サッカーの基本ルール?

サッカーの基本ルール?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

サッカーと言うスポーツは、あのスピードや迫力から、
例えちゃんとしたルールがよく分かっていなくても

十分に楽しめるようですよね。

ですが、

サッカーの基本ルールをきちんと知っておく事で、
ゲームを二倍にも三倍にも楽しめるようになるようです。

そこで、
基本的なルールを説明してみましょう。

先ず、サッカーはグラウンドと呼ばれる場所で
行われているんですよね。

このグラウンドは長方形になっていて、
長辺はタッチライン、短辺はゴールラインと
呼ばれているようです。

試合時間は前半と後半に分かれていて
45分ずつ行われ、

前半と後半の間には、
15分のハーフタイム(休憩時間)があるんですよね。

試合中にプレーヤーの交代や負傷で
時間が経過した場合には、

その時間を全てロスタイムとして加算し、
試合時間にプラスされる形になるようです。

一般的には、
ロスタイムは5分以内となっているようです。

試合が終了しても同点の場合には、
延長戦やPK戦が行われます。

プレーヤーの数は一チーム11人で、
その中の1人は必ずゴールキーパーなんですよね。

選手交代は三人まで可能なようですが、
最後の一人が負傷やレッドカードで退場した場合には、

11人よりも少ない人数で試合が続行されるようです。

得点方法は、相手チームのゴールの中に
ボール全体が入った状態になると、

一得点となります。

ボールの一部だけや半分だけがゴールに入っても、
得点にはならないようですね。

どうですか?
少しはルールが覚えられたでしょうか。

ルールを覚えて、今以上にサッカーが
楽しめるようになると良いですね。

サッカーの基本ルールを知りたい方は、
楽天で見てみてはいかがでしょうか⇒サッカー ルール

関連記事
サッカーに大切な筋肉の鍛え方?
サッカーの蹴り方にも種類がある?
サッカーのフリーキックの練習方法?
サッカーのディフェンスの練習方法?
サッカーのコンビネーションの練習方法?
サッカーの個人技の練習方法は?
サッカーのシュート練習の方法は?
サッカーのヘディングの練習方法は?
サッカーのドリブルに種類がある?
サッカーのドリブルの練習方法は?
サッカーのパス練習の方法は?

スポンサードリンク


サッカーに大切な筋肉の鍛え方?

サッカーに大切な筋肉の鍛え方?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

サッカーに限らず、
どのようなスポーツをやっていても、

ある程度の筋力は必要になってきますよね。

自分でトレーニングをしていると、どうしても筋肉を
どんどん増やしてしまいがちになるでしょうが、

闇雲に鍛えれば良いと言う事ではないようです。

サッカーにおける筋肉トレーニングは、
現在のプレーの精度をアップしたり、

できるプレーの幅を広げたりする為に行うかも・・・。

先ずは、何の為に筋肉を鍛えるのか、
きちんと考えてみましょう。

例えば、筋肉には、
瞬発力を出す為の速筋と、

持久力を出す為の遅筋の二種類があるようです。

もし、

俊敏な動きができるようになりたかったら
速筋を鍛える事が必要なようですし、

一試合90分を走り続ける為には
遅筋を鍛える事が必要になるようですね。

種類によって鍛え方が異なるようですので、
それを理解してから筋肉トレーニングを行いましょう。

もし速筋を鍛えたかったら、
ダンベルやマシントレーニング等が有効なようです。

遅筋を鍛えたい場合には、ランニングやウォーキング、
水泳等の有酸素運動が有効なようですよ。

つまり、速筋は重めの負荷で少回数、
短時間のトレーニングを行い、

遅筋は軽めの負荷で多回数、
長時間のトレーニングを行うと良いようですね。

常に、自分がどの部分の筋肉を
使っているのか意識しながら行うと良いかも・・・。

プレーをしていると、自分にはどこの筋肉が
足りないのか分かるようになってくるはず・・・。

なので、その部分を重点的に
鍛えるようにするのがよいようですね。

サッカーに大切な筋肉の鍛え方は、
楽天で見てみましょう⇒筋肉 鍛え方

関連記事
サッカーの基本ルール?
サッカーの蹴り方にも種類がある?
サッカーのフリーキックの練習方法?
サッカーのディフェンスの練習方法?
サッカーのコンビネーションの練習方法?
サッカーの個人技の練習方法は?
サッカーのシュート練習の方法は?
サッカーのヘディングの練習方法は?
サッカーのドリブルに種類がある?
サッカーのドリブルの練習方法は?
サッカーのパス練習の方法は?

スポンサードリンク


サッカーの蹴り方にも種類がある?

サッカーの蹴り方にも種類がある?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

サッカーの一番の基本と言うのは、
やっぱりボールを蹴る事ですよね。

ですが、一概に、ボールを蹴る、と言っても、
実は蹴り方にはいろいろな種類があるようですね。

どんな種類があるのか、ちょっとあげてみました。
どんなものかと言うと、

・インサイドキック・・・
  足の内側にある面積の広い部分で蹴る蹴り方なようです。

  他のキックに比べるとボールを捉える面積が広い為、
  正確なパスを送る際に最も適しているようですね。

・インステップキック・・・
  これは、足の甲部分で蹴る蹴り方なようですね。

  基本的なキックのように思えるかもしれませんが、
  最も練習を必要とする難易度の高いキックなようです。

・インフロントキック・・・
  足の親指に近い部分で蹴る蹴り方なようです。

  インサイドキックが短い距離のパスで使用するのに対して、
  インフロントキックは中、長距離のパスで多く使用されるようです。

・アウトサイドキック・・・
  足の外側にある足の甲からくるぶしにかけての
  面積の広い部分で蹴る蹴り方なようです。

  走りながら、とっさにノーステップで
  素早いパスを送る事ができるようですね。

・アウトフロントキック・・・
  足の小指に近い部分で蹴る蹴り方なようですね。

  体の向きを変えずに、
  ノーステップで蹴る事ができるようです。

・ヒールキック・・・
  これは、かかとで蹴る蹴り方なようですね。

  相手の意表をつく事はできるようですが、
  自分の背後に蹴る為に、
  正確にパスする事が難しいキックなようです。

・チップキック・・・
  これは、つま先をボールの下側に差込み、
  ボールを浮かせて蹴る蹴り方なようですね。

  これは、ボールを高く上げる事ができるようですよ。

いろいろな蹴り方があるようですが、どの蹴り方も、
先ずは蹴り足を支えるしっかりとした軸足を
作る事が大切なようですね。

楽天で見る⇒サッカー 蹴り方

関連記事
サッカーの基本ルール?
サッカーに大切な筋肉の鍛え方?
サッカーのフリーキックの練習方法?
サッカーのディフェンスの練習方法?
サッカーのコンビネーションの練習方法?
サッカーの個人技の練習方法は?
サッカーのシュート練習の方法は?
サッカーのヘディングの練習方法は?
サッカーのドリブルに種類がある?
サッカーのドリブルの練習方法は?
サッカーのパス練習の方法は?

スポンサードリンク


サッカーのフリーキックの練習方法?

サッカーのフリーキックの練習方法?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

フリーキックと言うものは、
直接得点に結びつくものですから、

日頃から練習をしっかりとやっていきたいですよね。

では、フリーキックの練習方法って、
どのようにしてやれば良いんでしょう。

先ず、ボールの蹴り方と言うのは、
人によって癖もあるようですし、

人それぞれですよね。

そうは言っても、
やはり理想のフリーキックと言うのがあって、

それは、ボールのカーブとコントロール、そして、
スピードの全てが揃っている事なようですね。

ボールにコントロールをつける為には、
コーン等をめがけて自分がイメージしている
キックを蹴ってみます。

何度も繰り返して練習していくうちに、
コツが掴めてくるようですよ。

実際のゴールを利用しての練習では、
キーパーが届かないような四隅等を狙って
蹴ってみましょう。

何百回でも蹴ってみる事が、
上達に繋がるようです。

次に、ボールにスピードをつける為には、
やはり筋力を付ける事が重要かも・・・。

そこで、
スクワット等の筋トレはいかがでしょうか?

毎日続ける事で、
確実に筋力がアップすようですよ。

フリーキックを蹴る場合には、
ギリギリまでしっかりとボールを見て、

最後まで振りぬくようにするのが良いようです。

蹴った時点で足を止めてしまったら、
せっかくのスピードも半減してしまうようです。

パスの練習等と違って、
フリーキックの練習は一人でも行う事ができますよね。

ちょっとした時間があったら
積極的に練習するようにして、

より精度の高いキックを
蹴る事ができるようにしておきましょう。

楽天で見る⇒サッカー フリーキック

関連記事
サッカーの基本ルール?
サッカーに大切な筋肉の鍛え方?
サッカーの蹴り方にも種類がある?
サッカーのディフェンスの練習方法?
サッカーのコンビネーションの練習方法?
サッカーの個人技の練習方法は?
サッカーのシュート練習の方法は?
サッカーのヘディングの練習方法は?
サッカーのドリブルに種類がある?
サッカーのドリブルの練習方法は?
サッカーのパス練習の方法は?

スポンサードリンク


サッカーのディフェンスの練習方法?

サッカーのディフェンスの練習方法?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

サッカーと言うと、
どうしても攻めていく方がかっこ良くて、

ディフェンスの練習が疎かになって
しまいがちになりますよね。

特に、小さい子になればなる程、
ディフェンスが苦手な子が多いようです。

ですが、
ディフェンスがきちんとできているからこそ、

自信を持って点を取りに行けるようですよね。

ディフェンスの練習と言うのは、
もしかすると地味に見えてしまうかもしれませんが、

きっちりとやっておきたいものかも・・・。

では、
一体どんな練習を行っていけば良いんでしょう。

先ず、
ディフェンスには体力が必要なようです。

それはオフェンスでも同じなのでは?
と思われるかもしれませんが、

効果的なしつこいディフェンスと言うものは
とにかく疲れるものなようですね。

スピードをそのまま保ったディフェンスを続けるには、
それなりの体力がどうしても必要と言うわけなんですね。

又、足腰が強くなければ、
当然良いディフェンスはできないようですから、

練習の際には、スタミナがつくような
メニューを積極的に取り入れましょう。

普段から、重点的に走りこみを
行っておくのも良いようですね。

個人でディフェンスの練習を行う事も大切なようですが、
チームディフェンスも忘れてはいけませんよね。

試合形式で、競り合い時の練習や
相手のボールの動きを妨げる練習もやってみましょう。

キックやシュートの練習と違って、
ディフェンスの練習はとても地味なものですよね。

ですが、ディフェンスが良いチームと言うのは、
結局は強いチームでもあるようですよ。

例え、地味な練習でも、
毎日コツコツと続けていきましょう。

楽天で見る⇒サッカー 個人技

関連記事
サッカーの基本ルール?
サッカーに大切な筋肉の鍛え方?
サッカーの蹴り方にも種類がある?
サッカーのフリーキックの練習方法?
サッカーのコンビネーションの練習方法?
サッカーの個人技の練習方法は?
サッカーのシュート練習の方法は?
サッカーのヘディングの練習方法は?
サッカーのドリブルに種類がある?
サッカーのドリブルの練習方法は?
サッカーのパス練習の方法は?

スポンサードリンク


サッカーのコンビネーションの練習方法?

サッカーのコンビネーションの練習方法?
これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

サッカーは、どなたでも知っている通り、
チーム競技ですよね。

いくら個人の選手のプレーが素晴らしくても、
チームメイトとのコンビネーションが取れていなければ、

試合に勝てる確率はずっと下がってしまいます。

そこで重要となってくるのが、
コンビネーションの練習なんですよね。

ですから、日頃から、どのような状況になったら
誰がどのように動くのか、

をしっかりと確認しながら練習するといいでしょう。

一対三や三対三等の対人練習を基本とし、
スムーズなパスが渡るように、

ボールコントロールを意識しながら
ボールを回す練習も良いでしょうね。

又、チーム戦を何度も行い、各ポジションの連携が
スムーズにできるようにしておきましょう。

パスからドリブル、そして、シュートへ繋げる
一連の動きも練習すると良いかも・・・。

コンビネーションは攻撃の時に
威力を発揮すると言われているようですが、

攻撃だけではなく、守備においても
きちんと練習しておきましょう。

そうする事で、試合の中でも
自然な動きができるようになるようです。

練習の際には、
お互いのタイミングを合わせる為にも、

声を掛け合う事を忘れないようにしましょう。

声を掛け合う事で、
チーム内のコミュニケーションを
深める事にも繋がるようですし、

気持ちもスムーズに入り込めるようになるようです。

戦術パターンを増やして、実際の試合でもスムーズに
コンビネーションプレイができるようになると、

サッカーが上達している実感が沸いてくるはず・・・。

楽天で見る⇒サッカー コンビネーション 練習

関連記事
サッカーの基本ルール?
サッカーに大切な筋肉の鍛え方?
サッカーの蹴り方にも種類がある?
サッカーのフリーキックの練習方法?
サッカーのディフェンスの練習方法?
サッカーの個人技の練習方法は?
サッカーのシュート練習の方法は?
サッカーのヘディングの練習方法は?
サッカーのドリブルに種類がある?
サッカーのドリブルの練習方法は?
サッカーのパス練習の方法は?

スポンサードリンク


サッカーの個人技の練習方法は?

サッカーの個人技の練習方法は?と、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

サッカーでは、個人技の際立った選手は
やはり目立ちますよね。

そんな選手に、誰もが憧れるものです。

このようなテクニックを身に付けるには、
どんな練習が必要なんでしょう。

子ども達の中にも、リフティング練習などを
重ねている子も多いのでは・・・?

個人技練習として
リフティングが行われるのは、

自在にボールを操る能力を養う為
とされているんですよね。

リフティングでは、身体のあらゆる部分で
ボールの中心を捉えなければいけませんよね。

その為、上達するにつれて
ボールの中心を肌で覚えるようになり、

自然とボールコントロールが上達する
と言われているようです。

実際の試合中の個人技では、
リフティングを行うチャンスなどありませんよね。

個人技が際立つと言えば、一般的にはドリブルや
フェイントテクニックのことを指しているんですが、

これらのボール操縦テクニックを覚えるのにも、
リフティング練習は効果的と言えるようです。

ですが、実際の試合中では、
テクニックにプラスして状況判断力と瞬発力が
要求されるようです。

瞬発力を付ける為には、
何よりも体力的な基礎訓練が重要になるようです。

中でも、
下半身の筋力強化が必要不可欠なようです。

つまり、個人技の上達において、
基礎体力訓練は絶対に外せないと言う事になるようです。

特に子ども達は、目先の技術だけに目が眩んで、
基礎体力訓練を疎かにしたり嫌う傾向があるようですが、

基礎体力なくして個人技の上達はないようですね。

そして、状況判断力に関しては、
試合形式の実践練習で身に付けるのが一番なようですよ。

楽天で見る⇒サッカー 個人技

関連記事
サッカーの基本ルール?
サッカーに大切な筋肉の鍛え方?
サッカーの蹴り方にも種類がある?
サッカーのフリーキックの練習方法?
サッカーのディフェンスの練習方法?
サッカーのコンビネーションの練習方法?
サッカーのシュート練習の方法は?
サッカーのヘディングの練習方法は?
サッカーのドリブルに種類がある?
サッカーのドリブルの練習方法は?
サッカーのパス練習の方法は?

スポンサードリンク


サッカーのシュート練習の方法は?

サッカーのシュート練習の方法は?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

サッカーは、
得点を入れてこその勝利ですよね。

サッカーでは守備は勿論なんですが、
シュートが何より重要と言えるかも・・・。

一試合での得点数が少ないスポーツであるサッカーは、
シュートのチャンス自体も少ないですから、

チャンスは必ず物にできるように
シュートの練習は特に欠かせないのでは・・・。

シュートの練習と言えば、
まず重要なのはそのコントロールですよね。

なので、目標を定めたところに、
確実に蹴ることができるように練習を重ねましょう。

高度なテクニックを身につけたい
というのも分かるんですが、

先ずは、基本を身につけなければ
意味がありませんよね。

基本スタイルから確実に狙った場所に
シュートが打てるようになったら、

ドリブルシュートなど様々な場所や角度からでも
シュートが打てるよう練習しましょう。

又、シュート練習は、できるだけどちらの足でも
蹴れるようにするのも重要なようです。

実際の試合では、必ずしも利き足で
シュートを打てるタイミングとは限らず、

場合によっては、敵をかわす為に
逆の足でシュートする必要も出てくるはず・・・。

更に、高度なテクニックを身につけるには
基本的な体力をつけることも重要なようです。

大切なシーンで走り負けては、
シュートどころじゃありませんよね。

そういった意味では、
下半身の強化を狙った基礎練習も重要なようです。

派手なパフォーマンスより、
正確性と確実性を身につけるのが良いようですね。

それらを身につけることができたら、
より高度なテクニックが必要な

ロングシュートの練習も行うといいでしょう。

楽天で見る⇒サッカー シュート 練習

関連記事
サッカーの基本ルール?
サッカーに大切な筋肉の鍛え方?
サッカーの蹴り方にも種類がある?
サッカーのフリーキックの練習方法?
サッカーのディフェンスの練習方法?
サッカーのコンビネーションの練習方法?
サッカーの個人技の練習方法は?
サッカーのヘディングの練習方法は?
サッカーのドリブルに種類がある?
サッカーのドリブルの練習方法は?
サッカーのパス練習の方法は?

スポンサードリンク


サッカーのヘディングの練習方法は?

サッカーのヘディングの練習方法は?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

サッカーの重要な技術の一つであるヘディングは、
ぜひマスターしたいものですよね。

正直な話、試合中に自分にヘディングのチャンスが
訪れる可能性はそれほど高くはないようですし、

むしろ殆ど無いと言えるかもしれませんね。

ですが、ヘディングでなければ
処理できない重要な場面が、

万が一にも起こりうるのが試合なんですよね。

そんな時に、ヘディンクが下手なばかりに
取りこぼしてしまったのでは、

折角のチャンスを棒に振ってしまい、
逆に相手チームに大きなチャンスを
与える結果にもなりかねませんよね。

ヘディング練習は、
一人でも出来ないことはないようですから、

ぜひ暇を見つけては練習に励んで下さいね。

ですが、やはり二人で練習した方が、
いろいろな技術を身につけることができるようです。

二人一組で、先ずは近距離でボールをトスして貰い、
それをヘディングで特定の場所に打ち込む練習をします。

ヘディングは当てれば良いというものではなく、
当てて目的の場所に打ち込む、

又は、パスする必要がありますよね。

目標とは全く違う方向に飛んでいったのでは
意味がありませんから、

目標物を定めてそれを狙うようにしましょう。

上達してきたら、
ヘディングでのパス練習をしてみて下さい。

こうすることで、双方の練習にもなるようです。

ヘディング練習のポイントは、
足でボールを操作するのと同程度に、

頭でもボールを操作できるようにすることなようです。

自分の頭で、ボールを自分の意のままに
操れるようにすることが、

最終目的と考えて練習するのが良いようですね。

楽天で見る⇒サッカー ヘディング 練習

関連記事
サッカーの基本ルール?
サッカーに大切な筋肉の鍛え方?
サッカーの蹴り方にも種類がある?
サッカーのフリーキックの練習方法?
サッカーのディフェンスの練習方法?
サッカーのコンビネーションの練習方法?
サッカーの個人技の練習方法は?
サッカーのシュート練習の方法は?
サッカーのドリブルに種類がある?
サッカーのドリブルの練習方法は?
サッカーのパス練習の方法は?

スポンサードリンク


サッカーのドリブルに種類がある?

サッカーのドリブルに種類がある?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

サッカーでは、基本的に、
ドリブル、パス、キックによって
相手チームのゴールまで登っていきますよね。

この時のドリブルテクニックによっては、
途中で敵にボールを取られてしまいますから、

とっても高度なテクニックが必要となるでしょう。

更に、ドリブルにフェイントを絡めることによって、
敵チームからボールを守ることが可能になるかも・・・。

勿論、ドリブルのスピードだけで、
敵チームのディフェンスを走り抜くことが
できるのならそれに越したことはありませんが・・・。

でも、それはよほど足の速い選手でも
なかなかできることではないでしょうから、

やはり、フェイントを上手に絡めると良いかも・・・。

一番基本的なのは、
ボールをL字型に動かすダブルタッチでしょうね。

又、プロサッカーの試合でもよく見られるのが
シザーズと呼ばれるフェイントですよね。

ボールをまたいで
別方向に見せかけるというフェイントで、

相手チームのディフェンスを惑わす効果があるようです。

敵の股の下にボールを蹴りいれて抜く
スモールブリッジも、

比較的試合でよく見かけますよね。

別方向に行くと見せかけて
足を踏み出すフェイントは、

マシューズと言うようですね。

初心者の方でも、比較的簡単に
マスターすることができるフェイントなようです。

ドリブル中にボールを止めるふりをしながら、
実際にはそのまま走って
相手を振り切るロコモティブと言うのもあるようです。

これらは、その瞬間瞬間に一番適した方法で
相手を切りかわす必要がありますから、

日頃から身体に叩きこんでおきたいものですね。

楽天で見る⇒サッカー ドリブル 練習 方法

関連記事
サッカーの基本ルール?
サッカーに大切な筋肉の鍛え方?
サッカーの蹴り方にも種類がある?
サッカーのフリーキックの練習方法?
サッカーのディフェンスの練習方法?
サッカーのコンビネーションの練習方法?
サッカーの個人技の練習方法は?
サッカーのシュート練習の方法は?
サッカーのヘディングの練習方法は?
サッカーのドリブルの練習方法は?
サッカーのパス練習の方法は?

スポンサードリンク