卓球のダブルスの基本的なルールや戦術って?

卓球のダブルスの基本的なルールや戦術って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。二人のペアを作って試合を行うのが卓球のダブルスなんですよね。ルールはシングルスと変わらず、試合前にじゃんけんをして、勝った方がサービスかレシーブを選択する事が出来るようです。シングルスと違うところは、必ず交互に打球を打たなくてはいけないというルールがあるところかも・・・。

一番最初のサービスは、対角線上の相手に打たなくてはならないので、そのサービスをレシーブした相手がそのゲーム中、ずっと自分の打った球を返球してくる相手となるようです。テニスやバドミントンと違って、必ず交互に打球を打たなくてはいけないところが卓球のダブルスのルールの特徴だと言えるようです。しかも、この打順を間違えてしまうと相手の得点になってしまうようなので、注意しましょうね。

卓球のダブルスでは、右利きと左利きのコンビが一番理想のコンビだと言えるようです。サーブについてなんですが、フォア側にバウンドさせてから、相手側のコートのフォア側にバウンドさせなければならないというルールがあるようですよね。この場合、長いサーブはあまり打たないようにして、短くてキレのあるカットサーブや回転が少なく短いナックルサーブを打てば、返球してくる時にスマッシュやドライブで返される確率が低くなるかも・・・。

もし、バック側に返球されてしまったとしても、ダブルスはパートナーがいますから、多少戻りが遅くなってしまっても大丈夫ですよね。卓球のダブルスは、サーブの戦術が重要になってくるようです。ダブルスの上手いチームだと、次はこんなサーブを打っていくよ等と、お互いにサインなどを出し合っているようです。

楽天で見る⇒卓球 ダブルス

関連記事
卓球の基本的なルールって?
卓球のドライブ型とカット型、どっちが良いの?
卓球のサーブで回転をかけるにはどうすれば良いの?
卓球のレシーブの種類って?
卓球の練習って何をどうすれば良いの?

スポンサードリンク


卓球の基本的なルールって?

卓球の基本的なルールって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。卓球は、その発祥についてはいろいろな説が有ると言われているようですが、日本に入ってきたのは1902年なようですね。あまりルールもよく分からずにやってしまいがちな卓球なんですが、正式なルールを簡単にまとめてみますね。

先ず、卓球では、試合前に審判立会いの元で行われるジャンケンによって、勝った方がレシーブかサーブを選択する事が出来るようです。サーブも正式にはサービスと言われているようですね。サービス権は二本打ったら交代となり、どちらかがサービス、又は、レシーブをミスすると相手に1点加えられます。先に11点取った方が勝ちとなりますが、10対10になってしまった時は、先に2点取った方が勝ちとなります。

一試合は7ゲーム制、又は、5ゲーム制のどちらかなようです。7ゲーム制なら4ゲーム先取、5ゲーム制であれば3ゲーム先取したチームが勝利となるようです。ただ、最終ゲームの時だけは、5点先取した際にコートをチェンジするルールになっているようですね。

試合形式は、シングルス、ダブルス、団体戦があるようです。シングルスは、基本的に上記にあげてきたルールをそのまま適用するようです。ダブルスになると、ペアが交互にレシーブをしなくてはいけないというルールが加わります。サービスを打てる範囲も自分の対角線上にしか打つ事が出来ないようなので、必然的に最初のレシーバーも決まってくるようですね。その他のルールは、それほどシングルスと変わりはないようです。団体戦は一チームが3人で形成され、シングルスで試合をし、先に3勝したチームが勝利となるようなので、最大試合数は5試合になるようです。

楽天で見る⇒卓球のルール

関連記事
卓球のダブルスの基本的なルールや戦術って?
卓球のドライブ型とカット型、どっちが良いの?
卓球のサーブで回転をかけるにはどうすれば良いの?
卓球のレシーブの種類って?
卓球の練習って何をどうすれば良いの?

スポンサードリンク


卓球のドライブ型とカット型、どっちが良いの?

卓球のドライブ型とカット型、どっちが良いの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。一見、単純そうな卓球なんですが、構える位置やどのような戦術をとるかによって、いろいろな戦い方をする事が可能なようですね。

その中でも、よく試合中に見られるスタイルとして、ドライブ型とカット型があります。この二つのスタイルの大きな違いは、攻撃を重視したスタイルがドライブ型で、守備を重視したスタイルがカット型になるようです。

先ずは、ドライブ型から説明してみますね。このスタイルは世界で最も一般的なスタイルなようですが、ヨーロッパの選手に多く見られるようです。ラケットの裏表共にソフトラバーを貼り、フォアやバック両方からドライブをかけて攻撃していくスタイルなんです。ドライブマンと呼ばれる事もあるかも・・・。

次は、カット型なんですが、カット型は、相手のミスを誘う為に、下回転をつけるスタイルの事を言うようです。カット型のプレイスタイルは、ボールの速度が遅かったりもするので、見ていると攻撃的な感じはしないかも・・・。卓球台から少し離れた位置で、スマッシュ等をレシーブしている姿を何度かあなたもテレビで見ているかも・・・。これも卓球のスタイルの一つなようです。

攻撃型ではないので、このスタイルを使って戦っている方は少数派なようですが、守備に自信のある方なら、このスタイルは良いかも・・・。このようにスタイルなどと言って、ドライブ型やカット型と名前をつけているものの、卓球の戦い方は細かく分けていったらきりがないくらいあるようです。自分に合った戦いやすいスタイルを見つける事が出来れば良いですね。

楽天で見る⇒卓球 ドライブ型

関連記事
卓球のダブルスの基本的なルールや戦術って?
卓球の基本的なルールって?
卓球のサーブで回転をかけるにはどうすれば良いの?
卓球のレシーブの種類って?
卓球の練習って何をどうすれば良いの?

スポンサードリンク


卓球のサーブで回転をかけるにはどうすれば良いの?

卓球のサーブで回転をかけるにはどうすれば良いの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。先ずは、よく耳にするドライブサーブの打ち方について説明してみますね。ドライブサーブを打つ場合、ボールを上に投げて、ラケットをボールに被せるようにして、ボールの上部分を擦るような感じで斜めに振り抜きます。この場合、打点が高いと、相手のコートのボールが入った時、スマッシュの絶好の機会を与えてしまう事になるので、注意して、なるべく低い打点を狙うと良いでしょうね。

では、下回転のサーブを打ちたい時にはどのようにしたら良いんでしょう。これは、卓球台とラケットの面を平行にして、ボールの下側を擦るようにして打ちます。より回転をかける為には、ボールがラケットに触れる瞬間に、手首の動きを早めると良いようですよ。

このように、サーブ別に回転のかけ方を説明しましたが、初心者の方だと回転をかける事だけでもとっても苦労します。でも、卓球台が無くても、サーブならラケットとボールさえあればどこでも練習する事が出来ますよね。ボールを投げて、ラケットで擦りあげるような感じをひたすら繰り返しやってみて下さい。そのうちコツを掴み、ボールの回転をより多くかけたりする事も出来るようになると思いますよ。

卓球台を使って練習する場合に有効な練習方法としては、ゆっくりとボールを転がし、台からボールが落ちる瞬間にボールを打ちます。そうすると、先ほどもお話したように、ボールを上に擦り上げるような感じになるので、回転がかかります。回転がかかった時の感覚を体にしみ込ませる為にも、繰り返し練習をすると良いでしょう。

楽天で見る⇒卓球ラケット

関連記事
卓球のダブルスの基本的なルールや戦術って?
卓球の基本的なルールって?
卓球のドライブ型とカット型、どっちが良いの?
卓球のレシーブの種類って?
卓球の練習って何をどうすれば良いの?

スポンサードリンク


卓球のレシーブの種類って?

卓球のレシーブの種類って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。卓球の初心者の方には、レシーブする事もなかなか難しいことでしょうが、やはり、最初はきちんと相手のいるコースに返せるようにならなくてはね。その後、いろいろなレシーブの方法を使えるように練習すると良いでしょう。

卓球のレシーブには、いろいろな種類があるようです。先ずは、基本的なレシーブとして、”つっつき”を覚えると良いかも・・・。つっつきは、卓球台と平行に、やや先端を下げた角度でボールの下側をカットするレシーブなようです。下回転がかかってきた場合に、同じく下回転をつけて跳ね返す方法なようですね。下回転のかかったボールを普通に打ち返そうとすると、ネットにかかってしまったり、自分のコートに跳ね返って落ちてしまったりするようです。

ですが、つっつきを使えば、ボールを思うようにコントロールする事が可能なようです。ここで重要なのが、ラケットの角度なようです。ラケットの角度がちょっと違うだけで、高いボールを相手に返してしまい、スマッシュするチャンスを与えてしまう事にもなりかねません。何度も練習して、ベストな角度を自分自身で発見するのが良いでしょうね。

上達してくると、フリックレシーブやストップレシーブ等も使う事が出来るようになるようです。フリックレシーブって言うのは、下回転をかけてきたサーブに対して、上回転をかけてレシーブする方法なようです。このレシーブは攻撃的なレシーブと言われているようです。

その反対に、守備的なレシーブと言われているのが、ストップレシーブなようですね。相手が返球してきたボールが自分のコートでバウンドした直後に、相手のコートの際を狙うレシーブ方法なようです。相手の打ち方やボールの回転の仕方によって、レシーブ方法を見分けられるようになるのが理想なようですが・・・。

楽天で見る⇒卓球 レシーブ

関連記事
卓球のダブルスの基本的なルールや戦術って?
卓球の基本的なルールって?
卓球のドライブ型とカット型、どっちが良いの?
卓球のサーブで回転をかけるにはどうすれば良いの?
卓球の練習って何をどうすれば良いの?

スポンサードリンク


卓球の練習って何をどうすれば良いの?

卓球の練習って何をどうすれば良いの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。どんなスポーツでも、やはり、基本が肝心ですよね。卓球では、レシーブとサービスをまず最初に練習して、身に付ける必要があるかも・・・。先ずは、レシーブです。これが出来ないと、卓球そのものを楽しむ事が出来ないので、最初にレシーブを徹底的に練習するのが良いでしょう。

右利きの方は、左足をわずかに前に持っていき、両膝を軽く曲げ、自然な感じで構えて下さい。始めのうちは、レシーブしようとするのではなく、ラケットに向かってきたボールにただ当てるような感覚で良いと思います。それを繰り返していくうちに、ラリーをするコツを掴んでいくはず・・・。

次は、サービスなんですが、サービスも試合をする為には、必ず習得しなくてはいけませんよね。もし、初心者ならば、ボールを手の上に乗せて投げる。そこから始めてみましょう。正式な卓球の試合では、手の平から16cm上に投げなくてはいけないようなので、その練習もして下さいね。投げたボールが落下する時に、ボールを打ち返して相手のコートに確実に入るように、これも何度も繰り返し練習する必要があるんですよね。

あと、卓球の技術的な面以外では、フットワークを鍛えておくと良いかも・・・。足腰を鍛えておくと、ボールに素早く反応する事が出来るでしょう。技術面では、とにかく、反復練習を重ねる事が大事なようです。どんなスポーツでも、これをやれば必ず上達するなどという練習方法はないようなので、自分に合った練習の仕方を見付けると良いでしょう。その中で、自分がサービスが苦手ならサービスを、レシーブが苦手ならレシーブを感覚が掴めるまで練習する事をお勧めします。

楽天で見る⇒卓球 練習方法

関連記事
卓球のダブルスの基本的なルールや戦術って?
卓球の基本的なルールって?
卓球のドライブ型とカット型、どっちが良いの?
卓球のサーブで回転をかけるにはどうすれば良いの?
卓球のレシーブの種類って?

スポンサードリンク


卓球のサーブの打ち方は?

卓球のサーブの打ち方は?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。卓球におけるサーブの打ち方には、いろいろな種類があるようですが、どのサーブにも共通するルールがあるようです。それはサーブトスの時に、最低16cm以上のトスを上げる事、球を隠すように打たない事、サーブ時にラケットが卓球台の下であっても良いという事なようですね。卓球のサーブは、このルールを守って打たなくてはいけないようですね。その為には、ルールに則ったサーブの打ち方を練習するのが良いでしょう。

先ず、手の平を床と平行にし、手の平の上に転がっていかないように球を乗せます。その後、肘から先を使って、垂直に放りあげるようにトスを上げあげます。この時に、16cm以上投げなくてはいけないので、16cm以上上がっているかを確認しながら練習すると良いですね。トスで上げた球が最高点に達して、落ちてくる時にサーブを打ちます。ですが、トスの高さが高くなればなるほど、打つタイミングがとりにくいようで、サーブがとっても難しくなるようですので、トスをただ高く放り上げるだけではなくって、上げる高さにも気を付けましょうね。

又、卓球台の上でトスを投げる事も反則になるようなので、卓球台から離れた位置でトスを上げて下さいね。卓球のサーブでは、自分のコートにワンバウンドさせてから、相手のコートに入れなくてはいけません。最初は難しいかもしれませんが、何度もやるうちに身体が慣れてくるようですので、何度も繰り返しサーブの打ち方を練習しましょう。サーブは、卓球をプレイする上で絶対に必要となるものです。なので、正しいサーブの打ち方を身に付けて、実践で使えるようにすると良いですね。

楽天で見る⇒卓球 サーブ 打ち方

関連記事
卓球のサーブの種類って?
卓球のレシーブのコツって?
卓球のラケットの握り方は?
卓球のラケットの種類って?
卓球の基本の構えやフォームは?

スポンサードリンク


卓球のサーブの種類って?

卓球のサーブの種類って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。卓球のサーブには、いろいろな種類があるようですね。例えば、下回転サーブや横回転サーブ、ナックルサーブやバックハンドサーブ、天井サーブや王子サーブというものも有るようです。下回転サーブは、球に下回転をつけるサーブの事なようで、球の下の方を斜めに切る様にして打つと良いようです。下回転サーブは、下回転の鋭さがポイントのようで、鋭ければ鋭いほど、相手が返しにくい球となるかも・・・。又、横回転サーブは、打った球が横に曲がるサーブなようで、横に切るように繰り出されるサーブの為、別名横切りサーブとも呼ばれているようです。横回転サーブは、相手の対角線上の台の端に立ち、相手のバックハンド側に打つようです。相手のスマッシュやドライブを防ぐ事が出来るサーブなようで、比較的打ちやすいサーブと言えるのかも・・・。

ナックルサーブは、無回転サーブと呼ばれているようで、回転のかからない、ただ前に押し出しているだけのサーブなようですよ。一見、簡単なように感じるんですが、初心者の方には難しいサーブなようですよ。このサーブは、下回転サーブに見せかけて体ごと下方向にずらし、ボールを前に押し出すように打つといったちょっとしたテクニックが必要となるようです。他にも、バックサーブというバックハンド側から打つサーブや、高い位置にトスを上げる天井サーブ、世界卓球でも必殺サーブとして利用されている王子サーブ等、卓球にはたくさんの種類のサーブが有るようです。いろいろな種類のサーブを練習して打てるようになると、卓球がより楽しくなるかもしれませんね。

楽天で見る⇒卓球 サーブ

関連記事
卓球のサーブの打ち方は?
卓球のレシーブのコツって?
卓球のラケットの握り方は?
卓球のラケットの種類って?
卓球の基本の構えやフォームは?

スポンサードリンク


卓球のレシーブのコツって?

卓球のレシーブのコツって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。卓球のレシーブのコツは、相手がどんな回転のボールを打ってくるかを見極める事なようです。相手のボールの回転に合わせて打つ為には、先ず、ボールの回転の特性を知って、回転に対応したレシーブを繰り出す事が必要となってくるようです。ラケットに対して垂直にボールが当たった場合、上回転のかかったボールは上の方へ跳ね返るようです。逆に、下回転のかかったボールは下方向へ、右回転のかかった球は右へ、左回転のかかった球は左へ跳ね返るようです。上手くレシーブをするには、これらの回転に合わせてラケットの角度を調節しましょう。

基本となるレシーブには、つっつきレシーブやストップレシーブ、フリックレシーブ等があるようです。つっつきレシーブは、下回転のボールを受ける時にコントロールしやすく、卓球台と平行、もしくは、先端を下げた角度で、相手のボールの下側をカットするのがコツなようです。又、ストップレシーブは勢いのある相手の攻撃をストップさせ、流れに変化をつけるレシーブといっても良いかも・・・。レシーブは相手のネット際に落とすように打つと、得点に繋がりやすいようですよ。フリックレシーブは、下回転のかかった相手の球に上回転をかけて打ち返すレシーブ方法なようです。手首の素早い返しがコツなようで、ボールの上をカットするように打つのが良いようです。ボールに対するレシーブの仕方や、ラケットの角度等のレシーブのコツをしっかりと掴んで、ゲームで上手く使えるようになると良いですね。

楽天で見る⇒卓球 レシーブ

関連記事
卓球のサーブの打ち方は?
卓球のサーブの種類って?
卓球のラケットの握り方は?
卓球のラケットの種類って?
卓球の基本の構えやフォームは?

スポンサードリンク


卓球のラケットの握り方は?

卓球のラケットの握り方は?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。卓球のラケットの握り方は、ラケットの種類によって異なるようですね。シェイクハンドの場合は、ラケットの根元に手を近づけて、人差し指をラバーに固定し、残りの指で握手をするようにグリップを握ります。この時にラケットの根元と手が離れてしまうと、ラケットをコントロールしにくくなる事があるようなので気を付けましょう。それに、握る時に力が入ってしまうと、手首の自由が制限されてしまうようなので、軽く握るようにすると良いようですよ。

又、ペンホルダーの場合は、先ず、グリップの根元をペンを持つように握ってみましょう。親指と人差し指でしっかりとグリップを囲むように握る事が出来たら、これがペンホルダーの握り方となるようです。握る時には、裏側に添える指は開かないようにするのがポイントなようですよ。裏の指が開いてしまうと、バックハンドを打つ時に手首の返しがしにくくなってしまうので気を付けましょう。それに、ペンホルダーの握り方は、日本式のラケットと中国式のラケットで、握り方が少し異なるようです。日本式の場合は、ラケット面が安定しやすいように、指を伸ばす握り方をするようです。中国式の場合は、バック面を使う事が多い為、指を曲げて握る事が多いようですね。シェイクハンドの場合もペンホルダーの場合も、ラケットを握る時には、深めに握る、浅めに握る等の方法があるようですが、これらは個人差があるようなので、打ちやすい、スイングしやすい、握りやすくてしっくりくるポジションを自分で探してみると良いですね。卓球、楽しんで下さいね。

楽天で見る⇒卓球 ラケット

関連記事
卓球のサーブの打ち方は?
卓球のサーブの種類って?
卓球のレシーブのコツって?
卓球のラケットの種類って?
卓球の基本の構えやフォームは?

スポンサードリンク