少年サッカーとフットサルって?

サッカーとフットサルは、ひとくくりに捉えられている方も少なくないようですね。又、近年の少年サッカーの指導では、4対4でミニゲームなどを行う8人制や、それに準ずる内容の練習が有効であると提唱されているようです。その為、フットサルのような少人数で、試合形式での練習を行う少年サッカーチームも以前より多いようですよね。フットサルは細かにみていくと、サッカーとはルールも含め、色々と違いがあるようです。素人目にはとっても良く似ているようですが、実は、フットサルって言うのは、5人制のスポーツで、サッカーとは別のスポーツなんですね。

フットサルと言うのは、ヨーロッパや南米で、各国の様々なルールで行われていたものを、国際サッカー連盟が、1994年にルール等を統一し、フットサルと呼んで普及させたようです。5年〜6年前から、日本でも若者を中心に人気を集めているようですね。それに伴い、主要都市ではフットサルが出来る施設もかなり増えてきたようです。でも、地方などでは、まだまだ専用の施設までは増えておらず、又、民間の施設では、室内ではなく屋外で人工芝を使ったものが主流なようです。フットサルは確かにサッカーとは別物ではあるんですが、サッカーの小規模版のようなスポーツである為、11人制で行うサッカーなどと並行して、プレーを楽しんでいる所も少なくないようですよね。少年サッカーでも、フットサルの方が狭いフィールドや少人数で行う為、得点チャンスが皆にある事や、個人の技術力が必要な事、判断力が問われる事などから、積極的に練習に取り入れられているようです。

楽天で見る⇒フットサル

関連記事
少年サッカーに関する書籍って?
少年サッカーのDVD?
少年サッカーでの合宿って?
少年サッカーの用具って?
少年サッカーのルールって?
全日本少年サッカー大会って?
少年サッカーチームって?
少年サッカーの練習って?
少年サッカーの指導って?
少年サッカーのトレーニングって?
少年サッカーって?

スポンサードリンク


少年サッカーに関する書籍って?

少年サッカーに関する書籍は、数多く出版されているようですよね。本屋さんのスポーツ関連コーナーを覗いてみても、その種類の多さには驚かされるのでは・・・(笑)子供自身に向けて、上達の手ほどきをしている書籍は勿論の事、サッカーの知識が本格的に掲載されている本であったり、DVD等の付録を付けて併用して教えていくものだったり、子供に教える為のノウハウが載っているものだったり、本当にたくさんの書籍が並んでいるんですよね。最近では、子供の活字離れが囁かれているんですが、このような書籍だと、興味が有る事が書かれているからなのか、漢字がたくさん並んだ書籍でも、殆どの子供は、喜んで読むんだとか・・・(笑)

趣旨はちょっと変わってしまうんですが、これを上手く利用すれば、サッカーにしか興味がなく、国語どころか、漢字を覚える事すら嫌がっていたお子さんに勉強もさせてしまうといった、少しお得な副効用まで期待出来てしまうかもしれませんね。な〜んて言うのは、おまけ程度でしかありませんが、子供にサッカーを教えるにも、知識も技術も無い親御さんには、頭を抱える方が多いようで、そんな場面でも、教える為のポイントが解りやすく書かれていたりするこのような書籍は、とっても画期的だと好んで利用している方も、かなりいらっしゃるようですね。それ程大きな出費をしなくても利用出来るので、もし気になったら、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。子供向けの書籍でも色々な事が書かれていて為になるようなので、大人が読んでも結構おもしろいようですよ。

楽天で見る⇒少年サッカー 書籍

関連記事
少年サッカーとフットサルって?
少年サッカーのDVD?
少年サッカーでの合宿って?
少年サッカーの用具って?
少年サッカーのルールって?
全日本少年サッカー大会って?
少年サッカーチームって?
少年サッカーの練習って?
少年サッカーの指導って?
少年サッカーのトレーニングって?
少年サッカーって?

スポンサードリンク


少年サッカーのDVD?

少年サッカーのDVD?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。自分の子供を少年サッカーの教室などに通わせている方は少なくないかも・・・。教室などで練習を重ねれば、段々と上達はしてきますが、基本的には多くの子供達と同じように、流れ作業のような方法でコーチが指導するといった形が多いものです。これですと、群を抜いた技術力が身に付く事は難しいでしょうし、もっと上手くなりたい、って悩むお子さんの姿を目にする事も少なく無いのでは・・・。かと言って、専属コーチを付けるなんて、普通では考えられませんし、自主練習をもっと頑張りなさい、と背中を押すくらいが精いっぱいではないでしょうか。ですが、少しでも将来の可能性があるのならば、才能の芽を伸ばしてあげたいと考えるのが親ですもんね。

もし、何か手助けをしてあげたいと考えるのであれば、DVDを購入してあげるというのはいかがでしょう。DVDは、値段は物によっては高価ではあるんですが、比較的お手頃なDVDもたくさん有るようですよね。高価だから上達するという事でもないでしょうし、それに、よほど気になる特徴があるのであれば別なんですが、とりあえずは、お手頃価格のDVDを試すのでも問題無いかと・・・。ボリュームは個々によって違いがあるようですが、基礎から応用、効果的な練習の助けになる内容が収録されている物が多くあるようですので、がむしゃらに一人で練習させるよりは効果が期待出来るのでは・・・。数々のDVDの中から、予算と内容が理想的な物を探して、お子さんに有効なDVDをプレゼントすれば、練習にも、今までよりもっと身が入り、ぐんぐん上達するかもしれませんよ。

楽天で見る⇒少年サッカー DVD

関連記事
少年サッカーとフットサルって?
少年サッカーに関する書籍って?
少年サッカーでの合宿って?
少年サッカーの用具って?
少年サッカーのルールって?
全日本少年サッカー大会って?
少年サッカーチームって?
少年サッカーの練習って?
少年サッカーの指導って?
少年サッカーのトレーニングって?
少年サッカーって?

スポンサードリンク


少年サッカーでの合宿って?

少年サッカーでの合宿って、どうなんでしょう?少年サッカースクール等では、定期的に合宿を行っている所が多いようですよね。サッカーの合宿と聞くと、練習漬けで大変そうだという印象を持つ方も少なくないようですが、実はそうでもないようです。最近では、子供の合宿だからとあなどれないようですが・・・。全ての所がそうだとは言いませんが、練習の疲れを癒す為の温泉に24時間は入れる所や、バーベキューやステーキ、お刺身等の豪華な食事が出てくる所、果物狩りや海水浴場が利用出来る所、綺麗なペンションやホテル顔負けの所等など、宿泊施設自体のサービスが、どんどん充実してきているようですね。

ウォシュレット完備の施設でなければ、合宿には行かせません、な〜んて保護者の方も、最近では結構いるようですので、合宿所もこれらに対応して変化しているのかもしれませんね。勿論、このような豪華なプランを用意した合宿であってもそうでなくても変わる事なく、きちんとしたグラウンドやコート等の設備がしっかりと整っているようですので、どんな合宿所であっても、合宿内容の質が落ちるといった訳ではありません。何だかこれらだけを聞いていると、ちょっとした旅行のようで、昔ながらのレクリエーション!大衆浴場!カレー!といった合宿のイメージが強い方には、かなり雰囲気が変わってきていて、違和感を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、これも時代の流れかもしれませんね。どういった形にせよ、家族と離れて仲間達と練習に励むというのは、サッカー技術向上だけでなく、精神的な成長も期待出来るでしょうし、子供の教育には良さそうですね。

楽天で見る⇒少年サッカー

関連記事
少年サッカーとフットサルって?
少年サッカーに関する書籍って?
少年サッカーのDVD?
少年サッカーの用具って?
少年サッカーのルールって?
全日本少年サッカー大会って?
少年サッカーチームって?
少年サッカーの練習って?
少年サッカーの指導って?
少年サッカーのトレーニングって?
少年サッカーって?

スポンサードリンク


少年サッカーの用具って?

少年サッカーの用具って、どんなものがあるんでしょう?少年サッカーを始めるにあたって、その前に揃えておきたい用具は色々とあるようですよね。必要な物は通わせる教室やチームによって違いはあるでしょうが、ここでは、比較的揃えておいた方が良いとされている物をちょっとご紹介してみますね。先ず、練習の時に持って行かせる物、使用する物なんですが、サッカーボールは、少年用で四号の物が一般的なようです。靴は、練習は運動靴でも良いでしょうが、専用の靴を用意出来るならばしておきたいですね。そして、良く持たせ忘れるのが、すね当てのようですね。これは、怪我の防止として重要な物ですので、忘れないで持たせてあげると良いでしょう。それに、ストッキングなんですね。これは、練習なら、すね当てさえ隠れるなら長めの靴下でも良いかも・・・。ウェアは、練習なら気候に合った動きやすい物で大丈夫でしょうが、もしもの為に、防寒具や雨具を用意しておくと良いかもしれませんね。

そして、タオルや着替えは、常にバッグに入れておいてあげて下さいね。そうそう、水筒も忘れずに持たせましょう。重くて可哀想に思うかもしれませんが、暑くなると、思っている以上に汗をかき、水分補給が必須になるので、少なくても1ℓは入れられる水筒を購入しておきたいものです。そして、これらのうち、身につけない物が全部入れられるリュックやカバンが必要ですよね。出来るだけ大きめの物がお薦めです。それと、有ると便利な物としては、ゴミ袋数枚、ティッシュ、カイロなどなんですね。これに加えて、試合用には、スパイクやユニフォーム、ストッキング止め、アンクルガードなども必要ですよね。細かな事は、コーチ等から説明を受けると思うんですが、大体はこんな感じなんですが、参考になるでしょうか。

楽天で見る⇒少年サッカー

関連記事
少年サッカーとフットサルって?
少年サッカーに関する書籍って?
少年サッカーのDVD?
少年サッカーでの合宿って?
少年サッカーのルールって?
全日本少年サッカー大会って?
少年サッカーチームって?
少年サッカーの練習って?
少年サッカーの指導って?
少年サッカーのトレーニングって?
少年サッカーって?

スポンサードリンク


少年サッカーのルールって?

少年サッカーのルールって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。少年サッカーは、基本的には、大人がプレーする場合のルールと同じ仕組みで、構成やプレイされているようです。ですが、大人と比べると、やはり、子供は身体が小さいですし、体力的な面にも配慮すると、まったく同じでは厳しいところがあるようですよね。16歳以下の試合では、きちんとした規定等が設定されていないようなので、全ての試合においてそうだという訳ではないようですが、全国少年サッカー選手権のような公式戦の場合ですと、タッチラインやゴールラインの長さを短く設定されているようですね。

他にも、ペナルティーエリアやゴールエリア、センターサークルやペナルティーアーク、ペナルティーマークからゴールラインまでの長さ等も、短めに設定されているようですし、ゴールにおいても、長さ5m・高さ2mと、ともに大人の物よりも小さくなっているるようですね。ボールも5号球から4号球に変更されているようですし、周囲が62cm〜65cmに、重さが300g〜350gとなっているようです。それに、競技時間も少年サッカーでは、大学生以上の場合が45分ハーフなのに比べ、15分ハーフや20分ハーフの場合が多いようで、選手にかかる負担がかなり軽くなっているようですね。その他にも、水分補給タイムの導入やプレイ時間の短縮、柔軟な交代対応等など、細かい点でも子供という事に配慮し、規定に違いをもたせたりと、様々な面で工夫が凝らされているようですね。このような内容について、もっときちんと知りたい方は、詳しい説明がホームページ上に解りやすく記載されているようなので、それらを参考になさってみてはいかがでしょうか。

楽天で見る⇒少年サッカー ルール

関連記事
少年サッカーとフットサルって?
少年サッカーに関する書籍って?
少年サッカーのDVD?
少年サッカーでの合宿って?
少年サッカーの用具って?
全日本少年サッカー大会って?
少年サッカーチームって?
少年サッカーの練習って?
少年サッカーの指導って?
少年サッカーのトレーニングって?
少年サッカーって?

スポンサードリンク


全日本少年サッカー大会って?

全日本少年サッカー大会って、毎年行われている大会のようですよね。参加資格は、大会が実施される年度に、所属する各都道府県サッカー協会に登録したチームであり、きちんとした活動実績があり、チームに登録された選手で、登録選手証を持っている選手が出場出来るようです。大会実施期間に、選手が違う登録チームに移籍した場合には、その期間は大会に出場する事は出来ない、っていう決まりになっているようですね。各都道府県での大会を勝ち進んで、代表に選ばれた各一チームずつ計47チームと、前年度の優勝した都道府県の一チームとの、合計48チームで対戦する事になるようです。

試合時間は、全試合とも20分ハーフで行うようです。一次リーグとして、全48チームを6チームずつの8グループに分けて、三日間で総当たり戦を行うようですね。つまり、一日二試合行う事になるんですね。その試合で、勝てば三点、引き分けだと両チームに一点ずつ、負けは0点として計算し、勝ち点の多い上位16チームが決勝リーグに進めるようです。決勝リーグではトーナメント式で行い、勝ったら次の試合に進め、負けたら終わりのようです。又、決勝戦では、同点の場合、5分ハーフの延長戦を行います。それでも決まらなかった場合は、PK合戦で優勝チームが決まるようです。全日程一週間で、都道府県代表である48チームの頂点が決まるわけです。この大会では、優勝チームは、勿論表彰されるんですが、他にも、フェアプレー賞や敢闘賞、努力賞、グッドマナー賞の四つの賞があるようですね。優勝を逃しても、こういった各賞をもらえるように、日頃から練習に励みたいですよね。

楽天で見る⇒少年サッカー

関連記事
少年サッカーとフットサルって?
少年サッカーに関する書籍って?
少年サッカーのDVD?
少年サッカーでの合宿って?
少年サッカーの用具って?
少年サッカーのルールって?
少年サッカーチームって?
少年サッカーの練習って?
少年サッカーの指導って?
少年サッカーのトレーニングって?
少年サッカーって?

スポンサードリンク


少年サッカーチームって?

少年サッカーチームって、大きく分けると、三つのタイプに分けられるようですね。先ず一つ目は、学校の校区範囲での地域ごとのチームです。この場合は、練習場所は学校の校庭や、近くのグラウンドになるでしょうから、気軽に参加出来るメリットがありますよね。それに、グラウンド代などは、安価か、又は無料になるでしょうから、月謝などは安くすむのでは・・・。ですが、指導者のレベルが低い場合があるので、その点は良く確認した方が良いかもしれませんね。次に二つ目なんですが、Jリーグの配下にあるクラブチームで、Jリーガーと同じ練習場で練習出来たり、もしかしたら、現役選手との交流なども、ある場合もあるようです。そうなると、必然的に月謝は高くなるようです。勿論、指導者もレベルが高く、練習方針も安定してるので安心出来ますよね。しかし、こういったクラブチームは、誰でも入団出来るわけではなく、入団テストがあるようですよね。

三つ目なんですが、練習を目的としたサッカースクールなんですよね。ここは、クラブチームの子供達が、自分の技術を向上させる為、クラブチームと並行して通う場合が多いようです。練習を目的としているので、他チームとの練習試合などは無いようです。活動日は、平日の夜に行っている場合が多いようなので、クラブチームとサッカースクールと、二つ通う事が可能になるようですね。勿論、指導者のレベルはクラブチームと同等なので、月謝などもクラブチームと同額位になるようですね。自分の技術に合ったサッカーチームを選べると良いですね。

楽天で見る⇒少年サッカー

関連記事
少年サッカーとフットサルって?
少年サッカーに関する書籍って?
少年サッカーのDVD?
少年サッカーでの合宿って?
少年サッカーの用具って?
少年サッカーのルールって?
全日本少年サッカー大会って?
少年サッカーの練習って?
少年サッカーの指導って?
少年サッカーのトレーニングって?
少年サッカーって?

スポンサードリンク


少年サッカーの練習って?

少年サッカーの練習って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。小学生のサッカーの練習に一番必要な事って、ボールに慣れ親しむ事なのでは・・・。ボールに触れる機会をたくさん作り、ボールと仲良くさせる事が大切なようですよね。体力を養ったり、筋肉を鍛えたりする事は、この時期ではなく、少年サッカーを卒業してからでも遅くはないかもしれませんよね。それに、各選手に見合った練習をする事も大切なんですよね。様々な媒体から練習方法を見付けてくるのは良い事なんですが、それが必ずしも全員に当てはまるかどうかは分かりません。いろいろと試してみる必要はあるでしょうが、選手達がまだ未熟で、その練習方法では難しかったり、その逆で、選手達には物足りない練習方法かもしれません。それを指導者は見極めて、練習方法を考える必要があるでしょうね。

子供は、叱るだけでは分からないようです。試合中などに、もっと前に蹴れ!!とか、何で、そこで蹴らない!!とか、怒っているだけの指導者や保護者が多くいるようですよね。それでは、子供は分からないようです。もし、何を怒られているのか分からないままになってしまうと、結局その次の試合でも同じミスを繰り返してしまったり、怒られたくないので、思いっきりプレー出来ない、な〜んて事にもなりかねません。なので、こういった場合は、試合中に怒鳴るのではなくって、注意点を何かに書き留めておいて、試合後や次の練習の時に、きちんと何が悪かったのか理由を説明して、同じミスを繰り返さないように練習メニューを考える必要があるでしょうね。

楽天で見る⇒少年サッカー

関連記事
少年サッカーとフットサルって?
少年サッカーに関する書籍って?
少年サッカーのDVD?
少年サッカーでの合宿って?
少年サッカーの用具って?
少年サッカーのルールって?
全日本少年サッカー大会って?
少年サッカーチームって?
少年サッカーの指導って?
少年サッカーのトレーニングって?
少年サッカーって?

スポンサードリンク


少年サッカーの指導って?

少年サッカーの指導って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。少年サッカーの指導者は、様々な立場の方がいらっしゃるでしょうね。例えば、子供がサッカークラブに入団して、多少サッカーの経験が有るお父さんが、指導を頼まれる場合です。この場合は、もちろん無資格でしょうね。資格を持った指導者がいないから、無資格のお父さんコーチが指導しているのは、仕方の無いことだと思われます。が、このお父さんコーチは、どうしても自分の子供には強い口調で注意してしまいがちでしょうね。そうなると、他の子供達は、不公平感を感じてしまうかもしれないですね。それに、お父さんコーチは、自分の子供がやめてしまったり、子供が小学校を卒業したから少年サッカーも卒業する時は、お父さんコーチも連動してやめてしまうのでは・・・。そうなると、新たなお父さんコーチを探す事になるでしょうが、前任の指導方法と違っていたら、子供達もとまどってしまうかもしれません。

そうなってしまわないように、資格を持った指導者が、一つの指導方針の基、子供達に指導して行った方が、子供達もとまどう事なく練習に励めるのでは・・・。この指導者資格と言うのは、6段階あるようで、少年サッカークラスの指導者資格ならば、D級ライセンスで良いでしょう。これは、二日間の講習と実技を受ければ取得出来るようで、12歳以下の子供達に指導出来る資格のようですね。そのランクの下には、キッズリーダーというランクもあるようです。半日だけの講習と実技で取得出来るようですが、こちらは10歳以下の子供達にしか指導出来ない資格のようですので、注意が必要なようですね。

楽天で見る⇒少年サッカー

関連記事
少年サッカーとフットサルって?
少年サッカーに関する書籍って?
少年サッカーのDVD?
少年サッカーでの合宿って?
少年サッカーの用具って?
少年サッカーのルールって?
全日本少年サッカー大会って?
少年サッカーチームって?
少年サッカーの練習って?
少年サッカーのトレーニングって?
少年サッカーって?

スポンサードリンク