プロのサッカー選手になる為にはどんな事が大切なの?

プロのサッカー選手になる為にはどんな事が大切なの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。男の子にとっては憧れの職業であるプロサッカー選手ですよね。サッカー選手は、日本のみならず、世界中の子供達に人気の職業なようです。

将来、プロのサッカー選手になる為には、サッカーが上手であることが必須条件ですよね。実力がなければ、どうあがいてもプロのサッカー選手になることはできませんよね。サッカー選手になるには、先ず、ユースチームに所属することが一番の近道なようです。

ユースチームはJリーグの下部組織なようですので、実力を認められれば、すぐにトップのプロチームに引き抜いてくれるかも・・・。ですが、ユースに所属するには、相当の努力が必要でしょうし、勿論、どなたでも簡単に所属できるわけではありませんよね。

近年のサッカーブームもあって、応募者が殺到しているようで、所属する時点でそれなりの実力や技術が無いと入れてもらえないでしょう。他にも、大学や高校からプロサッカー選手になる場合もあるようです。その場合には、自分の所属するチームで活躍をしていることが大切になるでしょうね。

高校のインターハイや、大学のリーグ戦で活躍して噂になるほどの実力があれば、スカウトをされる可能性もあるでしょう。日本代表や県選抜など、大きな試合に出れば出るほど、スカウトされる確率は高まるでしょう。

プロサッカー選手になるには、実力や技術の高さの他にも、強い精神力を持っていることが重要になるようです。プロサッカー選手は全体練習ばかりを行っているわけではないようです。自主的に行うトレーニングなどの全体練習以外の時間の方が圧倒的に多いようです。

自分に厳しく、どれだけの努力を重ねることができるかが重要かも・・・。メンバー落ちやケガなど、楽しいことの何倍も辛いことの方が多い状態の中で、どれだけプラスに考え、前に進むことができるかが大切になるようですね。

楽天で見る⇒プロサッカー選手

関連記事
サッカー教室の選び方って?
サッカーのリフティングが上達するコツ?
サッカーの各ポジションの役割って?
サッカーのボールコントロールが苦手な時はどうすればいい?
サッカーのディフェンスで相手に抜かれない為には?

スポンサードリンク


サッカー教室の選び方って?

サッカー教室の選び方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカー教室に通う場合には、先ず、情報を集めて、ここが良いなと思った教室を一度見学させてもらうと良いかも・・・。実際に無料体験出来る教室も増えているようなので、利用してみると良いですね。

もし、通える範囲に何軒もサッカースクールが有る場合は、特に、自分の目で教室の内容や雰囲気を確認することをお薦めします。継続して通うには、自宅の近くが便利ですよね。せっかく教室に通うことになっても、遠いと休むことも多くなるでしょう。

送迎が必要なくらい遠ければ、親の都合で欠席することにもなりかねないでしょうし、チームワークが必要なサッカーで休んでばかりだとレギュラーになることも難しいかもしれませんよね。又、練習の内容も教室によって違ってくるでしょう。なので、どんな目的で教室に通うのかをハッキリとさせて選びましょう。

本格的に練習しているところもあれば、趣味の延長という形で練習しているところもあるようです。ユースなどの本格的な組織や、コーチが元プロのサッカー選手の教室に通えば、月謝が高い上に他にもいろいろと費用が掛かることが多いようです。一方、学校関係等の少年サッカーチームであれば、月謝が無いかわりに親が当番で世話をすることもあるかも・・・。

次に、先生、コーチについてなんですが、高い技術や知識を持っていることも重要なんですが、分かりやすく説明してくれるか、生徒に必要なアドバイスを的確に出来るのか、又、サッカーが好きでしっかりとポリシーを持って指導してくれる先生かどうかが何より大切なようです。教室の形も成り立ちも様々ですから、それらを良く確認してから申し込むようにしましょうね。

楽天で見る⇒サッカー 上達

関連記事
プロのサッカー選手になる為にはどんな事が大切なの?
サッカーのリフティングが上達するコツ?
サッカーの各ポジションの役割って?
サッカーのボールコントロールが苦手な時はどうすればいい?
サッカーのディフェンスで相手に抜かれない為には?

スポンサードリンク


サッカーのリフティングが上達するコツ?

サッカーのリフティングが上達するコツ?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカーの上達の基本ともなるリフティングなんですが、これはボールをコントロールする技術が必要になるようですね。リフティングが上達すれば、ボールのコントロールの感覚も身に付けることが出来るようです。

練習方法としては、先ずは利き足だけでリフティングをするのがいいようです。ボールから目を離さずに、しっかり見て、ボールの中心を意識しながらボールを蹴ります。ボールを高く上げてしまうと、落ちてきたボールの中心を捉えることが難しくなるようなので、最初の段階ではボールは低めにあげるのがよいようです。

蹴ったボールが変なところに飛んでしまった時には、足だけで捉えようとせずに、体ごとボールの下まで移動して蹴るようにしましょう。利き足での練習で回数をこなせるようになったら、今度は両足での練習をしましょう。両足を使ってリフティングをする事で、疲れを軽減させ、リズムを整えることが出来るようですね。

最初のうちは、回数をこなせなくて当たり前です。練習を重ねていくと、連続して出来る回数が増えてくるはず・・・。リフティングの時の足は、足首をある程度伸ばし、少しだけ曲げた状態で、膝下のみで蹴り上げます。足をしっかりと固定しておくことで、ボールが毎回同じように弾むようです。リフティングが上達しない人は、殆どの場合、太ももから全部を動かしてしまっているようですよ。

これらを意識して練習を繰り返し、ある程度続けられるようになったら、次はボールを蹴る時にボールにバックスピンを掛けます。ボールを手前に回転させて練習するんです。この練習をする事で、実際の試合でボールが静止していない状況においても、応用してリフティングをすることができるようです。

リフティングを長く続けることはとっても難しいことなようなので、練習の合間などに遊び感覚で常に行うようにすると良いでは・・・。リフティングが早く上達するといいですね。

楽天で見る⇒サッカー リフティング

関連記事
プロのサッカー選手になる為にはどんな事が大切なの?
サッカー教室の選び方って?
サッカーの各ポジションの役割って?
サッカーのボールコントロールが苦手な時はどうすればいい?
サッカーのディフェンスで相手に抜かれない為には?

スポンサードリンク


サッカーの各ポジションの役割って?

サッカーの各ポジションの役割って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカー選手には、それぞれポジションが与えられているんですよね。ポジションを決めておく事で、試合中に誰がどこで、どのような役割をするかを把握しておくことが出来る為、試合をスムーズに行うことが出来るようです。

11人の選手のポジションをしっかりと決めておく事は、チームの強弱も左右するかも・・・。一般的に、4−2−2、3−5−2、4−3−3等のシステムがあるようで、順に、ディフェンダー(DF)・ミッドフィルダー(MF)・フォワード(FW)の人数をあらわすようですね。

ディフェンダー(DF)は相手のチームからの攻撃を防ぐ選手のことを言うようで、相手に思うような攻撃をさせないように、相手のボールを奪いにいくという守備を担っているようですね。ミッドフィルダー(MF)には、チームの司令塔としてゲームを組み立てる役割があるようです。

ミッドフィルダー(MF)は、試合全体を良く見て、試合の流れを把握し、主に攻撃への手助けをするようです。時には、最終ラインまで戻って守りに入ったり、全体のバランスをとるようですね。スピード、持久力、高いボールテクニック等が必要なポジションなようです。

フォワード(FW)には、攻撃をする役割があるようですね。フォワード(FW)は、攻撃する事が中心のプレーヤーなようで、積極的にシュートをし、得点をとっていきます。常にシュートのイメージを持ってプレーすると良いかも・・・。

このようなポジション別の戦術を活かしながら試合を進めて行きます。攻撃的に試合を進めて行くのか、守備に力を入れて守って行くのか、バランス良く配置して様子を見るのか、臨機応変にフォーメーションを変えて試合に挑む事が大切なようですね。

楽天で見る⇒サッカー 各ポジション 役割

関連記事
プロのサッカー選手になる為にはどんな事が大切なの?
サッカー教室の選び方って?
サッカーのリフティングが上達するコツ?
サッカーのボールコントロールが苦手な時はどうすればいい?
サッカーのディフェンスで相手に抜かれない為には?

スポンサードリンク


サッカーのボールコントロールが苦手な時はどうすればいい?

サッカーのボールコントロールが苦手な時はどうすればいい?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカーボールのコントロールが苦手な時には、やはり、基本に戻って練習するのがいいようですね。

ボールのコントロールをする事は、サッカーでの基本ですよね。正確なパスやシュート、トラップはコントロールが上手くないと出来ないようです。なので、先ずは、初心に戻って、基礎練習を繰り返し繰り返し行うのが良いようですね。地味な練習になるかもしれませんが、基礎練習を毎日一セットでも行う事がコントロールの上達への一番の近道かも・・・。

基礎練習の中でも、特にリフティングの練習をお薦めします。リフティングは、ボールの中心に力が加わらなければ、思った方向には飛ばないようですよね。ボールの中心をしっかり捉え、足先から頭まで、あらゆる部位でのリフティングが出来るようになることが重要かも・・・。

最初は全然続かないでしょうが、諦めないで下さいね。出来なくてもボールに触れて、ボールの感覚に慣れることが大切なようです。有名なサッカー選手をはじめ、サッカーの上手な人はリフティングがとっても上手なんですよね。それほどリフィングは大切な練習になるようです。最近では、小学生でも100回以上出来る人が増えているようですよね。

他には、ドリブルの練習も効果的なようですね。目的地を決め、ボールをキープしたままで走る練習をすると良いでしょう。試合では邪魔が入りますが、練習では一人でボールをキープしたまま、少しでも速く走れるようにしましょうね。

速く走る事が出来るようになったら、次には、二人でペアを組み、相手をかわしながら走る練習をしましょう。このような基礎練習を繰り返し、しっかりと基本を身に付けることで、相手に簡単にボールを奪われてしまうこともなくなるかも・・・。練習を続けてコツを掴めば、ドリブルで三人抜きすることも難しくないようですよ。

楽天で見る⇒サッカー ボールコントロール

関連記事
プロのサッカー選手になる為にはどんな事が大切なの?
サッカー教室の選び方って?
サッカーのリフティングが上達するコツ?
サッカーの各ポジションの役割って?
サッカーのディフェンスで相手に抜かれない為には?

スポンサードリンク


サッカーのディフェンスで相手に抜かれない為には?

サッカーのディフェンスで相手に抜かれない為には?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。ディフェンスの一番重要な役割って言うのは、相手にしっかりと付いていくことなようですね。ディフェンスのポジションを任されたからには、相手の動きにピッタリと付いていけるようにトレーニングする必要があるようです。

その為には、俊敏な相手の動きに付いていける瞬発力と集中力も必要になるでしょう。相手がボールを持ったら、すぐに守備の体勢を整えて、相手の攻撃を阻止していきます。ディフェンスのやり方には、基本的に、マンツーマンディフェンスとゾーンディフェンスの二種類があるようです。

マンツーマンディフェンスは誰が誰をマークするか決めて、ディフェンスをしている時は相手にぴったり付いていく方法なようです。ゾーンディフェンスは最終ラインと中盤で守備のラインを作り、自分のポジションに入ってきた相手をマークする方法なようです。

相手がボールを持ったら、相手とゴールの直線上に位置をとると良いようです。そうする言で、相手が直接シュートをしても、体で阻止することが出来るようですね。位置がずれると、シュートは勿論、ゴールの方向へドリブルで攻められてしまうようですので、注意が必要なようですよ。

相手とゴールとの直線上に位置したら、相手の自由を奪う為に相手にプレスにいきます。ディフェンスにとって一番難しいのは、相手にパスを出させてボールを奪うことですよね。簡単な言ではないので、しっかり作戦を立てる言や仲間同士の連携がと津ても重要になってくるようです。

それに、個人の技術や能力も大切なようで、それぞれが機能的に行動しなければいけませんよね。一人でも間違った動きをしてしまうと、隙を突かれてそこから突破されて攻撃されてしまいますもんね。

楽天で見る⇒サッカー ディフェンス

関連記事
プロのサッカー選手になる為にはどんな事が大切なの?
サッカー教室の選び方って?
サッカーのリフティングが上達するコツ?
サッカーの各ポジションの役割って?
サッカーのボールコントロールが苦手な時はどうすればいい?

スポンサードリンク


サッカーで個人技は重要なの?

サッカーで個人技は重要なの?って、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカーは、各種ある球技やチーム競技の中でも特殊なスポーツと言われているようですね。一つの試合の中で、これほどまでに得点を取るのが難しい競技は他にはないようです。例えば、同じようにゴールを狙うバスケットボールと比較すると、その特殊性がよく分かるのでは・・・。

スポーツの多くは、基礎体力を付けて技術を磨くことで上達していきますよね。勿論、それはサッカーも同じでしょう。基礎体力を付ける事は最も重要でしょうし、プレーの技術を磨く事も大切でしょう。人気漫画「キャプテン翼」の翼少年が「ボールは友達」と言って、常にサッカーボールに触れながら過ごしていた話は、サッカー少年なら誰でも知っているのでは・・・。

又、多くのスポーツでは個人技を磨く事が大きな得点を生むようですが、サッカーは素晴らしい個人技を持っているからと言って大量得点が叶うスポーツではないですよね。どんなに素晴らしい技術を持った選手でも、ゴールに成功する確率はそれほど高くはないようで、それ故に、一試合中での二チームの得点合計が二桁に達することさえ極めて稀ですよね。当然ですが、技術力が低ければ、その得点率は更に低くなるはず・・・。両チームの実力が拮抗していれば、0対0のまま引き分けで試合が終了することも少なくないですよね。

サッカーでは、チームの総合的な攻撃フォーメーションや防御フォーメーション、又、敵チームの攻撃を予測した戦術を組む事にもとっても大きな意味があるようです。その為には、チームプレーとしての攻撃やディフェンスの練習を重ねる必要性があり、チームプレーを向上させる為には個人技の向上が必須だと言えるようですね。

楽天で見る⇒サッカー チームプレー

関連記事
サッカーで強いシュートを打つには?
サッカーでフリーキックやコーナーキックが上達するコツって?
サッカーのヘディングが上達するコツって?
サッカーでドリブルやフェイントが上達するコツって?
サッカーでパスワークやトラップが上達するコツ?

スポンサードリンク


サッカーで強いシュートを打つには?

サッカーで強いシュートを打つには?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカーでの一番の醍醐味は、やはりシュートでしょうね。サッカーって、他のスポーツと比べると、極端に得点を上げるのが難しいスポーツですよね。なので、尚更ゴールした時の感動が大きいスポーツと言えるかも・・・。

強いシュートを打てるようにするには、キック力を付ける必要があるようです。キック力を付けるには、基礎体力を上げる必要がありますよね。シュートは少しでも強く速い球を打った方が、防御される確率が下がる、つまり、成功率が上がると考えられます。ですが、そう簡単にいかないのがサッカーなんですよね。

なぜなら、強いキック力で打つということは、それだけボールコントロールが乱れやすくなるからです。サッカーでは、決められたゴールの中にボールが入らなければ得点にはなりませんよね。失敗したら相手にチャンスボールを与えてしまいます。正確にゴールを狙う事、又、その技術、そして、強さやスピード。これらを全て身に付けなければ、強いシュートを打つ事は出来ないようです。コントロールに自信が持てなければ、どうしてもコントロールを優先してキック力が落ちてしまうようです。

つまり、キック力を付けると同時に、ボールをコントロールする技術も磨く必要があるようですね。キックのフォームを正しく身に付けて、インサイドキック等の練習を行いながら、正確なキック力を身に付けると良いでしょう。コントロールに自信が付いてくれば、自然と徐々に強いシュートが打てるようになってくるようですよ。

楽天で見る⇒サッカー シュート 打ち方

関連記事
サッカーで個人技は重要なの?
サッカーでフリーキックやコーナーキックが上達するコツって?
サッカーのヘディングが上達するコツって?
サッカーでドリブルやフェイントが上達するコツって?
サッカーでパスワークやトラップが上達するコツ?

スポンサードリンク


サッカーでフリーキックやコーナーキックが上達するコツって?

サッカーでフリーキックやコーナーキックが上達するコツって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。得点を得るチャンスが少ないサッカーの場合、フリーキックやコーナーキックと言うのは、得点を入れる大きなチャンスの一つなようですよね。サッカーでは、たった一点取っただけで試合に勝つ事も少なくないようですから、このような大きなチャンスはぜひ得点に繋げたいものです。

ですが、実際には、プロでさえ、圧倒的に有利な立場のフリーキックで失敗する事が少なくないようです。なぜなら、一点で試合を決める事もあるサッカーでは、特にフリーキックでのプレッシャーは相当大きなものなようです。練習のフリーキックでは百発百中でも、試合では外してしまうのは、精神的なプレッシャーによるコントロールミスかも・・・。又は、コントロールミスを恐れるあまりに、弱い球になってしまったりするからなのでは・・・。つまり、サッカーでは、精神面を鍛える事も重要ということなようですね。

さて、コーナーキックでは、特に子供の場合はキック力が弱くてゴール前まで届かないということもあるかも・・・。キック力は基礎体力を付けるしかないでしょうが、それ以外に、チームメイトの状況を見ながら、より良い場所にボールを蹴る技術力が必要になるでしょう。せっかくのボールが、敵選手に弾かれてしまったのでは、大きなチャンスが失われてしまいますもんね。

コーナーキックを蹴るには、球筋や距離、方向を正確に判断する必要があるでしょうから、基本的なキックの練習を重ねることによって、そのコントロール力を身に付けることが必要不可欠なようですね。

楽天で見る⇒サッカー フリーキック 上達

関連記事
サッカーで個人技は重要なの?
サッカーで強いシュートを打つには?
サッカーのヘディングが上達するコツって?
サッカーでドリブルやフェイントが上達するコツって?
サッカーでパスワークやトラップが上達するコツ?

スポンサードリンク


サッカーのヘディングが上達するコツって?

サッカーのヘディングが上達するコツって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サッカーでは、ヘディングも大きな攻撃手段の一つなようですよね。ヘディングシュートに憧れるサッカー少年も多いのでは・・・。

とは言っても、ヘディングって、とっても難しい技術なようで、コントロールは勿論、力を込めるのが困難な技術なようです。助走をつけてヘディングで出来るならいいんですが、真上に飛び上がる状況でのヘディングでは助走が付けられませんから、少しでも遠くまでボールを飛ばすには、強力な身体のバネを必要とするようです。

又、元々の身長が低いと、ヘディング効果が薄いようで、その為に、ヘディングを諦めてしまう方も多いようですね。ですが、ヘディング技術が有るのと無いのとでは、そのチャンスの数にも違いが出てくるようです。数少ないチャンスをしっかりモノにする為には、やはりヘディング技術の習得を外すことは出来ないのでは・・・。特に、フォワードやディフェンスでは必要不可欠な技術と言えるかも・・・。

ヘディングは前述したように、身長差によって有利か不利かに違いがあるようですが、身長差をジャンプ力で補う選手もいるようです。ヘディングが上達するコツとしては、技術の練習に加えて、ボールの軌道を読む訓練をすることなようですね。これが出来ないと、実践で役立てる事は出来ないかも・・・。ヘディングをするなら、素早くボールの下に入り込まなければならないからなんですね。

ヘディングのコントロールについては、自分でボールを上げて打つ練習でも効果的なようですが、軌道を読む練習をするなら、遠くからボールを上げてもらってヘディングする練習が良いようですね。それに、身体のバネをつける為に、上半身の筋力を鍛えるの必要なようですね。

楽天で見る⇒サッカー ヘディング 上達

関連記事
サッカーで個人技は重要なの?
サッカーで強いシュートを打つには?
サッカーでフリーキックやコーナーキックが上達するコツって?
サッカーでドリブルやフェイントが上達するコツって?
サッカーでパスワークやトラップが上達するコツ?

スポンサードリンク