泳げなくてもサーフィンは出来るの?

泳げなくてもサーフィンは出来るの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。サーフィンは、波打ち際で行う分には泳げなくても出来るかもしれませんね。しかし、本格的にサーフィンを行うならば、全く泳げないとなるとかなりのハンデとなり、危険を伴うのでお勧めは出来ませんね。サーフィンは、沖に出る時にサーフボードに腹ばいになり、クロールのように手を動かすパドリングという動作で海の上を移動するんですよね。その為には、クロールの泳ぎの基本が必要となるようです。それに、海は危険がいっぱいで、泳ぎが達者な方でも海で波にさらわれてしまったり、事故を起こす事も多くあるようです。トラブルが起こった時に泳げないと命の危険もありますし、また周りの方にも迷惑を掛けてしまう事になるのでは・・・。

又、沖では足がつかない深さになっているんですよね。海に投げ出された時にパニックにならないようにする為にも、やはりある程度は泳げた方が良いようです。全く泳げないという方が本格的にサーフィンをやろうと思ったら、先ずは海よりも安全なプールで泳ぎの練習をして下さい。そして、泳ぎの練習と並行してサーフィンのスクールへ行くと良いかも・・・。スクールに通うと、インストラクターが付いてくれて、安全な場所でサーフィンの基礎を練習出来ます。もし、あまり泳げない方がサーフィンを行う場合は、波打ち際であっても、必ずライフジャケットを着用する事をお勧めします。出来れば、泳げる方と一緒だと、より安心でしょうね。

楽天で見る⇒サーフィン

関連記事
平泳ぎの泳ぎ方は?ポイントは?
クロールの泳ぎ方って?ポイントは?
かなづち克服のだるま浮き?
かなづち克服の為、ビート板でバタ足の練習?
泳げない理由や原因って?

スポンサードリンク


平泳ぎの泳ぎ方は?ポイントは?

平泳ぎの泳ぎ方は?ポイントは?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。平泳ぎって言うのは、独特の動きをしないといけないようで、泳ぎの中で一番難しい泳ぎ方と言われているようですね。ポイントを押さえて上手く泳がないと、バランスがとれなかったり、前に進まなかったりして沈んでしまう事もあるようなので注意しましょうね。平泳ぎの泳ぎ方って、手と足の動きがばらばらのようですよね。ですから、先ずは足の動きから練習してみて下さい。

平泳ぎの足の動きを練習する時は、ビート板を利用して、しっかりと水を蹴って伸びる感覚を身に付ける事が重要なようです。平泳ぎの足の動きは、膝を開き、かかとをお尻に引き寄せる一つ目の動作と、弧を描きながら足の裏で後ろに水を蹴りだす二つ目の動作となっているようです。足の動きのポイントは、足の裏でしっかり水を蹴った後に、両足を揃えてまっすぐに伸びる事なようです。足の動きが出来るようになったら、次は手の動きですよね。手は先ず、まっすぐに伸ばした状態から肩幅辺りまで水をかきながら開きます。そして、身体の横の水をかきながら肘を曲げ、脇をしめ、胸の前に手の平を合わせるように持ってきます。脇をしめ、水をかく時に頭を上げ、息継ぎをしてみましょう。その後、水に顔を付けながら腕をしっかりと前に伸ばします。この時に、手が水面に出てしまわないように気を付けながら伸ばしていきます。手の動きはなるべく大きく、腕全体を使って水をしっかりとかく事がポイントなようですね。手と足の動きを合わせ、水をかき、水を蹴り、しっかりと伸びる事で、平泳ぎで上手に泳ぐ事が出来るでしょう。

楽天で見る⇒平泳ぎ

関連記事
泳げなくてもサーフィンは出来るの?
クロールの泳ぎ方って?ポイントは?
かなづち克服のだるま浮き?
かなづち克服の為、ビート板でバタ足の練習?
泳げない理由や原因って?

スポンサードリンク


クロールの泳ぎ方って?ポイントは?

クロールの泳ぎ方って?ポイントは?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。クロールは泳ぎの基本のようで、殆どの方が初めて覚える泳ぎ方と言えるかも・・・。クロールって言うのは、バタ足に加えて腕を回す事で水をかき、泳いでいく泳法のようですよね。ポイントをおさえれば、かなづちを克服してクロールで泳ぐ事が出来るかもしれませんよ。バタ足は、足首を伸ばし、足の甲で水を蹴ります。足首に力を入れず、柔軟にしておく事がポイントとなるようです。それに、足を動かす時は、太ももの付け根からしっかりと動かしましょう。クロールでは、バタ足を正しく行って、しっかりとキックする事が上手な泳ぎやスピードアップに繋がるようですね。

クロールの手の動きには、三種類の動かし方が有ると言われているようです。初めてクロールを行う方は、先ず、基本となるストレートという動かし方を覚えると良いようです。ストレートは、太ももの横まで一気に手を回し、水を押します。この時に、なるべく身体から遠いところを通るように大きく腕を回し、水を押しましょう。次に、水から腕を上げます。上に肘を引き、上げるようにしつつ、肩を大きく回し、手を前にもっていきます。この動作を交互に行うと、ストレートの手の動きとなるようですよ。又、息継ぎは、息継ぎをしやすい方の手をかき始める時に顔を横に向け、息継ぎを行うようです。脇を見るように顔を上げると、無駄なく楽に息継ぎをする事が出来るようです。手の動作を行う時に、バタ足が止まってしまわないように、息継ぎの時に、身体が捻じれてしまわないようにまっすぐを心掛けると、上手にクロールで泳ぐ事が出来るようになるようですね。頑張ってみて下さいね。

楽天で見る⇒クロール 泳ぎ方

関連記事
泳げなくてもサーフィンは出来るの?
平泳ぎの泳ぎ方は?ポイントは?
かなづち克服のだるま浮き?
かなづち克服の為、ビート板でバタ足の練習?
泳げない理由や原因って?

スポンサードリンク


かなづち克服のだるま浮き?

かなづち克服のだるま浮き?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。海やプールでは、かなづちで泳げないよりも、やはり自分の力で泳げた方が楽しいですよね。かなづちの方の多くは、水が恐いと感じているようです。なので、かなづちを克服する為の第一歩は、先ず、水に慣れる事だと言えるようです。水への恐怖心を取り除いて、水に浮くという事を覚えると良いでしょう。その為の練習として、だるま浮きが出来るようになると良いようですよ。だるま浮きって言うのは、水に顔をつけ、頭まで潜れるようになってから行う水に浮かぶ練習のようですね。

このだるま浮きは、名前の通り、だるまのように膝を抱えて丸くなって、顔を水に付けたまま浮かぶというもののようです。一見、簡単なように見えるんですが、順序良くだるま浮きの体勢をとらないとバランスを崩してしまうようなので、だるま浮きの順序を覚えて挑戦してみましょう。だるま浮きは、先ず、水中に立った状態から顔を付け、上半身を倒していきます。この時に、たくさん息を吸って止める事がポイントなようです。その後、両足を胸に引き寄せて腕で抱えます。両足を抱える時に、リラックスして身体の力を抜くと、自然に浮かぶ事が出来るようです。これがだるま浮きのようですね。顔を付けていますし、足も地面から離れているので、最初は不安感があるかもしれませんが、身体に力を入れない限り沈む事はないようですね。この状態で自分の身体が水に浮く事を実感し、浮くという感覚を身体で掴み、だるま浮きが出来るようになれば、かなづち克服まではあと一息のようですね。

楽天で見る⇒水泳

関連記事
泳げなくてもサーフィンは出来るの?
平泳ぎの泳ぎ方は?ポイントは?
クロールの泳ぎ方って?ポイントは?
かなづち克服の為、ビート板でバタ足の練習?
泳げない理由や原因って?

スポンサードリンク


かなづち克服の為、ビート板でバタ足の練習?

かなづち克服の為、ビート板でバタ足の練習?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。ビート板でバタ足の練習をすると、泳ぐ時の足の動きの基本の練習が出来るようですよね。ビート板を使う事で、上半身が浮く事が出来るようなので、泳げないかなづちの方でもバタ足の練習が出来るようです。ビート板で練習を行う場合は、先ずビート板に腕を乗せ、ビート板の先を持ちましょう。この時に気を付けなければならない事は、ビート板に置いた腕をしっかりと伸ばす事なようです。腕を伸ばしたらビート板にあごを乗せ、リラックスして身体をまっすぐにして、水面に浮くように意識してみましょう。但し、ビート板を持つ手や腕に力が入ってしまうと、バランスを崩してしまう可能性があるようですのでご注意下さいね。そして、身体がまっすぐになったら、膝を曲げないように太ももの付け根から交互に動かしてバタ足をします。足や身体、腕や手首に力を入れないようにし、しっかりと水を蹴ると前に進んで行くようですよ。

バタ足の方法やポイントを確認したら、下半身を沈めないように、先ずは10メートルです。その後、徐々に距離を延ばしていきましょう。25メートルが泳げるようになったら、次はビート板の上に腕を置かず、ビート板の端をもって顔を付けながらバタ足をしてみましょう。息が続くだけ顔を付け、苦しくなったら顔を上げて息継ぎをし、これを繰り返すと良いようです。息継ぎの時に、バタ足を止めないようにしっかりと水をキックする事がポイントなようです。ビート板でのバタ足練習をする事で、泳ぐという感覚を身に付ける事が出来るでしょう。早くかなづちが克服出来ると良いですね。

楽天で見る⇒ビート板

関連記事
泳げなくてもサーフィンは出来るの?
平泳ぎの泳ぎ方は?ポイントは?
クロールの泳ぎ方って?ポイントは?
かなづち克服のだるま浮き?
泳げない理由や原因って?

スポンサードリンク


泳げない理由や原因って?

泳げない理由や原因って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。泳げない方には、必ず理由や原因があるものです。実は、人間って、肺に空気が入る事で浮き袋となり、浮く事が出来るようですね。ですが、泳ぎとなると、泳ぎ方を覚えなくてはいけませんよね。泳ぎ方が分からないのに、無理に泳ごうと頑張ってしまうと身体に力が入ってしまい、身体が緊張してしまう為に沈んでしまうようですね。又、一度沈む経験をしてしまうと、やはり、恐怖心が付いてしまうようで、更に身体を緊張させてしまい、泳げなくなってしまうようです。ですから、泳げない理由や原因の大半は、この恐怖心にあると言えるのかもしれませんね。

水が顔に付く事が嫌いではありませんか?水圧に息苦しさを感じたりは?水の中にいる事で不安感を抱いたりしません?これらの事があると、水に対する恐怖心を煽ってしまい、泳ぎの時に障害となってしまうようです。なので、先ずは、恐怖心に勝つ為にも、泳ぐ前に水に慣れるところから始めてみると良いのでは・・・。又、泳げない理由には、正しい泳ぎ方を知らないという事もあるのでは・・・。例えば、基本となるバタ足で膝は伸びていますか?身体は水面となるべく平行になるように浮いています?バタ足は、足で水を蹴る事で前に進むんですよね。膝が曲がっていたり、身体が曲がっていたり、足が沈んでいたりすると、上手く水を押して前へ進む事が出来ず、泳げないという事になってしまうようですね。浮いたり水に潜る事が出来るのに、泳ぐ事が出来ないという方は、原因が泳ぎ方に無いかを確認してみると良いかもしれませんね。

楽天で見る⇒水泳

関連記事
泳げなくてもサーフィンは出来るの?
平泳ぎの泳ぎ方は?ポイントは?
クロールの泳ぎ方って?ポイントは?
かなづち克服のだるま浮き?
かなづち克服の為、ビート板でバタ足の練習?

スポンサードリンク