腰痛に効果のあるストレッチ?

腰痛に効果のあるストレッチ?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。デスクワークをしている方の中には、腰痛に悩んでいる方がとても多いのでは・・・。これは、長い時間、同じ姿勢をとっているせいで、腰の筋肉が硬くなり、血流も悪くなってしまっていることが主な原因なようです。

腰の筋肉を柔らかくしてあげることで、血液の循環も良くなり、腰痛も軽くなるようです。では、腰の筋肉を伸ばして柔らかくしてあげる為には、どのようなストレッチを行うと良いんでしょう。

腰痛に効果の有るストレッチとして代表的なのは、
・椅子に座って背もたれを利用して、思いっきり背中を後ろへ反らせる。
・椅子に座って両手を前で組み、手が下がらないようにしながら、まっすぐに前へ壁を押すように突き出す。
・壁に両手を置いて壁を押すような感じで、思いっきり背中を後ろへ反らせる。
・仰向けに寝て両膝を立て、両肩が床から離れないようにして、息を吐きながら両膝をゆっくりと真横に倒して10秒キープ。
などなようです。

慢性的な腰痛を感じている方は、ぎっくり腰等の急激な腰痛を引き起こしてしまう可能性もあるようです。腰痛に効果の有るストレッチを毎日続けることで、ぎっくり腰防止にもなるようですので、毎日続けて行うようにすると良いかも・・・。

ストレッチを行って筋肉や関節を気持ちよく伸ばしてあげることで、筋肉がほぐれて血液の循環も良くなり、新陳代謝も高まるようです。ストレッチを行うだけで腰痛が治るわけがないなんて諦めていないで、ぜひ試してみてはいかがでしょう。

楽天で見る⇒腰痛 効果 ストレッチ

関連記事
股関節の可働域を広げるストレッチ?
肩甲骨の可働域を広げるストレッチ?
器具を活用したストレッチって?
ストレッチをする時の注意って?
ストレッチの効果って?

スポンサードリンク


股関節の可働域を広げるストレッチ?

股関節の可働域を広げるストレッチ?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。股関節が柔らかくなると、怪我を未然に防いでくれたり、股関節痛の予防になったりするようですよね。では、股関節を柔らかくして可働域を広げるようにする為には、どのようなストレッチを行うと良いんでしょう。

この股関節の可働域を広げる為のストレッチには、
・あぐらをかいて両方の足の裏を合わせ、無理に開き過ぎないよう徐々に両手に力を入れて膝を下へ押す。
・あぐらをかいて両方の足の裏を合わせ、足を持ったまま、上体を前にゆっくりと倒して15秒間キープする。
・つま先と膝をできるだけ外側に開いて立ち、そのまま前かがみにならないように真下に腰を落とす。
・仰向けに寝て両手で膝を抱きかかえるようにし、股関節が円を描くようになるべく大きく膝を内側と外側に回す。
等があるようです。

どのストレッチも無理をせず、気持ちが良い痛みのところで止めるようにすることが重要なようです。なるべく体が柔らかくなっているお風呂上りに行うと、より効果が期待できるようですね。股関節の可動域は、広げようと思っても、ストレッチを行えばすぐに柔らかくなるというものではないようです。なので、時間を掛けて、ゆっくりと行うことがとっても大切なようですので、毎日きちんと続けることを意識してみて下さいね。

又、股関節が痛んでストレッチができないような方は、水中を歩くだけでも効果を得ることができるようです。水の中では股関節への負担が少なくなるようなので、それだけ自由に体を動かすことができるようです。少しでも股関節を柔らかくして、痛みを軽減させるようにしましょうね。

楽天で見る⇒股関節 ストレッチ

関連記事
腰痛に効果のあるストレッチ?
肩甲骨の可働域を広げるストレッチ?
器具を活用したストレッチって?
ストレッチをする時の注意って?
ストレッチの効果って?

スポンサードリンク


肩甲骨の可働域を広げるストレッチ?

肩甲骨の可働域を広げるストレッチ?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。肩甲骨が柔らかくなると、肩凝りの解消になったり、四十肩の予防になったりするようですね。

肩甲骨を柔らかくして可働域を広げる為のストレッチを行う前に、先ず、肩甲骨がどのあたりの骨なのか、しっかりとイメージしてみて下さい。肩甲骨は、肩の下あたりに出っ張っている骨で、別名天使の羽とも言われているようですよね。

ここの可働域が広いか狭いかは、背中で両手を組めるかどうかで簡単にチェックすることができるようです。右手を上から、左手を下から背中に回して手を組めますか?手を組めるようでしたら、あなたの肩甲骨の可働域は広いということなようですよ。

もし、片方のみの手が組めるといった場合には、バランスが悪いということになるようです。どちらの手も組めるように、肩甲骨を柔らかくして可働域を広げましょう。肩甲骨の可働域を広げる為のストレッチとしては、
・頭の後ろで手を組んで、肩甲骨を広げるように意識しながら背中を丸めて両肘を付け、次に肩甲骨を近づけるように意識しながら胸を張る。
・肘を曲げないように後ろで手を組んで、胸を張る。
・フェイスタオルの端を両手で持ち、肘を曲げないようにしながら体の後ろを上から下まで通す。
などがあるようです。

因みに、一流と呼ばれているスポーツ選手の多くは、肩甲骨がとっても柔らかいようですね。特に、ゴルフは肩甲骨の可動域が広がっていることが大切なようで、石川遼くんの肩甲骨の柔らかさは一時話題になった程です。肩甲骨が柔らかくなると、猫背の改善にも効果が期待できるようですので、ぜひ試してみて下さいね。

楽天で見る⇒肩甲骨 ストレッチ

関連記事
腰痛に効果のあるストレッチ?
股関節の可働域を広げるストレッチ?
器具を活用したストレッチって?
ストレッチをする時の注意って?
ストレッチの効果って?

スポンサードリンク


器具を活用したストレッチって?

器具を活用したストレッチって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。ストレッチ用の器具なんて聞くと、ちょっと大袈裟な機械を想像される方もいらっしゃるかもしれませんよね。けれど、具体的には夜中のテレビショッピング等で紹介されている健康グッズのような物だと考えるといいかも・・・。

勿論、基本的な筋肉を伸ばすとか、筋肉をほぐすようなストレッチは、器具が無くても十分にできるようです。ただ、器具を活用してストレッチを行うと、十分に伸ばせないような箇所やより深い箇所まで効果的に伸ばすことができるようですね。

例えば、以前有名になったぶらさがり健康器なんですが、これは、ぶらさがるだけで腕や肩、そして、背中の筋肉を気持ち良く十分に伸ばしてくれる器具でしたよね。又、肩凝りには首のストレッチが効果的なようですが、通常のストレッチでは首を回すことぐらいしかできません。こんな時には、首筋用の補正ストレッチ器具を活用することで、無理なく首の筋肉を伸ばしてあげることができるようです。

このように、通常のストレッチではなかなか思うように伸ばせない箇所も、器具を活用することでスッキリとほぐすことができるようになるようです。けれど、ストレッチ器具だけに頼り過ぎては偏ったストレッチになる可能性もあるようですので、先ずは通常のストレッチを行い、その後の補助ストレッチといった形で、器具を取り入れたストレッチを行うと良いのでは・・・。

近頃では、いろいろなストレッチ器具が出ているようですから、あなたの体の状態に合わせた物を選ぶようにして下さいね。

楽天で見る⇒ストレッチ 器具

関連記事
腰痛に効果のあるストレッチ?
股関節の可働域を広げるストレッチ?
肩甲骨の可働域を広げるストレッチ?
ストレッチをする時の注意って?
ストレッチの効果って?

スポンサードリンク


ストレッチをする時の注意って?

ストレッチをする時の注意って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。ストレッチは健康的な身体作りにとっても効果的なようですが、そのやり方が間違っていると、思わぬ危険を伴うこともあるようです。

そこで、ストレッチを行う上での注意点についてお話してみますね。先ず、ストレッチって言うのは、体の勢いや反動を使って行う動的ストレッチと、反動を使わずにゆっくりと行う静的ストレッチに分けられるようです。

動的ストレッチを行う場合には、勢いや反動が大き過ぎると思わぬ力が掛かってしまって、怪我に繋がる危険性があるようです。特に、アキレス腱を伸ばすストレッチ等を行う場合には、反動を付け過ぎないようにすることが大切なようですね。又、静的ストレッチの場合でも、無理に伸ばし過ぎることは厳禁なようです。

ストレッチの目的は、あくまでも緊張をほぐして筋肉を伸ばすことにあるようです。ちょっと痛いけれど気持ち良い、その程度で十分に効果があるようですので、柔軟性を高める際には段々と体を慣らしてあげるようにして下さいね。

それに、ストレッチを行う場合には、呼吸も大切なようです。息を止めた状態で行うと無駄な力が入ってしまうようですから、ストレッチを行う際には息を吐きながらリラックスした状態で行うと良いようです。

ストレッチは、一日やったからといって、すぐに効果が出てくるものではないようです。どこの方向に、どの筋肉が伸びているのかをしっかりと意識しながら、毎日続けることによって、少しずつ柔軟でしなやかな体ができ上がっていくようですね。

楽天で見る⇒ストレッチ

関連記事
腰痛に効果のあるストレッチ?
股関節の可働域を広げるストレッチ?
肩甲骨の可働域を広げるストレッチ?
器具を活用したストレッチって?
ストレッチの効果って?

スポンサードリンク


ストレッチの効果って?

ストレッチの効果って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。ストレッチと言うと、運動を行う前の準備体操や、運動を行った後の筋肉のクールダウンの為の軽い運動のような印象を持っている方が多いかもしれませんね。

どすが、実は、ストレッチって言うのは、単に準備運動やクールダウンだけではなくって、いろいろな効果が期待できる運動なようです。では、そのストレッチの効果について簡単にお話をしてみますね。

先ず、ストレッチには、関節可動域を広げて、柔軟性を高めてくれる効果があるようです。身体の柔軟性が低下していくと、腰や関節の痛みや肩こり等の様々な問題を引き起こす可能性が出てくるようです。毎日を快適に過ごすことができるようにする為にも、柔軟性を保ち続けることはとっても重要なことなようです。

又、ストレッチを行うことで筋肉が伸ばされて、血液の循環も良くなるようです。酸素や栄養素を運ぶ大切な役目を担う血液の循環が良くなるということは、疲れた身体の疲労回復にも一役買ってくれるということなようです。

何となくイライラする時にも、ストレッチを行うことで、感覚刺激が中枢神経に伝えられて副交感神経が優位となり、リラックスした状態になることができるようです。ストレスを感じたら、ゆったりとしたストレッチを行ってみると良いでしょう。

勿論、よく知られているように、運動前のストレッチは怪我の予防に、運動後のストレッチは疲労した筋肉の炎症防止に効果的なようですよね。正しいやり方でストレッチを行うと、美容や健康にも役立つようですから、積極的にストレッチを行ってみてはいかがでしょうか。

楽天で見る⇒ストレッチ

関連記事
腰痛に効果のあるストレッチ?
股関節の可働域を広げるストレッチ?
肩甲骨の可働域を広げるストレッチ?
器具を活用したストレッチって?
ストレッチをする時の注意って?

スポンサードリンク