球速に拘り過ぎると肩や肘を壊しやすい?

球速に拘り過ぎると肩や肘を壊しやすい?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

剛速球を投げる事で知られている投手の言葉で、

速い球を投げようと思えばいくらでも投げられるけれど、
その後の肩や肘への負担を考えると
思い切り投げる事が出来ない、

と言うような内容があるんですね。

この事からも分かるように、
球速をアップさせようと球を思いっきり投げると、

それだけ身体への負担も大きくなるようです。

身体に負担が掛かり過ぎてしまうと、
球速をアップするどころか、

反対に故障の原因となってしまう恐れもあるようです。

特に、野球肩、野球肘と言った言葉があるように、
肩や肘はトラブルを起こしやすい部位でもあるようで、

十分に注意しなくてはいけないようですね。

野球肘と言うのは、肘の内側に痛みが
発生する場合が多いようで、

これは過度の投球動作が原因と考えられるようです。

いくら速い球を投げようと思っていても、
一日の練習で何百球も投げる事ができるようには
人の身体はできていないようです。

もし、肘に痛みがあるままで投げ続けていると、
最終的には肘の曲げ伸ばしが困難となり、

まだ子供の場合には、
発達障害を引き起こす可能性があるようなので
とっても危険なようですよ。

なので、少しでも異常を感じたら、
早急に整骨院や整体へ行って診てもらって下さいね。

このような故障の予防方法としては、
必ずウォーミングアップやストレッチを十分に行う、

肩を冷やさないよう汗をかいたらこまめに着替える、
投球後アイシングをする等があげられるようです。

あまり球速アップにばかり拘り過ぎていると、
自分の身体を壊してしまう可能性もある
と言う事を肝に銘じておきましょう。

楽天で見る⇒速球 投げたい

関連記事
速い球を投げる為にはメンタルも重要?
球速アップの為にはフォームの改造が必要?
球速をアップさせる為にはどこの筋肉が必要なの?
球速をアップさせる為のトレーニング?
速い球を投げる為の基本フォーム?

スポンサードリンク


速い球を投げる為にはメンタルも重要?

速い球を投げる為にはメンタルも重要?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

昔の野球と言えば、努力と根性で栄光を掴む
と言ったイメージのスポーツだったと思うんですが、

現在の野球では、もはやメンタルトレーニングは
常識となっているようですね。

勿論、速い球を投げる為にも、
メンタルトレーニングは欠かせないようです。

身体を鍛えただけでは、
やっただけしか効果は表れないようですが、

そこにメンタル面が加わる事で、練習した以上の力を
発揮する事ができるようになるようです。

具体的には、
プラス思考を持つ事が大切なようですね。

速い球を投げる為には、のびのびとした
しなやかなフォームが必要となってくるようです。

ですが、
あれだけ努力して練習したのに、失敗したらどうしよう、
自分は本当に速い球を投げる事ができるか心配、

などと、
つい頭の中でマイナスなイメージをしてしまうと、
それがプレッシャーとなってしまうようです。

そのプレッシャーから、結果として、
実際に投球を行う身体にまで悪影響を及ぼし、
身体が硬くなってしまうようです。

そうなると、球速がアップするような
正しいフォームで投げる事が困難な状態に・・・。

このような事が起きないように、
メンタルトレーニングを行って、

常にプラス思考を持ち続ける事ができるように
する事が必要となってくるようです。

つまり、ネガティブなイメージや言葉を避けて、
速い球を投げている自分を頭の中でイメージしましょう。

体と心のトレーニングが一つとなる事で、
より速い球を投げる事が可能となるでしょう。

楽天で見る⇒野球 メンタルトレーニング

関連記事
球速に拘り過ぎると肩や肘を壊しやすい?
球速アップの為にはフォームの改造が必要?
球速をアップさせる為にはどこの筋肉が必要なの?
球速をアップさせる為のトレーニング?
速い球を投げる為の基本フォーム?

スポンサードリンク


球速アップの為にはフォームの改造が必要?

球速アップの為にはフォームの改造が必要?
これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

球速をアップさせようと思った場合に、
単純に筋力を上げれば球の速度も上がる、
そう思ってはいませんか。

確かに、筋力をアップさせる事も
球速アップの為には重要なようですが、

その他にも大切な事があるようです。

それは、リリースを行う際、
いかに球に力を伝えられるかと言う事なようです。

ここが球速アップには重要なポイントとなるようですが、
そこで必要なのが正しい投球フォームなようですね。

せっかく努力して、
球速をアップさせるように筋力を高めたとしても、

肝心の投球フォームが悪くては、
その力を上手く球に伝える事ができないようです。

正しいフォームで球を投げる事ができれば、
肩や肘に余計な力を入れなくても

下半身や体幹のエネルギーをきちんと
球に伝達する事ができ、球に強い力が加わり、

球速アップに繋がるようです。

具体的には、速球を投げる選手のフォームを
何度でもビデオで観て研究し、
自分の中でイメージしてみましょう。

頭の中で理想のフォームを
イメージできるようになったら、

実際にキャッチボールや遠投等を行って
トレーニングしていきましょう。

この際、実際にボールを使った練習以外では、
一人でも練習出来るシャドーピッチングが良いようです。

投球フォームを正しく改造する事によって、
個人差はあるでしょうが、

20キロもの差が出る場合もあるようです。

球速をアップさせる為には、
フォームの改造も自ずと必要となってくるようですね。

楽天で見る⇒速球 投球フォーム

関連記事
球速に拘り過ぎると肩や肘を壊しやすい?
速い球を投げる為にはメンタルも重要?
球速をアップさせる為にはどこの筋肉が必要なの?
球速をアップさせる為のトレーニング?
速い球を投げる為の基本フォーム?

スポンサードリンク


球速をアップさせる為にはどこの筋肉が必要なの?

球速をアップさせる為にはどこの筋肉が必要なの?
これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

勿論、球速をアップさせる為には、
筋力を上げる事が大切なのはご存知ですよね。

ですが、むやみに筋力を上げようと
筋肉トレーニングを行って筋肉隆々になってしまっては、

球速アップどころか速球を投げる邪魔に
なってしまう可能性もあるようですね。

球速をアップさせる為には、バランスのとれた
バネのような筋肉を付ける事を目標としなくては
いけないようです。

では、具体的に球速をアップさせる為には、
どこの筋肉が必要となってくるんでしょう。

先ず、速球を投げる為に一番大切な筋肉と言えば、
やはり、下半身の筋肉でしょうね。

安定した下半身が作られている事が
球速をアップさせる大前提になるようですし、

そこに腹筋と背筋の筋肉も必要となってくるようです。

又、それと同じ位に大切と言われているのが、
インナーマッスルなようですね。

つまり、体の内側の筋肉なんです。

肩周りのインナーマッスルを鍛える事で、
速い球に耐えうるだけの肩を仕上げる事ができるようで、

それが、結果的に球速アップに繋がるようです。

効果がわかりにくく、
鍛えても達成感が得られ難い筋肉なようですが、

猛烈なスピードで振られた腕を
繋ぎ止める力を得る為にも、
インナーマッスルは大切なようですよ。

それに、速球を投げる為には、
しなやかなフォームも重要となってくるようです。

その時に必要なのが、スナップの強さと、
指先で真っ直ぐ安定してボールを押し出す事が
できるような握力なようです。

手首の筋肉と握力を強化させる事も、
球速をアップさせる為に効果的なようですので、

こちらも意識して行うと良いでしょうね。

楽天で見る⇒球速 アップ

関連記事
球速に拘り過ぎると肩や肘を壊しやすい?
速い球を投げる為にはメンタルも重要?
球速アップの為にはフォームの改造が必要?
球速をアップさせる為のトレーニング?
速い球を投げる為の基本フォーム?

スポンサードリンク


球速をアップさせる為のトレーニング?

球速をアップさせる為のトレーニング?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

野球のピッチャーであれば、速球を投げてみたい
と願う気持ちはきっとどなたにでもありますよね。

ですが、実際に速球を投げているピッチャーには
天性の才能があって、自分にはとっても無理だ
と諦めてしまっている方はいませんか。

速球って言うのは、
特別な人だから投げられるわけではないんですよね。

140キロ台のスピードであれば、トレーニング次第で
どなたにでも投げる事が可能となるようです。

では、球速をアップさせる為の
トレーニングのコツを簡単にお話してみましょう。

先ず、球速をアップさせる為のトレーニングには、
筋肉トレーニングが不可欠なようですね。

特に、
下半身の強化を意識するのがいいようです。

速い球を投げる基本は
腕を早く振ると言う事に尽きるようですが、

腕を早く振るだけではコントロールが
めちゃくちゃになってしまうようです。

そこで、
下半身の強化が必要となってくるようですね。

下半身の土台がしっかりしていれば、
どんなに腕を早く振っても安定した投球を
行う事ができるようです。

なので、長い距離の走りこみや、
短距離ダッシュ等を行って、どっしりとした下半身を
作るようにして下さいね。

又、腹筋と背筋をしっかりと鍛える事も
速球を投げる為には重要なようです。

球を投げる際に使われる主な筋肉は
下半身と腹筋と背筋なようですので、

下半身の強化が終了したら、
次は腹筋と背筋も鍛えるようにすると良いかも・・・。

後は、腕の振りを少しでも速くする為に
投げ込みを行うといいでしょう。

これだけでも、
10キロ位はスピードがアップするはず・・・。

努力するかしないか、そこで速球が
投げられるか投げられないかが決まってくるようですよ。

楽天で見る⇒速球 投げる

関連記事
球速に拘り過ぎると肩や肘を壊しやすい?
速い球を投げる為にはメンタルも重要?
球速アップの為にはフォームの改造が必要?
球速をアップさせる為にはどこの筋肉が必要なの?
速い球を投げる為の基本フォーム?

スポンサードリンク


速い球を投げる為の基本フォーム?

速い球を投げる為の基本フォーム?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、正しい投球フォームができていなくては、
いくらトレーニングをしても球速は上がらないようですね。

逆に、正しいフォームを身に付けるだけでも、
球速をアップさせる事は可能となるようですよ。

では、速い球を投げる為の基本フォームって、
一体どのようなフォームを指すんでしょう。

ですが、投球フォームって言うのは、
人それぞれで違いますよね。

いくら正しいと言われているフォームを
参考にしてピッチングを行っても、

それが自分の体型や筋力のレベルに
合っていないフォームの場合には、

余計な負担が身体に掛かってしまって、
故障の原因にもなってしまうようです。

なので、先ずは、現在の自分の投球フォームを
知るところから始めるのがいいようです。

そうした上で、基本的なフォームとしては、
肩と肘と手首の全てが均等に使えるように、

肘を肩の高さまで上げ、肘を直角に曲げて投げます。

肘が下がっていると、腕が前に出てこないようなので、
全身の力が球に伝わるのが難しくなってしまうようです。

又、この際、腕をムチのようにしならせて
投げる事がポイントなようですね。

腕をしならせる程に、
威力のあるボールを投げる事ができるようなので、

その為にも肩と肘のストレッチは欠かさず行い、
肘を柔らかく使えるようにしておくと良いかも・・・。

それに、リリースポイントを一定にする事も
大切なようですね。

一定にする事でコントロールが安定するようで、
自信をもって腕を振る事ができるようになるようです。

又、腕の回転が早い程、球速もアップするようですし、
球にキレも出てくるようです。

ですから、何度でも鏡の前で
繰り返し練習してみて下さいね。

楽天で見る⇒速球 投げる

関連記事
球速に拘り過ぎると肩や肘を壊しやすい?
速い球を投げる為にはメンタルも重要?
球速アップの為にはフォームの改造が必要?
球速をアップさせる為にはどこの筋肉が必要なの?
球速をアップさせる為のトレーニング?

スポンサードリンク