ソフトボールのピッチングで今よりもコントロールを良くする為には?

ソフトボールのピッチングで今よりもコントロールを良くする為には?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。ピッチャーをやっている方ならば、きっとどなたもが今よりもコントロールを良くする為には何をしたら良いかと考えているかも・・・。

では、ソフトボールのピッチングにおいてコントロールを良くする為には、一体どうしたら良いんでしょう。先ず、コントロールを良くすると言う事は、決してストライクを投げる事ではないようですね。つまり、自分の思った通りのコースに、ボールを投げる事が出来ると言う事が大切なようです。

又、ソフトボールのピッチングにおいては、ブラッシングでコントロールが決まると言っても過言ではないようです。安定したブラッシングが出来るようになると、ボールのコントロールも良くなるようですし、スピードも自然と上がるようになるようです。

ただ、ブラッシングを始めたばかりだと、当たる腕や腰が痛くなる場合が多いようで、このままで良いのか迷う人も出てくるようですね。確かに、当たり過ぎのブラッシングは腕を痛める場合もあるようですので、そのような場合には軽くかするぐらいに調節するのが良いようですが・・・。

この場合、腕が強く当たり過ぎたり、弱く当たったりする場合には、投げるフォームも一定になっていないと言う事なので、先ずはフォームを安定させるようにする事が重要なようですね。ブラッシングは慣れるに従って痛みも無くなってくるようですので、必ず行うようにしましょうね。

又、足腰が安定していないと、いくらブラッシングをしてもコントロールは良くならないようです。なので、ランニングやダッシュを意識的に練習メニューに加えて、下半身の強化に努めるようにするのが良いかもしれませんね。

楽天で見る⇒ソフトボール ピッチング

関連記事
ソフトボールで今よりも守備力を強化する為には?
ソフトボールで今よりも守備力を強化する為には?
ソフトボールでのバントの基本って?
ソフトボールのバッティングの基本って?
バッティングで今よりも強いあたりを打つには?
ソフトボールと野球の違いって?

スポンサードリンク


ウィンドミル投法とスリングショット投法の違いって?

ウィンドミル投法とスリングショット投法の違いって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。ウィンドミル投法とスリングショット投法の違いを簡単にお話してみますね。

ウィンドミル投法は、最も一般的で球速が速い投球方法だと言われているようです。現在では、この投法で投げる選手が殆どなようで、打者に対しても最も効果的な投法だとされているようですね。それとは逆に、スリングショット投法は、最近ではこの投法で投げる選手は殆ど見ることが出来ない程、使い手の少ない投球方法なようですね。

ウィンドミル投法は、投げる時に腕を大きく振るフォームが風車に似ている事から、このような名前が付けられたようです。この投法は、球をリリースする際、わざと太ももの辺りに肘から手首の間の部分を当て、手首をひねる事によってスピードや力の強度を調整しているようです。この手首のひねり方によっては、変化球を投げる事も可能になるようです。トップクラスの投手が投げると、体感速度は野球の投球の約160kmに相当する球速になるかも・・・。

スリングショット投法のスリングとは、パチンコの事を指しているようです。腕を後ろに大きく90度位まで振り上げ、その反動で前方に振り戻して投げる投球フォームがパチンコに似ている事から、このような名前が付けられたようです。

この投法はウィンドミル投法と違い、なかなか球速も上がらないようですし、変化球等もとっても投げにくいというデメリットがあるようです。ですが、ウィンドミル投法に慣れているバッターにとって、この投法はとっても打ちにくいフォームなようなので、使い手が少ない分、有効な投げ方かもしれませんね。

楽天で見る⇒ソフトボール ピッチング

関連記事
エイトフィギュア投法とアメリカ式ウィンミドル投法の違いって?
ソフトボールでチェンジアップとスライダーの投げ方って?
ソフトボールでシュートとドロップボールの投げ方って?
ソフトボールでストレートとカーブの投げ方って?
ソフトボールで今よりも球速を上げるには?

スポンサードリンク


エイトフィギュア投法とアメリカ式ウィンミドル投法の違いって?

エイトフィギュア投法とアメリカ式ウィンミドル投法の違いって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。腕を大きく8の字に振り投げる投法で、難易度がとっても高いと言われているのが、エイトフィギュア投法なようですね。

難易度は高いと言われているんですが、バッターにとってはとっても打ちにくい投法なようです。腕を大きく8の字に振り投げる以外は、ウィンドミル投法とあまり変わりはないようですが・・・。ボールを握ったまま、身体を左にひねりながら左上まで腕を上げ、上げた腕を右下に下ろしながら体をやや右にひねりましょう。

ボールを持った手を後ろに大きく振り上げたら、大きなステップで下半身を沈ませながら手を一気に振り下ろして、ボールをリリースするという投げ方がエイトフィギュア投法なようです。

そして、アメリカ式ウィンミドル投法は、日本式のウィンドミル投法が前に出る力を活かしているとすれば、アメリカ式は前に出る力と、更に、後ろ足と骨盤のひねりを大きく使っているのが特徴なようです。それに、日本式が腕の旋回の後半部分に力点を置いている投げ方だとするならば、アメリカ式は腕旋回の前半も後半も大きく振るという違いがあるようです。

ボールは三本指で握りましょう。人差し指と中指の間からボールがきちんと離れるかどうか、リリース後の指の向きがホームベース方向に向かっているかなどが重要なポイントになってくるようです。腕が腰にあたって引っかかってしまうと、回転が縦にかからない為、ただのスライダーっぽい変化球になってしまうので注意が必要なようですよ。スナップをかけるには、手首で弾いてから肘を曲げる事が大切かも・・・。

楽天で見る⇒ソフトボール ピッチング

関連記事
ウィンドミル投法とスリングショット投法の違いって?
ソフトボールでチェンジアップとスライダーの投げ方って?
ソフトボールでシュートとドロップボールの投げ方って?
ソフトボールでストレートとカーブの投げ方って?
ソフトボールで今よりも球速を上げるには?

スポンサードリンク


ソフトボールでチェンジアップとスライダーの投げ方って?

ソフトボールでチェンジアップとスライダーの投げ方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。ストレートと同じフォームなようですが、球速がストレートよりも遅い投法がチェンジアップなようですね。

速球との球速の差でバッターの意表をつく為の球種なようで、どのような局面でこの球種を使うかがとっても重要なポイントなようです。ストレートの速球が来ると思い、バッターが全力で振り抜いたら、こちらの勝ちですよね。

チェンジアップの基本的に投げ方は、ストレートを投げる時と同様なようですが、球を鷲掴みにする感じで握り、そのまま手のひらで押し出すように投げ、手の甲を上にしてキャッチャーにパーを見せるようにしてリリースすると良いようです。

チェンジアップは、ストレートの球速とチェンジアップの球速の緩急の差が、効果を高めてくれるようですね。バッターに読まれてしまうと、この球種はただ単に打ちやすい球となってしまうようなので、バッターに読まれないように自分なりに握り方や投球フォームを考えるのも良いかもしれませんね。

逆に、スライダーは速度の速い変化球なようですよね。球をリリースする時に、ボールの外側を切るようにして投げるのがスライダーの投げ方なようです。基本的には投げる腕の反対側へと曲がるようですが、このような横の変化だけではなくって、垂直方向にも少し変化するのがスライダーの特徴でもありょうです。

握り方や投球フォームがストレートと似ているようなので、バッターにストレートを投げると勘違いさせてスライダーを投げるのがとっても有効なようですね。スライダーの習得は、比較的簡単だと言われているようです。高速のスライダーだったり、縦に落ちるスライダーだったり、様々なスライダーを使い分けると、更にバッターを翻弄できるはず・・・(笑

楽天で見る⇒ソフトボール 投げ方

関連記事
ウィンドミル投法とスリングショット投法の違いって?
エイトフィギュア投法とアメリカ式ウィンミドル投法の違いって?
ソフトボールでシュートとドロップボールの投げ方って?
ソフトボールでストレートとカーブの投げ方って?
ソフトボールで今よりも球速を上げるには?

スポンサードリンク


ソフトボールでシュートとドロップボールの投げ方って?

ソフトボールでシュートとドロップボールの投げ方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。例えば、腕を内向きに回しつつも外側にねじりながら、小指と薬指の間から抜くようにして球をリリース。聞いているだけで難しそうな投げ方をするのがシュートなようですね。

手首を自由に使える投手でなければ、この球種は投げる事が出来ないと言われているほど、シュートは投げ方を習得するのが難しい変化球になるようです。でも、利き腕方向に変化していくので、バッターにとっての打ちにくさは天下一品かも・・・。非常に打ちづらい変化球なようなので、ゴロにするなど打ち取ることに向いている球種でもあるようです。実際、試合で投げている選手は殆どいないようなので、この球種の投げ方を習得出来れば、最大の武器になることは間違いないかも・・・。

野球でいうフォークボールであるドロップボールなんですが、この球種は打者の手前で下に落ちるのが特徴なようですよね。握り方はストレートと同じようで、やや浅めに握り、親指に力が掛かると回転がかかりにくくなります。それに、高めの位置で球をリリースする事も大切なようです。握り方よりも投げ方が重要なようですね。リリースする際に手首をひねる事で、下に回転をかけるように意識しましょう。

バッターにこの球種を読まれない限り、クリーンヒットさせるのはかなり難しいはず・・・。下に落ちる球種なので、空振りや当たったとしても内野ゴロでおさえる事が可能になるようです。バッターにはとっても有効な球種なようなんですが、キャッチャーにとってもかなり取りにくい球種なようなので、サインの確認などはしっかり行っておいくと良いようです。

楽天で見る⇒ソフトボール ピッチング

関連記事
ウィンドミル投法とスリングショット投法の違いって?
エイトフィギュア投法とアメリカ式ウィンミドル投法の違いって?
ソフトボールでチェンジアップとスライダーの投げ方って?
ソフトボールでストレートとカーブの投げ方って?
ソフトボールで今よりも球速を上げるには?

スポンサードリンク


ソフトボールでストレートとカーブの投げ方って?

ソフトボールでストレートとカーブの投げ方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。ピッチングの基本中の基本と言われているのがストレートなんですよね。変化球とは違って、真っ直ぐな球でバッターと勝負する為、鋭い回転とスピードが勝敗の鍵になるよです。

ストレートは、ボールの縫い目を直角に人差し指と中指で押さえて握り、それぞれのフォームからそのまま投げるだけの投法なようです。殆どの投手が基本とする投法で、このストレートを中心として試合中も球を投げるので、身体に最も負担の少ない投法だとも言われているようです。投球時には足のステップが重要になってくるようです。ピッチャーズプレートを強く蹴り、球に体重を乗せましょう。又、腕を大きく速く振り下ろすことで、球速のアップを図る事が出来るようです。

カーブの場合は、ストレートと違って、利き腕とは逆の方向に変化しながら球が落ちていくようです。投げ方としては、腕が自分の太ももを越える辺りで手首を内側にひねりながら球をリリースする事で、カーブがかかるようですね。通常の球の握り方よりも人差し指と中指の間隔を広くとり、人差し指を軽く曲げる感じにすると、より回転がかかりやすくなるかも・・・。

ストレートはスピードが勝負の決め手となるんですが、カーブに関しては、球速は遅めなので、バッターにカーブを読まれてしまうとヒットを打たれてしまいやすい球種でもあるようです。ストレートと同じフォームでいかにバッターに読まれないようにして投げるかがポイントなようですね。球速が遅ければ遅いほど良くカーブがかかるようなので、ストレートでは球速を速く、カーブでは遅くなるように緩急差をつけると、より有効に両方の投法を使う事が出来るかも・・・。

楽天で見る⇒ソフトボール 投げ方

関連記事
ウィンドミル投法とスリングショット投法の違いって?
エイトフィギュア投法とアメリカ式ウィンミドル投法の違いって?
ソフトボールでチェンジアップとスライダーの投げ方って?
ソフトボールでシュートとドロップボールの投げ方って?
ソフトボールでストレートとカーブの投げ方って?
ソフトボールで今よりも球速を上げるには?

スポンサードリンク


ソフトボールで今よりも球速を上げるには?

ソフトボールで今よりも球速を上げるには?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。投手であれば誰しもが、球速のスピードアップを図りたいと常日頃から思っていますよね。では、どのようにすれば今よりも球速を上げる事が出来るんでしょうか。

やはり、今よりも球速を上げるには、正しいフォームで投げる事と、速く投げられるような筋力をアップさせる事が重要になるようです。特に、投球する時のレッグアップ。これがとっても重要なようです。レッグアップ時に、一切ぐらつかないというのが理想なようですね。足を上げた時に安定している事、更に、足を高く上げる事が出来ればもっと良いかも・・・。

レッグアップ時に身体を安定させる為にも、筋力アップが必要になってくるようです。でも、ただひたすら筋トレをしていれば良いというものでもないようです。筋トレのし過ぎで、あまり筋肉をつけ過ぎてしまっても、投球がスムーズに行えなくなってしまったりして良いピッチングがしにくくなってしまうようです。インナーマッスルとアウターマッスルをバランス良く鍛えると良いかも・・・。

腹筋や背筋、腕立て伏せや逆立ちは毎日続けると良いようです。あとは、日頃から基礎練習をきちんと行う事も大切なようです。走りこみやランニングで足腰を鍛える事は、投手にとってとっても大切なようです。何事も地道な練習を重ねる事が大事なようですね。地道に練習を重ねる事によって、球速を確実に上げていく事が出来るでしょう。遠投をしたり、至近距離で全力投球のキャッチボールをするなんて事も、球速を上げる方法として良いかもしれませんね。

楽天で見る⇒ソフトボール 球速

関連記事
ウィンドミル投法とスリングショット投法の違いって?
エイトフィギュア投法とアメリカ式ウィンミドル投法の違いって?
ソフトボールでチェンジアップとスライダーの投げ方って?
ソフトボールでシュートとドロップボールの投げ方って?
ソフトボールでストレートとカーブの投げ方って?

スポンサードリンク