ゴルフの基本用語?

ゴルフの基本用語?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ゴルフ初心者が知っておきたい
ゴルフの基本用語をいくつかご紹介してみますね。

・アドレス
  ボールの前に立って構えることを言い、
  ゴルフクラブの先端の底(ソール)を地面につけた時点で、

  アドレスに入ったものとみなされるようです。
  又、打つ為の構えそのものを指すこともあるようですね。

・アプローチ
  グリーンの周辺のピンを狙える位置から、
  ホールに近づけるようにボールを打つことで、

  苦手としているゴルファーも多いようです。
  アプローチショットという表現もあるんですよ。

・OB
  オービーと読み、アウトオブバウンズの略なようです。

  ゴルフコース外の区域やゴルフコース内に
  あえて設置してある水域(ウォーターハザード)に

  ボールを打ち込むことなようです。
  又は、ゴルフコース外の区域を指すようです。
  一打罰になります。

・ダフり
  ダフるともいうようで、
  ボールを打とうとして打ち損ねて、

  手前の地面を打ってしまうことなんです。

  頻繁にダフる人やダフりがちなゴルフ初心者を
  ダッファー、と呼ぶこともあるようですね。

・ロストボール
  日本語では紛失球で、
  自分が打ったボールを見失うことなんです。

  見失ったボールを捜し始めてから
  五分以内に見つけないと一打罰になるようです。

楽天で見てみて⇒ゴルフ用語

関連記事
ゴルフ場デビューで気をつけること?
ゴルフのスタンスの種類?
とりあえず最初は打ちっぱなしに行く?
最低限必要なクラブ?
正しいアドレスのポイント?
正しいボールの位置?

スポンサードリンク


ゴルフ場デビューで気をつけること?

ゴルフ場デビューで気をつけること?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ゴルフ初心者がゴルフ場デビューで気をつけることは、
何よりもまずマナーなようですね。

ゴルフは紳士のスポーツなようですから、
マナーが守れないと自分だけではなく、

同伴者にまで恥をかかせることになるかも・・・。

服装は勿論なんですが、ピッチマークを直す、
パットラインを乱さないなど、

守るべきマナーはたくさんあるようです。

又、初心者のうちは特に、
プレーファーストを心掛けると良いようです。

同伴者であれば、初心者だからもたついたり、
時間が掛かっても仕方ない、

とある程度は許してくれるでしょうが、
次の組の方を待たせるのはよくありませんよね。

移動は駆け足で行い、ショットにも必要以上に
時間を掛けないようにしたいものです。

もし、ショットに失敗して、
隣のホールや人がいる方向に打ってしまったら、

ファー!、と大きな声で叫んで注意を促し、
打球が人にぶつからないようにしましょう。

それから、意外と初心者がやってしまうのが、
グリーン上を足を引きずって歩いてしまうことなようです。

普段の感覚で歩くと、ゴルフシューズの底の突起が
グリーンを乱してしまう恐れがあるようですから

注意が必要なようですよ。

ゴルフ場でのマナー、
しっかり守りたいものですね。

ゴルフの基本マナーが気になる方は、
楽天で見てみて⇒ゴルフ 基本マナー

関連記事
ゴルフの基本用語?
ゴルフのスタンスの種類?
とりあえず最初は打ちっぱなしに行く?
最低限必要なクラブ?
正しいアドレスのポイント?
正しいボールの位置?

スポンサードリンク


ゴルフのスタンスの種類?

ゴルフのスタンスの種類?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ゴルフのスタンスの種類と言うのは、
・スクエアスタンス
・オープンスタンス
・クローズスタンス
など、大きく分けてこの三種類になるようです。

まず、スクエアスタンスなんですが、
スクエアはゴルフ用語では、

飛球線(ボールを飛ばそうとする方向に向かって引いた仮想線)
に対して、直角に、という意味なようですね。

両足は肩幅か、それよりやや狭いくらいに開き、
飛球線に対して直角につま先を置いて、

両足を平行に揃えて立ちます。

両方の肩、腰、膝、つま先が平行になり、
肩の延長線上に目標がある状態なようです。

スクエアスタンスは最もニュートラルなスタンスですから、
ゴルフ初心者はできればスクエアスタンスから

身につけると良いかも・・・。

自分では平行に立っているつもりでも、
意外とできていないことが多いものなので、

床にテープを貼ってその上に立ってみる、
ゴルフクラブを足元に置いてみる、

などして、こまめに確認してみて下さいね。

次に、オープンスタンスです。
オープンスタンスは、

目標に向かって、左足を少し引いて
左向きに立つスタンスを言うようです。

スライスボールを打ちやすくなるようですが、
コントロールが良くなるかも・・・。

ですが、
飛距離は伸びにくくなるようですよ。

逆に、クローズスタンスの場合には、
右足を少し引き、右向きに立つんですが、

右足を引くというよりは、左足をやや前に出す、
という表現の方が良いかもしれませんね。

バックスイングをしやすくなる為に、
飛距離が伸びやすい反面、

コントロールの精度が落ちてしまいがちなようです。

これらが代表的なゴルフのスタンスなようですが、
実際には両足の幅や向きを微妙に変えたりして、

自分に合ったスタンスで打つ方が良いかも・・・。

ゴルフの上達が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒ゴルフ 上達

関連記事
ゴルフの基本用語?
ゴルフ場デビューで気をつけること?
とりあえず最初は打ちっぱなしに行く?
最低限必要なクラブ?
正しいアドレスのポイント?
正しいボールの位置?

スポンサードリンク


とりあえず最初は打ちっぱなしに行く?

とりあえず最初は打ちっぱなしに行く?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ゴルフ初心者がとりあえず最初は打ちっぱなしに行く、
というのは、あまり良くないようですね。

始めのうちは上手く打てるはずもないので、
周りに迷惑をかけまくって、

ゴルフそのものが嫌になってしまう可能性もあるかも・・・。

もし、打ちっぱなしに行くのであれば、
打ちっぱなしに通ったことのある

知り合いの方と一緒に行き、
システムやマナーなどを教わってください。

そんな都合のいい知り合いなんていない、
というゴルフ初心者の方には、

ゴルフ教室に通うのが良いかも・・・。

我流で練習して変な癖をつけてしまう前に、
多少の費用は掛けてもきちんと基本から教わる方が

早く上達できるでしょうし、
ゴルフが楽しくなるはず・・・。

どうしても自分一人で
ゴルフを始めたいという場合には、

予めゴルフ練習場の料金システムを調べた上で、
グローブを用意して行くといいかも・・・。

ゴルフクラブはレンタルできるようですが、
グローブをゴルフ練習場で買うと割高なようなので、

ゴルフショップなどで
事前に購入しておいた方が安くつくようですね。

ゴルフのグローブが気になる方は、
楽天で見てみて⇒ゴルフ グローブ

関連記事
ゴルフの基本用語?
ゴルフ場デビューで気をつけること?
ゴルフのスタンスの種類?
最低限必要なクラブ?
正しいアドレスのポイント?
正しいボールの位置?

スポンサードリンク


最低限必要なクラブ?

最低限必要なクラブ?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ゴルフクラブは高いので、いきなり全部揃えて、
続けられなかったらもったいないですよね。

では、ゴルフ初心者がゴルフを始めるのに、
最低限必要なクラブって、どれなんでしょう?

もし、
いずれゴルフコースに出たいと思っているなら、

ハーフセットくらいは用意すると良いかも・・・。

ハーフセットと言うのは、
1W、5W、5I、7I、9I、SW、パターなどで、

フルセットである14本の半分の7本になります。

ゴルフショップによってはセット内容が異なるようで、
PWやAW、ユーティリティーが加わって

10本になっていることもあるようです。

セットで買った方が一本ずつ買うよりも安いようですし、
キャディーバックなどもついてくるかも・・・。

中堅メーカーの物や少し前のモデル、中古などを選べば、
3万円〜4万円位の予算でも揃えられるようですよ。

とりあえず、
打ちっぱなしで練習したいという場合には、

7Iか9Iを買うのが良いようです。

ドライバーで練習したいのが人情でしょうが、
ゴルフ教室などでは7Iから始めるようですし、

アイアンから始めた方が
上達しやすいと言われているようですよね。

最初はゴルフ練習場でレンタルして、
気に入ったクラブを買うのも良いかも・・・。

いずれにしても、
初心者のうちは実際に握ってみて、

感触を確かめてから買うようにしましょうね。

ゴルフのハーフセットが気になる方は、
楽天で見てみて⇒ゴルフ ハーフセット

関連記事
ゴルフの基本用語?
ゴルフ場デビューで気をつけること?
ゴルフのスタンスの種類?
とりあえず最初は打ちっぱなしに行く?
正しいアドレスのポイント?
正しいボールの位置?

スポンサードリンク


正しいアドレスのポイント?

正しいアドレスのポイント?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ボールを打つ際の構えであるアドレスは、
グリップやスイング、スタンスなどと同様に

とっても重要なようですね。

そこで、
正しいアドレスのポイントをまとめてみると、
・姿勢
・腕の形
・手順
など、これらの三つになるかも・・・。

まず、姿勢なんですが、両足を肩幅位か、
肩幅よりやや狭い位に開いたら、

膝を少し曲げて前傾姿勢になります。

この時、前傾姿勢でありながら、
背筋はしっかりと伸びていなくてはいけないようですよ。

更に、体重を前後左右に均等にかけ、
肩に力が入らないように

リラックスすることも大切なようです。

次に、腕の形なんですが、
正面から見た時に、左右の腕の長さがほぼ同じで、

両腕と肩で三角形に見えるというのが理想なようです。

鏡を使うなどして、なるべく左右の腕の長さが
同じになるように練習してみてくださいね。

それに、いいスコアの為には、
手順も重要になるようですよ。

常に一定の手順の通りに
アドレスに入ることによって、

精神統一することができるようです。

これは、
プリショット・ルーティンとも言うようで、

ジャック・ニクラスやタイガー・ウッズも
行っている方法なようですね。

具体的な手順は、
自分の好みに合わせて決めて良いようなので、

ぜひ、一定の手順を習慣づけるようにしましょうね。

ゴルフの上達が気になる方は、
楽天で見てみて⇒ゴルフ 上達

関連記事
ゴルフの基本用語?
ゴルフ場デビューで気をつけること?
ゴルフのスタンスの種類?
とりあえず最初は打ちっぱなしに行く?
最低限必要なクラブ?
正しいボールの位置?

スポンサードリンク


正しいボールの位置?

正しいボールの位置?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ゴルフでは、スイングだけでなく
ボールの位置もスコアを大きく左右するようですね。

ボールが正しい位置にないと、
いくらスイングが良くても、

思うようなショットは打てないかも・・・。

では、
正しいボールの位置はどこなんでしょう。

それはケースバイケースで、
状況や人によって違うようなので

一概には言えないようですね。

例えば、ドライバーで打つ場合には、
ボールを左足の内側の踵の延長線上に

置くと良いと言われているようですが、
実際にはやや右寄りの方が

上手に打てることが多いようですね。

又、ボールの位置は、左右だけではなくって、
前後の距離が合っているかも重要なようで、

自分のスイングの軌道の中で、
最も力が入っている時にインパクトできる、

そのところが正しいボールの位置なようです。

まずは、ゴルフ練習場で、自分にとっての
正しいボールの位置を見つけて、

それを感覚で掴むようにしましょう。

打った時にひっかけが多いようなら、少し右に、
プッシュアウトが多くなってしまうのなら、

少し左にボールを置くようにして、
ベストな位置を見つけて下さいね。

ゴルフの打ち方が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒ゴルフ 打ち方

関連記事
ゴルフの基本用語?
ゴルフ場デビューで気をつけること?
ゴルフのスタンスの種類?
とりあえず最初は打ちっぱなしに行く?
最低限必要なクラブ?
正しいアドレスのポイント?

スポンサードリンク


もしラフにボールが入ってしまったら?

もしラフにボールが入ってしまったら?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに、ラフにボールが入ってしまうと、
ショットが思うようにいかなくなりますよね。

でも、

ちゃんとラフショットのコツがあるようなので、
安心してくださいね。

ただ、その状況によって全く異なるようなので、
状況ごとにお話してみますね。

その状況とは、
・浮いている状態
・沈んでいる状態
・逆目
など、この三つです。

まず、浮いている状態なんですが、
これは芝に埋まっているのではなく、

芝の上に乗っかっている状態の事を
指しています。

この場合は、
比較的簡単にショットできるでしょう。

何の抵抗も受ける事はないようなので、
ウッドでも対応可能なようですよ。

次に、沈んでいる状態なんですが、
芝に埋まっている状態の事をさすので、

ショットの時に
芝の抵抗を受ける事になるようです。

芝が深い場合は、綺麗に打とう、
という考えは持たない方が良いようです。

とにかく出す事が重要ですので、
9番アイアンかPWを使うと良いかも・・・。

最後に、逆目なんですが、
これは芝の向きが進行方向と逆、

という状態をさしています。

逆目の場合、当然、
抵抗を受ける事になるようですので、

沈んでいる状態の時と同様に、
9番アイアンかPWを使って、

そこから出す事だけを考えましょう。

いずれの状況だったとしても、
ラフというのはスムーズに打てなくなるように

作られているようですから、
とりあえずラフから出すことを最優先にして

欲張らないことが大切なようですね。

ラフショットが気になる方は、
楽天で見てみて⇒ラフショット

関連記事
ゴルフのパッティングのコツ?
ドライバーの打ち方のポイント?
ゴルフ初心者はどんなクラブを揃えれば良いの?
ゴルフの基本ルール?
ゴルフのスイングの基本?
ゴルフのグリップの握り方?
ゴルフのアドレスの基本?

スポンサードリンク


ゴルフのパッティングのコツ?

ゴルフのパッティングのコツ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ゴルフのパッティングで
苦戦している人って結構いるようですよね。

いくら少ない打数でグリーンにのっけたとしても、
パッティングも正確でなければ意味がないですよね。

では、
パッティングのコツって何でしょう?

そこで、
・短いパット
・長いパット
この二つに分けてお話してみましょう。

まず、短いパットなんですが、
この状況で一番重要なのが平常心でいる事なようです。

実は、距離が短い場合、
入れて当たり前、という状態なので、

プレッシャーがかかりますよね。

メンタルの弱い人では、
練習ではいつも簡単に入れていた距離でも

外してしまうようですね。

これは、外したらどうしよう、という気持ちが
パッティングに影響を与えてしまうからなようです。

つまり、
重要なのは平常心でいる事なようですよ。

そして、技術面では、
ストロークの速度を一定に保つ事なようです。

これが乱れてしまうと、
余計な力がボールにかかってしまうようなので、

気をつけましょうね。

次に、
長いパットについてです。

技術的には短いパットと変わりないんですが、
重要なのは、こちらも精神面なようですね。

具体的に言うと、

一回で入れようと思わない、
という事なようです。

一回で入れようと思うより、
あと一打で入れる距離に持っていく

というイメージを持つと、
リラックスできて良いパッティングができるようです。

ゴルフのパッティングのコツが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒ゴルフ バッティング コツ

関連記事
もしラフにボールが入ってしまったら?
ドライバーの打ち方のポイント?
ゴルフ初心者はどんなクラブを揃えれば良いの?
ゴルフの基本ルール?
ゴルフのスイングの基本?
ゴルフのグリップの握り方?
ゴルフのアドレスの基本?

スポンサードリンク


ドライバーの打ち方のポイント?

ドライバーの打ち方のポイント?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ゴルフの第一打は、高い確率で
ドライバーを使う事が多いようですよね。

第一打のできで、そのコースでのスコアが
左右されると言っても過言ではないでしょう。

では、
そのポイントをお話してみますね。

そのポイントとは、
・ティアップ
・構え
・スイング
この三つなようです。

まず、ティアップなんですが、
ただ突き刺せば良いというものではないようです。

目安としては、ボールがドライバーの上部に
ぶつかる高さにティを刺します。

右利きの方は、
左足の前方に刺すのが良いようです。

次に、構えなんですが、目的方向に向かって
両肩、両膝が平行になるように構えます。

グリップは、
絶対に強く握らないこと。

少し緩ませる事で、
ドライバーがボールにぶつかった瞬間にぐっと力が入り、

これが飛距離につながるようですよ。

最後に、スイングですが、この時に大切なのが
腕力で飛ばそうとしない事なようです。

ボールを遠くに飛ばしたい場合には、
体全体で飛ばす事をイメージしましょう。

又、インパクトの瞬間からフォローまでは
左脇は開けないというのも重要なようですよ。

それに、大きく振りぬくイメージを持つ事も
重要になるようですね。

ドライバーの打ち方が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒ドライバー 打ち方

関連記事
もしラフにボールが入ってしまったら?
ゴルフのパッティングのコツ?
ゴルフ初心者はどんなクラブを揃えれば良いの?
ゴルフの基本ルール?
ゴルフのスイングの基本?
ゴルフのグリップの握り方?
ゴルフのアドレスの基本?

スポンサードリンク