バッティングで必要な筋肉?

バッティングで必要な筋肉?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、バッティングで必要な筋肉って、
どこの筋肉なんでしょうね?

身も蓋もないことを言うなら、
全身の筋肉が必要なんでしょうけどね。

バッティングをする為には、
全身の力を連動させて打つ必要があるようですから、

ここの筋肉だけを鍛えればいい
ということにはならないのかも・・・。

ただ、その中でも、
より強化しておいた方が良い筋肉があるようですね。

先ずは、腕の筋肉なようです。

腕の筋肉は、バットを振っていれば
ある程度は鍛えられるようですが、

更に、腕立て伏せやバーベルを使った
筋トレなどで鍛えるのがいいかも・・・。

腕だけではなくって、手首の筋肉や
握力の強化も欠かさずにね。

又、腹筋と背筋、腰周りの筋肉を鍛えることで、
長打力へと繋がるかも・・・。

腹筋と背筋はバランス良く鍛えることも、
とっても大切なようです。

筋肉を鍛える為には、プロテインなども
上手に取り入れると良いようです。

それに、
チューブやダンベル等の道具を使うのも、

効率的に鍛える為には便利ようですね。

勿論、筋トレを行う場合には、正しいフォーム、
適切なやり方というものに拘って下さい。

自己流とか、何となくでやってしまうと、
かえって体に負担をかけ、

故障の原因になってしまうこともあるようですからね。

今、行っている筋トレが
どこの筋肉を強化しているものなのか、

このフォームで正しいのか、
常に意識しながら行う必要があるようです。

できれば、専門的なトレーナーに
正しい筋トレのやり方を教わり、

フォームをチェックしてもらう
というのが理想でしょうけどね。

楽天で見る⇒野球 筋トレ

関連記事
バッティングを効果的に練習?
バッティングで最も重要なのはタイミングの取り方?
バッティングで長打を打つには?
三振してしまうのはなぜなの?
ティーバッティングのコツ?

スポンサードリンク


バッティングを効果的に練習?

バッティングを効果的に練習?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

バッティングを効果的に練習する為には、
とにかく毎日練習することが大切なようですね。

感覚を忘れてしまわないように、
たとえ短時間しかできなくても、

バットを握って振ることが重要なようです。

できれば、毎日時間を決めて、
何があっても練習するというのが理想かも・・・。

バッティングの練習方法としては、
素振り、ティーバッティング、フリーバッティング
などがありますよね。

この中で、最も効果的な練習方法は、
何といってもフリーバッティングかも・・・。

投手が投げた球を打つというのが、
一番バッティングの練習になるでしょう。

ですが、そういう機会を継続して得る
というのはなかなか難しいですよね。

特に、野球チームでの練習の場合には、
一人あたりが打てる数が決まっていたりするはず・・・。

投手と一緒に毎日個人練習できるという人は、
とっても希で恵まれているといえるでしょう。

そんな機会が得られない人は、
バッティングセンターを利用すると良いかも・・・。

イチロー選手が子供の頃に
毎日バッティングセンターに通っていたことは、

とっても有名ですよね。

バッティングセンターでのバッティング練習も、
やり方次第ではバッティングの上達に役立つようです。

何も考えないでひたすら打つというのは、
お金と時間の無駄遣いになりますので、

その日ごとにテーマを決めて、
様々なコースの球を打てるようにしましょう。

立つ位置を変えたり、
あえてファールの練習をしたり、

打球を飛ばす方向を決めて打ち分けたりと、
できることはたくさんあるようですよ。。。。。

楽天で見る⇒野球 打ち方

関連記事
バッティングで必要な筋肉?
バッティングで最も重要なのはタイミングの取り方?
バッティングで長打を打つには?
三振してしまうのはなぜなの?
ティーバッティングのコツ?

スポンサードリンク


バッティングで最も重要なのはタイミングの取り方?

バッティングで最も重要なのはタイミングの取り方?
これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

バッティングのタイミングの取り方は、
バッティングで最も重要、

と言われることも多いようですね。

実は、タイミングの取り方次第では、
今まで全く打てなかったのに、

急に打てるようになったりもするようですね。

ですが、
バッティングのタイミングの取り方というのは、

本当に人それぞれ違いますよね。

例えば、イチロー選手は
足でタイミングを取ることで有名ですよね。

他にも、バッターによって、腕や手首、バットなど、
いろいろなタイミングの取り方があるようです。

腕と足でタイミングを取ったり、
ピッチャーによってタイミングの取り方を
変えるというバッターもいるようです。

なので、先ずは、
どんな方法でタイミングを取るのが、

一番自分にとって打ちやすいのか
模索してみてはいかがでしょう。

軸足の反対の足を動かすというのが、
よく使われているタイミングの取り方なようですが、

これが必ずしも
あなたにも合うとは限りませんよね。

バッティングの流れとしては、
打席に立って構えて、

ピッチャーが投球動作を始めたら、
ためてスイングしますよね。

でも、どのタイミングで、
ためなくてはいけないのかは、

スイングのスピードにもよるでしょうし、
ピッチャーの球速にもよるでしょう。

自分の打順がくる前に、予め、
脳内でシミュレーションしておくことも大切なようです。

自分にとって最も良いタイミングの
取り方をみつけることができれば、

安定した打率に繋がっていくはず・・・。

そして、できれば、
複数のタイミングの取り方を身につけて、

ピッチャーによって
使い分けるようにすると良いかもしれませんね。

楽天で見る⇒野球 打つ

関連記事
バッティングで必要な筋肉?
バッティングを効果的に練習?
バッティングで長打を打つには?
三振してしまうのはなぜなの?
ティーバッティングのコツ?

スポンサードリンク


バッティングで長打を打つには?

バッティングで長打を打つには?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、バッティングで長打を打つには、
上半身だけ、もしくは、手だけで打つのではなく、

全身で打つことが重要になるようですね。

体重をのせて、全ての力を打球にのせることで、
打球が遠くまで飛び、長打になるようです。

その為には、まず、バッティングフォームを
しっかりと固めることが大切なようです。

体を十分にひねって、下半身と上半身を
スムーズに連動させることが、

長打に繋がるようですね。

足腰を鍛える為に、走り込みをするのも、
長打力の強化に繋がるかも・・・。

それに、手首を鍛えること、
柔らかくすることも大切なようですね。

できれば、毎日、鏡の前で
回数を決めて素振りをして下さい。

その際に大切なのは、
素振りをする回数の多さではなくって、

精度になるようです。

つまり、やみくもにバットを振るのではなく、
一回ごとにちゃんとフォームを確認しながら振りましょう。

過剰で不適切な練習は、
腰などを痛める原因にもなるようですから、

練習方法やメニューには注意が必要なようです。

もし、体が小さくてなかなか長打が打てない
と悩んでいるのなら、

自分と同じ位の身長のプロ野球選手の
バッティングフォームを参考にしてみるのも良いようです。

例えば、イチロー選手や小笠原選手は
プロ野球選手としては小柄なようですが、

十分な長打力がありますよね。

体格的に恵まれていなかったとしても、
練習次第では長打を打てるようになるようです。

又、長打を打つ為には、ボールの芯に
バットを当てる必要もありますから、

実際にボールを打つバッティング練習も
欠かせないでしょうね。

楽天で見る⇒バッティング 長打

関連記事
バッティングで必要な筋肉?
バッティングを効果的に練習?
バッティングで最も重要なのはタイミングの取り方?
三振してしまうのはなぜなの?
ティーバッティングのコツ?

スポンサードリンク


三振してしまうのはなぜなの?

三振してしまうのはなぜなの?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、野球で三振してしまうのは、
どうしてなんでしょうね?

試合で毎打席が三振だと、バッターボックスに
立つのも憂鬱になってしまうかもしれませんよね。

三振してしまう理由として、一番に考えられるのは、
基礎がまだきちんと身に付いていないのかも・・・。

なので、バッティングフォームやスイングなどを
もう一度見直してみてはいかがでしょう。

自分でチェックするだけではなく、
どなたかに客観的に見てもらうのも良いですね。

それに、
バッティング練習も大切なようです。

飛んでくるボールを
バットに当てるだけでも大変なのに、

それを前方に飛ばさなくてはいけないんですから、
振り遅れるわけにはいきませんよね。

つまり、打つタイミングを掴めるようになるまで、
何度も繰り返し、練習する必要があるようです。

バッティングセンターなどに行くのも、
有効な方法の一つなようです。

もし、練習では打てるのに、
試合になると三振してしまうという場合には、

メンタル面が弱いのかもしれませんね。

緊張のあまり、
いつものように体が動かなかったり、

本来の力を出せなかったりするようです。

この場合には、
バッティング技術を磨くのと同時に、

メンタル面も強化する必要があるようです。

ただ、試合になると
練習よりも打てなくなるのは、

ごく普通のことなようです。

バッティング練習の際には、比較的、
打ちやすい球を投げてもらえることが
多いようですよね。

試合形式の練習を行っても、チームメイトですから
ピッチャーの投げる球に慣れてしまっていますよね。

でも、試合では殆どの場合は初めて見る球ですし、
相手のチームのバッテリーとの駆け引きもあります。

選球眼や配球を予測することなども、
必要になるようですね。

楽天で見る⇒野球 打つ

関連記事
バッティングで必要な筋肉?
バッティングを効果的に練習?
バッティングで最も重要なのはタイミングの取り方?
バッティングで長打を打つには?
ティーバッティングのコツ?

スポンサードリンク


ティーバッティングのコツ?

ティーバッティングのコツ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

バッティング練習の方法の一つに、
ティーバッティングがありますよね。

ですが、
ティーバッティングはやり方を間違えると、
逆効果になるとも言われているようですね。

では、どんなコツがあるんでしょう。

先ず、一つ目のコツなんですが、
誰かにトスをあげてもらう場合には、

トスを上げる位置を変えてもらうのが良いようです。

一般的な斜めからのトスだけだと、ともすれば
引っ張って打つ練習にもなりかねないようです。

なので、斜めだけではなくって、正面や後ろ、
真横など、様々な角度でトスを投げてもらいましょう。

安全性を考えるなら、
カラーボールやライトフライトボールなどの
柔らかくて軽いボールを使うのが良いかも・・・。

また、一人でバッティング練習をするのに便利な
トスマシンや組み立て式のスクリーンネットなども
売られているようですよね。

それに、トスを投げてもらう時には、
打ちやすい球ばかりを投げてもらわない
ということも大切なようですね。

低めや高め、ストライクゾーンギリギリと、
あちこちに投げてもらうことで、

ミートポイントを掴む練習になるようですよ。

二つ目のコツとしては、
一般的な方法に拘らないことなようですね。

例えば、細い棒を使って片手で打つ方法や、
バドミントンのシャトルを使う
ティーバッティングの方法もあるようです。

スタンドティーを使った置きティーバッティングも、
フォームやスイングを確認したり、

球を打つ感覚を掴むのに有効かも・・・。

いずれにしても、やみくもにただ打つのではなく、
練習の目的や注意点などをしっかりと意識して
行うことが大切になるようですね。

楽天で見る⇒野球 ティーバッティング

関連記事
バッティングで必要な筋肉?
バッティングを効果的に練習?
バッティングで最も重要なのはタイミングの取り方?
バッティングで長打を打つには?
三振してしまうのはなぜなの?

スポンサードリンク


バッティングのタイミングの取り方?

バッティングのタイミングの取り方?
これって、気になってる方もいらっしゃるかも・・・。

バッティングで一番難しいのは、
やはりバットにボールを当てることと、

当てたボールを思ったように飛ばす
ということでしょうか。

最近では、
少年野球でも変化球が見られますよね。

それに、豪速球投手の球などは、
ボールが投げられてから自分のところに
届くまでに一秒もないようですから、

そのボールにバットを当てるというのは
簡単なことではないですよね。

では、どのようにタイミングを
計れば良いんでしょう。

バッティング練習の場合には、
基本的には打ちやすい球が飛んでくるので、

先ずは、打ちやすい球で
タイミングを取る練習をします。

ピッチャーやマシンの構えや動きから、
ボールが投げられるまでのタイミングと、

投げられてから手元に届くまでのタイミングを計り、
それに合わせて自分のスイングをするんですよね。

その時に、ピッチャーが、
どの動きの時に足を上げて体の重心を動かすか。

どの動きの時にテイクバックするか
を身体で覚えていくんですよね。

バッティング練習では、比較的、
そのタイミングが計りやすいようですから、

時々ボールのスピードを変えてもらったりして、
タイミングを合わせる練習をすると良いかも・・・。

本番の時には、そんな練習はないでしょうし、
自分に都合の良いように投げてくれるはずもありませんよね。

ですから、本番の時には、
直接相手ピッチャーのボールスピードを自分で確認しながら、

次にどんなボールを投げてくるかを予測して、
タイミングを取ることになるんですよね。

楽天で見る⇒野球 打つ

関連記事
バッティングで必要な筋肉?
バッティングを効果的に練習?
バッティングで最も重要なのはタイミングの取り方?
バッティングで長打を打つには?
三振してしまうのはなぜなの?
ティーバッティングのコツ?
バッティングのテイクバックのコツ?
バッティングでのスイングのコツ?
バッティングの構え方?
バッターボックスでの立ち方?
バッティングの基本?
タオルを使った素振りの練習法って?
テイクバック時のポイントって?
フライを狙って打つには?
ゴロを狙って打つには?
インコースの打ち方って?
アウトコースの打ち方って?

スポンサードリンク


バッティングのテイクバックのコツ?

バッティングのテイクバックのコツ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

テイクバックと言うのは、
バットを振るスピードや力を強める為に、

最初の構えからバットを引く動作のことを
言うようですね。

又、ボールのタイミングを計る
という一面も持っているようです。

このテイクバックによって、打球のスピードが増し、
長打になりやすくなるようですから、
ぜひマスターしたいところですよね。

では、
テイクバックのコツとはどんなことなんでしょう?

慣れてきたら自分の一番やりやすいように
少しずつ改良していってもいいでしょうが、

初心者の間は、
まず基本に忠実に行うのがいいでしょうね。

先ず、軽めにグリップを握り、
肘を肩の高さまで上げてリラックスした状態で
軽く曲がっているようにします。

この時、グリップが上下にブレないよう
気をつけて下さいね。

バッドのヘッドが寝ないように注意しながら、
肘を少し開けてリラックスした状態を保ち、

そのままの状態から、後ろに引きます。

トップの位置が常に同じになるように
心掛けるのがポイントなようですよ。

上級者やプロの野球選手の場合は、
自分の一番打ちやすい構えから、

状況などに合わせて脇を締めたり、バットを寝かせたり
といったテイクバックも見られますよね。

でも、それは上級者が自分の技量や状況を
判断できているからこそ有効に働くようです。

初心者の方が、
一朝一夕で真似できるものではないようです。

ですから、
初心者の場合はできるだけ基本に忠実に、

バットが寝ないように、
グリップが上下にブレないように、

肘を少し上げてリラックスした体勢が
取れるようにしながら、

テイクバックしてみて下さい。

楽天で見る⇒バッティング テイクバック

関連記事
バッティングで必要な筋肉?
バッティングを効果的に練習?
バッティングで最も重要なのはタイミングの取り方?
バッティングで長打を打つには?
三振してしまうのはなぜなの?
バッティングのタイミングの取り方?
バッティングでのスイングのコツ?
バッティングの構え方?
バッターボックスでの立ち方?
バッティングの基本?
タオルを使った素振りの練習法って?
テイクバック時のポイントって?
フライを狙って打つには?
ゴロを狙って打つには?
インコースの打ち方って?
アウトコースの打ち方って?

スポンサードリンク


バッティングでのスイングのコツ?

バッティングでのスイングのコツ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

打球がどの程度伸びるかは、
スイングにかかっているといってもいいかも・・・。

バットをボールに当てるまでのスイングは勿論、
インパクトからのフォースルーもとっても重要なようです。

バッティングでのスイングのコツは、
上半身だけで打たないことなようですね。

おそらく何らかの形で習ったことがある人ならば、
必ず言われているはず・・・。

全身を使って打てと・・・。

スイングは、
テイクバックしたトップ位置から開始します。

トップの位置からは、腰→肩→腰→バッドの
順で動くようにスイングします。

上げた足を下ろすと同時に、
まずは腰を回転させてスピードを増し、

その腰の動きについていくように肩を使って、
バットをトップの位置からスイングするんです。

更に、
腰を回転させてスイングにスピードと力を乗せ、
バットがついてくるという感じに・・・。

インパクトの瞬間までボールからは目を離さず、
ボールに当てた瞬間から両足の太ももに
力を入れて利き足で地面を蹴り、

そのまま腕を振り切って
打球に最後のスピードを与えます。

インパクトの瞬間に
手首を返さないのがコツの一つなようで、

手首を使うのではなく、
肩と腕を使って振り切るようにします。

手首を使ってしまうと、その分、
ボールに与えられる力が弱まってしまうようなので、

打球の伸びやスピードが落ちてしまうかも・・・。

フォースルーのスタイルが
格好良くて憧れるという方も多いかもしれませんが、
綺麗なフォースルーを決めるには、

全身を使ったスイングがあってこそなようですね。

楽天で見る⇒野球 打ち方

関連記事
バッティングで必要な筋肉?
バッティングを効果的に練習?
バッティングで最も重要なのはタイミングの取り方?
バッティングで長打を打つには?
三振してしまうのはなぜなの?
バッティングのタイミングの取り方?
バッティングのテイクバックのコツ?
バッティングの構え方?
バッターボックスでの立ち方?
バッティングの基本?
タオルを使った素振りの練習法って?
テイクバック時のポイントって?
フライを狙って打つには?
ゴロを狙って打つには?
インコースの打ち方って?
アウトコースの打ち方って?

スポンサードリンク


バッティングの構え方?

バッティングの構え方?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

バッティングの構えも、
とっても重要なポイントの一つなようですね。

ただバットを持って構えれば良いというものではなく、
スイングからインパクトの瞬間に、ボールの芯を
捉えやすいような構えをしなければいけませんよね。

基本的には、
バットを立てて構えるのがいいようです。

プロの選手の中には、
寝かした状態で構える選手もいるようですが、

一般的には、
寝かせた構えはヘッドが下がりやすいようで、

ジャストミートが難しくなるようですね。

スタンスは、肩幅より少し広めにとり、
バットが寝ないように、素早くバットが
振れるようにするのが良いようですね。

プロ野球選手が、構えたバットを回したり、
軽く膝の屈伸をしたりすることでも分かるように、

できるだけ体全体をリラックスさせた状態で
構えるのがポイントなようです。

バッティングの本番では、
緊張が最高潮に達するでしょうが、

できるだけリラックスできるように
練習の時から心掛けるようにしましょうね。

スタンスには、スクエアスタンスやオープンスタンス、
クローズドスタンスとあるようですが、

先ずは、ご自分の得意なスタンスで練習しましょう。

グリップの握り位置やスタンスのとり方、
構える姿勢などは、実際にはピッチャーの状況等に
合わせてプロは使い分けたりするはず・・・。

でも、初心者の間は、先ず、基本を身につける、
ことだけを優先させた方が良いかも・・・。

いろいろな構えやスタンスを全て覚えようとすると、
かえってメチャクチャなフォームになってしまうかも・・・。

なので、先ずは、自分に合ったスタンスを見つけ、
ひたすらそのスタンスでの構えと素振りを
練習して身につけるのが良いかもしれませんね。

楽天で見る⇒野球 バッティング 構え

関連記事
バッティングで必要な筋肉?
バッティングを効果的に練習?
バッティングで最も重要なのはタイミングの取り方?
バッティングで長打を打つには?
三振してしまうのはなぜなの?
バッティングのタイミングの取り方?
バッティングのテイクバックのコツ?
バッティングでのスイングのコツ?
バッターボックスでの立ち方?
バッティングの基本?
タオルを使った素振りの練習法って?
テイクバック時のポイントって?
フライを狙って打つには?
ゴロを狙って打つには?
インコースの打ち方って?
アウトコースの打ち方って?

スポンサードリンク