スキーやスノボ初心者はどこのメーカーが良いの?

スキーやスノボ初心者はどこのメーカーが良いの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。やはり、スキーやスノーボードを始めるにあたっては、見た目などの形から入りたいですよね。形から入る事によってやる気がアップしたりする事もあるくらいなので、ここでは初心者の方にお薦めのスキー、スノボのメーカーやブランドのお話をしてみますね。先ず、スキーの板についてなんですが、どのメーカーもそれほどの差はないようですね。むしろ、ブーツの方が上達するにあたってとても大切なアイテムなようなので、いろいろな種類のブーツが販売されているようです。日本で売られているスキーブーツは、その殆どが外国製のようですが、日本人の足に合うように開発されているようですから、安心して履く事が出来るようです。その中でも、日本人向けのモデルもあり、平均的なブーツとして人気があるのが、サロモンのようですね。他にも、平均的なブーツとして人気を集めているのが、レグザムやヘッドかも・・・。

スノーボードに関しては、板でもウェアでも人気を集めているのが、BURTONのようですね。これは不動の人気を誇っているボーダーのブランドのようで、誰もが羨ましがるブランドのようです。ですが、デザイン等も他と比べても抜群に良かったりするようなので、価格が高くなってしまうようです。BURTON以外では、先程、スキーのブーツでも名前をあげたサロモンなんかも人気かも・・・。ボーダー用のブーツもサロモンが使いやすいという評判なようです。スキーで培った技術がそのままスノーボードにも活かされているようなので、スキーショップやボーダーショップの評価も高いブランドになるようです。又、スキーやスノボに欠かせないのがゴーグルですよね。ゴーグルで選ぶべきブランドは、何といっても、オークレーのようです。オークレーのゴーグルは、愛用者の数も多く、品質の良さから言ってもトップブランドでしょうね。

楽天で見る⇒スキーブーツ サロモン

関連記事
バレーボールのセンターの役目って?
スキーのブルーク(ボーゲン)ってどうするの?
スキーのパラレルターンのコツって?
スキー初心者がリフトに乗るには?
スキー用品の手入れは?
スキー初心者は平地で練習?
スキーに必要な物って?費用は?

スポンサードリンク


スキーやスノーボードの手入れの仕方は?

スキーやスノーボードの手入れの仕方は?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。せっかくスキーやスノボの板を買ったのだから、ちゃんとお手入れして長持ちさせたいですよね。ここでは、初心者の方でも出来るようなお手入れの方法を簡単にお話してみますね。先ずは、スキー板からです。スキー板は、元々買った時にベースワックスが塗られている事が大半なようですが、スキー用のワックスを塗ってあげるだけでかなり滑りが良くなるようです。それに、トップとテールのエッジを紙やすりでほんの少し軽くこすって落としてあげるだけで、本当に滑りやすくなるようですね。

スノーボードについては、ブーツを使用した後には、必ず陰干しすると良いかも・・・。放置してしまうと、カビや臭いが発生してしまう事が多いようですからね。スノーボードの板は、玄関等に立てかけて保管しましょう。スノボの板もワックスを塗って手入れすると、滑りやすくなるようですよ。今はスプレーワックスというものが売られているようなので、簡単にワックスを掛ける事が出来るはず・・・。ちゃんと換気出来る場所で、スプレーワックスをボードに吹き掛けて、乾いたらコルクでこすりこむ。これだけで、ワックスは完了です。次に滑りに行く時には、古いワックスを落としてから新たにワックスを掛けてあげると滑りが良くなるようです。滑った後は、毎回温かい所に置き、布等で水滴をきちんと拭いて乾燥させる事が重要なようですね。もし、錆がついてしまっているようならば、目の細かいやすりで軽く優しく磨いてあげるだけで簡単に落とすことが出来るはず・・・。

楽天で見る⇒スキー 手入れ

関連記事
スキーやスノボ初心者はどこのメーカーが良いの?
スキーのブルーク(ボーゲン)ってどうするの?
スキーのパラレルターンのコツって?
スキー初心者がリフトに乗るには?
スキー用品の手入れは?
スキー初心者は平地で練習?
スキーに必要な物って?費用は?

スポンサードリンク


スキーのブルーク(ボーゲン)ってどうするの?

スキーのブルーク(ボーゲン)ってどうするの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。スキーの初心者の方が、一番最初に教えられる滑り方がブルーク(ボーゲン)のようですよね。これはスキーの滑り方の基本となるようです。又、初心者の方でも一番覚えやすくマスターしやすいようなので、一番最初に教えられる事が多いようです。このブルーク(ボーゲン)なら、スキー板をハの字型にして滑る事で、スピードを抑える事が出来るんです。スピードがそれほど出なければ、初心者の方でも恐怖心を抑える事が出来るようでから、なだらかな場所なら最初から転ばずに長距離を滑り切る事が出来るかもしれませんね。それに、ハの字を閉じたり開いたりする事で、スピードを早めたり緩めたり出来、止まり方も自然と身に付ける事が出来るようですね。

それだけではなくって、左右の足の開き具合を微妙に変える事で方向転換も出来るようになるようですから、これがマスター出来ればもう少し急斜面のコースでも滑る事が出来るようになるようです。なだらかな場所では、俗に言う直滑降で直線的に滑り降りる事が可能なんですが、斜面が急になるほど右へ左へと蛇行しながら滑り降りてくる手法が必要になるようです。この為には、滑りながら方向転換出来なければなりませんから、その練習の為にもブルーク(ボーゲン)のマスターは初心者の方にとっては必要不可欠なようです。ブルーク(ボーゲン)をマスターするには、先ずは、なだらかな場所で、何度も滑り降りしながらスピード調節の練習と止まる練習を行うと良いでしょう。次には、左右に曲がりながらジグザグに滑る練習を行うと良いかも・・・。これが出来るようになったら、いよいよリフトに乗って、もう少し斜面の急なコースに挑戦してみると良いでしょうね。スキー、存分に楽しんで下さいね。

楽天で見る⇒スキー ボーゲン

関連記事
スキーやスノボ初心者はどこのメーカーが良いの?
スキーやスノーボードの手入れの仕方は?
スキーのパラレルターンのコツって?
スキー初心者がリフトに乗るには?
スキー用品の手入れは?
スキー初心者は平地で練習?
スキーに必要な物って?費用は?

スポンサードリンク


スキーのパラレルターンのコツって?

スキーのパラレルターンのコツって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。スキーで、このパラレルターンが出来るようになれば、いよいよ初心者からは脱出と言っても良いかも・・・。見た目は簡単に見えるようですが、実は、パラレルターンをマスターするのは難しく、多くの方がぶち当たる壁と言っても過言ではないようですね。勿論、ほぼパラレルターンと言えるような滑り方は、回数を重ねるだけで案外簡単に身に付くようですが、どうしても完全に足を揃えた綺麗なフォームでターンする、っていうのが出来ない方が多いようですよね。これは、ブルーク(ボーゲン)が比較的作りやすい形なのに対して、パラレルターンは物理的に身体に負担の掛かる体勢だからのようですね。

ブルーク(ボーゲン)は自然と身に付き、あとは身体が覚えるだけなのに対して、パラレルターンは出来るか出来ないかに分かれるようです。何度やっても、ターンの瞬間にスキー板がハの字型になってしまうとか、何度やってもどうしてもスキー板を平行に保ち続けられないとか、そんな方も多いようですよね。パラレルターンのコツって言うのは、カーブする内側に体重を掛けるという事なようですよ。これによって、自然と二本のスキー板の同方向に体重が掛かり、両足が揃った状態を保つ事が出来るようですよ。ボーゲンでは膝を内股にする事で、二本のスキー板の内側に体重が掛かり、スピードが落ちてターンするんですが、パラレルの場合は、身体全体でカープする内側に体重を掛けてターンするんです。つまり、全身で体重移動する事を覚える以外にないようですが、それには恐怖心が付きまとうようです。でも、一番重要なのは、その恐怖心を克服する事なようですね。

楽天で見る⇒スキー パラレルターン

関連記事
スキーやスノボ初心者はどこのメーカーが良いの?
スキーやスノーボードの手入れの仕方は?
スキーのブルーク(ボーゲン)ってどうするの?
スキー初心者がリフトに乗るには?
スキー用品の手入れは?
スキー初心者は平地で練習?
スキーに必要な物って?費用は?

スポンサードリンク


スキー初心者がリフトに乗るには?

スキー初心者がリフトに乗るには?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。スキー初心者にとって、リフトの昇降は緊張する瞬間なのでは・・・。初心者には、とっても難しい動作が連続して必要になるようですよね。先ず、一般的に、リフト乗り場で並ばずにすむ事は殆どないでしょうね。休日などで混んでいる場合には、リフト乗り場は長蛇の列という事も少なくないのでは・・・。初心者にとっては、この並びながら徐々に進むというのも難しい事の一つかも・・・。列に並ぶといっても、自分も他の方も長い板のスキーを履いています。他の方のスキーを踏んでしまったり、自分で自分のスキーを踏んでしまったり、進もうと思っても滑ってなかなか前に進めなかったり、後ろに滑ってしまって後ろに並んでいる方にぶつかってしまったりと・・・。

いよいよリフト乗り場が近づいてくると、今度はタイミング良く乗れるかどうかが不安になりますよね。リフトは一定のリズムを持って回ってきますから、前の方が乗ったらすぐに所定の位置まで行き、リフトが来るのを待ちます。そして、リフトが自分のお尻のあたりに当たったタイミングで上手く腰を下ろして乗らなければいけません。ですが、これまで密集して並んでいたのと違い、リフト乗り場だけは、列の先頭から乗り場まで少し距離があります。この少し長い距離を次のリフトが来るまでに歩ききってリフトの到達地点にリフトより先に着かなければいけませんよね。最初は緊張するでしょうが、一度やってしまえば大体コツは掴めるはず・・・。もし、間に合わなくても、ちょっと恥ずかしいでしょうが、リフトを止めて乗せてくれるので大丈夫なんですよね。

楽天で見る⇒スキー板

関連記事
スキーやスノボ初心者はどこのメーカーが良いの?
スキーやスノーボードの手入れの仕方は?
スキーのブルーク(ボーゲン)ってどうするの?
スキーのパラレルターンのコツって?
スキー用品の手入れは?
スキー初心者は平地で練習?
スキーに必要な物って?費用は?

スポンサードリンク


スキー用品の手入れは?

スキー用品の手入れは?って、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。自前のスキー用品を揃えたら、シーズン後には手入れが必要になりますよね。手入れが必要なのは、主にスキー板とブーツのようです。先ず、ビンディングは、シーズンが終わったら外すのが良いようです。それからスキー板の手入れを行います。スキーは、この手入れによって滑りが良くなったり、エッジが効かせやすくなるようですね。逆に言うと、この手入れを怠ると、滑りが悪くなり、エッジも効きづらくなるようなので、カーブや停止の際のコントロールが悪くなるようです。スピードが出しづらい上に、カーブや停止も思い通りにならなくなるようです。初心者には分からないかもしれませんが、初心者だからこそ、その違いは大きく影響してくるようです。つまり、自分の技術で補えないからのようですね。

スキー板は、ワックスリムーバーを塗って拭き取り、エッジが鈍っている場合には削って整えると良いようです。スキーブーツは、汚れをとって、不具合が無いかどうかを点検しておきましょう。万が一、不具合が見つかったら、それは直しておかなければ怪我の元となります。又、スキーブーツはしっかり乾燥させてからしまうようにしましょうね。乾燥させたつもりでも中が湿ったままだったという事も多々あるようですから、中に手を入れて湿り気が無いかを確認する必要があるようです。これらの点検を全て済ませてから、収納や保管して、スキー板は翌シーズンに再度自分でワックスを塗って使って下さいね。一般的には、使用する一週間位前までに準備した方が良いと言われているようですよ。

楽天で見る⇒スキー 手入れ

関連記事
スキーやスノボ初心者はどこのメーカーが良いの?
スキーやスノーボードの手入れの仕方は?
スキーのブルーク(ボーゲン)ってどうするの?
スキーのパラレルターンのコツって?
スキー初心者がリフトに乗るには?
スキー初心者は平地で練習?
スキーに必要な物って?費用は?

スポンサードリンク


スキー初心者は平地で練習?

スキー初心者は平地で練習?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。スキーに行くと、ゲレンデの入口部分の平地で、ゼッケンを付けた方達が練習している光景をよく眼にする事があるのでは・・・。これって、一目で初心者の練習と分かる光景ですよね。どなたでもある程度似たような経験があり、懐かしく感じる事もあるかもしれませんが・・・。スキーって、長い板を左右の足に付けて行うスポーツなんですが、雪の上は滑る上に板が長いので、最初はなかなか思うように操作する事が出来ないんですよね。まず、歩く事さえも困難なんですよね。ですから、一般的には、最初に板をつけて立っている事、歩く事、方向転換、登る事の練習から始めるようです。ですが、その場合に、傾斜が大きい場所では立っている事さえ困難ですから、最初は、出来るだけ平らな場所で基礎練習を行う事が多いようです。

スキー初心者にとっては、平らな場所でも5m〜10m歩くのも大変な事かも・・・。なので、まず滑る練習の前に板に慣れ、スキーを履いたままでも自由に動けるよう、その感覚を練習するところから始める事が殆どなようです。初心者用のスクールでも、最初は平らな場所で歩行練習から始める事が多いようです。勿論、初心者用のスキースクールに入らない方の場合は、同行した上級者から手ほどきを受ける事も多いでしょうし、いきなり傾斜のある場所で練習する事も少なくないのでは・・・。元々運動神経の発達した方なら、それでも十分上達出来るでしょうが、出来れば、最初は平地で基礎から学ぶと良いでしょう。その方が早く上達出来るはずです。

楽天で見る⇒スキー 初心者

関連記事
スキーやスノボ初心者はどこのメーカーが良いの?
スキーやスノーボードの手入れの仕方は?
スキーのブルーク(ボーゲン)ってどうするの?
スキーのパラレルターンのコツって?
スキー初心者がリフトに乗るには?
スキー用品の手入れは?
スキーに必要な物って?費用は?

スポンサードリンク


スキーに必要な物って?費用は?

スキーに必要な物って?費用は?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。基本的にスキーで必要な物と言えば、スキーウェア、スキー板、ビンディング、ストック、スキーブーツになるようですね。価格はそれこそピンからキリのようで、シーズンオフにはスキーセット一式で2万〜3万円で揃えられてしまうものも有るようですし、高級なもので揃えれば何十万という事もあるようですね。ですが、最初から揃える必要はないかも・・・。って言うのは、殆どのスキー場には有料の貸しスキーがあるようですよね。特に、初めての場合には、今後続けていくとは限らないでしょうし、購入してしまうと自宅での置き場所にも困るかも・・・。ですから、本当にスキーが好きになって、その後も何度も行くようになったら、自分に合わせたものを購入すれば良いかもしれませんね。

スキー板には、柄だけでなく、形や長さにも流行り廃りがあるようなので、中には、毎年買い換えるような方さえいらっしゃるようですね。自分の好みが良く分からない初心者のうちから購入してしまうのは、むしろ避けた方が良いかも・・・。それに、スキー板等よりも先に、ウェアの方をしっかり用意するするのが良いかもしれません。スキーウェアもスキー場でレンタル出来る事が多いようなので、無理に購入する必要はないでしょうけどね。でも、出来れば自分専用のミトンを用意すると良いでしょう。なるべく手首よりも上が長いもので防水加工が強く、雪が入りにくい構造になっているミトンを選ぶと良いようです。また、スキーをしていると汗をかいてしまう事が多いようなので、下着等の着替えも用意しておくと、風邪をひかなくてすみますね。

楽天で見る⇒スキー

関連記事
スキーやスノボ初心者はどこのメーカーが良いの?
スキーやスノーボードの手入れの仕方は?
スキーのブルーク(ボーゲン)ってどうするの?
スキーのパラレルターンのコツって?
スキー初心者がリフトに乗るには?
スキー用品の手入れは?
スキー初心者は平地で練習?

スポンサードリンク