プロのサッカー選手になる為にはどんな事が大切なの?

プロのサッカー選手になる為にはどんな事が大切なの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。男の子にとっては憧れの職業であるプロサッカー選手ですよね。サッカー選手は、日本のみならず、世界中の子供達に人気の職業なようです。

将来、プロのサッカー選手になる為には、サッカーが上手であることが必須条件ですよね。実力がなければ、どうあがいてもプロのサッカー選手になることはできませんよね。サッカー選手になるには、先ず、ユースチームに所属することが一番の近道なようです。

ユースチームはJリーグの下部組織なようですので、実力を認められれば、すぐにトップのプロチームに引き抜いてくれるかも・・・。ですが、ユースに所属するには、相当の努力が必要でしょうし、勿論、どなたでも簡単に所属できるわけではありませんよね。

近年のサッカーブームもあって、応募者が殺到しているようで、所属する時点でそれなりの実力や技術が無いと入れてもらえないでしょう。他にも、大学や高校からプロサッカー選手になる場合もあるようです。その場合には、自分の所属するチームで活躍をしていることが大切になるでしょうね。

高校のインターハイや、大学のリーグ戦で活躍して噂になるほどの実力があれば、スカウトをされる可能性もあるでしょう。日本代表や県選抜など、大きな試合に出れば出るほど、スカウトされる確率は高まるでしょう。

プロサッカー選手になるには、実力や技術の高さの他にも、強い精神力を持っていることが重要になるようです。プロサッカー選手は全体練習ばかりを行っているわけではないようです。自主的に行うトレーニングなどの全体練習以外の時間の方が圧倒的に多いようです。

自分に厳しく、どれだけの努力を重ねることができるかが重要かも・・・。メンバー落ちやケガなど、楽しいことの何倍も辛いことの方が多い状態の中で、どれだけプラスに考え、前に進むことができるかが大切になるようですね。

楽天で見る⇒プロサッカー選手

関連記事
サッカー教室の選び方って?
サッカーのリフティングが上達するコツ?
サッカーの各ポジションの役割って?
サッカーのボールコントロールが苦手な時はどうすればいい?
サッカーのディフェンスで相手に抜かれない為には?

スポンサードリンク


サッカー教室の選び方って?

サッカー教室の選び方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカー教室に通う場合には、先ず、情報を集めて、ここが良いなと思った教室を一度見学させてもらうと良いかも・・・。実際に無料体験出来る教室も増えているようなので、利用してみると良いですね。

もし、通える範囲に何軒もサッカースクールが有る場合は、特に、自分の目で教室の内容や雰囲気を確認することをお薦めします。継続して通うには、自宅の近くが便利ですよね。せっかく教室に通うことになっても、遠いと休むことも多くなるでしょう。

送迎が必要なくらい遠ければ、親の都合で欠席することにもなりかねないでしょうし、チームワークが必要なサッカーで休んでばかりだとレギュラーになることも難しいかもしれませんよね。又、練習の内容も教室によって違ってくるでしょう。なので、どんな目的で教室に通うのかをハッキリとさせて選びましょう。

本格的に練習しているところもあれば、趣味の延長という形で練習しているところもあるようです。ユースなどの本格的な組織や、コーチが元プロのサッカー選手の教室に通えば、月謝が高い上に他にもいろいろと費用が掛かることが多いようです。一方、学校関係等の少年サッカーチームであれば、月謝が無いかわりに親が当番で世話をすることもあるかも・・・。

次に、先生、コーチについてなんですが、高い技術や知識を持っていることも重要なんですが、分かりやすく説明してくれるか、生徒に必要なアドバイスを的確に出来るのか、又、サッカーが好きでしっかりとポリシーを持って指導してくれる先生かどうかが何より大切なようです。教室の形も成り立ちも様々ですから、それらを良く確認してから申し込むようにしましょうね。

楽天で見る⇒サッカー 上達

関連記事
プロのサッカー選手になる為にはどんな事が大切なの?
サッカーのリフティングが上達するコツ?
サッカーの各ポジションの役割って?
サッカーのボールコントロールが苦手な時はどうすればいい?
サッカーのディフェンスで相手に抜かれない為には?

スポンサードリンク


サッカーのリフティングが上達するコツ?

サッカーのリフティングが上達するコツ?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカーの上達の基本ともなるリフティングなんですが、これはボールをコントロールする技術が必要になるようですね。リフティングが上達すれば、ボールのコントロールの感覚も身に付けることが出来るようです。

練習方法としては、先ずは利き足だけでリフティングをするのがいいようです。ボールから目を離さずに、しっかり見て、ボールの中心を意識しながらボールを蹴ります。ボールを高く上げてしまうと、落ちてきたボールの中心を捉えることが難しくなるようなので、最初の段階ではボールは低めにあげるのがよいようです。

蹴ったボールが変なところに飛んでしまった時には、足だけで捉えようとせずに、体ごとボールの下まで移動して蹴るようにしましょう。利き足での練習で回数をこなせるようになったら、今度は両足での練習をしましょう。両足を使ってリフティングをする事で、疲れを軽減させ、リズムを整えることが出来るようですね。

最初のうちは、回数をこなせなくて当たり前です。練習を重ねていくと、連続して出来る回数が増えてくるはず・・・。リフティングの時の足は、足首をある程度伸ばし、少しだけ曲げた状態で、膝下のみで蹴り上げます。足をしっかりと固定しておくことで、ボールが毎回同じように弾むようです。リフティングが上達しない人は、殆どの場合、太ももから全部を動かしてしまっているようですよ。

これらを意識して練習を繰り返し、ある程度続けられるようになったら、次はボールを蹴る時にボールにバックスピンを掛けます。ボールを手前に回転させて練習するんです。この練習をする事で、実際の試合でボールが静止していない状況においても、応用してリフティングをすることができるようです。

リフティングを長く続けることはとっても難しいことなようなので、練習の合間などに遊び感覚で常に行うようにすると良いでは・・・。リフティングが早く上達するといいですね。

楽天で見る⇒サッカー リフティング

関連記事
プロのサッカー選手になる為にはどんな事が大切なの?
サッカー教室の選び方って?
サッカーの各ポジションの役割って?
サッカーのボールコントロールが苦手な時はどうすればいい?
サッカーのディフェンスで相手に抜かれない為には?

スポンサードリンク


サッカーの各ポジションの役割って?

サッカーの各ポジションの役割って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカー選手には、それぞれポジションが与えられているんですよね。ポジションを決めておく事で、試合中に誰がどこで、どのような役割をするかを把握しておくことが出来る為、試合をスムーズに行うことが出来るようです。

11人の選手のポジションをしっかりと決めておく事は、チームの強弱も左右するかも・・・。一般的に、4−2−2、3−5−2、4−3−3等のシステムがあるようで、順に、ディフェンダー(DF)・ミッドフィルダー(MF)・フォワード(FW)の人数をあらわすようですね。

ディフェンダー(DF)は相手のチームからの攻撃を防ぐ選手のことを言うようで、相手に思うような攻撃をさせないように、相手のボールを奪いにいくという守備を担っているようですね。ミッドフィルダー(MF)には、チームの司令塔としてゲームを組み立てる役割があるようです。

ミッドフィルダー(MF)は、試合全体を良く見て、試合の流れを把握し、主に攻撃への手助けをするようです。時には、最終ラインまで戻って守りに入ったり、全体のバランスをとるようですね。スピード、持久力、高いボールテクニック等が必要なポジションなようです。

フォワード(FW)には、攻撃をする役割があるようですね。フォワード(FW)は、攻撃する事が中心のプレーヤーなようで、積極的にシュートをし、得点をとっていきます。常にシュートのイメージを持ってプレーすると良いかも・・・。

このようなポジション別の戦術を活かしながら試合を進めて行きます。攻撃的に試合を進めて行くのか、守備に力を入れて守って行くのか、バランス良く配置して様子を見るのか、臨機応変にフォーメーションを変えて試合に挑む事が大切なようですね。

楽天で見る⇒サッカー 各ポジション 役割

関連記事
プロのサッカー選手になる為にはどんな事が大切なの?
サッカー教室の選び方って?
サッカーのリフティングが上達するコツ?
サッカーのボールコントロールが苦手な時はどうすればいい?
サッカーのディフェンスで相手に抜かれない為には?

スポンサードリンク


サッカーのボールコントロールが苦手な時はどうすればいい?

サッカーのボールコントロールが苦手な時はどうすればいい?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカーボールのコントロールが苦手な時には、やはり、基本に戻って練習するのがいいようですね。

ボールのコントロールをする事は、サッカーでの基本ですよね。正確なパスやシュート、トラップはコントロールが上手くないと出来ないようです。なので、先ずは、初心に戻って、基礎練習を繰り返し繰り返し行うのが良いようですね。地味な練習になるかもしれませんが、基礎練習を毎日一セットでも行う事がコントロールの上達への一番の近道かも・・・。

基礎練習の中でも、特にリフティングの練習をお薦めします。リフティングは、ボールの中心に力が加わらなければ、思った方向には飛ばないようですよね。ボールの中心をしっかり捉え、足先から頭まで、あらゆる部位でのリフティングが出来るようになることが重要かも・・・。

最初は全然続かないでしょうが、諦めないで下さいね。出来なくてもボールに触れて、ボールの感覚に慣れることが大切なようです。有名なサッカー選手をはじめ、サッカーの上手な人はリフティングがとっても上手なんですよね。それほどリフィングは大切な練習になるようです。最近では、小学生でも100回以上出来る人が増えているようですよね。

他には、ドリブルの練習も効果的なようですね。目的地を決め、ボールをキープしたままで走る練習をすると良いでしょう。試合では邪魔が入りますが、練習では一人でボールをキープしたまま、少しでも速く走れるようにしましょうね。

速く走る事が出来るようになったら、次には、二人でペアを組み、相手をかわしながら走る練習をしましょう。このような基礎練習を繰り返し、しっかりと基本を身に付けることで、相手に簡単にボールを奪われてしまうこともなくなるかも・・・。練習を続けてコツを掴めば、ドリブルで三人抜きすることも難しくないようですよ。

楽天で見る⇒サッカー ボールコントロール

関連記事
プロのサッカー選手になる為にはどんな事が大切なの?
サッカー教室の選び方って?
サッカーのリフティングが上達するコツ?
サッカーの各ポジションの役割って?
サッカーのディフェンスで相手に抜かれない為には?

スポンサードリンク


サッカーのディフェンスで相手に抜かれない為には?

サッカーのディフェンスで相手に抜かれない為には?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。ディフェンスの一番重要な役割って言うのは、相手にしっかりと付いていくことなようですね。ディフェンスのポジションを任されたからには、相手の動きにピッタリと付いていけるようにトレーニングする必要があるようです。

その為には、俊敏な相手の動きに付いていける瞬発力と集中力も必要になるでしょう。相手がボールを持ったら、すぐに守備の体勢を整えて、相手の攻撃を阻止していきます。ディフェンスのやり方には、基本的に、マンツーマンディフェンスとゾーンディフェンスの二種類があるようです。

マンツーマンディフェンスは誰が誰をマークするか決めて、ディフェンスをしている時は相手にぴったり付いていく方法なようです。ゾーンディフェンスは最終ラインと中盤で守備のラインを作り、自分のポジションに入ってきた相手をマークする方法なようです。

相手がボールを持ったら、相手とゴールの直線上に位置をとると良いようです。そうする言で、相手が直接シュートをしても、体で阻止することが出来るようですね。位置がずれると、シュートは勿論、ゴールの方向へドリブルで攻められてしまうようですので、注意が必要なようですよ。

相手とゴールとの直線上に位置したら、相手の自由を奪う為に相手にプレスにいきます。ディフェンスにとって一番難しいのは、相手にパスを出させてボールを奪うことですよね。簡単な言ではないので、しっかり作戦を立てる言や仲間同士の連携がと津ても重要になってくるようです。

それに、個人の技術や能力も大切なようで、それぞれが機能的に行動しなければいけませんよね。一人でも間違った動きをしてしまうと、隙を突かれてそこから突破されて攻撃されてしまいますもんね。

楽天で見る⇒サッカー ディフェンス

関連記事
プロのサッカー選手になる為にはどんな事が大切なの?
サッカー教室の選び方って?
サッカーのリフティングが上達するコツ?
サッカーの各ポジションの役割って?
サッカーのボールコントロールが苦手な時はどうすればいい?

スポンサードリンク


サッカーで個人技は重要なの?

サッカーで個人技は重要なの?って、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカーは、各種ある球技やチーム競技の中でも特殊なスポーツと言われているようですね。一つの試合の中で、これほどまでに得点を取るのが難しい競技は他にはないようです。例えば、同じようにゴールを狙うバスケットボールと比較すると、その特殊性がよく分かるのでは・・・。

スポーツの多くは、基礎体力を付けて技術を磨くことで上達していきますよね。勿論、それはサッカーも同じでしょう。基礎体力を付ける事は最も重要でしょうし、プレーの技術を磨く事も大切でしょう。人気漫画「キャプテン翼」の翼少年が「ボールは友達」と言って、常にサッカーボールに触れながら過ごしていた話は、サッカー少年なら誰でも知っているのでは・・・。

又、多くのスポーツでは個人技を磨く事が大きな得点を生むようですが、サッカーは素晴らしい個人技を持っているからと言って大量得点が叶うスポーツではないですよね。どんなに素晴らしい技術を持った選手でも、ゴールに成功する確率はそれほど高くはないようで、それ故に、一試合中での二チームの得点合計が二桁に達することさえ極めて稀ですよね。当然ですが、技術力が低ければ、その得点率は更に低くなるはず・・・。両チームの実力が拮抗していれば、0対0のまま引き分けで試合が終了することも少なくないですよね。

サッカーでは、チームの総合的な攻撃フォーメーションや防御フォーメーション、又、敵チームの攻撃を予測した戦術を組む事にもとっても大きな意味があるようです。その為には、チームプレーとしての攻撃やディフェンスの練習を重ねる必要性があり、チームプレーを向上させる為には個人技の向上が必須だと言えるようですね。

楽天で見る⇒サッカー チームプレー

関連記事
サッカーで強いシュートを打つには?
サッカーでフリーキックやコーナーキックが上達するコツって?
サッカーのヘディングが上達するコツって?
サッカーでドリブルやフェイントが上達するコツって?
サッカーでパスワークやトラップが上達するコツ?

スポンサードリンク


サッカーで強いシュートを打つには?

サッカーで強いシュートを打つには?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカーでの一番の醍醐味は、やはりシュートでしょうね。サッカーって、他のスポーツと比べると、極端に得点を上げるのが難しいスポーツですよね。なので、尚更ゴールした時の感動が大きいスポーツと言えるかも・・・。

強いシュートを打てるようにするには、キック力を付ける必要があるようです。キック力を付けるには、基礎体力を上げる必要がありますよね。シュートは少しでも強く速い球を打った方が、防御される確率が下がる、つまり、成功率が上がると考えられます。ですが、そう簡単にいかないのがサッカーなんですよね。

なぜなら、強いキック力で打つということは、それだけボールコントロールが乱れやすくなるからです。サッカーでは、決められたゴールの中にボールが入らなければ得点にはなりませんよね。失敗したら相手にチャンスボールを与えてしまいます。正確にゴールを狙う事、又、その技術、そして、強さやスピード。これらを全て身に付けなければ、強いシュートを打つ事は出来ないようです。コントロールに自信が持てなければ、どうしてもコントロールを優先してキック力が落ちてしまうようです。

つまり、キック力を付けると同時に、ボールをコントロールする技術も磨く必要があるようですね。キックのフォームを正しく身に付けて、インサイドキック等の練習を行いながら、正確なキック力を身に付けると良いでしょう。コントロールに自信が付いてくれば、自然と徐々に強いシュートが打てるようになってくるようですよ。

楽天で見る⇒サッカー シュート 打ち方

関連記事
サッカーで個人技は重要なの?
サッカーでフリーキックやコーナーキックが上達するコツって?
サッカーのヘディングが上達するコツって?
サッカーでドリブルやフェイントが上達するコツって?
サッカーでパスワークやトラップが上達するコツ?

スポンサードリンク


サッカーでフリーキックやコーナーキックが上達するコツって?

サッカーでフリーキックやコーナーキックが上達するコツって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。得点を得るチャンスが少ないサッカーの場合、フリーキックやコーナーキックと言うのは、得点を入れる大きなチャンスの一つなようですよね。サッカーでは、たった一点取っただけで試合に勝つ事も少なくないようですから、このような大きなチャンスはぜひ得点に繋げたいものです。

ですが、実際には、プロでさえ、圧倒的に有利な立場のフリーキックで失敗する事が少なくないようです。なぜなら、一点で試合を決める事もあるサッカーでは、特にフリーキックでのプレッシャーは相当大きなものなようです。練習のフリーキックでは百発百中でも、試合では外してしまうのは、精神的なプレッシャーによるコントロールミスかも・・・。又は、コントロールミスを恐れるあまりに、弱い球になってしまったりするからなのでは・・・。つまり、サッカーでは、精神面を鍛える事も重要ということなようですね。

さて、コーナーキックでは、特に子供の場合はキック力が弱くてゴール前まで届かないということもあるかも・・・。キック力は基礎体力を付けるしかないでしょうが、それ以外に、チームメイトの状況を見ながら、より良い場所にボールを蹴る技術力が必要になるでしょう。せっかくのボールが、敵選手に弾かれてしまったのでは、大きなチャンスが失われてしまいますもんね。

コーナーキックを蹴るには、球筋や距離、方向を正確に判断する必要があるでしょうから、基本的なキックの練習を重ねることによって、そのコントロール力を身に付けることが必要不可欠なようですね。

楽天で見る⇒サッカー フリーキック 上達

関連記事
サッカーで個人技は重要なの?
サッカーで強いシュートを打つには?
サッカーのヘディングが上達するコツって?
サッカーでドリブルやフェイントが上達するコツって?
サッカーでパスワークやトラップが上達するコツ?

スポンサードリンク


サッカーのヘディングが上達するコツって?

サッカーのヘディングが上達するコツって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカーでは、ヘディングも大きな攻撃手段の一つなようですよね。ヘディングシュートに憧れるサッカー少年も多いのでは・・・。

とは言っても、ヘディングって、とっても難しい技術なようで、コントロールは勿論、力を込めるのが困難な技術なようです。助走をつけてヘディングで出来るならいいんですが、真上に飛び上がる状況でのヘディングでは助走が付けられませんから、少しでも遠くまでボールを飛ばすには、強力な身体のバネを必要とするようです。

又、元々の身長が低いと、ヘディング効果が薄いようで、その為に、ヘディングを諦めてしまう方も多いようですね。ですが、ヘディング技術が有るのと無いのとでは、そのチャンスの数にも違いが出てくるようです。数少ないチャンスをしっかりモノにする為には、やはりヘディング技術の習得を外すことは出来ないのでは・・・。特に、フォワードやディフェンスでは必要不可欠な技術と言えるかも・・・。

ヘディングは前述したように、身長差によって有利か不利かに違いがあるようですが、身長差をジャンプ力で補う選手もいるようです。ヘディングが上達するコツとしては、技術の練習に加えて、ボールの軌道を読む訓練をすることなようですね。これが出来ないと、実践で役立てる事は出来ないかも・・・。ヘディングをするなら、素早くボールの下に入り込まなければならないからなんですね。

ヘディングのコントロールについては、自分でボールを上げて打つ練習でも効果的なようですが、軌道を読む練習をするなら、遠くからボールを上げてもらってヘディングする練習が良いようですね。それに、身体のバネをつける為に、上半身の筋力を鍛えるの必要なようですね。

楽天で見る⇒サッカー ヘディング 上達

関連記事
サッカーで個人技は重要なの?
サッカーで強いシュートを打つには?
サッカーでフリーキックやコーナーキックが上達するコツって?
サッカーでドリブルやフェイントが上達するコツって?
サッカーでパスワークやトラップが上達するコツ?

スポンサードリンク


サッカーでドリブルやフェイントが上達するコツって?

サッカーでドリブルやフェイントが上達するコツって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカーにおいては、ドリブルって一番基本的な技術なようですよね。ドリブルが上手に出来なければ得点に結びつかないどころか、相手にチャンスを与える事になってしまうかも・・・。

ボールを蹴りながらただ走るだけでも難しいものですが、更に、スピードを上げたり、ボールをコントロール出来るようになるには相当な技術が必要なようです。勿論、練習に練習を重ねなければ、その技術を習得する事は困難かもしれませんね。ドリブルはボールを蹴りながら走ったり、止まったり、方向を変えたり、パスしたりといろいろな事を同時に行う技術ですから、足でのボールコントロールを上達させる事が最も重要になってくるようです。

ボールコントロールを身に付ける為には、リフティング等の練習を十分に積む必要があるようです。ともかく、少しでも正確なボールコントロールが出来るよう練習を積むしかないようですね。又、ドリブルとフェイントの上達にも密接な関係があるようです。ドリブルテクニックが上達しなければ、フェイントを上達させる事は出来ないようですね。

フェイントって言うのは、相手の予想を覆す行動をする事で、相手の隙を狙った攻撃を成功させるのが目的なようですよね。つまり、別の方向にパスするふりをしながら、ドリブルで相手の脇を通り抜けたりといった相手を騙すテクニックになるようですよね。この時、ボールに気を取られ過ぎていたのでは、フェイントが成功する事はないようです。フェイントが上達するには、より一層のボールコントロールテクニックが必要なようですね。

楽天で見る⇒サッカー ドリブル

関連記事
サッカーで個人技は重要なの?
サッカーで強いシュートを打つには?
サッカーでフリーキックやコーナーキックが上達するコツって?
サッカーのヘディングが上達するコツって?
サッカーでパスワークやトラップが上達するコツ?

スポンサードリンク


サッカーでパスワークやトラップが上達するコツ?

サッカーでパスワークやトラップが上達するコツ?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカーでは、個人技も勿論とっても大きく試合を左右するようですが、それ以上にチームプレーが大きく試合の結果に関わってくるようですね。

チームプレーと言えばパスワークです。チームメイトとの間で、パスでボールをやり取りしながら相手の防御を抜いていくのは、サッカーのごく基本的な動作ですよね。ですが、その他の球技と比較して、サッカーにおけるパスワークはとっても難易度が高いようで、正確に相手にパスを繋ぐ為のコントロールやスピード、相手からのパスを正確に受け取る技術、これらを全て身に付けなければパスワークは成功しないようで、逆にボールを取られてしまいかねませんよね。

プロの試合でもパスが通らない事はよくありますから、それがどれだけ難しいか分かりますよね。パスワークの中で、パスを出す練習も当然重要なんですが、それ以上に、パスを受けるという練習もとっても重要なようです。せっかく良い所に来た球を取りこぼしてしまったのでは元も子もありませんものね。

その際に重要な技術の一つがトラップなようですよね。浮き球とも言われているようですが、受けたボールを自分がコントロールしやすいような場所に移動させる事です。トラップの練習は、ボールコントロール技術も向上させるようですから、ぜひ積極的に取り入れると良いのでは・・・。なかなか一人で練習するのは難しいようですが、壁などを使って練習する事も可能なようです。上達してきたら、ワンバウンドのボールをトラップする練習もして、更に技術を高めると良いでしょう。

楽天で見る⇒サッカー パスワーク

関連記事
サッカーで個人技は重要なの?
サッカーで強いシュートを打つには?
サッカーでフリーキックやコーナーキックが上達するコツって?
サッカーのヘディングが上達するコツって?
サッカーでドリブルやフェイントが上達するコツって?

スポンサードリンク


日本サッカー協会って?

日本サッカー協会って、よく聞きますよね。その日本サッカー協会って言うのは、”財団法人日本サッカー協会”が正式名称のようで、略称をJFA(Japan Football Associationの略)と言うようです。日本サッカー協会の役割は、日本国内でのサッカーやフットサルの振興のようですね。その統括範囲は幅広く、Jリーグ(日本サッカープロリーグ)、なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)、全日本女子サッカー選手権大会、天皇杯全日本サッカー選手権大会、全国社会人サッカー選手権大会、全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会、全日本フットサル選手権大会等を主催したり、公認指導者登録制度や審判登録制度を設けたり、将来の選手育成などの活動を通じて、サッカーの発展を目指しているようですね。

日本サッカー協会のシンボルマークには、日本神話に登場する三本足の八咫烏(ヤタガラス。太陽神を意味する神聖の象徴で神の使い。日本を建国した神武天皇を勝利に導いたカラス)がデザインされているようで、協会旗や日本代表チームの紋章、J1リーグ年間優勝チームや天皇杯優勝チームが翌シーズンのユニフォームにつける事が許されるワッペン等に用いられているようですよね。日本サッカー協会は、1921年に大日本蹴球協会として創立されたようで、1929年にはFIFA(国際サッカー連盟)に加盟するものの、戦時中は脱退し、1950年に再加入しているようです。1954年にはAFC(アジアサッカー連盟)に加盟し、1974年に財団法人へと変わり、現在の財団法人日本サッカー協会という名称になったようですね。

楽天で見る⇒サッカー

関連記事
ワールドカップって?
サッカーの専門誌って?
サッカーのユニフォームって?
サッカーのスパイクって?
Jリーグって?
サッカー選手のブログって?
サッカーゲームって?
サッカーくじって?
天皇杯サッカーって?
サッカー選手の移籍って?
サッカーって?

スポンサードリンク


ワールドカップって?

ワールドカップって?と、言う方もいらっしゃるかもしれませんね。ワールドカップは、正式名称をFIFAワールドカップTM(TMは小さく上部に表記してあり、trade markという意味)と言うようで、FIFAはFederation Internationale de Football Associationの略で国際サッカー連盟の事なんですね。本部はスイスのチューリッヒにあるようですが、そのFIFA主催のナショナルサッカーチームの世界選手権なんです。1932年に開催される予定だったロサンゼルスオリンピックの競技種目から、サッカーが無くなった為、前回、前々回のオリンピックではサッカーで二連覇を成し遂げていたウルグアイが、建国100周年の記念行事として大会運営に掛かる費用を全て負担してまでワールドカップを招致し、大成功しました。

この第1回のワールドカップの企画発案者は、FIFA会長だったジュール・リメで、1974年の第10回西ドイツ大会までは、優勝国にジュール・リメ・トロフィーが贈られ、ジュール・リメ杯世界サッカー選手権大会と呼ばれていたようです。ワールドカップは、オリンピックと同様に四年毎に開催されていますが、オリンピックと同じ位か、それ以上に盛り上がるサッカー大会の最高峰で、予選だけで一年から二年掛かるようですよね。日本のプロサッカーリーグであるJリーグは、FIFA七代目会長のジョアン・アベランジェ氏が、ワールドカップの日本開催を日本サッカー協会(JFA)に打診した事がきっかけで誕生したようですよ。日本が初めて本大会に出場出来たのは、1998年に開催された第16回のフランス大会のようですね。2002年の第17回大会は、ご存知のように、ワールドカップ初の日本と韓国の二カ国共同開催で、同時にアジア初開催でもあったんですよね。

楽天で見る⇒サッカー

関連記事
日本サッカー協会って?
サッカーの専門誌って?
サッカーのユニフォームって?
サッカーのスパイクって?
Jリーグって?
サッカー選手のブログって?
サッカーゲームって?
サッカーくじって?
天皇杯サッカーって?
サッカー選手の移籍って?
サッカーって?

スポンサードリンク


サッカーの専門誌って?

サッカーの専門誌って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。日本には、意外とたくさんのサッカー専門誌があるようですね。株式会社フロムワンが発行している月刊誌の”CALCIO2002(カルチョ)”や”Jリーグサッカーキング”、ベースボール・マガジン社の”サッカークリニック”や”週刊サッカーマガジン”、日本スポーツ企画出版社の”週刊サッカーダイジェスト”や”ワールドサッカーダイジェスト”など、知りたい事に応じて、サッカー雑誌を選ぶ事が出来るようですね。サッカー専門誌によっては、主な記事をパソコンで読めるようにしていたり、携帯サイトが開設されていたりと、モバイル対応もしているようです。必要に応じて利用すれば、更にサッカーに関する知識が深まるかもしれませんね。

サッカー専門誌の中で最も創刊が古いのは、ベースボール・マガジン社の”週刊サッカーマガジン”のようで、サッカーがまだ日本ではメジャーなスポーツではなかった1966年に創刊準備号が発売されたようです。週刊サッカーマガジンに寄稿しているライターなどで構成された、選考委員が選定するクリスタル・アウォードという独自の年間最優秀日本人選手賞があるようで、2008年度はガンバ大阪の遠藤保仁選手が受賞しているようです。日本スポーツ企画出版社の”週刊サッカーダイジェスト”とはライバル関係にあるようで、それぞれ熱心な読者がいるようです。どちらも週刊誌なので、毎号必ず読みたいのなら、定期購読をしておくと買い逃す事もなく、立ち読みされていない綺麗な本を手に入れられるでしょう。ネット通販なら年間購読割引が有ったり、送料無料で自宅に届けてもらえるので良いのでは・・・。

楽天で見る⇒サッカー

関連記事
日本サッカー協会って?
ワールドカップって?
サッカーのユニフォームって?
サッカーのスパイクって?
Jリーグって?
サッカー選手のブログって?
サッカーゲームって?
サッカーくじって?
天皇杯サッカーって?
サッカー選手の移籍って?
サッカーって?

スポンサードリンク


サッカーのユニフォームって?

サッカーのユニフォームって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。公式競技会の試合に出場する場合、サッカーユニフォームは、財団法人日本サッカー協会(JFA)のユニフォーム規程に基づいたものでなくてはいけないようですね。サッカーでのユニフォームは、シャツ、ショーツ、ストッキングの三点で、ゴールキーパーのみ、キャップとグローブも含まれるようです。サッカーチームは、出場する公式競技会に登録したユニフォームを着用しなければならず、ユニフォームの色彩や表示内容、表示位置なども明確に決められているようです。ユニフォームの色彩に関する注意点としては、シャツの色は審判が着る黒と紛らわしい色はダメのようですし、前面と背面が違う色というのも認められていないようです。試合会場には正と副の二組のユニフォームを持参する決まりになっているようで、対戦するチームのユニフォームの色彩が似たような感じだった時には、主審が両チーム立会いのもとに、どちらのユニフォームにするか決めるようですね。

確かに、サッカーのユニフォームが似ていると、試合中、瞬時にどちらのチームの選手か識別出来ない為、審判が適切なジャッジを下せない可能性が高くなるでしょうね。観客も観戦していて混乱するでしょうし、選手達自身もとっさの判断を誤るかもしれません。ですから、サッカーのユニフォームのシャツ、ショーツ、ストッキングには様々な色やデザインがあるようでですね。因みに、近年の日本代表のユニフォームは、ジャパンブルーと言われる青が基調のホームユニフォームと、白が基調のアウェイユニフォームがあるんですが、なぜこの色なのかという明確な理由は分かっていないようですが・・・。日本代表のユニフォームが青いのは、戦前からの伝統で(一時は日の丸カラーなど違う色になった事もありましたが)、日本にとって縁起の良い勝ち色であることは間違いないようですが・・・。

楽天で見る⇒サッカー ユニフォーム

関連記事
日本サッカー協会って?
ワールドカップって?
サッカーの専門誌って?
サッカーのスパイクって?
Jリーグって?
サッカー選手のブログって?
サッカーゲームって?
サッカーくじって?
天皇杯サッカーって?
サッカー選手の移籍って?
サッカーって?

スポンサードリンク


サッカーのスパイクって?

サッカーのスパイクって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカーのスパイクは、必ず試し履きしてから購入するのが良いようですね。どうしてもネット通販ショップの安さが捨てがたいのなら、スポーツショップで試し履きさせてもらって、メーカー名や品番、サイズをメモして購入すると良いかもしれません。でも、一足ごとに微妙にフィット感が違う可能性もあるようですし、店員さんに相談出来るので、多少は高くても、スポーツショップで購入した方が良いかも・・・。両足ともしっかりと履き、靴紐をきちんと締めた状態で、つま先や足の甲等に違和感が無いか確かめ、ちょっとだけ店内を歩かせてもらうと良いでしょうね。

サッカーのスパイクには、芝用とグラウンド用があるようですから、頻繁に使う方に合わせて購入すると、滑ってしまったり、ポイントが早く擦り減るという事がなくなるようです。又、サッカーのスパイクがぴったり足に合っていないと、つま先でボールを感じ取れないようなので、繊細なプレイが出来ないようですよね。それに、サイズの合わないサッカースパイクは、思わぬ怪我に繋がりかねないんですよね。サッカーのスパイクは消耗品なので、無理して高いサッカースパイクを買う必要はないでしょうが、サイズだけ見て、ネット通販ショップで購入出来るものでもないと思います。もし、サッカースパイクを履くのが成長期の子供なら尚更、その都度、足に合ったサッカースパイクを買うと良いでしょうね。大人で体重の増減もなく、気に入ったサッカースパイクメーカーが有って、何度も同じサッカースパイクを購入しているのなら、ネット通販ショップを使っても良いかもしれません。でも、その場合も、出来れば返品可能なお店を選んだ方が無難でしょうね。

楽天で見る⇒サッカー スパイク

関連記事
日本サッカー協会って?
ワールドカップって?
サッカーの専門誌って?
サッカーのユニフォームって?
Jリーグって?
サッカー選手のブログって?
サッカーゲームって?
サッカーくじって?
天皇杯サッカーって?
サッカー選手の移籍って?
サッカーって?

スポンサードリンク


Jリーグって?

Jリーグって、よく聞きますよね?このJリーグって言うのは、JFA(財団法人日本サッカー協会)が主催し、(社)Jリーグ(社団法人日本プロサッカーリーグ)が主催、運営する日本のプロサッカーリーグの略称のようで、正式名称は日本プロサッカーリーグと言うようです。1993年5月15日に横浜マリノス対ヴェルディ川崎の試合で、日本初のプロサッカーリーグであるJリーグが開幕すると、日本中でJリーグブームが起ったんですね。このJリーグブームは1995年まで続いたようですが、1996年以降には、Jリーグブームも終わって観客動員数が減り、試合の放映権料などの収入が激減したようです。その上、更に、平成不況の影響で、協賛していた企業がスポンサーから撤退してしまった為、運営が難しくなるチームが増えたようで、1998年10月28日には、ついに横浜マリノスと横浜フリューゲルスが合併して、横浜F・マリノスになるという事態を迎えて、横浜フリューゲルスサポーターを絶望させたようですね。

その後、1998年のFIFAワールドカップへの日本代表出場や、2002年のFIFAワールドカップの日本開催決定などで、ややサッカー人気は盛り返し、1999年にはより地域に密着した二部制を導入しました。二部制の導入で、東北地方や北信越地方などの地域からも新規参入するチームが増え、今までサッカーに興味が無かった方でも、サッカーに関心を持つようになった為か、Jリーグの人気は徐々に回復してきているようですね。Jリーグの発足により、日本のサッカー競技人口は爆発的に増えたようで、日本のサッカーのレベルが飛躍的に向上した事は言うまでもありませんよね。そして、現在に至っているんですよね。

楽天で見る⇒サッカー

関連記事
日本サッカー協会って?
ワールドカップって?
サッカーの専門誌って?
サッカーのユニフォームって?
サッカーのスパイクって?
サッカー選手のブログって?
サッカーゲームって?
サッカーくじって?
天皇杯サッカーって?
サッカー選手の移籍って?
サッカーって?

スポンサードリンク


サッカー選手のブログって?

サッカー選手のブログって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカー選手の中には、ブログで心境を語ったりして、ファンとの交流を心掛けている選手もいるようですね。ブログだけではなくって、様々なコンテンツが充実しているオフィシャルサイトを持つのが、中田英寿さんのようですね。中田英寿さんのオフィシャルサイトでは、ヒデの愛称で親しまれ、絶大な人気と実力を誇った中田英寿さんの引退後の活動を、本人が書いた文章とたくさんの写真で知る事が出来るようですね。現在は海外のサッカークラブチームに在籍し、日本代表としても活躍している中村俊輔選手のブログも、写真がふんだんに使われているようで、人気選手の日常生活が垣間見られれるようですよ。

横浜F・マリノスの中澤佑二選手のブログは、携帯でも読みやすい短い文章と写真で構成されているようで、最後は必ず、ボンバーで終わる面白いブログのようですね。川崎フロンターレ所属の中村憲剛選手のブログは、Kengo14というタイトルのようで、出場した試合の話から、息子さんの微笑ましい写真まで掲載されているようです。清水エスパルス所属の永井雄一郎選手のブログは、月に一回か二回くらいの更新で、ブログというよりは、ファンへのメッセージという感じなようです。サッカー選手のブログを読むと、選手本人の気持ちや近況、意外な一面を知る事が出来るかも・・・。文章や掲載する写真等にも、選手の人柄がにじみ出ているようです。選手それぞれに、ブログのデザインや文章の書き方も個性的で、人気選手になるほど、大掛りでアーティストのブログのようになっているようですね。

楽天で見る⇒サッカー

関連記事
サッカーゲームって?
サッカーくじって?
天皇杯サッカーって?
サッカー選手の移籍って?
サッカーって?

スポンサードリンク


サッカーゲームって?

サッカーゲームってどうなの?っていう方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカーゲームとして、最も人気が有るのは、コナミデジタルエンタテインメントのウイニングイレブンシリーズかもしれませんね。ジョン・カビラによる実況もさることながら、初心者でも簡単になじむ事の出来る操作性の良さや、自分で自由に選手の名前や容姿を変更出来るようで、自分だけの最強チームを目指せるのも魅力なようですね。その人気の高さは、DSやWii、Xbox360やプレイステーション3等の人気ゲーム機の他に、アーケード版や携帯アプリ版が発売されている事からも分かるのでは・・・。

ウイニングイレブンシリーズは、幅広い年齢層の男性に人気が高いようで、プロサッカー選手にもファンがいる本格的なサッカーゲームのようですよね。エレクトロニック・アーツのFIFAシリーズもサッカー選手が実名で登場し、グラフィックがとてもリアルな事から人気があるようです。又、近年ではブロードバンド環境の整備に伴い、オンラインで遊べるサッカーゲームも増えてきてるようです。自分が作ったサッカーチームを他の方のサッカーチームと戦わせるサッカーゲームや、プレイヤー一人がサッカー選手一人を操って多人数でプレイするサッカーゲームなどもあるようです。今後は、パソコンや人気ゲーム機をインターネットに繋いで、通信対戦でサッカーゲームをするというのが主流になるかもしれませんね。手軽にサッカーゲームを楽しみたいという方には、携帯で遊べる無料フラッシュのサッカーゲームもあるようですから、空き時間や気分に合わせて遊ぶ事も出来るようですね。

楽天で見る⇒ウイニングイレブンシリーズ

関連記事
サッカー選手のブログって?
サッカーくじって?
天皇杯サッカーって?
サッカー選手の移籍って?
サッカーって?

スポンサードリンク