたのはテニスのせい?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニスをしていると、手にまめが出来る事がよくあるようですね。これは、幾度も刺激が与えられ続ける事が原因で出来るようですね。摩擦は水泡を作りやすくする為、テニスをしていると出来やすいようですね。痛みを伴う事が多いようなので、意外と厄介なんですよね。出来る前に、原因を把握し、予防に努めるのが良いでしょう。マメは、始めてすぐの頃より、慣れてきて、ラケットを握る回数が増えた頃に出来やすくなるようです。皮膚が柔らかいと出来やすいようなので、テニスの腕はあまり関係ないようです。

ただ、長くテニスをやっていれば、皮膚に厚みが出てくるようですが、これによって、マメは出来にくくなるようですね。ですので、初心者でも、皮膚を厚くしていけば、マメは防げるようです。マメは、出来る前に皮膚に赤みが出てきます。それでも刺激し続ければ、マメになってしまうようです。つまり、練習は、赤みが出てきたら止めるようにすれば良いかも・・・。そうすれば、皮膚は徐々に強くなり、痛みも避けられるのでは・・・。マメ予防には、グリップも重要なようですね。メーカーを変えると、グリップの形も変化するので、その時はいつもより手を意識して、無理をしないようにしましょう。グリップのサイズは、適正でないと負担が大きくなるようです。オーバーグリップテープ等で調整し、最適なサイズにしておくと良いようですね。このような事に注意すれば、マメが出来る可能性はかなり低く出来るはず・・・。ぜひ、試されてみてはいかがでしょう。

楽天で見る⇒オーバーグリップテープ

関連記事
軟式テニスと硬式テニスの違いって?
自分に合ったテニスラケットの選び方って?
自宅でできるテニスの練習って?
テニスの試合に緊張する?
テニスのガットの選び方って?
ボレーがふわっと浮く?
テニスの試合に勝ちたい?
テニスに必要な筋トレって?
テニスが上手にならない?
テニスでシュートボールがコートに入らない?
テニスでサーブが決まらない?

スポンサードリンク


自分に合ったテニスラケットの選び方って?

自分に合ったテニスラケットの選び方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニスラケットには、たくさんの種類がありますよね。価格もメーカーも特徴も、それによって様々なんですよね。せっかく購入するならば、出来るだけ自分に合ったラケットを購入したいですよね。とは言っても、こうたくさん有ると、どれを選んで良いのか悩んでしまいます。誰かに意見を聞いてみても、人によっていう事がバラバラだったりします。スクールでコーチに相談しても、スポンサーのところの商品を、ひたすら薦められる事もあるそうですね。そうなると、余計に分らなくなってきますよね。

グリップは、後で調整出来るように、若干細めの物が良いなどのような知識は、確かに参考になります。ですが、テニスラケットは、自分がどんなプレーをするかによって、合う物が変わってくるようですよね。特徴だけを知っていても、選択は困難なようです。どれが合うかは、最終的には、使ってみないと分らないようですね。なんて言ってしまっては、選択しようがなくなってしまいますが・・・。そこで、お薦めの方法なんですが、どれが良いのか分らないなら、中古ラケットで試してみてはいかがでしょう。新品ではかなりの出費になるような商品も、中古であればお手頃価格で購入出来ますよね。それを基準に、何が合うかを探っていくという方法も悪くないかと思いますが・・・。ラケット専門のフィッターに相談するのも良いようです。実際にどんなプレーをするかを知った上で、体型等にも考慮した一人一人に合ったアドバイスをして貰えるようです。出張も可能なところがあるそうなので、興味がある方は一度確認してみてはいかがでしょうか。自分に合ったテニスラケットが見つかると良いですね。

楽天で見る⇒テニスラケット

関連記事
軟式テニスと硬式テニスの違いって?
手にまめができたのはテニスのせい?
自宅でできるテニスの練習って?
テニスの試合に緊張する?
テニスのガットの選び方って?
ボレーがふわっと浮く?
テニスの試合に勝ちたい?
テニスに必要な筋トレって?
テニスが上手にならない?
テニスでシュートボールがコートに入らない?
テニスでサーブが決まらない?

スポンサードリンク


自宅でできるテニスの練習って?

自宅でできるテニスの練習って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニススクールやクラブ活動等でテニスを習い始めたのならば、それに加えて、自宅でも練習すれば、上達が早いですよね。とは言え、自宅に、コートのような広い運動スペースが有る方って、かなり少ないのでは・・・。まさか家の中で、ラケットでボールを打つ訳にもいきませんよね。そんな事したら、普通に考えても、すごく危険ですもんね。でも、そんな事だけがテニスの練習なのではないようですよ。テニスでは、コツを掴む事もとっても重要なようです。

実は、自宅だからこそ、効果の有る練習法もあるようですね。例えを挙げるとすれば、やはり、サーブトスの練習のようですね。トスは簡単そうなんですが、初心者のうちは、意外と上手に出来る方が少ないようです。単純にみえて、案外難しいようですね。これは、実践では、意識し過ぎてしまうのが原因だったりするようなので、練習しても上達が困難である事が殆どのようです。もし、トスが上手くなりたければ、余計な事を考えずに、ゆったりした気持ちで出来る場所で練習する必要があるようです。その一番リラックス出来る場所と言えば、やはり自宅ですよね。椅子やこたつにでも座って、姿勢を良くして、話でもしながら、サーブトス練習。これなら、毎日続けるのも簡単ですよね。勿論、毎日数分程度でも良いようです。これだけでも、十分成果が現われるようです。他にも、自宅で出来る練習は、たくさん有るようですが、特にお勧めなのがこのトス練習なんです。良かったらお試し下さいね。

楽天で見る⇒テニス ボレー

関連記事
軟式テニスと硬式テニスの違いって?
手にまめができたのはテニスのせい?
自分に合ったテニスラケットの選び方って?
テニスの試合に緊張する?
テニスのガットの選び方って?
ボレーがふわっと浮く?
テニスの試合に勝ちたい?
テニスに必要な筋トレって?
テニスが上手にならない?
テニスでシュートボールがコートに入らない?
テニスでサーブが決まらない?

スポンサードリンク


テニスの試合に緊張する?

テニスの試合に緊張する?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニスをしている方の悩みで、特に多いのが、この、試合での緊張なんだそうですね。緊張してしまうと、思うようにプレーが出来なくなってしまいますよね。それって、すっごく勿体ないですね。練習したのに、実力を発揮出来ないままで負けてしまったら、せっかくの努力が水の泡です。そんな事にならない為にも、緊張しない方法を身に付けて、気持ちの良い試合が出来ると良いですよね。

緊張する理由には様々な事が考えられるんですが、理想を追求し過ぎるせいで、身体が上手く動かない方が多いようです。プロの選手等のようなプレーをするのは、素人には容易な事ではありませんよね。つまり、自分の実力を知る事はとっても大切なようです。実力以上に上手にプレーしようとすれば、無理が生じてしまいます。先ずは、自分が対応出来る範囲を知りましょう。それが把握出来れば、必要以上に追い込まれる事は、自然と少なくなるようですよ。上手く見せようとしなければ、上手く行かない時も焦る事はなくなりますよね。調子の悪い時も、焦ったりせずに、どこがいけなかったのか分析しましょう。自分ではよく分からなかったら、客観的にみられる方にアドバイスを貰いましょう。自分を良く知れば、修正もスムーズにいくでしょうから、緊張抑制だけではなくって、実力アップにも繋がるのでは・・・。そうすれば、自信がつくでしょうから、一段と緊張を抑えられますよね。又、日頃から、練習でも試合を意識しておくのも有効なようです。試合では、落ち着く事がなにより大切なんですよね。動揺しない為にも、いろいろな状況を想定しておくと良いかも・・・。

楽天で見る⇒テニス ボレー

関連記事
軟式テニスと硬式テニスの違いって?
手にまめができたのはテニスのせい?
自分に合ったテニスラケットの選び方って?
自宅でできるテニスの練習って?
テニスのガットの選び方って?
ボレーがふわっと浮く?
テニスの試合に勝ちたい?
テニスに必要な筋トレって?
テニスが上手にならない?
テニスでシュートボールがコートに入らない?
テニスでサーブが決まらない?

スポンサードリンク


テニスのガットの選び方って?

テニスのガットの選び方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニスのガットには、種類も色々とあるようですよね。ガットは、どんな物を選択するかによって、プレイに変化をもたらすといっても過言ではないようで、とっても重要な物のようですね。それぞれの性質をしっかりと把握して、自分に合ったタイプを見つけると良いですね。先ずは、太さなんですが、太いガットは、当たり前なんですが切れにくいようです。でも、反発性が劣ってしまいうようですね。スピン性や反発力は、細いほど高くなるようですよ。次は、モノフィラメントとマルチフィラメントの構造の違いがあるようです。モノフィラメントは、反発性と強度が優れたタイプのようで、マルチフィラメントは、ホールド性が高いようなので、ボールを打つ時に、軟らかな感触になるようです。

そして、材質の違いがありますよね。ざっくりと分けると、ガットには、ナイロン、ナチュラル、ポリエステルの三種類のあるんですが、人気が高いのはナイロンのようですね。シンセティック等とも呼ばれ、種類が豊富にあるようです。値段も比較的安価なようなので、使用する方が多いようですね。逆に、最高級と言われるのが、ナチュラルで、天然の繊維なので価格は高いんですが、反発性やホールド性、クッション性、テンション維持性、どれをとってもすっごく優秀なようです。又、ポリエステルなんですが、これは、切れにくいのが特徴のようですね。消耗の激しいプレイをする方には、お薦めの材質かも・・・。スピンを多用する方やハードヒッターには最適かもしれませんね。かなりざっくりとご紹介しましたが、購入する店舗でも、相談する事は可能なはずですので、不明な点は店員さんに聞いてみて下さいね。自分に合ったガットが見つかると良いですね。

楽天で見る⇒テニス ガット

関連記事
軟式テニスと硬式テニスの違いって?
手にまめができたのはテニスのせい?
自分に合ったテニスラケットの選び方って?
自宅でできるテニスの練習って?
テニスの試合に緊張する?
ボレーがふわっと浮く?
テニスの試合に勝ちたい?
テニスに必要な筋トレって?
テニスが上手にならない?
テニスでシュートボールがコートに入らない?
テニスでサーブが決まらない?

スポンサードリンク


ボレーがふわっと浮く?

ボレーがふわっと浮く?これって、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。テニスをやっていて、どうしてもボレーがふわっと浮いてしまったり、上手くいかずに悩んでいる方もいるのでは・・・。このボレーは、感覚を身に付ける必要があるようですが、そう簡単には身に付くものでもないようですね。練習をするのは勿論の事なんですが、フォームをもう一度検討していく必要があるようです。変な癖がついているのかも・・・。ボレーが上手な方に聞いてみたり、もう一度基礎から戻って、意識して一から練習してみる事が大切かもしれませんね。

上手くいかない例として、以下のチェックもしてみてはいかがでしょう。
・面はどちらを向いていますか?上に向けて持っていませんか?
・ボレーの握り方はどうでしょう?フォアストロークで握っていませんか?
 それに、コンチネンタルグリップですか?
・ラケットに力を入れていませんか?ラケットを引いたり、振ったりしていると
 上手くいかないようです。止める必要があるようですよ。
・ボールを打っていませんか?しっかり打とうとしている方は、おそらく、
 ボレーが苦手ではないでしょうか?力を入れる必要はなく、当てるという感覚が
 大事なようですが・・・。
ですが、言葉では分かっていても、なかなか上手くいかないんですよね。いずれにしても、以上の事を改善してみた上で、素振りも必要なんですが、相手がいれば、キャッチボールをしてみると良いかも・・・。きっと、ボレーの感覚が掴めるはず・・・。後は、ひたすら練習あるのみですね。テニスが好きで、上手くなりたい気持ちがあれば、きっとマスターする事が出来ますよ。

楽天で見る⇒テニス ボレー

関連記事
テニスのガットの選び方って?
テニスの試合に勝ちたい?
テニスに必要な筋トレって?
テニスが上手にならない?
テニスでシュートボールがコートに入らない?
テニスでサーブが決まらない?

スポンサードリンク