バトミントンの打ち方のサイドハンドストロークって?

バトミントンの打ち方のサイドハンドストロークって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バトミントンの打ち方でサイドハンドストロークと言えば、自分のサイドにきたシャトルを打つ時の打ち方のようで、自分の身体の左右をカバーするストロークなようですよね。サイドハンドストロークの場合は、自分の横にシャトルがきた時に一歩踏み出し、身体からある程度離れた打点で打つようにすると良いようです。ラケットを右手に構えている方は、右肩を後ろに引き、肘を曲げます。シャトルを打ちだす時には、シャトルに合わせて腰を回転させ、肘から手首というように回転させていくのがポイントなようですね。

サイドハンドストロークの時は、一歩目の体重移動がとっても大事なようです。しっかりと一歩を踏み出し、腕とラケットがまっすぐ床と平行になっている状態で、手首のスナップをかけて打ちだしましょう。サイドハンドストロークで注意したい事は、打点と身体の距離なようです。打点と身体が近づき過ぎてしまうと、打ちづらく、力がしっかりと伝わらないようなので、一歩を踏み出す時にシャトルとの距離感を意識して打ってみて下さいね。又、バックで打つ時は、ラケットを持つ方の腕を胸の前でしっかりと交差させ、身体をひねって打つのが良いようです。この時に、ネットに背中を向けるような感じでしっかりと身体をひねって力を溜め、腕を真っすぐ前に振り出すようにして打ちます。真っすぐ振り出す事でシャトルのコースも安定するようで、コントロールもしやすいようですよ。サイドハンドストロークを上手く使い、プレイの幅を広げましょうね。

楽天で見る⇒バトミントン 打ち方

関連記事
バトミントンに必要な道具って?
バトミントンのグリップの握り方って?
バトミントンのラケットの選び方って?
バトミントンの打ち方の基本って?

スポンサードリンク


バトミントンに必要な道具って?

バトミントンに必要な道具って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バトミントンは、基本的にラケットとシャトルがあれば楽しむ事が出来るようですよね。ラケットとシャトルさえ用意出来れば、公園やキャンプ場等でも手軽に出来るスポーツなんですよね。でも、バドミントンを正式な競技として行うのなら、ラケットとシャトルの他にも、ネットやシューズ等が必要になるようです。又、バトミントンは基本的に風の無い屋内で行うスポーツですので、屋内コートも必要になるかも・・・。

更に、競技用のバトミントンでは、プラスチックのシャトルではなく、ガチョウの羽やアヒルの羽で作られたシャトルを使用するようです。シャトルには重量5g、長さ7cm、羽根の数は16枚という規定があり、羽根の先端は58mm〜68mmで円形のものを利用するようですね。ラケットにおいても、競技用は全長680mm以内、幅230mm以内という規定があるようです。バトミントンで利用するシューズは屋内用のものを用意しますが、ストップ&ダッシュという動きの多いバトミントンで、足や身体に負担が掛からないように、ショック吸収性や左右の動きに強いシューズを選ぶと良いようです。コートやネット等は、利用する体育館等で用意出来る事が多いようですから、確認してみて下さいね。バトミントンに必要な道具は、スポーツ店等で一式揃える事が出来ます。分からない事があったら、お店の方に相談しながら選んでみると良いのではないでしょうか。

楽天で見る⇒バトミントン

関連記事
バトミントンの打ち方のサイドハンドストロークって?
バトミントンのグリップの握り方って?
バトミントンのラケットの選び方って?
バトミントンの打ち方の基本って?

スポンサードリンク


バトミントンのグリップの握り方って?

バトミントンのグリップの握り方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バトミントンのグリップの握り方って、大きく分けると二通りあるようですね。それは、イースタングリップとウエスタングリップなんです。フィンガーグリップやローリンググリップ、フォアハンドグリップ等という呼び方を聞いた事はありませんか?これらはイースタングリップの別名として呼ばれている名前なようで、持ち方はイースタングリップと同じなようです。床に対してラケットを垂直にし、グリップに握手をするように握る最も一般的な握り方と言われているようですね。

又、イースタングリップに対し、ラケットを床に平行にして、真上から握る握り方をウエスタングリップと呼ぶようです。このウエスタングリップは、ネット際でプレイする場合に有効な握り方なようで、通常では打ちにくい握り方となっているようですね。それに、イースタングリップの位置を変える事で、バックハンド側の打球を打つ事の出来るバックハンドの握り方にする事が出来るようですよ。このように、バトミントンのグリップの握り方は、握る位置も重要なようです。グリップを短く持つと、遠心力を使う事が出来なくなり、球の威力が弱くなってしまうようです。では、逆に、グリップエンドを超えて長く持つとどうなるかと言うと、ラケット面からグリップまでの距離が延びる事で遠心力がつき、球の威力も強くなるようですね。ただ、長い分だけコントロールがしにくくなってしまうようですので、グリップを握る位置は、グリップエンドに手の平の下部がかかるくらいがベストなようですね。プレイの状況等に合わせて、これらのグリップの握り方を使い分ける事で、プレイの幅も広がるでしょう。

楽天で見る⇒バトミントン グリップ

関連記事
バトミントンの打ち方のサイドハンドストロークって?
バトミントンに必要な道具って?
バトミントンのラケットの選び方って?
バトミントンの打ち方の基本って?

スポンサードリンク


バトミントンのラケットの選び方って?

バトミントンのラケットの選び方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バトミントンのラケットには、たくさんの種類があるようですよね。バトミントンのラケットは、ぶつけても折れる心配が殆どない使い捨てとして使用されているスチールのラケット、主にレジャー用や初心者の練習用として利用されるアルミのラケット等がありるようです。又、主に競技用に利用され、攻撃的な飛びをサポートする事の出来るカーボンのラケット、カーボンフレームにチタンを利用する事で安定性を高め、コントロール性をあげているチタンのラケット等もあるようですね。バトミントンのラケットを選ぶ場合に、もう一つポイントとなるのはラケットのバランスのようです。

ラケットのバランスには、重心が手元に近いトップライトと呼ばれるものと、重心が頭に近い部分にあるトップへビーと呼ばれるもの、トップライトとトップへビーの両方の特性を合わせたミディアムの三種類があるようです。トップライトのラケットは、振り上げるスピードが速くなるようで、ネット際のプレイに対応した俊敏な動きが可能なラケットのようです。又、トップへビーのラケットは、遠心力や重力を利用する事が出来るようで、強い打球を打つ事が可能なようです。ミディアムのラケットは、重心が真ん中にある為、幅広いプレーヤーが利用出来るようですよ。他にも、バトミントンのラケットは、グリップの太さも選ぶ事が出来るようですし、ガットの太さやガットの張り上げ具合によってもでき上がりが違ってくるようですね。なので、プレイスタイル等に合わせて、ラケットを選ぶと良いかもしれませんね。

楽天で見る⇒バトミントン ラケット

関連記事
バトミントンの打ち方のサイドハンドストロークって?
バトミントンに必要な道具って?
バトミントンのグリップの握り方って?
バトミントンの打ち方の基本って?

スポンサードリンク


バトミントンの打ち方の基本って?

バトミントンの打ち方の基本って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バトミントンの打ち方の基本って言うのは、手首を使う事なようですね。主な打ち方としては、オーバーヘッドストロークとサイドアームストローク、アンダーハンドストロークの三通り有るようで、それぞれをフォアハンドとバックハンドで打つ合計六通りの打ち方があるようです。最もよく使われる打ち方は、頭上にきたシャトルに対し、ラケットを思い切り振り抜く、オーバーヘッドストロークのフォアハンドのようですよね。野球のピッチャーをイメージすると良いようです。ピッチャーは身体をひねり、力を溜めてから振りかぶって重心を前に移して投げますよね。オーバーヘッドストロークのフォアハンドもこれと同じ原理なようで、身体をひねって溜めた力を利用し、肩よりも前の位置で振り抜き、シャトルを打つようです。又、逆サイドにきた高いシャトルを打つ時には、オーバーヘッドストロークのバックハンドを利用すると良いようですね。

サイドアームストロークのフォアハンドは、踏み出した足に重心を掛けて、左右に展開される攻撃に対応する打ち方のようです。サイドアームストロークのバックハンドも左右のシャトルに対応するようですが、フォアハンドよりも守備範囲が広く、手首の回転が重要になるようですよ。又、アンダーハンドストロークのフォアハンドとバックハンドは、高く深い位置に打ち上げる事の出来る打ち方のようで、守備の為に利用される強いストロークとなっているようです。これらの打ち方を基本に、バトミントンを存分に楽しんで下さいね。

楽天で見る⇒バトミントン 打ち方

関連記事
バトミントンの打ち方のサイドハンドストロークって?
バトミントンに必要な道具って?
バトミントンのグリップの握り方って?
バトミントンのラケットの選び方って?

スポンサードリンク