ピッチング用のトレーニンググッズ?

ピッチング用のトレーニンググッズ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、ピッチング用のトレーニンググッズには
どんなものがあるんでしょう。

例えば、
・ピッチングネット
・ジャイロスティック
・回転チェック変化球

などがあげられるようですが、ピッチャーの練習には、
これらのトレーニンググッズが良いようですね。

まず、ピッチングネットなんですが、
近年では安くて軽いものが売られているようなので、

折りたたみ式のものを買って、
空き地や庭で練習すると良いかも・・・。

集球ポケットが付いたものなら、
球拾いをしなくて済むでしょうし、

ボールをなくしてしまうこともありませんよね。

又、ジャイロスティックは、
狭い場所でも周囲に被害を出さずに

シャドーピッチングができる便利なグッズなようですよね。

正しい軌道で腕を振ると、
いい音が鳴って教えてくれるようですから、

ゲーム感覚で楽しみながら
正しいピッチングフォームを身に付けられるかも・・・。

最後に、回転チェック変化球は、
ボールに色が付いているようで、

回転が確認しやすいというものなようですね。

投げる場所を確保する必要はあるようですが、
変化球をマスターしたい時には良いのでは・・・。

どのグッズもそんなに高いものではないようですし、
効率良く練習できるようになるようなので、

ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

回転チェック変化球が気になる方は、
楽天で見てみて⇒回転チェック変化球

関連記事
メンタルの鍛え方?
ピッチングの体重移動?
ピッチングのコントロールを良くする?
速球を投げる方法?
ピッチングの効果的な練習方法?
正しいピッチングフォーム?

スポンサードリンク


メンタルの鍛え方?

メンタルの鍛え方?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

練習では上手に投げられるのに、
いざ試合になると普段の実力の半分も出せない、

なんてこともありますよね。

試合になると緊張してしまうのは
仕方のないことなんでしょうが、

それで普段の実力が全く出せないのは、
メンタルが弱いせいなのかも・・・。

特にピッチャーと言うのは、
プレッシャーのかかる場面が多いようですから、

メンタルを鍛えておくことも重要なようですよね。

では、
メンタルはどうすれば鍛えられるんでしょう?

まず、緊張してきたな、と思ったら、
上半身から力を抜き、

下半身に力を入れることを意識してみてください。

具体的には、首や肩を回したりして、
上半身をリラックスさせるようにします。

又、深呼吸をしたり、
投球動作をいつも一定にするということも、

平常心を保つのに役立つようですよ。

投球動作の中に、自分を落ち着かせる為の
儀式的な要素を入れるのも良いようですね。

例えば、二の腕にちょっと触れたり、胸に手を当てたり、
ロジンバッグを握ったりと何でも良いようなので、

何か自分を落ち着かせる動作を入れると良いかも・・・。

それに、バッターにプレッシャーをかける為にも、
常に笑顔でいる練習をしてみてはどうでしょう。

ピンチの時こそ不敵に笑うことで、
相手よりも精神的に優位に立てるはず・・・。

不安そうな顔をしていると、
どんどん不安になってしまうものですが、

無理にでも笑顔を作ることで、
不思議と冷静になれるようです。

ここぞという時に強いピッチャーになる為にも、
これらの方法でメンタルを鍛えてみてはいかがでしょうか。

メンタルを鍛えることが気になる方は、
楽天で見てみて⇒メンタル 鍛える

関連記事
ピッチング用のトレーニンググッズ?
ピッチングの体重移動?
ピッチングのコントロールを良くする?
速球を投げる方法?
ピッチングの効果的な練習方法?
正しいピッチングフォーム?

スポンサードリンク


ピッチングの体重移動?

ピッチングの体重移動?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

野球のピッチングでは、他のスポーツ競技のように
助走して投げるというわけにはいきませんから、

体重移動がとっても重要になるようですね。

体重移動が上手くできていなければ、
スピードのある球を投げられないかも・・・。

では、
どうやって体重移動すればいいんでしょう。

ピッチングの体重移動は、
ステップ動作の際に骨盤を回転させずに、

骨盤を前に傾けるイメージで
体重を投げる方向に移動させる、

ということがポイントになるようですね。

ピッチングの体重移動の練習方法にも
様々なやり方があるようですが、

ちょっと変わった方法を取り入れている
高校もあるようですので、ぜひ参考にしてみては・・・。

ピッチング練習の際に足元に板を敷いて、
軸足にはスパイク、踏み込む足にはアップシューズを履きます。

踏み込む足をそっと置くように心掛けることで、
正しく体重移動できるようになるという練習方法なようです。

又、予め足を開いた状態にして、
ステップせずに投球練習するというやり方もあるようです。

自分にとって感覚が掴みやすい方法で、
体重移動の練習をしてみてはいかがでしょうか。

ピッチングの体重移動が気になる方は、
楽天で見てみて⇒ピッチング 体重移動

関連記事
ピッチング用のトレーニンググッズ?
メンタルの鍛え方?
ピッチングのコントロールを良くする?
速球を投げる方法?
ピッチングの効果的な練習方法?
正しいピッチングフォーム?

スポンサードリンク


ピッチングのコントロールを良くする?

ピッチングのコントロールを良くする?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、コントロールは
どうすれば良くなるんでしょう?

コントロールを良くするポイントには、

・テークバック
・肘の高さ
・リリースポイント

など、大きく分けるとこの三つになるようですね。

まず、テークバックなんですが、
正しくテークバックを行い、

肘から上げるようにするというのが
コントロールを良くする為にも重要なようですね。

それに、手を肘よりも下にさげない、
肘を背中側に入れない、

力を入れずにリラックスする、
ということも意識すると良いようです。

又、肘の高さも
コントロールを大きく左右してしまう要素の一つなようです。

肘を適切な高さまで上げた上で、
腕をしならせる感じで投げるようにしましょう。

最後に、リリースポイントなんですが、リリースポイント、
つまり、ボールを手から離す位置を一定にすることも、

コントロールを良くする為には必要不可欠なようですよ。

最も適した位置で
常にボールを離すようにする練習をすれば、

コントロールも良くなるようですよ。

コントロールを良くする為には、
この三つとも重要なことなようなので、

ぜひ注意して投げてみて下さいね。

ピッチャーでコントロールを良くすることが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒ピッチャー コントロール 良くする

関連記事
ピッチング用のトレーニンググッズ?
メンタルの鍛え方?
ピッチングの体重移動?
速球を投げる方法?
ピッチングの効果的な練習方法?
正しいピッチングフォーム?

スポンサードリンク


速球を投げる方法?

速球を投げる方法?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、どうすれば、
速球を投げられるようになるんでしょう?

速球を投げる方法としては、
速い球を投げる為の妨げになっている要素を

全部排除するというのが良いようですね。
どんなことかと言うと、

・リリースポイントは的確な位置か
・ヒップファーストになっているか
・ボールはちゃんと握れているか
・テークバックのトップの位置は正しいか
・スナップの使い方が間違っていないか

など、まずは、
これらのポイントをチェックしてみて下さい。

他にも、体重移動がきちんとできているか、
速球を投げるのに必要な筋肉がしっかり付いているか、

など、確認すべき項目は数多くあるようですね。

でも、とりあえず、
これらのことができていなければ、

速球を投げるのは難しいかも・・・。

逆に言えば、これらのポイントを見直し、改善することで、
今よりも速い球を投げられるようになるはずですよね。

例えば、

リリースポイントがもっと前になったり、
ボールの抜けがなくなったりするだけでも

球速が変わるようですよ。

ヒップファーストやテークバックのトップの位置など、
正しいピッチングフォームで投げることは、

速球を投げる為だけではなくって、
コントロールを良くする上でも重要なようです。

それに、スナップの使い方が間違っていると、
せっかく速球を投げる為に努力してきた全てが

無駄になるようですから、
常に確認するようにして下さいね。

速球を投げることが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒速球 投げる

関連記事
ピッチング用のトレーニンググッズ?
メンタルの鍛え方?
ピッチングの体重移動?
ピッチングのコントロールを良くする?
ピッチングの効果的な練習方法?
正しいピッチングフォーム?

スポンサードリンク


ピッチングの効果的な練習方法?

ピッチングの効果的な練習方法?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ピッチャーの為の効果的な練習方法には
様々なやり方があるようですが、ここでは、

・シャドーピッチング
・肩の筋トレ
・インナーマッスルを鍛える

など、三つを紹介してみますね。

まず、シャドーピッチングについてなんですが、
ボクサーがシャドーボクシングを行うように、

ボールを持たずに練習する方法なようですよね。

できれば全身が写る鏡の前に立って、
ピッチングフォームをチェックしながら

行うのが良いようです。

ボールの代わりにフェイスタオルを持って、
いつも通りに投げてみて、

正しいフォームで投げられているかを
ポイントごとに確認しましょう。

又、
肩の筋トレも重要なようですね。

肩とその周辺の筋肉、特に、
三角筋や僧帽筋を腕立て伏せや懸垂、

ダンベルなどを使って
バランス良く鍛えるのが良いようです。

それに、外側の筋肉だけではなくって、
体の内側にあるインナーマッスルも鍛えましょう。

チューブやゴムバンド、軽めのダンベルなどを利用して、
棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋といった

肩の周辺のインナーマッスルを鍛えることで、
より良いピッチングができるようになるようです。

いずれも一朝一夕にはいかない
練習方法ばかりなようですが、

続けることで確実に効果が実感できるはず・・・。

インナーマッスルを鍛えることが気になる方は、
楽天で見てみて⇒インナーマッスルを鍛える

関連記事
ピッチング用のトレーニンググッズ?
メンタルの鍛え方?
ピッチングの体重移動?
ピッチングのコントロールを良くする?
速球を投げる方法?
正しいピッチングフォーム?

スポンサードリンク


正しいピッチングフォーム?

正しいピッチングフォーム?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

正しいピッチングフォームは、故障を防ぐ為にも、
コントロールを良くして速球を投げる為にも、

しっかりと身につけると良いようです。

そこで、ここでは、
基本的なピッチングフォームについてお話してみますね。

まず、
リラックスした状態で大きく振りかぶって下さい。

この時、プレートをしっかりと踏んでいる、
これがポイントになるようですよ。

そして、

振りかぶるのと同時に左足を半歩後ろに引き、
右足のかかとを親指の先を軸にするような感じで

徐々に回転させましょう。

この右足の回転に合わせて、
上にあげていた両手をおろします。

右足がプレートの半分くらいの位置で、
平行になったぐらいのタイミングで、

両手が胸の辺りにくるようにしてください。

又、
左足も力を入れずに引きあげていきます。

両手を後ろに引いたら、
左ひざを腰よりも高くなる位置まで引きあげますが、

右足はまっすぐをキープしましょう。

両手を下げながら、
上げていた左ひざを伸ばしつつ、

今度は右ひざを曲げていきます。

左ひざが伸び、右ひざが曲がったところで、
ホームプレートに向けてグラブをしている方の手を伸ばし、

左足を踏み出すのです。

右足は、ひざを伸ばしてプレートを蹴ります。

左足が地面に付くタイミングで右足を捻り、
ボールを持つ手を振り上げ、

左足に体重をかけて、
ボールをリリースして下さい。

いかがですか?
これをふまえて、しっかりと練習してみて下さい。

野球のピッチング上達が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒野球 ピッチング上達

関連記事
ピッチング用のトレーニンググッズ?
メンタルの鍛え方?
ピッチングの体重移動?
ピッチングのコントロールを良くする?
速球を投げる方法?
ピッチングの効果的な練習方法?

スポンサードリンク


ナックルボールやジャイロボールの投げ方?

ナックルボールやジャイロボールの投げ方?
これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

投げた本人ですら、どんな風になるか分からない
変化をみせるナックルボールって、

現代の魔球とも呼ばれているようで、
強力な武器となる変化球なようですね。

ですが、その分、
投げ方をマスターするのが難しいようですが、

更に、キャッチャーが捕球するのが
難しい変化球でもあるようですね。

ナックルボールは、
ボールの回転数を殆ど無くすことで、

ボールの縫い目に掛かる空気抵抗で変化させるようです。

ストレートに逆回転を掛ける必要があるようですから、
かなり強い指の力と握力が必要不可欠なようですね。

投手によっても
ナックルボールの投げ方は異なるようですが、

人指し指、中指、薬指を曲げた第一関節を
ボールの中央部にあてて、

親指と小指で挟むように持つことが多いようです。

折り曲げる指を二本にすると、
変化が小さく、球速が早くなると言われているようですよ。

又、三本指で投げると、
無回転にしやすく、変化が大きくなるようですが、

コントロールが難しいようです。

手首を使わず、曲げた指を伸ばして押し出す、
もしくは、指で弾くようにしてリリースします。

リリースポイントを一定にすることと、
ボールに回転を与えないことが重要なようです。

そして、松坂投手の持ち球として有名な
ジャイロボールは、

意識して投げることが難しいと言われているようですね。

それに、ジャイロボールを投げる為には、
フォームそのものを変えなくてはいけないようなので、

習得の難易度はかなり高いようですね。

握り方によって、ツーシームジャイロと
フォーシームジャイロに分けられるようで、

ボールの変化の仕方にも違いがあるようです。

ジャイロボールを投げるのに最も適しているのは、
ダブルスピン投法なようです。

でも、リリースの際に
ジャイロ回転をかけられるなら、

ダブルスピン投法以外でも投げられるようですね。

楽天で見る⇒投球 変化球

関連記事
チェンジアップやツーシームの投げ方?
スライダーやカットボールの投げ方?
シンカーやシュートの投げ方は?
フォークボールやスプリット・フィンガー・ファーストボールの投げ方は?
大きい変化のカーブや小さい変化のカーブの投げ方は?
右利きよりも左利きの方が打たれにくい?
ピッチング後のケアは?
ピッチングフォームの種類って?
盗塁されない為には?
今より早い球を投げるには?
ピッチングで投げる時のボールの握り方は?

スポンサードリンク


チェンジアップやツーシームの投げ方?

チェンジアップやツーシームの投げ方?
これって、気になる方もいらっしゃるかも・・・。

チェンジアップは、打者の手元で減速して沈み、
タイミングを外させる変化球なようですよね。

握り方は人それぞれなようですが、
ボールの回転を抑える必要があるようなので、

指先をボールにかけないようにするのが良いようです。

何よりも重要なのが、ストレートと
同じフォームで投げる、ということなようです。

チェンジアップは、ストレートだと思わせることで
タイミングをずらして打ち取る変化球なようです。

つまり、チェンジアップだとばれてしまったら、
かなりの確率で打たれてしまうようなので、

極力、ストレートと同じ投げ方が
できるようにすると良いかも・・・。

ストレートと全く同じフォーム、投球モーションで、
リリースの瞬間だけ抜いた感じで投げる、
というのが理想的なようですよ。

ツーシームは、ツーシームファストボールとも
呼ばれるシュート回転が掛かるストレートの
一種なようですね。

公式球の縫い目が日本のものより緩く、
豪腕投手が多いメジャーではよく使われているようです。

日本ハムのダルビッシュ有投手や、
東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手が
投げることでも知られていますよね。

ツーシームの投げ方は、ボールのそれぞれの縫い目に、
人指し指と中指を沿わせるようにして握ります。

この二本の指の幅を変えたり、
力の入れ具合を変えることで、

球速や変化量を変えることができるかも・・・。

投げ方は、
ストレートと同じように投げます。

一般的なストレートである
フォーシームファストボールとの投げ方の違いは、

握った時のボールの向きで、
ボールを横に90度回転させて握るようです。

いろいろと変化球を覚えると、
投球の幅もだいぶ広がりますよね。

楽天で見る⇒投球 変化球

関連記事
ナックルボールやジャイロボールの投げ方?
スライダーやカットボールの投げ方?
シンカーやシュートの投げ方は?
フォークボールやスプリット・フィンガー・ファーストボールの投げ方は?
大きい変化のカーブや小さい変化のカーブの投げ方は?
右利きよりも左利きの方が打たれにくい?
ピッチング後のケアは?
ピッチングフォームの種類って?
盗塁されない為には?
今より早い球を投げるには?
ピッチングで投げる時のボールの握り方は?

スポンサードリンク


スライダーやカットボールの投げ方?

スライダーやカットボールの投げ方?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

バッターを打ち取る為にも、ぜひ覚えておきたい
変化球の一つがスライダーでしょうか。

カーブとあわせて使うと、
より効果的なようですね。

スライダーにもいろいろと種類があるようで、
縦スライダー、高速スライダー、スロースライダー、

パワースライダー等があるようです。

普通のスライダーであれば、
習得はそれほど難しくないと言われているようで、
使っている投手も多いようです。

スライダーは、ボールの握り方によって、
ツーシームスライダー、スリーシームスライダー、

フォーシームスライダーとも呼ばれているようで、
それぞれ球速や曲がり具合などが違ってくるようですね。

例えば、ツーシームスライダーの場合には、
ボールの縫い目に中指と親指を掛けて、

ストレートと同じように腕を振って、
空手チョップのイメージで切るようにリリースします。

親指を曲げずに
中指でボールに横回転を掛けるというのが、
スライダーのポイントかも・・・。

その為にも、中指をボールの縫い目に
しっかりと掛けておく必要があるようです。

スライダーは、握りを少し変えたり、
リリース時の手首の角度を変えるだけでも、

球筋に変化をつけられるようなので、
使い方次第では強力な武器になるはず・・・。

分類上、スライダーの一種として
考えられることも多いカットボールは、

ストレートに見せかけて軌道を少しずらし、
凡打にして打たせて取る変化球なようですね。

これは、ストレートの握り方で、
人指し指をちょっとだけ中指側にずらして、

斜めにボールを切るようにしてリリースします。

カットボールは、必要以上に変化させず、
できるだけ球速を上げるというのが重要なようです。

つまり、球速が遅いと、
ただの打ちやすい球になってしまうようですね。

ぜひ、スライダーやカットボールを覚えて、
打者を凡打に打ち取って下さいね。

楽天で見る⇒投球 変化球

関連記事
ナックルボールやジャイロボールの投げ方?
チェンジアップやツーシームの投げ方?
シンカーやシュートの投げ方は?
フォークボールやスプリット・フィンガー・ファーストボールの投げ方は?
大きい変化のカーブや小さい変化のカーブの投げ方は?
右利きよりも左利きの方が打たれにくい?
ピッチング後のケアは?
ピッチングフォームの種類って?
盗塁されない為には?
今より早い球を投げるには?
ピッチングで投げる時のボールの握り方は?

スポンサードリンク