スキューバダイビングのCカードは沖縄?それとも近所のスポーツクラブで取る?

スキューバダイビングのCカードは沖縄?それとも近所のスポーツクラブで取る?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。Cカードって言うのは、ダイビング指導団体が発行しているスキューバダイビングの認定証の事なんです。このCカードを取るのには、沖縄や海外等のリゾート地で取得する方法と、近所のダイビングショップやスポーツクラブ等で取得する方法があるようですね。では、どちらが良いんでしょう。先ず、沖縄等のリゾート地で取得する場合なんですが、何と言っても海が綺麗ですよね。綺麗な海で講習を受けられると、気分も盛り上がり、やる気が出てくるのでは・・・。それに、短期集中で取得出来るようなので、忙しくてあまり時間が取れない方にはもってこいなのでは・・・。旅行気分を味わいながら、Cカードが取得出来るのでお得感もありますよね。でも、最初に潜る海があんまり綺麗だと、それ以下の海に潜る気がしなくなってしまうというデメリットがあるかも・・・。更に、短期間での講習になるので天候に左右されやすく、不合格になった場合に、講習の続きを受けるのが不便になってしまうという事も・・・。

一方、近所のスポーツクラブ等で取得する場合はどうでしょうか。この場合、講習等を受けるのに、仕事帰り等の時間に受ける事が出来るので便利ですよね。海での実習では、クラブで移動するようなので、車が無い方でも安心ですね。又、一人で参加しても、比較的友達が出来やすいでしょうね。近くにスキューバダイビング出来る友達が出来れば、Cカードを取得した後、一緒にスキューバダイビング旅行等に行く事も出来るのでは・・・。どちらの取得方法があなたにより合っているか、よく考えてから申込むと良いですね。

楽天で見る⇒スキューバダイビング

関連記事
スキューバダイビングの器材の手入れって?
スキューバダイビングの器材は?
スキューバダイビングをするのに必要な費用って?
スキューバダイビングに必要な物って?
スキューバダイビングの向かない人って?

スポンサードリンク


スキューバダイビングの器材の手入れって?

スキューバダイビングの器材の手入れって?と、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。海水に浸かったスキューバダイビングの器材を、手入れもせずにそのままの状態で放置しておけば、金属部分が錆びてしまう事でしょう。又、ファスナー等の動く部分は錆びて動かなくなってしまうはず・・・。それを無理に動かす事によって、破損してしまう場合もあるでしょうね。そのような事がないように、使用した後は必ずお手入れをして下さいね。

スキューバダイビングで使用した器具は、必ず真水で洗うと良いようですね。現地では、隅から隅まで洗うのは困難かもしれませんが、そのような場合でも、なるべくすぐに洗うようにしましょう。特に、ダイビングスーツの表面に付着した塩分が結晶化してしまうと、洗っても取れなくなってしまうようですので、注意が必要なようですよ。そして、家に帰った後、再度真水で洗います。出来れば、浴槽等に真水を張り、スキューバダイビング器材を浸けて一晩置いてから水洗いをすると良いかも・・・。ダイビング器材の手入れは、とにかく塩抜きが大切になるようです。水洗いをした後は、何となく日に当てて乾燥したくなるかもしれませんが、それは良くないようで、日陰の風通しの良い場所に干すのがベストなようです。陰干しを十分に行い、水分が残らないように乾かしたら手入れ完了です。ダイビング器材は、その器材によって、きちんとした手入れのやり方があるようです。BCやレギュレータは、取扱説明書を良く読み、それに従って水洗いをして下さい。レギュレータは、内部に水が入ってしまうと、故障の原因にもなってしまうようですので、気を付けなければいけないようですね。手入れをきちんとすれば、長く使えますし、安全にも繋がりますよね。

楽天で見る⇒スキューバダイビング 器材

関連記事
スキューバダイビングのCカードは沖縄?それとも近所のスポーツクラブで取る?
スキューバダイビングの器材は?
スキューバダイビングをするのに必要な費用って?
スキューバダイビングに必要な物って?
スキューバダイビングの向かない人って?

スポンサードリンク


スキューバダイビングの器材は?

スキューバダイビングの器材は?って、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。ダイビングを毎年やろうとは思うけど、夏休みに一回位潜れれば良いかなとか、海外の海で潜りたいなんて考えているのであれば、購入は考えずにフルレンタルか軽器材だけの購入で十分かも・・・。勿論、全ての器材を購入しても良いんですが、お手入れも大変なようですので、費用に余裕があっても購入するかどうかは慎重に考えた方が良いかも・・・。ダイビングショップで講習を受けてCカードを取得した場合、ほぼ確実に器材の購入を勧められるようです。お店では、それで収入を得ているようですし、購入を勧められる事はある程度仕方のない事でしょう。ですが、あまりにもしつこい勧誘をするショップは要注意のようですね。

又、講習費用がとても安いショップも注意した方が良いかもしれませんね。安さにつられてダイビング講習を受けた方に、法外な値段でダイビング器材を売り付けるというケースもあるようです。ダイビング講習を受けるという事は、ダイビング初心者ですよね。初心者の方は、どうしても器材の購入を強く勧められると、必要なのかもしれないと思ってしまいがちかも・・・。それに、相場がよく分からない事が多いようなので、他のショップよりも高くても気が付かないで買ってしまうようですが・・・。そんな悪徳ショップにひっかからない為にも、ダイビング講習を申込む前に口コミを確認したり、購入の前にダイビング器材の相場等を調べるなどの慎重さは必要でしょうね。もし、しつこく勧められても、その場では絶対に返事をしないようにし、法外な値段だと思ったら断る勇気も大切なようですね。

楽天で見る⇒スキューバダイビング 器材

関連記事
スキューバダイビングのCカードは沖縄?それとも近所のスポーツクラブで取る?
スキューバダイビングの器材の手入れって?
スキューバダイビングをするのに必要な費用って?
スキューバダイビングに必要な物って?
スキューバダイビングの向かない人って?

スポンサードリンク


スキューバダイビングをするのに必要な費用って?

スキューバダイビングをするのに必要な費用って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。スキューバダイビングをする為には、先ず、ライセンスを取る事が推奨されているようですね。このライセンスは、民間団体が発行しているもののようなので、公的な免許ではないようですが、このライセンスを取得する為に、勿論、費用が掛かるようです。学科講習やダイビング専用のプールでの練習、実際の海での実習、テキスト代、保険料等が必要なようです。この料金は、ダイビングスクールによって様々なようです。実際の海での実習を受けなくてはいけないようなので、住んでいる所が海から遠い場合は、交通費や宿泊代も掛かるかも・・・。大体の相場としては、五万円位は掛かると思っていた方が良いようですね。

ダイビングに必要な器材は全て無料貸し出しとか、ショップやスクールによってサービスは色々あるようですから、何が料金に含まれていて、何が含まれていないのか、ライセンスを取れるところをいくつか比較して検討すると良いかもしれません。ライセンスを取った後は、あちこちの海を潜ってダイビングを楽しんでいくわけですが、その時に必要な器材等もありますよね。それら全てを自分用として購入すると、かなりの費用になってしまいます。先ずは、ダイビングに慣れる事から始めた方が良いですね。ある程度慣れてからじゃないと、どんな器材が自分に合っているかも分かりません。最初のうちは、ダイビング器材をレンタルして、ダイビング経験を積んでいきながら、より必要だと思うものから順番に揃えていけば良いでしょうね。

楽天で見る⇒スキューバダイビング

関連記事
スキューバダイビングのCカードは沖縄?それとも近所のスポーツクラブで取る?
スキューバダイビングの器材の手入れって?
スキューバダイビングの器材は?
スキューバダイビングに必要な物って?
スキューバダイビングの向かない人って?

スポンサードリンク


スキューバダイビングに必要な物って?

スキューバダイビングに必要な物って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。スキューバダイビングは、魚のように海の中を呼吸をしながら潜水する事なんですが、海の中を呼吸をしながら進むんですから、勿論、酸素ボンベが必要になりますよね。では、その他に、何が必要なんでしょう。先ず、酸素ボンベと口を繋ぐ為のレギュレーターというものがあるようですね。レギュレーターは、自分用ともう一つ、レスキュー用に付けるようになっているようです。スキューバダイビングでは、一緒に潜る方の酸素ボンベに、何らかの原因で異常が起きて、呼吸が出来なくなってしまう事もあるようですね。その時は、自分の酸素ボンベから空気を分けてレスキューしなくてはいけないようですよね。

他に必要なものとしては、コンパスやウエイト、ウエイトを入れるウエイトベルト等があるようです。ウエイトは、深く潜る為には必要不可欠なもののようですね。それから、忘れてはならないのがウエットスーツですね。海の水は冷たいですから、身体を保温する為にもウエットスーツは絶対に必要になるでしょうね。それに、水中での視界を良くする為の水中マスクや、少しの力でたくさん進む事が出来る足ひれ、水面での呼吸用にスノーケル等も要りますね。足を守るブーツもありますし、救命胴衣のBCも必要かも・・・。このように、スキューバダイビングをする為には、いろいろな道具が必要になるようですね。ただ、とっても頻繁に潜る方は全て揃えた方が良いかもしれませんが、年に数回潜る程度なら、レンタルを活用すると良いかもしれませんね。

楽天で見る⇒スキューバダイビング レギュレーター

関連記事
スキューバダイビングのCカードは沖縄?それとも近所のスポーツクラブで取る?
スキューバダイビングの器材の手入れって?
スキューバダイビングの器材は?
スキューバダイビングをするのに必要な費用って?
スキューバダイビングの向かない人って?

スポンサードリンク


スキューバダイビングの向かない人って?

スキューバダイビングの向かない人って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。スキューバダイビングは、やはり、水が怖い方には向いていないようですね。ですが、どうしてもスキューバダイビングがしたいという気持ちがあれば、出来ない事もないようですよ。実際に、スキューバダイビングがきっかけで、水への恐怖心が無くなったり、泳げるようになったという方もいらっしゃるようです。ただ、あなたの水への恐怖心がどの程度かにもよるようですので、先ずは、ダイビング教室の無料体験等から始めてみると良いかもしれませんね。

身体的な面では、ウォーキングやジョギング等が出来る健康な身体の持ち主ならば、まず大丈夫なようです。でも、歩くだけで息が上がったりするようなら、医師に相談した方が良いかも・・・。循環器系、呼吸器系、耳鼻科系、神経系に病気を持っている方は、スキューバダイビングには向かないようです。妊娠中にもスキューバダイビングは出来ないようなので、妊娠の可能性がある場合は避けた方が良いようです。バセドウ病や喘息、心臓病、肺気腫、慢性気管支炎等の場合も、医師に相談する必要があるようです。でも、スキューバダイビングに関して詳しい知識を持った医師は、あまりいないかも・・・。ですから、医師に相談したい場合には、ダイビングの指導団体等に問い合わせをして、ダイビングに関して詳しい知識を持った医師を紹介してもらうのが確実かもしれませんね。又、スキューバダイビングは、一歩間違えば命に関わるようですから、いくら健康でも、ルールやマナー、インストラクターの指示を守れない方は、スキューバダイビングには向いていないでしょうね。

楽天で見る⇒スキューバダイビング

関連記事
スキューバダイビングのCカードは沖縄?それとも近所のスポーツクラブで取る?
スキューバダイビングの器材の手入れって?
スキューバダイビングの器材は?
スキューバダイビングをするのに必要な費用って?
スキューバダイビングに必要な物って?

スポンサードリンク