バトミントンのプッシュの打ち方やコツって?

バトミントンのプッシュの打ち方やコツって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バトミントンのプッシュって言うのは、ネット際から相手コートにシャトルを押し戻すような感じで打つ方法なようですよね。この時、出来るだけ相手コートのネット際近くに落とすように打つのが、効果的なようですよ。バトミントンはかなりスピードの早いスポーツのようですから、お互いに打つ、返るのリズムを自分の中で予測しながら動くようです。

バトミントンのプッシュは、このリズムを断ち切る事で、相手のミスを誘うのが目的なようです。自分が打った直後に戻ってくる打球に、相手はリズムを狂わされ、落ちてくるシャトルに追いつくのがやっとになりますよね。その上、更にネット際まで走らなければならないとなると、ミスする確率がぐっと高まるわけです。攻撃方法としては、スマッシュに比べて地味なようですが、とっても効果的な攻撃方法の一つなようです。この時、一番気を付けなければならない事は、勢い余ってラケットの振りが大きくなり過ぎる事なようです。ネット際まで一気に走りこんで押し返すので、そのスピードの勢いでラケットの振りが大きくなると、ラケットがネットに触れてタッチネットの反則を取られてしまう事も・・・。ですから、タッチネットだけは気を付けましょうね。

コツとしては、ダッシュでネット際まで走り、ラケットの振りは最小限に抑えて、プッシュの名の通り、打つというよりは、押し出すつもりで打つ事でしょうか。そうすれば、相手のネット際に落としこむ事が出来るかも・・・。プッシュが成功したら、相手がミスをする可能性が高まり、上手く打ち返してきたとしても絶好のスマッシュを打てるチャンスを迎えることが出来るかもしれませんよ(笑

楽天で見る⇒バトミントン プッシュ 打ち方

関連記事
バトミントンのドロップの打ち方やコツって?
バトミントンのドライブの打ち方って?
バトミントンのスマッシュの打ち方は?
バトミントンのカットの打ち方やコツは?
バトミントンのヘアピンの打ち方やコツって?

スポンサードリンク


バトミントンのドロップの打ち方やコツって?

バトミントンのドロップの打ち方やコツって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バトミントンで言うドロップって言うのは、一般的な遊びのバトミントンでも行われる打ち方なようですよね。一番基本的で、且つ簡単な打ち方なようで、頭上高くから落ちてくるシャトルを自分の頭上で打ち返す方法なようですね。スマッシュの基本も、このドロップと同じフォームでの打ち方になるようです。ですが、バトミントンでのドロップは、ただそのように打ち返すのが目的ではないようです。遊びや練習では、ラリーを続かせる為に、相手に打ちやすい球を打ち返す目的で行われるドロップなようですが、試合では相手が一番拾いにくい場所であるコートのネット際に落とす事を目的とするようです。相手コートに入ったシャトルは、後方ライン際に、高く、ゆっくりとしたスピードで入るのが一番拾いやすくなり、又、相手に格好なスマッシュを打たせるタイミングを作ってしまうようです。

ですから、相手が拾って、こちらのコートに入れるだけで精一杯、というようなライン際に落とす目的で打つのがドロップなようですよ。後方に構えている相手を前方に走らせて、タイミングを狂わせる目的もあるようですね。つまり、ライン際で落ちるような、絶妙な力加減とコントロールが必要な打ち方なようです。又、相手に事前に弱い球が来る事を察知されては効果が半減してしまいますから、高度な技術を要するのは言うまでもありませんよね。そのコツは、打つ瞬間に力を抜く事なようです。これは練習で身体に覚えこませるしかないようですが、簡単ではないかも・・・。打つ瞬間に、ラケットの面を垂直にシャトルに当てて、シャトルを押し出すような感じで打つのが良いようですね。

楽天で見る⇒バトミントン ドロップ 打ち方

関連記事
バトミントンのプッシュの打ち方やコツって?
バトミントンのドライブの打ち方って?
バトミントンのスマッシュの打ち方は?
バトミントンのカットの打ち方やコツは?
バトミントンのヘアピンの打ち方やコツって?

スポンサードリンク


バトミントンのドライブの打ち方って?

バトミントンのドライブの打ち方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バトミントンのドライブって言うのは、主にダブルスで行われる手法の一つなようですね。ドライブはサイドアームショットの一つなようで、床と平行にショットを繰り返す、シャトルの滞空時間が短く早いリズムですぐに自分が打ち返す順番が来てしまう打ち方なようです。一般的には、ダブルスの前衛同士でドライブショットを打ち合いながら、お互いに攻撃チャンスを狙うのが目的で行われるようです。高くあげてしまうと、相手にプッシュやスマッシュのチャンスを与えてしまい、逆に低過ぎるとネットにかけてしまうようなので、初心者の方にはなかなかラリーが難しいショットなようですね。又、早いリズムで自分の打つ順番になる為、あまりラケットの振りを大きくしてしまうと、次の自分の順番に間に合わなくなってしまうようです。

ドライブは、基本ショットでありながら、なかなか高度な技術を要するショットになるようですから、最初はどれだけラリーを続けられるかの練習がとっても大事なようです。自分の打つリズムや振りのタイミングを身体で覚える為にも、ドライブでラリーを続ける練習をする必要があるようです。ドライブの練習を始める時には、ネットを外して練習するのも効果的なようです。上達してきたらネットを張って、なるべく早いスピードでラリーが続くように練習すると良いようです。ラリーが続くようになったら、その早いタイミングの中で相手の打ちにくい場所や、出来るだけ低い打球を返す練習を積みます。更に、フォアハンドだけでなく、バックハンドでも完璧に打ち返せるよう練習をすると良いようですよ。

楽天で見る⇒バトミントン 打ち方

関連記事
バトミントンのプッシュの打ち方やコツって?
バトミントンのドロップの打ち方やコツって?
バトミントンのスマッシュの打ち方は?
バトミントンのカットの打ち方やコツは?
バトミントンのヘアピンの打ち方やコツって?

スポンサードリンク


バトミントンのスマッシュの打ち方は?

バトミントンのスマッシュの打ち方は?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バドミントンの決めと言えば、高速のスマッシュに尽きますよね。試合で勝つ為には、どうしても高速で正確なスマッシュが必要になってくるかも・・・。ですが、そのようなスマッシュを打つのは容易ではないでしょう。殆どの場合、スピードを優先するとコントロールが悪くなってオーバーしてしまったり、コントロールを優先するとスピードが落ちて拾われてしまったりと・・・。でも、それはあなたに限ったことではないですよね。誰でも一度は同じ道を歩みます。克服するには、ともかく練習するしかないようですね。

スマッシュの練習方法はいろいろ有るようですが、大きく分けると二つなようです。先ず、スピード優先で打ちながら、徐々に身体で覚えてコントロールを付ける方法。逆に、コントロール重視で正確に打てるように練習を積みながら、徐々にスピードがつくよう力を込めていく方法なようです。人によって上達には違いがありますから、どちらが正しいというものではないようです。先ずは、自分に合うと思う方法を選びましょうね。

では、スマッシュを打つ時のコツは何でしょう?これは、基本的な事なんですが、シャトルが落ちてくる地点を正確に予測して、シャトル落下点の真下に入る事なんです。これが出来なければ、どんなに力強く打っても打点が上手く捉えられずに、スピードが得られなかったり、コントロールに乱れが出てしまうようです。スピードを出す為には、そのフォームも重要なようで、シャトルの落下地点を見極める為にも、ラケットを持っていない方の腕で、落ちてくるシャトルの目標を定めながら、打つ瞬間には、その腕を振り下ろす反動も利用すると良いようですね。

楽天で見る⇒バトミントン スマッシュ 打ち方

関連記事
バトミントンのプッシュの打ち方やコツって?
バトミントンのドロップの打ち方やコツって?
バトミントンのドライブの打ち方って?
バトミントンのカットの打ち方やコツは?
バトミントンのヘアピンの打ち方やコツって?

スポンサードリンク


バトミントンのカットの打ち方やコツは?

バトミントンのカットの打ち方やコツは?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バトミントンのカットって、打ち返すシャトルに回転を加える技なようですよね。バトミントンでは、どこにシャトルが落ちるかを予測して、シャトルの落下地点にいかに早く到達するかが大きく試合結果に繋がるようです。ですから、シャトルを打ち返す時に、シャトルの落下地点の目測を見誤らせる事がとっても重要になってくるようですね。その為に、バトミントンで打ち返す時のフォームは殆ど同じオーバーヘッドで打ち返しながら、打ち返す瞬間の力加減やラケットの向き等によって、様々な打ち方のコントロールを行うのが良いようですね。

カットは、その手法の中の一つなようですよね。打ち返すシャトルに回転が加わる事によって、打った瞬間は力強く飛ぶようですが、回転する空気抵抗によってどんどん速度が落ちて、落下点が予測しづらくなるようです。カットの打ち方は、打つ瞬間にラケット面を斜めにして、シャトルを擦るような感じで打ちます。この時のラケットの角度によって、シャトルの飛び方や落ち方を加減するようです。この時の打ち返し方が、ラケットを斜めにしてシャトルを切るように見える事からカットと呼ばれているようですね。シャトルの落ちてくる方向が、身体の正面向きか否かによって、リバースカットの方法もあるようですが、やはり、同じようにラケット面を斜めにして、シャトルを擦るようにして打ち返します。リバースカットでは、ラケット面を外側に向けるのがコツなようですよ。

楽天で見る⇒バトミントン カット 打ち方

関連記事
バトミントンのプッシュの打ち方やコツって?
バトミントンのドロップの打ち方やコツって?
バトミントンのドライブの打ち方って?
バトミントンのスマッシュの打ち方は?
バトミントンのヘアピンの打ち方やコツって?

スポンサードリンク


バトミントンのヘアピンの打ち方やコツって?

バトミントンのヘアピンの打ち方やコツって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。バトミントンのヘアピンって、基本ストロークの一つなようですよね。打ち方としては、落ちてくるシャトルに対して、下からラケットを振り上げ、打ち上げるようにして打ち返します。この時の目的は、相手コートの出来るだけ浅いところに、弱い力で落とす事なようです。ダブルスの場合だと、前衛に選手がいますから、ヘアピンを使うのは絶好のスマッシュチャンスを与えてしまう事になるようですが、シングルスでは有効な攻撃手段の一つかも・・・。弱い力でコートの浅い場所に打ち返されたシャトルに、相手選手はコート前面まで走りこまなくてはならなくなります。そして、追いついたとしても、やはり、ヘアピンで返さざるを得ませんよね。

つまり、先にヘアピンで返して、ネット際に待ち構えていたあなたの目の前に、絶好のスマッシュチャンスが訪れるというわけなんですね。ですから、見た目は地味でも、シングルスにおいては有効な攻撃手段の一つと言えるようです。このヘアピンのコツは、出来るだけ相手のコートの浅い位置に落とす事と、高く打ち上げない事なようです。高く打ち上げてしまえば、それだけ相手がコート全面まで走りこむ時間を与えてしまう事になるようですし、場合によっては、相手にスマッシュチャンスを与えてしまう事にも・・・。その為、出来るだけネットの高さギリギリ程度の低い打球で、相手コートの出来るだけネット際近くに落とす事が出来るようにする必要があるようですね。

楽天で見る⇒バトミントン ヘアピン 打ち方

関連記事
バトミントンのプッシュの打ち方やコツって?
バトミントンのドロップの打ち方やコツって?
バトミントンのドライブの打ち方って?
バトミントンのスマッシュの打ち方は?
バトミントンのカットの打ち方やコツは?

スポンサードリンク