バレーボールのブロックのやり方や種類って?

バレーボールのブロックのやり方や種類って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。ブロックって言うのは、前衛のプレイヤーが両手を挙げてジャンプし、相手のスパイク攻撃を遮断するプレーなんですよね。ブロックを行う場合には、タッチネットやブロックしたボールが味方のコートに入ってしまわないように、ネットから適度に距離をおくことが大切なようです。

又、ブロックする両腕を広げ過ぎると、ボールがその間を抜く可能性があるようですし、そうかといって広げる幅が狭過ぎると、両サイドからボールが抜けやすくなってしまうようです。なので、何度も練習を行って、的確な幅を覚えるようにするのが良いでしょうね。

そのブロックの種類には、次のようなものがあるようです。
・リードブロック
  相手がトスを上げた瞬間に、相手のアタッカーに合わせて跳ぶブロックなようです。
  相手のトスが上がるのを確認してから跳ぶ為に確実性は高いようですが、ブロックが完成する前に
  打たれてしまう可能性も高いようです。相手がノーマークだと、打った途端にブロックする事が
  出来る利点もあるようです。
・コミットブロック
  相手のトスが上がる前に、アタッカーの動きを予測して跳ぶブロックなようです。
  賭けで跳ぶ事になる為にブロック出来る可能性が低いようで、リスクが有るんですが、
  相手の高速な攻撃に対応出来るブロックでもあるようですね。
・バンチブロック
  前衛三人がセンター付近に固まって相手アタッカーの攻撃に備えるもので、
  中央付近からの攻撃に有効なようですね。
・スプレッドブロック
  中央に一人、ネットの両サイドに一人ずつブロックの準備をしているもので、
  中央の攻撃には弱いようですが、BクイックやDクイックを多く使用する攻撃に有効なようですね。

楽天で見る⇒バレーボール

関連記事
バレーボールのスパイクの打ち方や種類って?
バレーボールの基本的なパスの打ち方って?
バレーボールのパスの種類って?
バレーボールの基本的なトスの上げ方って?
バレーボールのトスの種類って?

スポンサードリンク


バレーボールのスパイクの打ち方や種類って?

バレーボールのスパイクの打ち方や種類って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バレーボールの試合の中で、最も得点に結びつくプレーがスパイクなようですよね。スパイクの基本的な打ち方って、トスが上がるタイミングに合わせて全身のバネを使いながら高くジャンプし、身体を弓のようにしならせながら全体重を乗せる感じでボールを強く叩くようにするのが良いようです。この時、トスが上がる位置を的確に予測する事が大切なようです。

スパイクの種類としては、次のようなものがあるようです。
・オープンスパイク
  両サイドのアンテナ近くにトスを上げてから打つスパイクなようです。
・ストレートスパイク
  コートのサイドラインに対して平行に打つスパイクなようです。
・クロススパイク
  コートのサイドラインに対して対角線に打つスパイクなようです。
・クイックスパイク
  クイックトスに合わせて打つスパイクなようで、スパイクを打つ場所により、
  A〜Dクイックと呼ばれているようです。クイックスパイクは速く打つ事が何より大切なようなので、
  腕の振りをコンパクトにして、手首のスナップを利かせてスパイクするようにすると良いようです。
・バックアタック
  アタッカーが後方にいたり、相手のタイミングをずらしたりする為に使用するスパイクなようです。
  フォームは普通のスパイクとほぼ同じようですが、アタックラインの後方から打つ為にタッチネットや
  オーバーネットの心配がなく、思い切ってジャンプする事が出来るようですね。
この他に、強いスパイクを打つと見せかけて相手のブロックを誘い、空いたスペースにボールを落とすようなスパイクフェイントを織り交ぜるようにすると、スパイクの種類に幅を持たせる事が出来るでしょう。

楽天で見る⇒バレーボール

関連記事
バレーボールのブロックのやり方や種類って?
バレーボールの基本的なパスの打ち方って?
バレーボールのパスの種類って?
バレーボールの基本的なトスの上げ方って?
バレーボールのトスの種類って?

スポンサードリンク


バレーボールの基本的なパスの打ち方って?

バレーボールの基本的なパスの打ち方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バレーボールはパスから始まってパスで終わるようなスポーツだと言われるくらい、バレーボールにおいてパスは、とっても大切なようですね。どんなに優秀なアタッカーやセッターがいたとしても、試合中にボールを回せなければ得点には結びつかないかも・・・。

先ず、相手からの返球を腰よりも低い位置で受ける場合には、アンダーハンドパスを使います。これは、レシーブとも呼ばれているようで、両腕を体の正面に伸ばして片方の手の平にもう片方の手の甲をのせて軽く握り、手首の付近でボールを返すようにします。この時、膝が伸びきっていたり、肘が曲がっていたりしないように注意しましょう。

レシーブで大切な事は、相手がどの位置にボールを打ってくるのかを瞬時に予測する事と、素早いステップワークでボールの落下地点に入り込み、返球する事なようです。安定したレシーブが出来ると、チーム全体も安定していくようですね。

次に、頭の上方付近で返球を行う場合には、オーバーハンドパスを使うと良いようです。これは、トスとも呼ばれているようで、頭の上方で手首全体を使ってキャッチし、ボールを押し返します。トスを上げる場合にとっても大事な事は、きちんとボールの下に入ってからトスを行うようにする事なようです。こうしなければトスが安定せず、次にアタックを打つ場合にアタッカーがとっても打ちづらくなってしまうようですよ。その為にも、トスの練習を行う場合には、何よりまずボールの下に素早く入る練習から行うと良いかもしれませんね。

楽天で見る⇒バレーボール

関連記事
バレーボールのブロックのやり方や種類って?
バレーボールのスパイクの打ち方や種類って?
バレーボールのパスの種類って?
バレーボールの基本的なトスの上げ方って?
バレーボールのトスの種類って?

スポンサードリンク


バレーボールのパスの種類って?

バレーボールのパスの種類って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。このバレーボールの基本となるパスの種類には、アンダーハンドパスとオーバーハンドパスがあげられるようです。まず、オーバーハンドパスって言うのは、比較的高めのボールを返したり、高めのパスを出したりする時に使われるパスなようですね。特に、セッターが使っているパスのようですが、セッター以外の方でも上手にパスが出せるようになると、チーム全体の力が間違いなく上がっていくと言われているようですので、どのポジジョンの方もマスターすると良いかもしれませんね。

よく、オーバーハンドパスは突き指しやすいと聞きますが、オーバーハンドパスを行って突き指をしてしまうような方は、手首や指のスナップを効率良く使用していないのが原因かも・・・。頭の上前方あたりでボールを両手で包み込むようにし、一度ボールを完全にキャッチしてみましょう。その状態から、手首と指全体のスナップを使って、ボールを押し出すように狙った所へパスを出します。こうするこ事によって、かなりの確率で突き指を防ぐ事が出来るようになるようですね。

次に、アンダーハンドパスなんですが、腰より下の低めのボールを返球するパスなようですよね。バレーボールでは、基本中の基本となるパスがアンダーハンドパスだと言っても良いかも・・・。なので、きちんとマスターするようにしておきましょうね。パスを行う時の手の形は、片方の手にもう片方の手の甲をのせ、包み込むような感じで親指を合わせます。姿勢は、下半身を基本とし、しっかりとひざを曲げて重心を低くします。常に安定したフォームになるよう意識するようにすると良いかも・・・。

楽天で見る⇒バレーボール

関連記事
バレーボールのブロックのやり方や種類って?
バレーボールのスパイクの打ち方や種類って?
バレーボールの基本的なパスの打ち方って?
バレーボールの基本的なトスの上げ方って?
バレーボールのトスの種類って?

スポンサードリンク


バレーボールの基本的なトスの上げ方って?

バレーボールの基本的なトスの上げ方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。レシーバーが返球したボールをアタッカーに繋ぐトスを上げるのが、セッターの役割なようですよね。セッターに求められる能力は、冷静かつ的確な判断能力や、チームをまとめる司令塔となる力のようですが、一番大切なのは、やはり、正確なトスを上げる事が出来る技術でしょうね。単調なトスを上げるだけでは、アタッカーの攻撃も単調になってしまい、相手に攻撃を読まれやすくなってしまいますよね。そこで、トスを上げる場合には、相手の守備状況を判断し、様々な攻撃パターンの中から現在の状況に応じた攻撃パターンを選択して、アタッカーにトスを上げる必要があるようです。

もう一つ、アタッカーが打ちやすい所にトスする事も大切なようですね。誰だって動いているボールを打つよりも、止まっているボールを打つ方が簡単ですよね。その事を意識して、ボールを飛ばしてトスを上げるのではなく、なるべく腕を伸ばして高い位置でボールを捉えるようにして、そのままアタッカーの打ちやすい位置にボールを置いてくる、といったイメージでトスを上げると良いようです。

トスの基本って言うのは、出来る限り早くボールの落ちてくる下に入り込む事なようです。きちんとボールの下に入り込む前にトスを上げてしまうと、無理な体勢となり、体に微妙な力が入ってしまい、ボールの位置が安定しないようですね。なので、トスを上げる時には、素早くボールの下に入り、ボールから目を離さずに、常におでこの前の位置でボールを受けるようにしましょうね。

楽天で見る⇒バレーボール

関連記事
バレーボールのブロックのやり方や種類って?
バレーボールのスパイクの打ち方や種類って?
バレーボールの基本的なパスの打ち方って?
バレーボールのパスの種類って?
バレーボールのトスの種類って?

スポンサードリンク


バレーボールのトスの種類って?

バレーボールのトスの種類って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。トスって言うのは、レシーブの次に続く動作で、主にセッターによってアタッカーに向けて上げられますよね。ひと口にトスと言っても、様々な種類があるようなので、状況に応じて使い分ける必要があるようですね。例えば、
・直上トス
  全てのトスの基本となるトスなようです。オーバーハンドパスと構えは同じなようで、
  額の上付近から真上にトスを上げます。
・オープントス
  トスの中でも、攻撃の基本として試合中に最もよく使われるトスなようです。
  アタッカーがタイミングをとるのに十分な高さで、ネットに沿ってコートレフト側に
  大きく山なりにトスを上げます。
・バックトス
  トスを上げる方向を見ずに、トスを行うプレイヤーの後方へ上げるトスなようですね。
  オープントスと使い分ける事によって、相手の守備を薄くする効果があるようです。

・ジャンプトス
  ジャンプをして高い位置でボールを上げるトスです。ジャンプをする事によって、
  より高い位置でボールをアタッカーに繋ぐ事も出来るようですし、スパイクを打つと見せかけて
  トスを行い、相手のブロックのタイミングを崩す事も出来るようです。
  又、レシーブされたボールがネットを越えそうな時にも使用されるようですね。
・クイックトス
  クイック攻撃を行う為に、アタッカーの打つ位置とほぼ同じ高さに上げるトスです。
  A〜Dの種類があり、Aがセッターから前方斜め上に速く短く上げるトス、
  Bがセッターから2m〜3m前方へ速く長く上げるトス、
  Cがセッターから後方斜め上に速く短く上げるトス、
  Dがセッターから2m〜3m後方へ速く長く上げるトスと分けられるようです。

楽天で見る⇒バレーボール

関連記事
バレーボールのブロックのやり方や種類って?
バレーボールのスパイクの打ち方や種類って?
バレーボールの基本的なパスの打ち方って?
バレーボールのパスの種類って?
バレーボールの基本的なトスの上げ方って?

スポンサードリンク


バレーボールの基本的なルールって?

バレーボールの基本的なルールって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バレーボールには、細かいルールがあるようですよね。基本的なルールとして、な図、覚えておきたい事は、ボールのアウトとインの判定のようです。試合中にコートのライン上に落ちたボールはインとされ、ラインに触れていない場合はアウトとして判定されるようです。又、プレイ中のルールとして、三回以内に相手にボールを返さなくてはいけないというタッチ回数のルールもあるようですよね。それに、同じプレイヤーが二回連続でタッチ出来ないという決まりもあるようですよ。更に、サーブにもルールがあるようです。サーブの時には、エンドラインを踏んではいけないようですね。又、主審がサーブの合図を出してから、8秒以内にサーブを打たなくてはならず、サーブを受ける側にもサーブをブロックしてはいけないというルールがあるようです。

バレーボールは、6人制と9人制というスタイルがあり、基本的なルールにも少し違いがあるようです。6人制と9人制で違いのあるルールは、ポジションのローテーションのようですね。6人制の場合は、時計回りにポジションを移動しなくてはいけないのに対し、9人制はローテーションの必要がないようです。又、ボールタッチのルールにも違いがあるようで、6人制の場合は、ブロックはボールタッチの回数にカウントされないようですが、9人制ではブロックもボールタッチとしてカウントされてしまうようですので、気をつけなければいけないようです。バレーボールにはいろいろなルールが存在し、プレイする人数によってもルールが変わってくるようですから、試合を行う前に、まずは基本となるルールをしっかりと身につけましょうね。

楽天で見る⇒バレーボール ルール

関連記事
バレーボールのレシーバーの役目って?
バレーボールのセンターの役目って?
バレーボールのセッターの役目って?
バレーボールの基本的なサーブの打ち方って?
バレーボールのサーブの種類って?

スポンサードリンク


バレーボールのレシーバーの役目って?

バレーボールのレシーバーの役目って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バレーボールのレシーバーには、得点を得る為のチャンスボールを作るという重要な役目があるようですよね。試合中には、ボールがどの位置にくるかを常に予測し、いち早くボールの来る位置に入らなくてはいけないようです。相手の攻撃によっては、ボールに飛び込んでいかなくてはいけない事もあるかも・・・。レシーバーはボールを受け、確実にセッターに繋がなくてはいけない責任重大なポジションのようですね。ピンチを救うのはレシーバーと言われる程なようですので、かなり度胸のいるポジションだと言えるでしょう。

又、レシーバーは、ブロックの指示を出すポジションでもあるようです。レシーバーは的確なブロックの指示を出せるように、常にコートの後方でチームの様子や相手の攻撃をしっかりと見ながらプレイに望まなくてはいけないようです。その為にも、レシーバーはブロッカーとの信頼関係が必要になってくるようです。レシーバーとブロッカーの信頼関係が出来ると、ブロッカーも自分のブロックに集中する事ができ、強いチームを作る事が出来るかも・・・。レシーバーは、レシーブだけを専門に行うポジションだと思っている方も多い事でしょう。ですが、レシーバーは基本的にはレシーブをしますが、サーブを打つ事もありますし、トスを上げる事もあるんですよね。レシーバーって、色々なポジションの事を理解し、的確な判断力や行動力、技術力を磨く必要があるかもしれません。チームを強くする為には、レシーバーが要となるようですね。

楽天で見る⇒バレーボール レシーバー

関連記事
バレーボールの基本的なルールって?
バレーボールのセンターの役目って?
バレーボールのセッターの役目って?
バレーボールの基本的なサーブの打ち方って?
バレーボールのサーブの種類って?

スポンサードリンク


バレーボールのセンターの役目って?

バレーボールのセンターの役目って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バレーボールのセンターの役目って言うのは、主にブロックや速攻などの攻撃なようですね。その為、センターは一般的にミドルブロッカーと呼ばれているようですよね。センターは前衛三人のうちの真ん中に位置し、クイックやブロード等の速さを重視した攻撃をしたり、ブロックの要として試合中に活躍する重要なポジションのようです。世界レベルの大会で、クイックや速攻という言葉をよく耳にする事があるでしょう。このクイックや速攻は、センターの重要な役目の一つのようで、高さや速さ、正確さが必要となる攻撃なんですね。セッターからのトスを素早くセンターが打つ事が大切で、得点に繋がる重要な攻撃となっているようです。なので、センターは高さや速さに対応した練習を積む事も大切なようです。

そして、センターの最も重要な役目となるのは、やはり、ブロックなようです。ブロックは、素早い移動のステップや反応の速さに加え、相手とのネット際の駆け引きや視野の広さも必要となる為、高さだけでなくって、多種多彩な技術を要すようです。センターは、相手からのボールをブロックをする為に、一ゲームで何度も飛んだり、素早く走ったりといった動作が必要な為、運動量がとっても多く、体力の消耗も激しいポジションなようです。ですが、速攻やクイックで攻撃を決めたり、ブロックをする事でチームを盛り上げる事ができ、チームを活気づけることが出来る為、結束力を強める役目も備えていると言えるかもしれませんね。

楽天で見る⇒バレーボール

関連記事
バレーボールの基本的なルールって?
バレーボールのレシーバーの役目って?
バレーボールのセッターの役目って?
バレーボールの基本的なサーブの打ち方って?
バレーボールのサーブの種類って?

スポンサードリンク


バレーボールのセッターの役目って?

バレーボールのセッターの役目って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バレーボールのセッターの役目って言うのは、スパイクの為のトスを上げる事なようですね。セッターがスパイカーに良いトスを上げる事で、得点に繋がってくるようです。ですが、セッターの役割って、トスを上げるだけではないようです。試合全体を常に見渡して、一瞬で判断をした上で、作戦を選んでスパイカーを的確な所に動かし、スパイカーに合わせてトスを上げるという役目があるようです。つまり、セッターって、チームの心臓部と言っても良いポジションのようですね。セッターは裏方的で目立たない事が多いようで、スパイカーのように相手コートにボールを決めるという華やかな面はもっていませんよね。しかし、ゲームをコントロールしたり、ゲームを自分で組み立てるといった、セッターでしか味わえない楽しみもたくさんあるようですね。

セッターは試合でスパイクを打つ事がありません。でも、相手の攻撃が乱れない限り、必ずセッターを経由して反撃する事になるようですので、どなたよりもボールに関わる回数が増えるでしょうね。その為、良いレシーブや良いトスを上げてアタッカーに繋げられるよう、トスやレシーブの質を追求しなくてはいけませんよね。トスの良し悪しやレシーブで試合の流れが変わってくるという事を、常に感じ、考えていなくてはいけないようです。バレーボールのセッターは、司令塔としてチームをまとめていく為、リーダーシップも必要のようです。それに、試合全体を見渡して、冷静に客観的に判断出来る力も必要になるようです。一見、地味なポジションなんですが、とっても奥の深い、やりがいのある役目だと言えるでしょうね。

楽天で見る⇒バレーボール セッター

関連記事
バレーボールの基本的なルールって?
バレーボールのレシーバーの役目って?
バレーボールのセンターの役目って?
バレーボールの基本的なサーブの打ち方って?
バレーボールのサーブの種類って?

スポンサードリンク