筋トレの効果を最大限に出す?

筋トレの効果を最大限に出す?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

筋トレを行なっていれば、
やはり、徐々に身体は変化してくるようですよね。

すると、多くの場合は、
もっと、もっと、と願うようになるはず・・・。

そのような変化が嬉しくて、
嵌ってしまう人も沢山いらっしゃるのでは・・・。

ですが、ある程度のところまでくると、
それ以上になかなか筋肉がつかなかったり、

元々が細身の人の中には
筋肉がつきにくい体質の方もいらっしゃるようです。

やはり、できれば効率的に筋肉を付けたいですから、
そんな時はトレーニングだけではなくって、

食事内容にも気を遣うと良いかも・・・。

筋トレに関しては、慣れてくれば
トレーニング自体も楽になるでしょうし、

コツを掴んで沢山できるようになるでしょうが、
筋肉を作るには食事がとっても重要なようですよね。

筋肉の元になるのは、
タンパク質なようです。

つまり、肉類なようですが、
肉類の多くには脂肪分も含まれていますよね。

特に食肉の場合には、味を良くする為に
わざわざ脂肪を付けさせているようですから、

肉なら何でも良いというわけではないようです。

高タンパクで低カロリーが基本なようで、
よく言われているのが鳥のササミや卵の卵白なようです。

又、市販されているプロテインを
利用するという方法もあるようです。

ですが、筋肉重視の食事は、
正直美味しい食事とは言えないようです。

ボディービルダーのような人は、
徹底して食事療法をしているようですが、

そこまでする必要はないかも・・・。

そして、
食事と共に重要なのが睡眠なようですね。

人間の体は、
夜の22時から午前2時くらいまでの間に

作られると言われているようですよね。

その為、睡眠不足は
お肌の大敵などと言われるようですが、

筋肉も同様なようですから
睡眠にも気をつけましょうね。

筋トレが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒筋トレ

関連記事
プロテインは飲んだ方がいい?
下腹部を鍛える筋トレ?
筋トレは毎日しない方が良い?
ダンベルを使って筋トレ?
腹筋を鍛えるコツ?
背筋を鍛える筋トレ?
筋肉をつける時の食事?
筋トレで効果的な方法?

スポンサードリンク


プロテインは飲んだ方がいい?

プロテインは飲んだ方がいい?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

筋肉と言えば、
ボディービルダーが思い浮かぶかも・・・。

彼らはその筋肉を衰えさせない為に、
毎日の訓練は勿論なんですが、

食事を始めとした生活習慣にも
とっても気を使っているようですよね。

特に、食事はとっても重要なようで、
筋肉を作る為の高タンパクで低カロリーの

食事を徹底しているようです。

以前、テレビのドキュメンタリーで見た
ボディービルダーの男性は、

世界大会に出場する為に、
毎日家族とは別の食事をとり、

その殆どはプロテインの飲み物のみ、
というものだったんですよね。

プロテインは筋肉だけではなくって、
血や肉となるのにとっても効果的なものなようで、

しかも、脂肪分がカットされているようで、
低カロリーな健康食なようですね。

ですが、味の点で言うと、
飲めないという人も案外多いのでは・・・?

最近では、チョコレート味、バナナ味、イチゴ味など、
ダイエット用に味が付けられたプロテインも

販売されているようですね。

水や牛乳で溶いて飲めば、それほどまずくはない、
というものも販売されてはいるようですが、

それでも毎日続けるというのはとても難しいかも・・・。

選手権を目指すようなボディービルダーのように
毎食プロテインを摂る必要は無いでしょうが、

筋肉をつけるのにとても効果的であることは
間違いないかも・・・。

又、プロテインもメーカーによって
いろいろなものが販売されているようで、

その原材料にも違いがあるようです。

大きく分ければ、
動物系と植物系に分けられるようで、

飲む時間などに合わせて
使い分けている人もいるようですね。

プロテインが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒プロテイン

関連記事
筋トレの効果を最大限に出す?
下腹部を鍛える筋トレ?
筋トレは毎日しない方が良い?
ダンベルを使って筋トレ?
腹筋を鍛えるコツ?
背筋を鍛える筋トレ?
筋肉をつける時の食事?
筋トレで効果的な方法?

スポンサードリンク


下腹部を鍛える筋トレ?

下腹部を鍛える筋トレ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

下腹部、いわゆる腹筋を鍛えたい場合には、
どんなトレーニングが良いんでしょう?

テレビのバラエティー番組でも、最近では
割れた腹筋を目にする機会が増えましたよね。

割れた腹筋に憧れる男性の中には、
ジム通いする人達が増えているかも・・・。

又、下腹部がぽっちゃりしがちな女性も、
何とか腹筋を鍛えて下腹部をすっきりさせたい、

と思っている方は多いかも・・・。

腹筋トレーニングと言うと、
友達や家族に足首を持ってもらって、

上半身を起こす運動を思い浮かべる人が多いかも・・・。

実際、一人でやろうとすると、
足が固定されていないので、

やりづらさを感じることが多いでしょうね。

ですが、腹筋を鍛える為のトレーニングでは、
身体を完全に起こす必要はなうようです。

それに、足を固定したのでは、
肝心の腹筋が鍛えられないようですよ。

腹筋を鍛えるのが目的なんですから、
腹筋に負荷がかからなければ意味がないようです。

ですから、腹筋運動の場合も、
できるだけゆっくりとした動作で、

おへそが見える程度まで
身体を起こせば十分なようです。

その状態をキープすると、
腹筋に力が入っているのが分かるはず・・・。

又は、寝た状態で足をまっすぐ天井にむけて上げ、
床から20cm程度のところまで下げる、

これを繰り返すのも効果的なようですよ。

この時にも、腹筋に力が入っているのを
自覚しながらやってみるのが良いようです。

足を床に付けないように運動するのがコツなようで、
腹筋だけで足を支えるようにするようです。。

筋トレが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒筋トレ

関連記事
筋トレの効果を最大限に出す?
プロテインは飲んだ方がいい?
筋トレは毎日しない方が良い?
ダンベルを使って筋トレ?
腹筋を鍛えるコツ?
背筋を鍛える筋トレ?
筋肉をつける時の食事?
筋トレで効果的な方法?

スポンサードリンク


筋トレは毎日しない方が良い?

筋トレは毎日しない方が良い?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

最近の健康ブームの影響で、男性も女性も
筋トレを習慣的に行っている方は

たくさんいらっしゃるのでは・・・。

あなたはどのくらいの頻度で
筋トレを行っていますか?

筋肉を休ませずに鍛えれば鍛えるほど、
筋力がアップする、と思っている方も

いらっしゃるのでは・・・?

実は、それは、はっきり申し上げて、
間違った筋トレの仕方なようですよ。

超回復、
という言葉をご存知でしょうか?

どんなことかと言うと、
筋トレを行うことで筋肉に負荷をかけるので、

筋肉が破壊されて一時的な物にはなりますが、
筋肉の機能が低下します。

低下している状態から、
また元の筋肉に戻っていくまでを

回復、と言うようですが、

超回復、の場合は、普段よりも負荷を上げて
敢えて筋肉をいつもよりも急激に破壊させるようです。

ですが、ここで回復と違うのは、
筋肉を破壊させるだけではなくって、

休養を十分とることで今まで以上の筋肉を
作り出すことができることなようです。

どのような仕組みなのかと言いますと、
敢えていつも以上の負荷をかけて筋トレを行うことにより、

血液中の代謝物質の濃度が上がるようです。

この代謝物質の濃度が上がると、
筋肉の成長や疲労を回復する為の

成長ホルモンの分泌が抑制されるようです。

すると、筋肉が今まで以上の負荷に
耐えることができるようになり、

筋力がアップするようです。

その為にも、十分な休息が必要なようですが、
あまり休息を取り過ぎて

トレーニングの間隔があいてしまうと、
筋肉が元に戻ってしまって

一向に成長することができないようで、
適度な休息が必要なようですね。

そして、超回復はその筋肉によって、
かかる時間が変わってくるようです。

例えば、腹筋などは24時間、上腕二頭筋は36時間、
背筋は72時間と、部分によってかかる時間が違うようです。

それぞれの時間を把握した上で、
計画的に筋トレを行うと効率的かも・・・。

筋トレが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒筋トレ

関連記事
ダンベルを使って筋トレ?
腹筋を鍛えるコツ?
背筋を鍛える筋トレ?
筋肉をつける時の食事?
筋トレで効果的な方法?

スポンサードリンク


ダンベルを使って筋トレ?

ダンベルを使って筋トレ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

腕の筋力を鍛える為によく使われるのが
ダンベルだと思うんですが、

ダンベルを使って筋トレをされている方も
多くいらっしゃるのでは・・・。

でも、どのようなメニューで、
どのように筋トレをされているんでしょう?

ただただダンベルを使って
回数をこなすだけの筋トレでは、

効果的に筋力を鍛えることができないようです。

そこで、ダンベルを使って効果的に筋力アップを
はかれる方法を紹介したいと思います。

ダンベルを使って筋トレを行う時、
関節を曲げ伸ばしする運動が多くありますよね。

そんな時、あなたは関節を伸ばしきった状態に
してしまっていませんか?

関節を伸ばしきった状態にするということは、
筋肉でダンベルの重さを支えているのではなく、

骨でダンベルを支えている状態なようですよ。

骨で支えているということは、
筋肉はその間、休憩してしまっているようです。

完全に伸ばしきってしまうのではなく、
伸ばしきる一歩手前で止めることで

筋肉が鍛えられるようですよ。

曲げ伸ばしする時に、
もう一つポイントがあるようで、

それは呼吸なようです。

例えば、ダンベルを持って
肘を曲げ伸ばしする筋トレがありますよね。

その場合、肘をまっすぐ伸ばす時よりも、
実は、肘を曲げて元に戻そうとしている時の方が

筋肉を使っているようです。

力を入れている時は、
ついつい呼吸を止めてしまいがちなようですが、

呼吸を止めてしまうと、
筋肉まで酸素が行き渡らなくなってしまうようなので

効率的ではないようです。

鍛えたい部分に意識を集中させ、
呼吸もしっかり行うことで

効果的に筋力アップをはかることができるかも・・・。

ダンベルの筋トレが気になる方は、
楽天で見てみて⇒ダンベル 筋トレ

関連記事
筋トレは毎日しない方が良い?
腹筋を鍛えるコツ?
背筋を鍛える筋トレ?
筋肉をつける時の食事?
筋トレで効果的な方法?

スポンサードリンク


腹筋を鍛えるコツ?

腹筋を鍛えるコツ?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

筋肉を鍛える為にスポーツジムへ
通っていらっしゃる方も中にはいるでしょうが、

あなたが一番気になる部分や一番鍛えた部分は
どこでしょうか?

同じような質問をいろいろな方にしたんですが、
多くの方が腹筋を気にされているようですね。

ダイエットを目的とされて
腹筋を鍛えている方も多いでしょうが、

わざわざスポーツジムに通わなくても
腹筋を行う時のコツを覚えてしまえば、

自宅でも簡単に腹筋を鍛えることは可能なはず・・・。

腹筋を鍛えるコツ、
それはスロートレーニングなようですね。

ただただ腹筋するだけではなくって、
これから紹介する方法で腹筋を行ってみては・・・。

まず、仰向けに寝て、
両膝をゆっくり曲げて下さい。

その膝を、ゆっくりゆっくり徐々に
体の方に引き寄せていきます。

そうすると、
自然に背中が丸まってきますよね?

そのまま、お腹とお尻に
力を入れるように意識して、

かかとは完全に床から離した状態です。

膝が体に近づき、背中が丸まった状態になると、
顎が胸に近づくと思いますが、

その時のポイントとして、
目線をおへその辺りに持って行きます。

もう一つポイントがあるようで、
腹筋をする時の呼吸なようです。

腹筋など筋肉に力を入れると、
どうしても呼吸を止めてしまいがちですよね。

膝を体の方へ引き寄せる際に、息を吸うのではなく、
吐くように意識してみて下さい。

更に短い呼吸ではなく、
ゆっくり長い呼吸を行うとより効果的なようですね。

最初のうちは慣れずに大変でしょうから、
きつい時は片足ずつ行っても良いようです。

きついからと言って、
そこで止めてしまっては意味がありませんよね。

毎日継続できるよう、
自分自身で調整する必要があるようですね。

腹筋を鍛えることが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒腹筋 鍛える

関連記事
筋トレは毎日しない方が良い?
ダンベルを使って筋トレ?
背筋を鍛える筋トレ?
筋肉をつける時の食事?
筋トレで効果的な方法?

スポンサードリンク


背筋を鍛える筋トレ?

背筋を鍛える筋トレ?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

上半身を支えている背筋なんですが、
ただ上半身を支えているだけではないようですね。

背筋が衰えてきてしまうと、猫背になってしまい、
姿勢が悪くなって慢性的な頭痛や肩こりを

引き起こす原因ともなるようです。

頭痛や肩こりでお悩みの方には、
背筋を鍛えるのが良いかも・・・。

背筋を鍛えると言っても
様々な方法があるようなので、

今回は効果的に背筋を鍛える為のコツを
紹介してみたいと思います。

一番一般的な方法は、
バックエクステンションなようですね。

うつ伏せになった状態で両足を固定し、
上体を起こす筋トレなんですが、

この筋トレも回数をこなせば背筋が鍛えられる、
というわけではないようです。

この筋トレのポイントとしては、
勢いをつけないことなようです。

ゆっくりと上体を起こし、
そのまま3秒〜4秒静止しましょう。

そして、3秒〜4秒静止した後、
またゆっくりと床に上体を降ろしていって下さい。

静止している瞬間が
筋肉が最大に緊張している状態なようで、

この状態こそが筋肉を刺激しているようなので、
筋トレの効果がアップしやすい状態なようですよ。

ダンベルなどを使った
筋トレの方法もあるようですが、

いきなり最初の段階から
負荷を重くしてしまうのではなくって、

軽い物から始めて徐々に負荷を上げていくと
より効果的なようですよ。

背筋を鍛えることは、
腰を丈夫にすると言われているようですね。

ですが、間違ったフォームで
筋トレを行い続けていると、

丈夫にするどころか、
逆に腰を痛めてしまうことになるようです。

なので、正しいフォームで筋トレを行い、
筋トレを行った後は、

十分休息をとることこそが、
背筋を効果的に鍛えるコツと言えるようですね。

背筋を鍛える筋トレが気になる方は、
楽天で見てみて⇒背筋 筋トレ

関連記事
筋トレは毎日しない方が良い?
ダンベルを使って筋トレ?
腹筋を鍛えるコツ?
筋肉をつける時の食事?
筋トレで効果的な方法?

スポンサードリンク


筋肉をつける時の食事?

筋肉をつける時の食事?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

健康的に筋肉を作り上げる為には、
バランスの取れた食事を摂ることが

一番大事なようですが、それを踏まえた上で
更に効率的に筋肉をつける為の食事とは

どんなものがあるんでしょう。

やはり、筋肉を作る為に
一番重要な食品はたんぱく質なようですね。

人間の体の殆どは、
たんぱく質からできているようですよね。

勿論、
それは筋肉も同じなようです。

一般的に、
一日に必要なたんぱく質の摂取量は、

体重1kg当たり1g程度と言われているようです。

でも、筋肉をつける為には、一日体重1kg当たり
1.5g〜2gが必要になるようです。

たんぱく質は、脂質や糖質などと違って
体の中に蓄積することができないようです。

それに、トレーニングを行う時だけではなく、
日常の生活でもエネルギー源として、

どんどん消費されていってしまうようですね。

つまり、消費されてしまう分、
足りなくなってしまったたんぱく質を

食事やサプリメントなどで補う必要があるようです。

筋肉をつける為には、たんぱく質が
重要なポイントとなるようですが、

同時に低脂肪であることも重要になるようです。

例えば、高たんぱく低脂肪の食材と言えば、
鶏のささみなようですね。

これはよくアスリートや筋肉をつけたい方に
お勧めされる食材の一つなようです。

その他にも、卵の卵白も
脂肪分が少なく価格も安いので、

簡単に手に入れることのできる
たんぱく質食材なようですよね。

上記の他にも、
たんぱく質を多く含む食材として、

マグロの赤身部分や豆腐などの大豆食品、
チーズやヨーグルトなどの乳製品にも

たんぱく質が豊富に含まれているようですね。

筋肉をつける時の食事が気になる方は、
楽天で見てみて⇒筋肉 食事

関連記事
筋トレは毎日しない方が良い?
ダンベルを使って筋トレ?
腹筋を鍛えるコツ?
背筋を鍛える筋トレ?
筋トレで効果的な方法?

スポンサードリンク


筋トレで効果的な方法?

筋トレで効果的な方法?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

近年では、
健康がブームのようになりつつあるようなので、

健康に気を使って食事を改善してみたり、
筋トレを毎日行っている方も

以前より大分増えてきたのでは・・・。

筋トレもただただ回数をこなせばいい、
ということではなく、

成果が現われてこないと
何だかやる気がなくなってしまいますよね。

今回は効果的な筋トレ方法について、
ご紹介してみたいと思います。

筋トレを行っている方の中には、
全身の筋力をアップさせたいと思っている方、

部分的に筋肉量をアップさせたい方など、
人それぞれ目的が違うはず・・・。

まずは、どの部位の筋力アップを
一番はかりたいか考えると良いかも・・・。

一番筋力アップをはかりたい部位から
筋トレを行うことが、

その部位には一番効果的なようですね。

筋トレを行う時、できるだけ
多くの回数をこなすのではなく、

筋力をアップさせたい部位に意識を集中させ、
ダンベルやバーベルを使うのであれば

余力が余らないように負荷をかけるのが良いようです。

普段の筋力レベルで筋トレを行っても、
筋肉は太くなってくれないようです。

なので、負荷をかける必要があるようですが、
無理に負荷をかけ過ぎてしまうと、

怪我の原因にもなってしまうかも・・・。

効果的に筋トレを行うポイントがもう一つあり、
それは筋トレ休息日を作ることなようです。

筋肉が回復して筋力アップするまでに
運動量やその人の元々の筋肉量によって

個人差があるでしょうが、
通常48〜72時間かかると言われているようです。

体を休めている時間に成長ホルモンが分泌され、
筋肉が成長していくようです。

でも、あまり長い時間休息を取り過ぎてしまうと、
筋肉が元の状態に戻ってしまうようなので、

休みの取り過ぎには気をつけましょうね。

筋トレの方法が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒筋トレ 方法

関連記事
筋トレは毎日しない方が良い?
ダンベルを使って筋トレ?
腹筋を鍛えるコツ?
背筋を鍛える筋トレ?
筋肉をつける時の食事?

スポンサードリンク


お尻の筋トレ?

お尻の筋トレ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

お尻の筋トレには、
・スクワット
・四つん這いで足を伸ばすトレーニング
・太ももを浮かすトレーニング

など、こういったトレーニングがあるようですね。

これで、
お尻の筋トレができるかも・・・。

まず、スクワットなんですが、
足を肩幅に広げて、つま先を外側に向け、

両手は頭の後ろで組みます。

その状態で、
息を吐きながら太ももを床と平行に曲げます。

背筋を伸ばした状態をキープするのが
ポイントなようですよ。

そして、
息を吸いながら、元の状態に戻します。

これを10回×三セット
を行うのがよいようですね。

次に、四つん這いで足を伸ばすトレーニングは、
まず、四つん這いになります。

左足を上に向かって伸ばし、
10秒間その状態をキープして元に戻したら、

右足も同じように伸ばして10秒間キープです。
これを左右10回ずつ程度行います。

最後に、太ももを浮かすトレーニングは、
リラックスした状態でうつ伏せに寝て、

両足を肩幅に広げます。

足をまっすぐ伸ばしたまま、息を吐きながら、
太ももから足を浮かせてください。

無理をしないで、上げられるところまで足を上げ、
その状態で30秒間キープして、

元の状態に戻す、
というのを三セット行います。

ですが、どの筋トレも、
絶対に無理をしてはいけませんよ。

この筋トレを続けることで、
お尻の筋肉が鍛えられ、

きゅっと引き締まったキレイなお尻を
作ることができるようですね。

お尻の筋トレが気になる方は、
楽天で見てみて⇒お尻 筋トレ

関連記事
脚の筋トレ?
胸の筋トレ?
肩の筋トレ?
背中の筋トレ?
腹筋の筋トレ?
腕の筋トレ?
筋トレをする上での注意点?

スポンサードリンク


脚の筋トレ?

脚の筋トレ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、脚の筋トレの方法を
ご紹介してみますね。

どんな筋トレがあるかと言うと、
1.つま先立ち
2.片足スクワット
3.ランジ
などがあげらるようです。

1.のつま先立ちと言うのは、
ふくらはぎを鍛える筋トレになるようです。

まずは、まっすぐに立ちます。

そして、
両足つま先立ちになって、元の状態に戻し、

又つま先立ちになって、元の状態に戻す、
というのを20回繰り返してください。

とっても簡単に思うでしょうが、これは意外と大変で、
しっかりとふくらはぎを鍛えることができるようですよ。

2.の片足スクワットは、
脚全体とお尻を鍛えることができる筋トレなようです。

片足スクワットのやり方は、
両手を前に伸ばして、右足で立ち、

バランスを取ります。

浮いている左足を床に付けないようにして、
右足だけでしゃがみ、

ゆっくりと元の状態に戻しましょう。

これを左足でも同様に行い、
左右5回ずつほど繰り返します。

3.のランジと言うのは、
大腿四頭筋を鍛えるのに効果的なようですね。

まず、肩幅に足を開き、背筋を伸ばした状態で、
真っ直ぐに立ちます。

それから、その状態で、右足を前に大きく踏み出して、
太ももと床が平行になるくらいまで、体を落とします。

踏み出した右足を戻す際は、
床を蹴るようにしてください。

これを左足も行い、左右それぞれ
20回×3セットで行うと良いでしょう。

脚の筋トレが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒脚 筋トレ

関連記事
お尻の筋トレ?
胸の筋トレ?
肩の筋トレ?
背中の筋トレ?
腹筋の筋トレ?
腕の筋トレ?
筋トレをする上での注意点?

スポンサードリンク


胸の筋トレ?

胸の筋トレ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、胸の筋トレって、
どんなものがあるんでしょう?

実は、
次のような筋トレがあるようです。

どんなものかと言うと、
・腕立て伏せ
・手合わせ
・ダンベルフライ
など、この三つが胸の筋トレで代表的なものなようです。

腕立て伏せは、
どなたもが知っている筋トレなんですが、

腕立て伏せをすることで、
腕だけではなくって、

大胸筋も鍛えられるようですね。

正しい腕立て伏せと言うのは、まず、
肩幅より少し広めに両手を床に付け、

足を伸ばします。

そして、肘を外側に曲げるようにして、
上体を落としていくんです。

ですが、たまに、
両手の間隔が、肩幅よりも狭い人がいるようですが、

これでは大胸筋を鍛えることができないようです。

又、両手の間隔が広いほど
大胸筋への刺激が強くなり、

より鍛えることができるようです。

続いて、手合わせなんですが、
これはとっても簡単な筋トレなようです。

まっすぐ立ち、両手のひらを
胸の前で合わせて合掌のポーズを取り、

両手を押し合わせるようにして
力を入れるだけの筋トレなようですね。

これなら、
どこでもどなたでもできますよね。

最後に、ダンベルフライと言うのは、
ダンベルとベンチを使う方法なようです。

これは、ダンベルを両手に持ち、
ベンチに仰向けになります。

ダンベルを持った両手を上へ伸ばし、
ゆっくりと左右に両手を広げて肘を曲げ、

ダンベルを持った手を下ろしていき、
また手を上へ伸ばしていく、

というものなようです。

これらの筋トレで
胸を鍛えることができるようなので、

ぜひやってみてはいかがでしょうか。

胸の筋トレが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒胸 筋トレ

関連記事
お尻の筋トレ?
脚の筋トレ?
肩の筋トレ?
背中の筋トレ?
腹筋の筋トレ?
腕の筋トレ?
筋トレをする上での注意点?

スポンサードリンク


肩の筋トレ?

肩の筋トレ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

肩の筋トレにどんな筋トレがあるかと言うと、
・サイドレイズ
・ダンベルショルダープレス
・壁を使った筋トレ
などがあるようですね。

まず、サンドレイズなんですが、
ダンベルを使う筋トレなようです。

もし、ダンベルが無い場合には、
ペットボトルに水、又は、

砂を入れたものを使って行うこともできるようです。

両手にダンベル、もしくは、ペットボトルを持ち、
まっすぐ立って、両手を伸ばした状態で、

上へ持ち上げて下さい。

完全に上まで上げるのではなく、
腕と床が水平になる程度まで上げるようにします。

上まで両手を上げてしまうと、肩が上がり、
肩甲骨が動いてしまう為、

肩が鍛えられなくなるようなので、
気を付けて下さいね。

次に、ダンベルショルダープレスなんですが、
この筋トレもダンベルを使用します。

まずは、
耳の横あたりでダンベルを持って立ちます。

次に、腕を上に伸ばすようにダンベルを持ち上げ、
ゆっくりと耳の横に戻してください。

これを産回ほど繰り返すのが良いようですね。

そして。壁を使った筋トレはと言うと、
壁以外に必要なものは何もありません。

まず、壁の横に立ち、
壁側の手を壁に向かってまっすぐ伸ばすんですが、

この時、手のひらから壁まで
約20cmほど離れた所に立ちましょう。

そして、壁側の手のひらを壁に付けて肘を曲げ、
体を壁に傾けます。

両足はちゃんと地面に付け、
頭から足までまっすぐになるように傾けて、

ゆっくりと体を元に戻すんです。

これを左右五回ずつ行うと、
肩を鍛えられるようですね。

肩の筋トレが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒肩 筋トレ

関連記事
お尻の筋トレ?
脚の筋トレ?
胸の筋トレ?
背中の筋トレ?
腹筋の筋トレ?
腕の筋トレ?
筋トレをする上での注意点?

スポンサードリンク


背中の筋トレ?

背中の筋トレ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

背中の筋トレと言うと、
・バッククランチツイスト
・タッチトウズ
・トランク・エクステンション
などの筋トレがあるようですね。

バッククランチツイストと言うのは、
まず、うつ伏せになります。

次に、両手を頭の後ろで組み、
肘を床に付けてください。

左の肘を床に付けた状態で、
右の肘を上げるようにして、体をひねります。

体をひねったら、その状態を5秒間キープし、
元の状態に戻す、

というのを左右同じように数回行うと良いようです。

タッチトウズはと言うと、
両手にダンベルを持って立ち、

足を肩幅ほどに開きます。

そして、ダンベルを持った両手で
左のつま先を触るように上半身を倒すんですが、

その際、足を曲げないように気をつけましょう。

上半身を一度戻して、
次は、右のつま先の方へ上半身を倒します。

これを左右交互に
数回ずつ行うと良いようですね。

そして、

トランク・エクステンションは、仰向けになり、
両手を顎の下に置き、上半身を反らせて、

ゆっくりと元に戻す、
という簡単な筋トレなようですね。

手は顎に付けたままにし、
足が反動で上がってしまうことがあるようなので、

誰かに足を押さえてもらうなどして
固定するといいかも・・・。

これを10回行い、休憩を入れて、
合計三セット行うと良いようですが、

最初はキツイようですから、
無理をしないで少しずつ回数を増やすと良いかも・・・。

背中の筋トレが気になる方は、
楽天で見てみて⇒背中 筋トレ

関連記事
お尻の筋トレ?
脚の筋トレ?
胸の筋トレ?
肩の筋トレ?
腹筋の筋トレ?
腕の筋トレ?
筋トレをする上での注意点?

スポンサードリンク


腹筋の筋トレ?

腹筋の筋トレ?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

腹筋の筋トレには、
1.クランチ
2.レッグソラスト
3.Vシット
などがあるようようですね。

1.のクランチと言うのは、
ご存知のいわゆる腹筋運動なんですよね。

まず、仰向けになり、手を頭の下に置き、
両足を上げて、膝を90度に曲げます。

そして、おへそを見るようにして
お腹を丸める感じで頭を上げて、

上半身を起こすようにします。

その際には息を吐き出し、
その状態を数秒キープしましょう。

これを、
10回×3セット行うのがよいようです。

2.のレッグソラストと言うのは、
仰向けになり、両足を上げ、

両膝を引っ付けて少しだけ曲げます。

それから、お尻を持ち上げて、
数秒そのままキープします。

これもクランチと同様に、
10回×3セット行いましょう。

3.のVシットと言うのは、
仰向けになって両手を顔の横にまっすぐ伸ばし、

足もまっすぐ伸ばしたまま、
40度ほどの所まで上げます。

両手と両つま先を引き合わせるように両足を上げ、
上半身を起こすというのを

一日に数回行うのが良いようです。

ですが、このVシットは、簡単そうに見えて、
かなりキツイ筋トレなようですので、

できない人もいるかもしれませんが・・・。

でも、練習するうちにできるようになりますから、
頑張りましょうね。

腹筋の筋トレが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒腹筋 筋トレ

関連記事
お尻の筋トレ?
脚の筋トレ?
胸の筋トレ?
肩の筋トレ?
背中の筋トレ?
腕の筋トレ?
筋トレをする上での注意点?

スポンサードリンク


腕の筋トレ?

腕の筋トレ?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

もし、腕を鍛えたいのであれば、
1.リストカール
2.ダンベルカール
3.腕立て伏せ

などのような筋トレが良いようですね。

1.のリストカールのやり方なんですが、

椅子に座って、右手でダンベルを持ち、
右腕をひざの上に置きます。

手首から先は、ひざにに置かないように、
前に出しておきます。

そして、右手首を巻き込んで、
ダンベルを持ち上げるような感じで、

手首を曲げ、元の状態に戻します。
これを数回繰り返し、左手も同様に行います。

このリストカールは、
とっても簡単な筋トレなようですね。

2.のダンベルカールのやり方は、
まず、両手にダンベルを持って、

手のひらを前に向けて、立ちます。

次に、肘を曲げて、ダンベルを
胸の辺りまで持ってきて下ろしてください。

これを交互左右に行います。

3.の腕立て伏せは、どんな筋トレかは、
あなたも知ってますよね?

やり方は説明しなくても分かると思いますが、
両手の間隔は肩幅程度にして、

脇を締めて腕立て伏せするのがポイントなようです。

これらの筋トレで、
腕をしっかりと鍛えることができるようですね。

腕の筋トレが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒腕 筋トレ

関連記事
お尻の筋トレ?
脚の筋トレ?
胸の筋トレ?
肩の筋トレ?
背中の筋トレ?
腹筋の筋トレ?
筋トレをする上での注意点?

スポンサードリンク


筋トレをする上での注意点?

筋トレをする上での注意点?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

筋トレをする上での注意点として、
次の三つをご紹介してみますね。

どんな事かと言うと、
1.毎日筋トレをしない
2.ウォーミングアップとクールダウン
3.筋トレ直後は入浴しない
などの三つです。

先ず、1.の毎日筋トレをしないというのは、
とっても大切なことなようですね。

早く筋肉を付けたいからといって、
毎日筋トレしていませんか?

実は、毎日筋トレをするのは、
筋肉には良くないようですよ。

実は、筋トレをすると、筋繊維は破壊され、
修復が必要となるようです。

修復される前に、また筋トレをしていまうと、
筋肉に負担が掛かってしまい、

筋肉が萎縮してしまうようですね。

なので、筋トレをしたら、
二日程は体を休めるようにしましょうね。

次に、2.のウォーミングアップとクールダウンは、
必ずしなくてはいけないようですね。

筋トレを始める前には、ウォーミングアップ、
筋トレが終わればクールダウンをします。

ウォーミングアップとクールダウンをしなければ、
体に負担が掛かり、

筋肉痛になりやすくなってしまうようですからね。

そして、

3.の筋トレ直後は入浴しない、なんですが、
筋トレ後は汗をかいているので、

筋トレ直後に入浴する人も多いようですよね。

ですが、筋トレ直後は、
筋肉が炎症を起こしている状態なようです。

入浴して体を温めてしまうと、炎症がひどくなり、
筋肉の回復が遅くなってしまうことにも・・・。

なので、筋トレをする際は、
必ずこれらに注意するようにして下さいね。

筋トレが気になる方は、
楽天で見てみて⇒筋トレ

関連記事
お尻の筋トレ?
脚の筋トレ?
胸の筋トレ?
肩の筋トレ?
背中の筋トレ?
腹筋の筋トレ?
腕の筋トレ?

スポンサードリンク


女性でも筋肉ムキムキ?

女性でも筋肉ムキムキ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

男性と比較しても、女性の体って言うのは、
もともと筋肉が付きにくくできている

と言われているようですよね。

女性は、子供を産む
という事が前提となっている為、

子供を守る母体という意味で、
特に、子宮の周りには脂肪が溜まりやすい

とされているようです。

原始時代の名残からか、男性は外に狩猟に、
女性は子供を育てながら村で待つという習慣から、

男性は狩猟に適した筋肉の付きやすい身体へ、
女性は何日か食料が届けられなくても

子供を守れる脂肪を蓄えた身体へ
となったとされているようです。

ですから、同じようなトレーニングをしても、
女性の場合の方が、どうしても筋肉は付きにくく、

落ちやすいと言われているるようですね。

とは言っても、
女性には筋肉が付かないわけではないようです。

プロのスポーツ選手等は、
一般の男性よりもずっと筋肉があるようですし、

女性で割れた腹筋だって夢ではないようですよ。

ですが、そういうボディーを望むか?
というところにも問題があるかも・・・。

プロのスポーツ選手を目指したり、
女性のボディービルダーを目指すのでもなければ、

あまりゴッツイ体型になることは
嫌う女性も多いでしょうし、

男性からも好まれるとは限らないかも・・・。

ムキムキという定義も、
人によって違うでしょう。

でも、男性ボディービルダーのように、
何もしなくても筋肉がボコボコした状態で

見えるということであれば、
女性の場合は、そういう風になるのは

無理ではないが難しいと言われているようです。

逆に言うと、かなり頑張って
筋力をつけたとしても、

ゴッツイ体型になってしまう心配は
いらないようですね。

楽天で見る⇒女性 筋肉

関連記事
プロテインは飲む方がいいの?
速筋と遅筋の違い?
筋肥大?
プヨプヨ下腹部や腹筋を鍛える筋トレ?
筋トレの効果を最大限にするには?

スポンサードリンク


プロテインは飲む方がいいの?

プロテインは飲む方がいいの?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

筋肉と言えば、
ボディービルダーが思い浮かびますよね。

彼らはその筋肉を衰えさせない為に、
毎日の訓練は勿論なんですが、

食事を始めとした生活習慣にも
とっても気を使っているようですね。

特に、食事はとっても重要なようで、
筋肉を作る為の高タンパクで低カロリーの

食事を徹底しているそうです。

以前、テレビのドキュメンタリーで見た
ボディービルダーの男性は、

世界大会に出場する為に、
毎日家族とは別の食事をとり、

その殆どは、プロテインの飲み物のみ
というものだったんですね。

プロテインは、筋肉だけではなくって、
血や肉となるのにとっても効果的なものなようで、

しかも、脂肪分がカットされている為、
低カロリーな健康食なようです。

ですが、味の点で言うと、
飲めないという人も案外多いのでは・・・?

ですが、最近では、チョコレート味、バナナ味、
イチゴ味等、ダイエット用に味が付けられた

プロテインも販売されているようですよね。

水や牛乳で溶いて飲めば、
それほど不味くはないというものも

販売されてはいるようですが、
それでも毎日続けるというのは難しいかも・・・。

選手権を目指すようなボディービルダーのように
毎食プロテインを摂る必要は無いようですが、

筋肉を付けるのにとっても効果的
であることは間違いないようです。

又、プロテインもメーカーによって
いろいろなものが販売されているようで、

その原材料にも違いがあるようです。

大きく分ければ、動物系と植物系に分けられ、
飲む時間等に合わせて使い分けている人も

いるようですね。

楽天で見る⇒プロテイン

関連記事
女性でも筋肉ムキムキ?
速筋と遅筋の違い?
筋肥大?
プヨプヨ下腹部や腹筋を鍛える筋トレ?
筋トレの効果を最大限にするには?

スポンサードリンク


速筋と遅筋の違い?

速筋と遅筋の違い?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

筋肉を付ける為の筋トレを行うようになると、
自然といろいろな筋肉の名前が

気になるようになるかも・・・。

筋肉と言えば、
部位ごとに名前が付いていますが、

部位だけでなく
働きでも名前が付けられているようですね。

速筋と遅筋と言うのは、
筋肉の部位名ではなくって、

筋肉の働きを示している言葉なようですね。

ひと言で言ってしまえば、
筋肉が縮む速度の速さによって

名前が分かれているようで、
縮む速さが早いものが速筋なようです。

そして、
縮むのが遅いものを遅筋と呼ぶようです。

もう少し詳しくお話すると、
速筋と言うのは、瞬間的に力を発揮する

瞬発力に必要な筋肉なようで、
瞬間的には力を発揮できるようですが、

長く持続することはできず、
無酸素運動時に使われる筋肉なようですね。

普段の生活ではあまり活躍する場は無いようですが、
重いものを持ち上げたり、

ジャンプをしたりする時に
使われる筋肉になるようですね。

鍛えることで大きくなりやすいのが、
この速筋と呼ばれる筋肉なようですね。

それに対して、遅筋と言うのは、
持久力を司っている筋肉なようです。

大きな力を発揮するわけではないようですが、
ジョギングのような有酸素運動時に使われる筋肉で、

遅筋を鍛えることによって持久力が付くようですね。

速筋は、白い色をしているようなので白筋、
遅筋は、赤い色をしているので赤筋とも

呼ばれているようです。

日常生活の中で使われている筋肉の
殆どは遅筋なようですから、

一般的に筋トレなどで鍛える筋肉と言えば、
速筋を指しているようですね。

楽天で見る⇒筋トレ

関連記事
女性でも筋肉ムキムキ?
プロテインは飲む方がいいの?
筋肥大?
プヨプヨ下腹部や腹筋を鍛える筋トレ?
筋トレの効果を最大限にするには?

スポンサードリンク