スノボー初心者のリフトの乗り降りのコツって?

スノボー初心者のリフトの乗り降りのコツって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。スノボー初心者が一番不安に感じるのは、やっぱりリフトの乗り降りの瞬間でしょうか。上手く乗れなかったらどうしよう、派手にコケてしまったらどうしよう、って不安になってしまって、心臓がドキドキするかも・・・。もし、スケーティングがまだ上手く出来ない時は、ボードを担いでリフトに乗っても大丈夫なスキー場もあるようですので、予めチェックしておくと良いでしょうね。ですが、ボードを担いでのリフトの乗り降りは周りの方にも危険ですし、どうしても格好が悪いですよね。ここはまず、スケーティングをきちんとマスターしておきたいところですよね。

リフトに乗る時には、リフトに手をかけて、少し勢いを抑えると割りとスンナリ座る事が出来るようです。座った時にボードが横向きになってしまうと、エッジが地面にひっかかって危ない場合があるようなので、リフトに乗ったら、ボードを少し浮かせると良いかも・・・。リフトから降りる時は、乗る時と違って坂が有る場合もあるようですから、ちょっと難しくなるかも・・・。ボードを真っ直ぐな状態にして、バランス良く立ち上がれるように体勢を整えながら降り場まで向かい、降りる位置に来たらゆっくりと立ち上がります。この時、戻るリフトに引っかからない様に、注意して下さいね。無事に降りる事が出来たら、コースの端でビンディングを装着します。リフトの乗り降りには係りの方も居ますし、もし転んだとしてもちゃんとリフトを止めてくれるようです。なので、不安がらずに何度もチャレンジして、早くリフトの上でも楽しめるよう頑張りましょうね。

楽天で見る⇒スノボー 初心者

関連記事
スノボーの連続ターンのコツって?
スノボーのカービングターンのコツって?
スノボーのターンのコツって?
スノボーのスケーティングのコツって?
スノボー初心者に適したボード、ブーツ、ビンディングって?

スポンサードリンク


スノボーの連続ターンのコツって?

スノボーの連続ターンのコツって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。ターンが出来るようになったら、いよいよ連続ターンですよね。連続ターンと言っても、要は、フロントサイドターンからバックサイドターン、そして又、フロントサイドターンの繰り返しを行うだけなので、基本姿勢とターンが出来ていれば、難しく考える必要はないようですよ。先ず、練習場所なんですが、最初は初心者コースの緩い斜面が長く続いている所で行うと良いでしょう。ここなら、いくら転んでもかっこ悪くありませんよね。さあ、練習に入りましょう。

最初は基本姿勢です。ターンを行い、斜面に対してボードが横になったら、又、基本姿勢。そして、次のターンを行い、又、斜面に対してボードが横になったら、基本姿勢。単純なようなんですが、これが案外重要なようですよ。つまり、基本姿勢が出来ていないのに、次のターンに移ろうとしても、バランスを崩して上手く滑る事は出来ないようです。一度ターンをしたら基本姿勢を確認して、そして次のターン。この事をしっかりと覚えておくと良いようです。後は、足元を見ないように目線をしっかり進む方向に向ける、スピードが上がり過ぎないように注意する、などを意識するようにしましょう。ある程度上手になってくると、スピードがのって恐怖心も出てくるようですが、怖がっているとどうしても身体が遅れがちになってしまうようです。それに、上手なターンが出来なくなってしまうので、足への体重の掛け方にも気をつけましょう。連続ターンが出来るようになると、以前にも増してスノボーを楽しめるようになりますよね。より綺麗なターンの弧が描けるよう、頑張って下さいね。

楽天で見る⇒スノボー ターン コツ

関連記事
スノボー初心者のリフトの乗り降りのコツって?
スノボーのカービングターンのコツって?
スノボーのターンのコツって?
スノボーのスケーティングのコツって?
スノボー初心者に適したボード、ブーツ、ビンディングって?

スポンサードリンク


スノボーのカービングターンのコツって?

スノボーのカービングターンのコツって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。カービングターンが練習出来るようになるくらい上達すると、もうスノボー初心者からは卒業のようですね。このカービングターンがマスター出来ると、中級者の仲間入りと言ってもいいかも・・・。先ず、練習の前にボードを確認してみて下さい。初心者用のボードは柔らかい方が良いようですが、カービングターンには向いていないようで、高速ターンの時に安定する硬めのボードが良いようです。次に、練習場所なんですが、斜面が緩やか過ぎる所はスピードが出ないので不向きのようで、ある程度のスピードを出した方が安定するようなので、200度位の斜面で練習を行うと良いかもしれませんよ。

自分ではカービングターンをしているつもりなのに、実はドリフトターンをしていたり、カービングターンもどきのターンをしている方も少なくないようです。出来れば、スノボー教室で教わると、早く確実に正しいカービングターンをマスター出来るかも・・・。カービングターンって言うのは、重心移動がポイントになるようです。身体の屈伸、加重と抜重がしっかり出来る必要があるようですね。身体の屈伸が十分でなかったり、加重や抜重のタイミングが間違っていたりすると、上手く曲がれないようです。又、ドリフトターンのように足でボードを回してターンするのではなく、ボードが自然にターンするのを待つのがコツなようですよ。それに、視線と手を行きたい方向に向け、上半身を捻らないというのも大切なようです。頭を倒してしまわない、猫背にならないというのも気をつけて欲しいポイントなようです。カービングターンをしている自分の姿を動画で撮影してもらって、DVD等と比べてみると、正しい姿勢がとれているか分かるでしょう。

楽天で見る⇒スノボー カービングターン

関連記事
スノボー初心者のリフトの乗り降りのコツって?
スノボーの連続ターンのコツって?
スノボーのターンのコツって?
スノボーのスケーティングのコツって?
スノボー初心者に適したボード、ブーツ、ビンディングって?

スポンサードリンク


スノボーのターンのコツって?

スノボーのターンのコツって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。スノボーの楽しさを満喫するためには、ターンをマスターする事が必要不可欠なようですよね。ですが、このターンなんですが、スノボー初心者の方には、最大の壁でもあるようですよね。ターンを行う手順はいろいろあるようですが、とにかく一番大事な事は、自分の目線の方向に曲がるという事なようですね。例えば、下を向くと転びやすくなりませんか?その先に木が有るから危ないな、と思って木を見ていたら、つい木にぶつかってしまった、な〜んて事がありません?スノボーは、特に初心者の方の場合には、視線の方向に進んだり、曲がったりするようです。そういった理由から、ターンする時には、目線の位置がとっても重要になってくるようですね。

又、ターンは、基本姿勢の状態から曲がり始めるのが良いようです。基本姿勢も出来ていない状態から曲がろうとしても、上手くは曲がれないはず・・・。スノボー初心者の方がターンする時には、恐怖心からか腰がひけてしまっている場合がとっても多いゆなので、出来れば自分の滑っている姿をビデオに撮ってもらうと良いかも・・・。いかに自分がイメージしている姿と、実際の姿が違うのかをハッキリと認識する事が出来るようです。一つひとつの動作をちょっと大袈裟にする位のイメージで滑ると、実はそれがちょうど良い動きだったりするようで、ぜひ確認してみましょう。頭の中では理解していても、実際に滑っていると焦ってしまって、なかなか冷静に滑る事は出来ませんよね。でも、何度も何度も練習して感覚的に覚えるようにすると、いつの間にか身体が勝手に動いてくれるようになるようですよ。それまで練習あるのみですね(笑

楽天で見る⇒スノボー ターン

関連記事
スノボー初心者のリフトの乗り降りのコツって?
スノボーの連続ターンのコツって?
スノボーのカービングターンのコツって?
スノボーのスケーティングのコツって?
スノボー初心者に適したボード、ブーツ、ビンディングって?

スポンサードリンク


スノボーのスケーティングのコツって?

スノボーのスケーティングのコツって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。スノボー初心者の方ならば、必ずマスターしなければならないのがスケーティングのようですよね。リフトの乗り降りの時やコース間のちょっとした移動にも必要なようですので、基本姿勢をマスターしたら、次はスケーティングのコツを掴むと良いでしょうね。先ずは、一度、広い場所でバランス良く真っ直ぐに立ってみて下さい。次に、後ろ足で地面を蹴ってボードを前に滑らせます。蹴ったら、上半身は前足の上に、ちょうど前足一本でボードに乗って滑るような感覚なんです。そして、何度か後ろ足で蹴り、スピードに乗ってみましょう。どうですか?進みたい方向へ進めたでしょうか?

ポイントとしては、上半身をしっかりと進行方向に向けて重心は前足に置き、蹴る時には板から離れたところを蹴るのではなくって、出来るだけ板に近い所を蹴るようにするのが良いようです。板から離れたところを蹴ると力の方向が安定しないようなので、なかなか行きたい方向に進めなくなってしまうようです。又、初心者の方は位置を確認する為に、どうしても足元を見たくなるようです。ですが、足元を見るとバランスを崩しやすくなるようなので、目線は常に進行方向をキープするよう意識するのが良いようですね。上半身は進行方向に向け、重心は前足に、板から近い所を蹴って目線は進行方向に。これがスケーティングのポイントのようですね。スケーティングに苦手意識が有る方も多いようですが、転んだ数だけ上達すると信じて、初心者のうちにマスターしておきましょうね。

楽天で見る⇒スノボー スケーティング

関連記事
スノボー初心者のリフトの乗り降りのコツって?
スノボーの連続ターンのコツって?
スノボーのカービングターンのコツって?
スノボーのターンのコツって?
スノボー初心者に適したボード、ブーツ、ビンディングって?

スポンサードリンク


スノボー初心者に適したボード、ブーツ、ビンディングって?

スノボー初心者に適したボード、ブーツ、ビンディングって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。スノボーを始めようと思ったら、やっぱりかっこ良いボードから選びたくなりますよね。でも、ちょっと待って下さい。いくら格好良いボードだからって、あなたの身体に合わないものを使っていたら、いつまでたってもスノボーは上達しないようですよ。初心者だったら、先ずは、自分にぴったり合ったブーツ、それに合わせたビンディング、そして、ボードの順番で選ぶようにすると失敗が少なくなるようですね。そこで、ブーツについてなんですが、必ず買う前に朝と夕方の二回以上は試し履きをするようにするのが良いようです。経験があるでしょうが、朝と夕方では、足のむくみ方が異なりますよね。どの時間帯に履いても、爪先に指が動かせる程度の余裕が有るかを確認して下さい。その時には、実際に滑る時に履く靴下を持っていくと万全ですね。

次に、ビンディングですが、必ず履くブーツを持っていき、ブーツと合わせるようにしましょうね。もし、予め欲しいビンディングが決まっているのなら、ビンディングに合わせてブーツを選んでも良いようです。最後にボードです。一般的には自分の身長に15cmプラスした長さが良いと言われているようですが、初心者の方でしたら小回りが効き、安定感も出る150cm以下の長さが適当なようです。重さは、少しでも足への負担を少なくする為に軽いものが、堅さは、雪の凹凸の衝撃を吸収してくれ、転倒も少なくなる柔らかいタイプのものが良いようですね。ボードに一目惚れして購入する方も多いようなんですが、初心者の方は、それだけで選ぶのは止めた方が良いようです。

楽天で見る⇒スノボー 初心者 ボード

関連記事
スノボー初心者のリフトの乗り降りのコツって?
スノボーの連続ターンのコツって?
スノボーのカービングターンのコツって?
スノボーのターンのコツって?
スノボーのスケーティングのコツって?

スポンサードリンク