ブレイクショットの打ち方のコツ?

ブレイクショットの打ち方のコツ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ビリヤードのブレイクショットは、始める前までは
比較的簡単にできると思っている人が多いでしょうが、

実際にやってみると意外と難しいかも・・・。

初心者の方の中には、ブレイクショットが
苦手という方が少なくないようですね。

上級者の方のブレイクショットでは、
スパンと小気味良く球が飛び散るようですが、

スピードが出せない、
思うように散らせない、
と悩む方が多いようです。

この原因の一つに、
ともかく強く打たなければ、
と力が入り過ぎるという傾向があるようです。

実際、上級者の方は、
スピードのある球を打つことで球を散らすようですが、

これは強く打てば良いというものではなく、
球の中心に当てるということが一番大切なようです。

ですが、初心者の方の場合は、
ともかく力を入れて打とうとする傾向が強いようで、

むしろ球の中心を外してしまう傾向があるようです。

実際には、
確実に中心を射ぬくというのはなかなか難しいようですが、

その多少のズレをカバーしてくれるのが、
滑り止めであるチョークなようですね。

初心者の間は、チョークを塗るのに
気恥ずかしさを感じる方も多いかもしれませんが、
ぜひ実践してみて下さいね。

又、ビリヤードを始めると、
ブレイクショットでは1番の球を狙う、
と聞くことが多いかもしれませんね。

でも、これはある程度、
技術を身につけた方に通用する技術なようです。

初心者の場合は、中央を狙うのが、
失敗を減らすコツと言えるようです。

初心者の間は、ともかくブレイクラインの中央に
手球を置くよう心掛けるといいようですね。

楽天で見る⇒ビリヤード 勝つ

関連記事
バンクショットやコンビネーションショットの打ち方のコツ?
ジャンプショットやマッセショットの打ち方のコツ?
キスショットやキャノンショットの打ち方のコツ?
フォローショットやドローショットの打ち方のコツ?
ビリヤード大会で勝ち進むには何が必要?
ビリヤードで勝つポイント?
初心者の方がビリヤードキューの選び方?
ビリヤードのキューの握り方のポイント?
ビリヤードのフォームのポイント?
ビリヤードのルールは?
ビリヤードの練習のコツ?

スポンサードリンク


バンクショットやコンビネーションショットの打ち方のコツ?

バンクショットやコンビネーションショットの打ち方のコツ?
これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

バンクショットって言うのは、クッションに手球を当て、
跳ね返らせることで的球に当てるというショットなようですね。

どの角度で打てば的球に当てられるかを
計算し尽くしたショットなようですから、

上級者のショットに惚れ惚れする方も多いかも・・・。

バンクショットはビリヤードのテクニックの中でも、
比較的必要になる頻度が高いショットなようなので、

早めに身につけるといいでしょうね。

プロの場合、何度も反射させて最終的に当てる
という高等テクニックを使うこともあるようですが、

先ずは一回反射させるだけで当てるショットを
マスターしてみてはいかがでしょう。

バンクショットのコツは、なんと言っても、
球に回転をかけないようにすることなようですよ。

球に回転がかかると、クッションに当たった時に
入射角と反射角の角度が変わってしまうようです。

手球に回転がかからないようにする為には、
球の中心を確実につくことが重要なようです。

そして、バンクショットと同様に、
ぜひ身につけていただきたいのが、
コンビネーションショットなようですね。

コンビネーションショットって言うのは、
的球の軌道を利用して、別の球に当てて
ポケットに入れるというテクニックなようですね。

これを成功させるには、
的球に当てた時にどのような軌道で動くか
を計算する必要があるようです。

ですから、ポケットに入れたい球(イメージボールA)と
的球(イメージボールB)が近い場合には、

初心者でも比較的狙いやすく、
遠いと難しいという事になるようですよ。

楽天で見る⇒ビリヤード 勝つ

関連記事
ブレイクショットの打ち方のコツ?
ジャンプショットやマッセショットの打ち方のコツ?
キスショットやキャノンショットの打ち方のコツ?
フォローショットやドローショットの打ち方のコツ?
ビリヤード大会で勝ち進むには何が必要?
ビリヤードで勝つポイント?
初心者の方がビリヤードキューの選び方?
ビリヤードのキューの握り方のポイント?
ビリヤードのフォームのポイント?
ビリヤードのルールは?
ビリヤードの練習のコツ?

スポンサードリンク


ジャンプショットやマッセショットの打ち方のコツ?

ジャンプショットやマッセショットの打ち方のコツ?
これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

初心者が憧れるビリヤードのショットの一つに、
ジャンプショットがあるようですね。

ジャンプショットと言うのは、
手球と的球の間にある邪魔な球を、

手球をジャンプさせることで回避して
的球に当てるという高等テクニックなようですよね。

見た目が派手なショットなようなので、
憧れる人が多いかも・・・。

でも、実践の場で同様の状態になった時、
上級者であればジャンプショット等を使わなくても、

いとも簡単に的球を狙うことが
できるのはご存知の通りですよね。

勿論、状況的にジャンプショットが必要
という場面もないとは言いませんが、

一般的にはショー目的で
使われることの方が多いのかも・・・。

ジャンプショットは、高めのブリッジを作り、
上からキューを突きおろすような感じで打ちます。

ジャンプショットでは、
ともかくショットスピードが早くなければ、
ジャンプさせることができないようです。

これに対して、
同じ上から球を突くマッセショットは、

手球に回転を与えることで、
手球の軌道にカーブをつけるというものなようです。

ジャンプショット同様、邪魔な球を避けて
的球を打つ時に使われるショットなようです。

手球の当てる位置やキューの角度、力加減によって
カーブは大きく変化するようでから、

コントロールを身につけるのは
とっても難しいショットと言えるかも・・・。

どちらのショットも、他の技術を身につけることで
同様の状況を打破する手立てはあるようです。

初心者では特に、
失敗してラシャを傷つける事が多いようで、

禁止しているビリヤード場が多いようなので
気をつけて下さいね。

楽天で見る⇒ビリヤード 勝つ

関連記事
ブレイクショットの打ち方のコツ?
バンクショットやコンビネーションショットの打ち方のコツ?
キスショットやキャノンショットの打ち方のコツ?
フォローショットやドローショットの打ち方のコツ?
ビリヤード大会で勝ち進むには何が必要?
ビリヤードで勝つポイント?
初心者の方がビリヤードキューの選び方?
ビリヤードのキューの握り方のポイント?
ビリヤードのフォームのポイント?
ビリヤードのルールは?
ビリヤードの練習のコツ?

スポンサードリンク


キスショットやキャノンショットの打ち方のコツ?

キスショットやキャノンショットの打ち方のコツ?
これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ビリヤードを上達させるには、
様々なショットテクニックを身につけていくことが
必要になってくるようですね。

そのショットテクニックの一つに、
キスショットとキャノンショットがあるようです。

先ず、キスショットって言うのは、
他のボールのクッション(跳ね返り)を利用して、
的球をポケットにインするショットなようですね。

ボール同士が当たると、それぞれが進行方向と
90度の角度で跳ね返るという法則を利用した
ショット方法になるようです。

つまり、的球(イメージボールB)を
直接ポケットに入れるのが難しい場合、

他のボール(イメージボールA)にあえて当て、
そのボールの跳ね返りを利用して
的球をポケットに入れるという方法なようです。

イメージボールAの進行方向と
90度の位置にポケットがあれば、
的球はポケットにインするでしょう。

次に、キャノンショットなんですが、
このキャノンショットも、ボール同士の跳ね返りを
利用したショットなんですね。

キスショットが、
的球と他のボールとの跳ね返りを利用するのに対して、

キャノンボールでは、手球と的球の跳ね返りを利用して、
手球を別の球に当ててポケットにインさせるという
ショットになるようですね。

キスショットと同様、手球は的球の進行方向と
90度の角度で跳ね返りますから、

その進行方向に別のボールとポケットがあれば、
別のボールがポケットにインするということになるようで・・・。

どちらのショットも、中心に当てなければ
跳ね返りの角度が変わってしまうようですから、
何度も練習してマスターしてみてはいかがでしょうか。

楽天で見る⇒ビリヤード 勝つ

関連記事
ブレイクショットの打ち方のコツ?
バンクショットやコンビネーションショットの打ち方のコツ?
ジャンプショットやマッセショットの打ち方のコツ?
フォローショットやドローショットの打ち方のコツ?
ビリヤード大会で勝ち進むには何が必要?
ビリヤードで勝つポイント?
初心者の方がビリヤードキューの選び方?
ビリヤードのキューの握り方のポイント?
ビリヤードのフォームのポイント?
ビリヤードのルールは?
ビリヤードの練習のコツ?

スポンサードリンク


フォローショットやドローショットの打ち方のコツ?

フォローショットやドローショットの打ち方のコツ?
これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

フォローショットと言うのは、
次の的球を狙いやすい場所に手球を走らせる目的で
使われるショット方法なようですね。

押し球とも呼ばれるフォローショットは、
手球の上半分あたりを狙うことで打つことができるようです。

手球の上部を打つことでトップスピンが掛かるようで、
的球に当たっても手球が前進することができるようです。

ですが、あまり上部を打ってしまうと、
ミスショットになってしまうようですね。

それに、中心に近過ぎてもフォローショットにはならず、
初心者の方には難しい最初の関門と言えるようです。

又、的球に当たった後、そのまま一緒にポケットに
入ってしまうという失敗も初心者にはありがちなようで・・・。

これに対して、引き球と呼ばれるドローショットは、
バックスピンをかけて手球が的球に当たった後、
手球を後退させるテクニックショットなようです。

フォローショットとは逆に、
手球の下半分くらいを狙って打つことによって、
バックスピンを掛けることができるようです。

ドローショットもフォローショットと同様、
次の球を狙いやすい場所に手球を持っていくのを
目的に使われるようですね。

フォローショットと違って、的球と一緒に
ポケットに落ちてしまうリスクが少ないようなので、

初心者の方にはむしろ使いやすいショットと
言えるかもしれませんね。

ですが、フォローショットと同じく、
初心者の方ではミスショットしやすいようで、
これは練習で克服するしかないようですね。

確実に手球を打つ為に、自分の手で高さを調整するコツと、
打つ時の力加減を身につけるように、
意識しながら練習してみて下さいね。

楽天で見る⇒ビリヤード 上達

関連記事
ブレイクショットの打ち方のコツ?
バンクショットやコンビネーションショットの打ち方のコツ?
ジャンプショットやマッセショットの打ち方のコツ?
キスショットやキャノンショットの打ち方のコツ?
ビリヤード大会で勝ち進むには何が必要?
ビリヤードで勝つポイント?
初心者の方がビリヤードキューの選び方?
ビリヤードのキューの握り方のポイント?
ビリヤードのフォームのポイント?
ビリヤードのルールは?
ビリヤードの練習のコツ?

スポンサードリンク