ボウリングのローダウン?

ボウリングのローダウン?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

これは、アメリカのプロボウラーの多くが
採用している投球方法なようで、
ローダウンリリースと言うようですね。

では、このローダウンとは
一体どういった投げ方なんでしょう。

このローダウンリリースは、別名フリスビーや
プッシュ&プルとも呼ばれているようで、
ボールに強い回転を与える投げ方なようですね。

実際、アメリカには
ローダウンという言葉は無いようですが、

ボールが高速、高回転の投球方法であれば、
ローダウンと言ってもいいでしょう。

ピンに対して角度が付く分、
勢い良くピンを倒す事もでき、
ストライクになりやすい方法なようですが、

ボールに強い回転力がかかっている為に、
コントロールしづらいという面もあるようです。

又、レーンのコンディションも
的確に判断しておかないと、
スコアも期待以上には伸びないようで・・・。

ローダウンは、手首を柔軟に使う事で
驚異的な回転数を出す投げ方のようで、
手首に相当な力が必要となってくるようです。

初心者には難易度がとっても高いようですし、
ケガや故障の原因にもなるようですので、
出来れば挑戦しないのが良いかも・・・。

もし、挑戦する場合には、基本的な投げ方を
しっかりとマスターしてからにしましょうね。

その場合には、
手首の柔軟性が必要となってくるようですので、

手首を固定するリスタイははずして
素手で投げるようにしましょうね。

この投げ方は、習得するまでにかなりの時間が
かかると言われているようですので、

それまで故障しないよう十分に注意して
練習するようにして下さいね。

楽天で見る⇒ボーリング スコアアップ

関連記事
ボウリングのレーンアジャスティング?
ボウリングのカーブボールとフックボールの違い?
ボウリングのアベレージが伸びない時は?
ボウリングのフォームの基本?
マイボールの選び方?
スコアアップにはマイボールの方がいいの?
ボウリングのスプリットのとり方は?
ボウリングのフックボールの投げ方は?
ボウリングでストライクを連発させるには?
ボウリングのスコアの計算の仕方って?
ボウリングの投げ方の基本?

スポンサードリンク


ボウリングのレーンアジャスティング?

ボウリングのレーンアジャスティング?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

よく、ボウリング初心者には
レーンアジャスティングは必要ない、
と言われているようですね。

確かに、アベレージが平均で100点位の初心者の方には
必要ない事かもしれませんが、
それでも覚えておいて損な事はないのでは・・・。

では、ボウリングのレーンアジャスティングとは、
一体どういった事を意味しているんでしょう。

先ず、アジャスティングと言う言葉なんですが、
これは調整(アジャスト)すると言う意味で使われているようです。

ボウリングのレーンにはオイルが塗られているようですが、
全てのレーンに均一に塗られているわけではないようです。

どうしても、レーンごとやレーンの場所ごとに
オイルの濃淡が出てきてしまうようですよね。

そのレーンのオイルの状態を判断し、
それに合わせたボールや投げるスピード、

アドレスの位置などを調整させる技術が、
レーンアジャスティングなようです。

このレーンアジャスティングがきちんと出来ていないと、
いくらライン通りに正しくボールが投げられたとしても、

ボールが思った通りの動きをしない為、
ストライクを出す事は難しくなってしまうようです。

又、同じレーンでもゲームをするごとに、
オイルの状態は変わってくるようです。

この事からも、スコアを上げる為には、レーンの
アジャスティング技術が必要となってくるようですね。

因みに、レーンアジャスティングの他にも、
ボールアジャスティングやアングルアジャスティング
と言う技術もあるようですので、覚えておくと良いかも・・・。

楽天で見る⇒ボウリング レーンアジャスティング

関連記事
ボウリングのローダウン?
ボウリングのカーブボールとフックボールの違い?
ボウリングのアベレージが伸びない時は?
ボウリングのフォームの基本?
マイボールの選び方?
スコアアップにはマイボールの方がいいの?
ボウリングのスプリットのとり方は?
ボウリングのフックボールの投げ方は?
ボウリングでストライクを連発させるには?
ボウリングのスコアの計算の仕方って?
ボウリングの投げ方の基本?

スポンサードリンク


ボウリングのカーブボールとフックボールの違い?

ボウリングのカーブボールとフックボールの違い?
これって、気になる方もいらっしゃるかも・・・。

実は、ボウリングにも、野球と同じように
球種があるんですが、ご存知でしたか?

決して多くはないんですが、大きく分けて、
カーブボール、フックボール、ストレートボール、
それに、バックアップボールがあるようですよ。

では、その中で、カーブボールとフックボールの違いには
一体どんな事があるんでしょう。

先ず、カーブボールなんですが、
カーブボールは球を投げた瞬間から
ボールが大きく右に弓なりにカーブし、
そのままピンに近づいていくボールなようですね。

ボールに強い回転が掛かっている為に、
ピンにぶつかった時の威力も大きいようですが、

カーブの幅が大きいようなので、
コントロールは難しいとされているようです。

それに、ボールの曲がり方には個人差が大きく、
投げ方をきちんと自分のものにするまでには
かなりの練習が必要となってくるようです。

次にフックボールなんですが、
フックボールの球はピンの手前まで真っ直ぐに進み、
ピンの間近で急激に曲がるボールなようですね。

曲がる方向は、右投げの場合は左曲がり、
左投げの場合は右に曲がるようです。

ボールに進む力となる縦回転に加えて、
横回転も加わる為、コース取りに安定性があり、

又、ピンの手間で最後に曲がる為、
ストライクを狙い易いとも言われているようですね。

そう言った事から、スコアを安定させる為には、
先ず、このフックボールを習得するようにすると良いかも・・・。

つまり、一般的に、
カーブボールは投げた瞬間から大きく曲がるボールで、
フックボールはピンの間近で曲がるボールを言うようです。

ボーリング、楽しんで下さいね。

楽天で見る⇒ボウリング 投げ方

関連記事
ボウリングのローダウン?
ボウリングのレーンアジャスティング?
ボウリングのアベレージが伸びない時は?
ボウリングのフォームの基本?
マイボールの選び方?
スコアアップにはマイボールの方がいいの?
ボウリングのスプリットのとり方は?
ボウリングのフックボールの投げ方は?
ボウリングでストライクを連発させるには?
ボウリングのスコアの計算の仕方って?
ボウリングの投げ方の基本?

スポンサードリンク


ボウリングのアベレージが伸びない時は?

ボウリングのアベレージが伸びない時は?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

例えば、あなたがいくら練習してもアベレージが
伸びないと悩んでいるとしましょう。

ですが、平均して170のアベレージを出しているとしたら、
これ以上の良い結果を望む事は贅沢かも・・・。

でも、平均して常に120前後のアベレージから
全然伸びないとしたら、練習次第でもっと
アベレージを伸ばす事は可能でしょうね。

では、いくら練習してもアベレージが伸びない場合は、
どうしたら良いんでしょう。

先ず、世に出回っている入門書や
自己流でいくら練習していても、常にハイスコアを
維持する事はまず不可能なようです。

やはり、一人で練習するには限界があるようです。

一番手っ取り早い方法は、
プロの方に付いて練習する事なようです。

そうする事によって、常に安定したフォームが
維持出来るようになるようなので、
それに伴ってスコアも伸びていくでしょう。

又、ストライクを狙いやすい、
フックボールやカーブボールの効果的な投げ方等も
具体的に教えて貰えるはずです。

もし、プロに習うのは敷居が高過ぎると思うのでしたら、
ボウリング場へ熱心に通って上手な人のフォームを
じっくりと観察するようにしましょう。

上半身や下半身の動き、リリース後の動き、
普段あまり意識して見る事がなかったならば、
どれも参考になるはず・・・。

又、いつもホールボールを利用している場合には、
マイボールに変更したり、マイシューズに変更したり
するだけでもスコアを上げる効果があるようです。

まだマイボールやマイシューズを持っていない方は、
ぜひ揃えるようにしてはいかがでしょうか。

楽天で見る⇒ボウリング アベレージ 伸ばす

関連記事
ボウリングのローダウン?
ボウリングのレーンアジャスティング?
ボウリングのカーブボールとフックボールの違い?
ボウリングのフォームの基本?
マイボールの選び方?
スコアアップにはマイボールの方がいいの?
ボウリングのスプリットのとり方は?
ボウリングのフックボールの投げ方は?
ボウリングでストライクを連発させるには?
ボウリングのスコアの計算の仕方って?
ボウリングの投げ方の基本?

スポンサードリンク


ボウリングのフォームの基本?

ボウリングのフォームの基本?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

どんなスポーツにも言える事なんですが、
基本のフォームを習得する事はとっても
大切な事なようですね。

基本的なフォームができていなければ、
思い通りにスコアが伸びる事はないかも・・・。

では、ボウリングにおけるフォームの基本には、
一体どのような事があるんでしょう。

先ず、上半身の動きは
振り子運動をイメージするといいようです。

肩を支点とし、ボールの重さに逆らわないように、
リラックスした状態で大きくボールを振るようにします。

実際に投げる前に、この振り子のスイングが
力まずに自然にできるようになるまで、
素振りで練習するようにすると良いかも・・・。

次に、下半身の動きなんですが、
下半身の動きを上手く利用すると、
力強く安定したフォームになるようですね。

基本的に助走は四歩で行うようにし、
下半身が安定するようにテンポ良く、
重心を低い位置に移動をさせるようにしましょう。

又、リリースの際には、
軸足でしっかりと踏ん張りながら
ボールを手で押し出すイメージで投げるといいようです。

この一連の流れを、体に力を入れないで、
リラックスしてできるようになるまで、繰り返し
素振りをして練習するようにしてみて下さい。

何度も繰り返し練習していくと、自然とスムーズに
ボールが投げられるフォームが出来ていくはず・・・。

けれど、投球フォームと言うのは、
自分でも気付かないうちに徐々に変化しているはず・・・。

なので、時には、コーチや上級者の人に、
フォームをチェックして貰う事も大切なようですね。

楽天で見る⇒ボウリング フォーム 基本

関連記事
ボウリングのローダウン?
ボウリングのレーンアジャスティング?
ボウリングのカーブボールとフックボールの違い?
ボウリングのアベレージが伸びない時は?
マイボールの選び方?
スコアアップにはマイボールの方がいいの?
ボウリングのスプリットのとり方は?
ボウリングのフックボールの投げ方は?
ボウリングでストライクを連発させるには?
ボウリングのスコアの計算の仕方って?
ボウリングの投げ方の基本?

スポンサードリンク


マイボールの選び方?

マイボールの選び方?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ボウリングを頻繁に行うようになってきたら、
やっぱり欲しくなるのがマイボールですよね。

勿論、マイボールを購入したからと言って、
すぐにボウリングが上達する訳ではないでしょうが、

自分の指にピッタリと合ったボールならば、
ボールにかける回転もかけやすくなるでしょう。

では、マイボールの選び方には
一体どんなポイントがあるんでしょう。

先ず、マイボールを選ぶ時に迷ってしまうのが
素材なようですね。

ボールの素材には、プラスチック、ウレタン、
リアクティブウレタン等があるようですが、

できればハウスボールよりも良い物と言う事で、
ウレタン以上の材質のボールを選ぶと良いかも・・・。

次に重さなんですが、
ハウスボールで投げていた重さよりも、
1ポンド〜2ポンド重くしてみましょう。

マイボールの場合には、
自分の手に合わせてドリルする為に、多少重くしても
同じ感覚で投げる事ができるようですね。

又、
一番大切なのがドリルのフィッティングなようです。

親指の穴が、ゆる過ぎず、きつ過ぎないように
上手に調整する事が大切なようです。

その為にも、きちんとしたドリラーのいる
ボウリング場でボールを作る必要があるようですね。

どちらにしても、最初のマイボールをずっと使い続ける
といった事はまずないでしょうから、最初からあまり
高価なボールを購入するのは避けるようにしましょう。

なぜかと言うと、経験を積むうちにどんどん
指の関節も太くなっていくようですので、
すぐに穴に合わなくなってくるようです。

あおれに、腕の筋力もついてくるようですので、
重さももっと重いボールを好むようになるようですね。

楽天で見る⇒ボウリング ボール

関連記事
ボウリングのローダウン?
ボウリングのレーンアジャスティング?
ボウリングのカーブボールとフックボールの違い?
ボウリングのアベレージが伸びない時は?
ボウリングのフォームの基本?
スコアアップにはマイボールの方がいいの?
ボウリングのスプリットのとり方は?
ボウリングのフックボールの投げ方は?
ボウリングでストライクを連発させるには?
ボウリングのスコアの計算の仕方って?
ボウリングの投げ方の基本?

スポンサードリンク


スコアアップにはマイボールの方がいいの?

スコアアップにはマイボールの方がいいの?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

スコアアップに必要な条件って、
一体どのようなことがあるのか調べてみました。

やはり、ボウリングに何度も行き、経験や練習を
重ねるのは勿論のことなんですが、

いろいろと統計をとってみた結果、マイボールを
持っているとスコアアップすることが出来るのでは
と思います。

ボウリング場に行って、まず何から始めますか?

自分の指に合った穴のボールや自分に合った
重さのボールを探すことから始めますよね。

そこで自分に合ったボールがどのような物なのか、
探すのが大変だったりしていません?

ボウリング場に置いてあるボールを
ハウスボールと呼ぶようですが、

このハウスボールはどんな方でも一定して使うことが
できるように設計されているボールなようです。

自分の指の大きさに合った穴のボールだと、
ハウスボールで投げる時よりも、

よりコントロールしやすくなるようですし、
回転やカーブをかけるのも簡単にできたりするようです。

身長や体重、手の大きさを計って自分に
ピッタリのマイボールを作ることによって、

投球フォームも安定してくるようなので、
確実にスコアアップを狙うことができるようです。

指の穴の調節も大事なようですが、
ボールの重さの調節も大事なようです。

マイボールであれば、当然、重さも自分に合った
ボールに調節することができますよね。

自分に合った重さのボールであれば、
断然、コントロールもハウスボールより、
確実にアップさせることができるでしょう。

スコアアップを図りたいと思っているのならば、
一度マイボールを作ってみるといいかもしれませんね。

楽天で見る⇒ボーリング ボール

関連記事
ボウリングのローダウン?
ボウリングのレーンアジャスティング?
ボウリングのカーブボールとフックボールの違い?
ボウリングのアベレージが伸びない時は?
ボウリングのフォームの基本?
マイボールの選び方?
ボウリングのスプリットのとり方は?
ボウリングのフックボールの投げ方は?
ボウリングでストライクを連発させるには?
ボウリングのスコアの計算の仕方って?
ボウリングの投げ方の基本?

スポンサードリンク


ボウリングのスプリットのとり方は?

ボウリングのスプリットのとり方は?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ボウリングでスプリットという言葉を
よく耳にするでしょうが、スプリットとは、

1番ピンが含まれておらず、ピンが数本離れて
倒れてしまった状態のことを言うようです。

ピンがどちらか左右に固まって
残ってしまっている状態なら、
スペアも狙いやすいようですが、

スプリットとなると、なかなか初心者の方が
スペアを狙うのは難しいでしょうね。

やはり、スプリットのとり方は、
確実にボールをコントロール出来るように
練習するのが一番かも・・・。

スプリットを取ることに意識を集中するのではなく、
自分が狙った所に思い通りにボールが行くかどうか
に意識を集中してみると良いかもしれませんね。

もし、端のピンが残ってしまったのなら、
立つ位置を真ん中からずらす必要があるようです。

左の端に残ってしまったのなら、対角線上の右に立ち、
そこから斜めに助走をして、
ピンに向かってボールを投げるのです。

3番〜10番ピンのスプリットが出てしまった時は、
同じような感じでレーンの斜めに立ち、

位置をポジショニングして、斜めからスペアを
狙いにいくのがセオリーなようです。

つまり、スプリットをとる為には、
このピンをこの位置から狙って、

ピンのこの辺りを狙ってボールを投げると、
横にピンが跳ねるのでスプリットがとれる
などというセオリーがあるようです。

スプリットを確実に取る為には、
このセオリーを頭の中に入れておくと良いでしょうね。

それぞれのスプリットのセオリーは、
ボウリングの参考書やインターネットで
検索すれば出てくるようです。

セオリーを頭の中に入れたら、
あとはそのセオリーを実現する為の
コントロールが必要となってくるようですよ。

ボウリング、楽しんで下さいね。

楽天で見る⇒ボウリング スコアアップ

関連記事
ボウリングのローダウン?
ボウリングのレーンアジャスティング?
ボウリングのカーブボールとフックボールの違い?
ボウリングのアベレージが伸びない時は?
ボウリングのフォームの基本?
マイボールの選び方?
スコアアップにはマイボールの方がいいの?
ボウリングのフックボールの投げ方は?
ボウリングでストライクを連発させるには?
ボウリングのスコアの計算の仕方って?
ボウリングの投げ方の基本?

スポンサードリンク


ボウリングのフックボールの投げ方は?

ボウリングのフックボールの投げ方は?って、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

投げた時にはストレートと同じように
真っ直ぐピンに向かっていくんですが、

ピンの手前でボールがカーブすることを
フックボールと言うようですね。

フックボールを投げる為のポイントを
ご紹介してみますね。

投げ方は基本的にはストレートを投げる時と変わらず、
フックボールを投げる時のポイントは、
ボールを手から離すリリースと指なようです。

まず初めに、
投げる時に力いっぱい投げてしまう方は、
一度力を抜いてボールの重さで腕を振って
投げてみて下さい。

一度投げてみると分かると思いますが、
力を抜いて投げると、ボールの重みで
ボールを手から離す時に自然と手首が曲がり、

フックボールを投げた時と同じように
ボールがフックするようです。
その感覚を覚えることなようです。

力を抜いて投げるポイントとして、
親指を入れている穴の大きさの調節が必要なようです。

親指の穴の大きさが大き過ぎても小さ過ぎても、
どうしても親指に力が入ってしまうようなので、

ボールを投げる時にも
力が入りやすくなってしまうようです。

ですので、親指の穴の大きさを
テープなどで調節してあげると良いでしょう。

手首をひねるのではなく、
手首を押し出すような感じで
フックボールを投げる方法もあるようですが、

最初の段階ではあまり手首のことは考えずに
投げてみて下さい。

先ずは、親指の穴の調節を行ってみて下さい。

それでフックに手ごたえを感じてきたら、
手首を返してみるなど、自分なりの投げ方も
身につけてみてはどうでしょうか。

ボウリング、楽しんで下さいね。

楽天で見る⇒ボーリング フックボール

関連記事
ボウリングのローダウン?
ボウリングのレーンアジャスティング?
ボウリングのカーブボールとフックボールの違い?
ボウリングのアベレージが伸びない時は?
ボウリングのフォームの基本?
マイボールの選び方?
スコアアップにはマイボールの方がいいの?
ボウリングのスプリットのとり方は?
ボウリングでストライクを連発させるには?
ボウリングのスコアの計算の仕方って?
ボウリングの投げ方の基本?

スポンサードリンク


ボウリングでストライクを連発させるには?

ボウリングでストライクを連発させるには?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ボウリングの楽しい瞬間と言えば、やはり、
ストライクを出した瞬間ですよね。

ストライクを連発させるには、
いくつかポイントがあるようですよ。

ストライクを連発でなくても何度か出すことが
可能になってきたのであれば、ボールを投げる
フォームやスウィングも安定してきている
と思うので、問題はなさそうですね。

次に、重要なポイントとなってくるのが、
ボールのスピードなようです。

スピードが速い方がストライクを出すのには
有利になってくるようです。

いくらコントロールが良かったとしても、
ボールにスピードが無ければ勢いが無いので、
ピンは倒れてくれないようですね。

コントロールが良く真ん中に当たったとしても、
勢いが足りず、両サイドのピンが残ってしまい、
スペアさえ取るのが難しくなってしまうようです。

スピードをつけることが出来るようになったら、
カーブをかけられるように練習してみてはどうでしょう。

スピードもあり、カーブもつくと、
最初にボールが当たったピンが跳ねて、
次々に横にあるピンを倒していく可能性があるようです。

ボールの重さは重い方が、
ボールがピンに当たった時に、例えスピードが
無なかったとしても倒れやすいかも・・・。

ですが、ボールの重さが重過ぎて
コントロールしにくくなってしまうようであれば、

重さを少し軽い物にして、自分でしっかり
コントロール出来るように調節しましょう。

言葉で説明しても少し分かりにくいかもしれませんが、
安定したフォーム、スウィング、リリースやスピードに
パワーと言ったいくつかの要素がタイミング良く
揃った時にストライクが出るようですよ。

ですので、ストライクを連発する為には、
何度も練習を重ねるのが良いようですね。

楽天で見る⇒ボウリング ストライク

関連記事
ボウリングのローダウン?
ボウリングのレーンアジャスティング?
ボウリングのカーブボールとフックボールの違い?
ボウリングのアベレージが伸びない時は?
ボウリングのフォームの基本?
マイボールの選び方?
スコアアップにはマイボールの方がいいの?
ボウリングのスプリットのとり方は?
ボウリングのフックボールの投げ方は?
ボウリングのスコアの計算の仕方って?
ボウリングの投げ方の基本?

スポンサードリンク