ナックルボールやジャイロボールの投げ方?

ナックルボールやジャイロボールの投げ方?
これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

投げた本人ですら、どんな風になるか分からない
変化をみせるナックルボールって、

現代の魔球とも呼ばれているようで、
強力な武器となる変化球なようですね。

ですが、その分、
投げ方をマスターするのが難しいようですが、

更に、キャッチャーが捕球するのが
難しい変化球でもあるようですね。

ナックルボールは、
ボールの回転数を殆ど無くすことで、

ボールの縫い目に掛かる空気抵抗で変化させるようです。

ストレートに逆回転を掛ける必要があるようですから、
かなり強い指の力と握力が必要不可欠なようですね。

投手によっても
ナックルボールの投げ方は異なるようですが、

人指し指、中指、薬指を曲げた第一関節を
ボールの中央部にあてて、

親指と小指で挟むように持つことが多いようです。

折り曲げる指を二本にすると、
変化が小さく、球速が早くなると言われているようですよ。

又、三本指で投げると、
無回転にしやすく、変化が大きくなるようですが、

コントロールが難しいようです。

手首を使わず、曲げた指を伸ばして押し出す、
もしくは、指で弾くようにしてリリースします。

リリースポイントを一定にすることと、
ボールに回転を与えないことが重要なようです。

そして、松坂投手の持ち球として有名な
ジャイロボールは、

意識して投げることが難しいと言われているようですね。

それに、ジャイロボールを投げる為には、
フォームそのものを変えなくてはいけないようなので、

習得の難易度はかなり高いようですね。

握り方によって、ツーシームジャイロと
フォーシームジャイロに分けられるようで、

ボールの変化の仕方にも違いがあるようです。

ジャイロボールを投げるのに最も適しているのは、
ダブルスピン投法なようです。

でも、リリースの際に
ジャイロ回転をかけられるなら、

ダブルスピン投法以外でも投げられるようですね。

楽天で見る⇒投球 変化球

関連記事
チェンジアップやツーシームの投げ方?
スライダーやカットボールの投げ方?
シンカーやシュートの投げ方は?
フォークボールやスプリット・フィンガー・ファーストボールの投げ方は?
大きい変化のカーブや小さい変化のカーブの投げ方は?
右利きよりも左利きの方が打たれにくい?
ピッチング後のケアは?
ピッチングフォームの種類って?
盗塁されない為には?
今より早い球を投げるには?
ピッチングで投げる時のボールの握り方は?

スポンサードリンク


チェンジアップやツーシームの投げ方?

チェンジアップやツーシームの投げ方?
これって、気になる方もいらっしゃるかも・・・。

チェンジアップは、打者の手元で減速して沈み、
タイミングを外させる変化球なようですよね。

握り方は人それぞれなようですが、
ボールの回転を抑える必要があるようなので、

指先をボールにかけないようにするのが良いようです。

何よりも重要なのが、ストレートと
同じフォームで投げる、ということなようです。

チェンジアップは、ストレートだと思わせることで
タイミングをずらして打ち取る変化球なようです。

つまり、チェンジアップだとばれてしまったら、
かなりの確率で打たれてしまうようなので、

極力、ストレートと同じ投げ方が
できるようにすると良いかも・・・。

ストレートと全く同じフォーム、投球モーションで、
リリースの瞬間だけ抜いた感じで投げる、
というのが理想的なようですよ。

ツーシームは、ツーシームファストボールとも
呼ばれるシュート回転が掛かるストレートの
一種なようですね。

公式球の縫い目が日本のものより緩く、
豪腕投手が多いメジャーではよく使われているようです。

日本ハムのダルビッシュ有投手や、
東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手が
投げることでも知られていますよね。

ツーシームの投げ方は、ボールのそれぞれの縫い目に、
人指し指と中指を沿わせるようにして握ります。

この二本の指の幅を変えたり、
力の入れ具合を変えることで、

球速や変化量を変えることができるかも・・・。

投げ方は、
ストレートと同じように投げます。

一般的なストレートである
フォーシームファストボールとの投げ方の違いは、

握った時のボールの向きで、
ボールを横に90度回転させて握るようです。

いろいろと変化球を覚えると、
投球の幅もだいぶ広がりますよね。

楽天で見る⇒投球 変化球

関連記事
ナックルボールやジャイロボールの投げ方?
スライダーやカットボールの投げ方?
シンカーやシュートの投げ方は?
フォークボールやスプリット・フィンガー・ファーストボールの投げ方は?
大きい変化のカーブや小さい変化のカーブの投げ方は?
右利きよりも左利きの方が打たれにくい?
ピッチング後のケアは?
ピッチングフォームの種類って?
盗塁されない為には?
今より早い球を投げるには?
ピッチングで投げる時のボールの握り方は?

スポンサードリンク


スライダーやカットボールの投げ方?

スライダーやカットボールの投げ方?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

バッターを打ち取る為にも、ぜひ覚えておきたい
変化球の一つがスライダーでしょうか。

カーブとあわせて使うと、
より効果的なようですね。

スライダーにもいろいろと種類があるようで、
縦スライダー、高速スライダー、スロースライダー、

パワースライダー等があるようです。

普通のスライダーであれば、
習得はそれほど難しくないと言われているようで、
使っている投手も多いようです。

スライダーは、ボールの握り方によって、
ツーシームスライダー、スリーシームスライダー、

フォーシームスライダーとも呼ばれているようで、
それぞれ球速や曲がり具合などが違ってくるようですね。

例えば、ツーシームスライダーの場合には、
ボールの縫い目に中指と親指を掛けて、

ストレートと同じように腕を振って、
空手チョップのイメージで切るようにリリースします。

親指を曲げずに
中指でボールに横回転を掛けるというのが、
スライダーのポイントかも・・・。

その為にも、中指をボールの縫い目に
しっかりと掛けておく必要があるようです。

スライダーは、握りを少し変えたり、
リリース時の手首の角度を変えるだけでも、

球筋に変化をつけられるようなので、
使い方次第では強力な武器になるはず・・・。

分類上、スライダーの一種として
考えられることも多いカットボールは、

ストレートに見せかけて軌道を少しずらし、
凡打にして打たせて取る変化球なようですね。

これは、ストレートの握り方で、
人指し指をちょっとだけ中指側にずらして、

斜めにボールを切るようにしてリリースします。

カットボールは、必要以上に変化させず、
できるだけ球速を上げるというのが重要なようです。

つまり、球速が遅いと、
ただの打ちやすい球になってしまうようですね。

ぜひ、スライダーやカットボールを覚えて、
打者を凡打に打ち取って下さいね。

楽天で見る⇒投球 変化球

関連記事
ナックルボールやジャイロボールの投げ方?
チェンジアップやツーシームの投げ方?
シンカーやシュートの投げ方は?
フォークボールやスプリット・フィンガー・ファーストボールの投げ方は?
大きい変化のカーブや小さい変化のカーブの投げ方は?
右利きよりも左利きの方が打たれにくい?
ピッチング後のケアは?
ピッチングフォームの種類って?
盗塁されない為には?
今より早い球を投げるには?
ピッチングで投げる時のボールの握り方は?

スポンサードリンク


シンカーやシュートの投げ方は?

シンカーやシュートの投げ方は?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

シンカーやシュートを投げたい、
っていう方も結構いらっしゃるのでは・・・。

シンカーは、利き腕の方向に沈み、
シュートよりも球速が遅いというのが
特徴なようですね。

上から投げ込むタイプのピッチャーには
あまり向かないようですが、

サイドスローやアンダースロータイプの
ピッチャーであれば覚えておいて損はないかも・・・。

シンカーは握り方よりも投げ方がポイントなようで、
握り方は自分の握りやすいやり方でいいようですね。

中指と薬指でボールを挟むように握ったり、
ストレートの握り方を少し左にずらすように
することが多いようです。

とにかく、
横回転の左スピンを掛けることが重要なようです。

ボールの縫い目に軽く人指し指をかけると、
シンカー回転を掛けやすくなるようです。

サイドスローやアンダースローで投げる投手なら、
少し芯を外すことを意識して、

切るようにして投げ出すと、
ストレートの握り方でも投げられるかも・・・。

ボールの上部を押し、切るように投げる、
と表現することも多いようです。

人指し指に力を入れる、抜くように投げる、
というのがコツかもしれませんね。

シンカーとは逆に、上から投げ込むタイプの
ピッチャーの方が投げやすい変化球が、

シュートなようですね。

シンカーよりも縦方向の変化が少ないので、
空振りを狙うのは難しいようですが、

凡打に打ち取りやすく、
使い勝手の良い変化球でしょうね。

シュートの投げ方は、カーブやストレートの
握り方を少しずらすようにするか、

中指と薬指でボールを挟むようにします。

そして、中指と薬指の間から抜いて投げる、
もしくは、カーブの要領で投げて

ボールの上の方をこするように投げるといいようです。

楽天で見る⇒投球

関連記事
ナックルボールやジャイロボールの投げ方?
チェンジアップやツーシームの投げ方?
スライダーやカットボールの投げ方?
フォークボールやスプリット・フィンガー・ファーストボールの投げ方は?
大きい変化のカーブや小さい変化のカーブの投げ方は?
右利きよりも左利きの方が打たれにくい?
ピッチング後のケアは?
ピッチングフォームの種類って?
盗塁されない為には?
今より早い球を投げるには?
ピッチングで投げる時のボールの握り方は?

スポンサードリンク


フォークボールやスプリット・フィンガー・ファーストボールの投げ方は?

フォークボールや
スプリット・フィンガー・ファーストボールの投げ方は?
と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

打者の手前でスト〜ンと落ちるフォークを投げられると、
ここぞという時に打者を三振に打ち取ることができるかも・・・。

ですが、フォークと言うのは、
どなたでも練習次第で投げられるという
変化球ではないようで、

いくつか投げる為の条件があるようです。

どんなことかと言うと、先ず、
何よりも握力が強いことがあげられるようです。

握力が強いほど、
良いフォークが投げられるようですね。

次にあげられるのは、指が長いことなようです。

でも、指が短くても、工夫次第では
フォークを投げられることもあるようですが、

指が長い方がより投げやすいようですね。

そして、最後に、
指の関節が柔らかいことなようです。

フォークはボールを深く握り、
指の握力でボールを固定して、

なるべく回転数を抑えて投げる変化球なようですよね。

これらの条件を満たしていないと、
なかなか投げるのが難しいようですし、

満たしていたとしても、
連続して投げると握力が低下したり、
故障の原因にもなりかねないようですね。

つまり、強力な武器になるようですが、
投手の負担も大きいようですね。

フォークの具体的な投げ方として一般的なのは、
ボールの縫い目に掛からないようにして
人指し指と中指でボールを挟み、

親指か薬指をボールの下に添えます。

人指し指と中指の間からボールを抜くイメージで、
手首を動かさないように意識しながら
リリースすると良いかも・・・。

又、指が短くても投げられるフォーク系の変化球に、
SFFがあるようですね。

このSFFと言うのは、
スプリット・フィンガー・ファーストボールの略で、

高速で沈む感じで落下する変化球なようです。

これは、フォークと同様に、
人指し指と中指でボールを挟むんですが、
やや浅く握るのが良いようです。

リリース時に手首のスナップをきかせるというのが、
フォークの投げ方との大きな違いなようです。

SFFも投げ過ぎると、
指や手首、肘に負担が掛かり過ぎるようなので、
注意が必要になるようですよ。

楽天で見る⇒投球 フォークボール

関連記事
ナックルボールやジャイロボールの投げ方?
チェンジアップやツーシームの投げ方?
スライダーやカットボールの投げ方?
シンカーやシュートの投げ方は?
大きい変化のカーブや小さい変化のカーブの投げ方は?
右利きよりも左利きの方が打たれにくい?
ピッチング後のケアは?
ピッチングフォームの種類って?
盗塁されない為には?
今より早い球を投げるには?
ピッチングで投げる時のボールの握り方は?

スポンサードリンク


大きい変化のカーブや小さい変化のカーブの投げ方は?

大きい変化のカーブや小さい変化のカーブの投げ方は?
と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

カーブって、最も覚えやすい
と言われている変化球なようですが、その分、

よく使われる変化球でもあるようで、
打たれやすいという欠点もあるようですね。

カーブの基本的な投げ方としては、
ボールの右半分を中心にして握り、

リリースの際に、
ボールの縫い目にかけた指で捻るようにします。

腕を振る速度を遅くして、回転させる方向に
手首をひねるとより変化させることができるようです。

ですが、あまり手首をひねり過ぎると、
手首に負担が掛かり、故障の原因にもなるようですよ。

又、ボールの速度が遅いほど、
大きい変化のカーブになるようですし、

球速を上げると小さい変化のカーブになる
と言われているようですね。

どちらかに特化することで、
バッターにとっては打ちにくいカーブに
することができるはず・・・。

両方、又は、いくつかの種類のカーブを
使い分けられると、

よりバッターを打ちとりやすくなるはず・・・。

カーブは覚えるのは簡単なようですが、
実戦で使えるようにするのが難しい変化球だと
言われているようですね。

ストレートと変わらない位の速度、又は、
大きく変化させてもストライクゾーンに
入れられるコントロールを習得しなければ、

バッターにとっての絶好球になってしまうかも・・・。

なので、
なるべく手首や肘などに負担を掛けないようにしつつ、
使えるカーブを習得しましょうね。

ですが、その為には、チームメイトに
バッターボックスに立ってもらったり、

キャッチャーに受けてもらうことも必要になるようです。

一般的には、小さい変化のカーブは凡打を取る為、
大きい変化のカーブは空振りにする為と、

同じカーブでも投げる目的が変わってくるはず・・・。

楽天で見る⇒ピッチング

関連記事
ナックルボールやジャイロボールの投げ方?
チェンジアップやツーシームの投げ方?
スライダーやカットボールの投げ方?
シンカーやシュートの投げ方は?
フォークボールやスプリット・フィンガー・ファーストボールの投げ方は?
右利きよりも左利きの方が打たれにくい?
ピッチング後のケアは?
ピッチングフォームの種類って?
盗塁されない為には?
今より早い球を投げるには?
ピッチングで投げる時のボールの握り方は?

スポンサードリンク


右利きよりも左利きの方が打たれにくい?

右利きよりも左利きの方が打たれにくい?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。野球に限らず、あらゆるスポーツで左利きは有利と言われているようですが、中でも特に左利きのピッチャーはサウスポーと呼ばれる貴重な存在なようですね。でも、本当にサウスポーは有利なんでしょうか?

先ず、サウスポーのピッチャーが有利な点の一つは、盗塁防止にあるようです。盗塁って、ピッチャーがボールを投げた瞬間に塁を飛び出て進塁することなんですよね。

ごく稀にホームスチールが成功する場面に出くわすこともあるんですが、一般的な盗塁とは、一塁から二塁へ、二塁から三塁への進塁のことで、三塁からホームへ盗塁を行うことはまずないようです。なぜなら、ピッチャーが投げたボールより早くホームに到達するのは不可能だからなんですね。

ですから、通常は一塁ランナーと二塁ランナーの盗塁にだけ気を配ればいいということになります。ピッチャーは盗塁を防ぐ為、ランナーが出塁すると、セットポジションからの投球を行うようですが、この時、右利きの投手は一塁側に背を向けて立つことになり、一塁ランナーの盗塁やリーチの幅に気が付きにくいようです。

ですが、サウスポーの場合だと、一塁は自分の正面になりますから、一塁選手は大きくリーチをとったり、ピッチャーの隙を突くことが出来ません。又、バッターも殆ど右利きですよね。右利き投手が投げたボールは、右利きバッターが右から左へ振るバットに対して角度的には左から右へ入ってくるので、バットに当てやすいようです。

でも、サウスポーのボールは右から左へ入ってくる為、とっても打ちにくいようですね。

楽天で見る⇒投球

関連記事
ピッチング後のケアは?
ピッチングフォームの種類って?
盗塁されない為には?
今より早い球を投げるには?
ピッチングで投げる時のボールの握り方は?

スポンサードリンク


ピッチング後のケアは?

ピッチング後のケアは?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。プロ野球選手のキャンプ中継等で、ピッチャーが肩を作るとか肩を温めるという言葉が出てきますよね。

特に、寒い時期は、軽くウォーミングアップをして、十分に身体を温めてから本格的な投球練習を始めないと、肩を痛めると言われているようですよね。このことは、おそらく野球を経験したことがない方でも知っていることだと思うんですが、実は、ピッチャーの場合は、いえ、ピッチャーに限らず、投球後や試合後にはしっかりとケアをして肩を休ませる必要があるようです。

勿論、これも肩や肘を守る為なようですね。特に、ピッチャーの場合は、肩や肘を酷使しますから、試合後のケアはとっても重要なようです。試合には、本番で最大の能力が発揮できるよう万全の体調で臨む必要がありますから、前日の練習後にはしっかりケアを行うといいようです。

ピッチング前と同様、ピッチング後にも軽い運動や近距離でのキャッチボールをしながら、五分程度の時間を掛けてクールダウンを行いましょう。キャッチボールの相手と、お互いにマッサージをするのもとっても良いことで、出来ればぜひ行って下さいね。

アイシングはせいぜい20分程度にしておかないと、むしろ肩に疲れを残してしまうようです。アイシングは肩の疲れを取ることを目的に行うようですから、やり過ぎては元も子もないですよね。又、十分に身体が温まっている状態で行わないと、筋肉に凝りが残ってしまうようですから、正しいやり方で行いましょうね。

楽天で見る⇒ピッチング ケア

関連記事
右利きよりも左利きの方が打たれにくい?
ピッチングフォームの種類って?
盗塁されない為には?
今より早い球を投げるには?
ピッチングで投げる時のボールの握り方は?

スポンサードリンク


ピッチングフォームの種類って?

ピッチングフォームの種類って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。ピッチングには、基本的な四種類のフォームがあるようですよね。

オーバースローは肩の上から下に向けて投げる投球フォームなようで、一番速度が乗せやすく、変化球の場合も高い威力を発揮しやすい投球フォームかも・・・。オーバースローよりやや下がった位置、肩の高さとオーバースローの中間点くらいで投げるフォームをスリークォーターと言うようですね。

この投球フォームも比較的高い位置からボールを投げるようですから、速度が乗せやすいピッチングフォームなようですよ。それに、初心者でもコントロールを付けやすいピッチングフォームだと言われているようですから、コントロールがなかなか身につけられない場合には挑戦してみると良いかも・・・。スリークォーターも変化球の威力が増すピッチングフォームの一つなようです。

腕を肩の高さと水平に振りながら投げるフォームをサイドスローと言うようですね。オーバースローでは上から下へ投げるのに対して、サイドスローでは横方向の回転がかかるようですから、変化球を投げる際にオーバースローとは違う回転の変化をつけることが可能になるようです。ですが、速度を上げるのにはあまり向いていないピッチングフォームと言えるようですね。

肩より下の位置から振り上げるようにして投げるのがアンダースローなようです。アンダースローは速球を投げるのにはあまり向いていないようです。下から上へと重力に逆らった投球ですから、どうしてもスピードが出しにくいようです。とは言っても、プロともなればかなりのスピードを出すことが出来るようですが、その為には強靭な筋力が必要になるようですね。

楽天で見る⇒ピッチングフォーム

関連記事
右利きよりも左利きの方が打たれにくい?
ピッチング後のケアは?
盗塁されない為には?
今より早い球を投げるには?
ピッチングで投げる時のボールの握り方は?

スポンサードリンク


盗塁されない為には?

盗塁されない為には?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。攻撃においても、守備においても、盗塁はとっても重要なポイントとなるようですよね。勿論、盗塁を阻止する練習をどのチームでも行っていることでしょうね。

盗塁では、少しでも多くのリーチをとりながら、ピッチャーがボールを投げた瞬間にランナーが走ります。ピッチャーの手を離れたボールをキャッチャーがキャッチし、そのボールを二塁、又は、三塁に投げます。このピッチャーが投げた瞬間から、キャッチャーが投げた球がベースカバーに入った選手に届くまでの時間が3.2秒を切ると盗塁は成功できないというデータがあるようですね。

いずれにしても、この時間を少しでも短くすることが盗塁を防ぐ為の必須条件だということですね。その為には、ピッチャーが速球を投げて、少しでも時間を短くする必要があるようです。又、わざとキャッチャーが立った状態でボールをキャッチできる高さに投げて、バントやスクイズを防ぐとともに、キャッチャーが即ボールを投げられる状態にするウエストボールという方法もよく使われるようです。

ピッチャー自身が盗塁を防ぐ方法としては、ピッチャーからの牽制球が有効なようですよね。大きくリーチをとっている場合には、これで刺せることも多々あるようです。それに、牽制球によって大きくリーチをとれなくなるでしょうから、盗塁で走る時間を引き伸ばす効果もあるようです。

牽制球をキャッチした一塁手が、ボールをピッチャーに戻したと見せかけてボールを隠し持ち、リーチをとり始めて塁から足が離れた瞬間のランナーを刺すという方法も覚えておくと良いかもしれませんね。

楽天で見る⇒盗塁 阻止

関連記事
右利きよりも左利きの方が打たれにくい?
ピッチング後のケアは?
ピッチングフォームの種類って?
今より早い球を投げるには?
ピッチングで投げる時のボールの握り方は?

スポンサードリンク