ヒップホップダンスのステップ?

ヒップホップダンスのステップ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ヒップホップダンスでは、
ステップが基本となっているようですね。

アップやダウンのリズムを取りながら
独特の足運びをするヒップホップダンスのステップには、

たくさんの種類があるようです。

それらのステップを組み合わせて、
ヒップホップダンスの振り付けがされるようです。

ですから、ヒップホップダンスでは
ステップを覚えることがとっても重要なようです。

ヒップホップダンスとして
一番有名なステップとしては、

走っているように見える
ランニングマンというステップかも・・・。

又、つま先とかかとを使って足を開いたり
閉じたりするクラブステップも、基本中の基本

といえる有名なステップなようですよね。

このように、ヒップホップダンスでは
その基本ステップがいくつかあるようです。

ヒップホップダンスで
必須の基本ステップとなるのは、

上記のクラブステップの他に、
ボックスステップ、サイドステップ、

チャールストン、ラコステなどなようです。

それに、ヒップホップダンスでは定番といえる
ロジャーラビット、ブルックリン、

ロックザボートなどを始めとして、
シェイクなどの新しいステップも

どんどん増えているようですね。

ヒップホップダンスはこれらのステップの
組み合わせで振り付けられるようなので、

そのバージョンは無限であり、
ステップの種類も数多くあるようです。

まずは、基本的なステップを完全マスターすることが
ヒップホップダンスの第一歩となり、

一つでも多くのステップを覚えることで
ダンスパフォーマンスの幅を広げることができるようです。

ヒップホップダンスのステップが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒ヒップホップダンス ステップ

関連記事
ヒップホップダンスは義務教育?
ヒップホップダンスってどんなダンス?
ヒップホップダンスの基本?

スポンサードリンク


ヒップホップダンスは義務教育?

ヒップホップダンスは義務教育?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ニュースでも取り上げられたので
ご存じの方も多いと思うんですが、

武道の授業とヒップホップダンスが
中学校の体育の授業で必須科目として

取り入れられることが決まったようですよね。

正確には、中学1年生〜2年生で
取り入れられることになった必須科目は、

ヒップホップなどの現代リズムダンス、
創作ダンス、フォークダンスの三種類の

中から一つ選ぶことになったようですよね。

ですが、殆どの学校が、
現代リズムダンスの代表である

ヒップホップダンスを選んだ、
とされているようですね。

実は、この事は、
とっても混乱を招くことになったようです。

体育の授業で取り入れられる為、
その担当教諭は体育教師ということになりますよね。

でも、体育教師としての教育課程の中に
ダンスというのは取り入れられていませんでした。

体育教師の中には、
ヒップホップダンスがどんなものなのか

さえ知らない人も多かったようです。

その為、ダンス教室に通っている生徒を
見本として授業を行った、

という教師の告白もあるくらい
教育の現場は混乱していたようです。

その後、体育教師向けの研修会などが
行われたりしたようですが、

現在ではヒップホップダンス指導者の
認定資格が創設されることになったようですね。

ヒップホップダンス基本技能指導士、
という資格は、5月、8月、12月に

有料で検定が実施されることに決まり、今後、
体育教師はこの資格を取得することになるかも・・・。

最近では、ダンススクールに通う
生徒も増えていることもあり、

ヒップホップダンスは子ども達の
間では人気の授業となっているようです。

ヒップホップダンスの指導が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒ヒップホップダンス 指導

関連記事
ヒップホップダンスのステップ?
ヒップホップダンスってどんなダンス?
ヒップホップダンスの基本?

スポンサードリンク


ヒップホップダンスってどんなダンス?

ヒップホップダンスってどんなダンス?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

中学校の体育の授業で必須化されたことで、
あらゆる年代にその名を知られることになった

ヒップホップダンスは、元はアメリカの
ストリートダンスから発祥したと

言われているようですね。

ヒップホップミュージックに合わせて踊る
ヒップホップダンスは、様々なダンスの

基本要素が取り入れられたダンスなようで、
近年のアーティストが率先して

取り入れていることでも有名なようですね。

ヒップホップは、元々は、ラップ、DJ、
グラフィティ、ブレイクダンスの

四大要素で構成されていたようです。

後に、いろいろなダンスの要素を
取り入れて次第に変化していき、

現代のヒップホップダンスになった、
とされているようです。

そして、今もどんどん
進化し続けていると言われており、

その定義は時代とともに変わりつつあるようです。

いずれにしても、
数多くのダンスの要素を取り入れた

基本的なダンス、現代音楽にのせたダンス
であると考えれば間違いはないかも・・・。

ボックスステップ、チャールストン、
サイドステップ、スネーク、ターンと言った

基本的なステップがいくつもあり、
それらの基本ステップを組み合わせて

踊るダンスなようですね。

現在では、洋楽だけでなく、
J-POPやK-POPなどの音楽で踊られている

ダンス全般を指しているようで、
現代音楽に合わせたダンスと考えれば良いかも・・・。

日本でも比較的歴史は長いようで、
映画フラッシュダンス以降、

素人によるストリートダンスや
ブレイクダンスが広まっただけではなくって、

ラップミュージックを歌いながら踊る
アーティストが現れたりして進化してきたようですね。

ヒップホップダンスの踊り方が気になる方は、
楽天で見てみて⇒ヒップホップダンス 踊り方

関連記事
ヒップホップダンスのステップ?
ヒップホップダンスは義務教育?
ヒップホップダンスの基本?

スポンサードリンク


ヒップホップダンスの基本?

ヒップホップダンスの基本?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

最近、若者達を中心に人気の高まっている
ヒップホップダンスなようですが、

中学校の授業にも取り入れられることが
決まったくらいですから、

基本的には誰でも簡単には
じめることができるダンスなようですね。

ヒップホップダンスの基本と言えば
音楽に合わせて踊ることなようですが、

アップやダウンのリズムを取りながら
基本ステップを組み合わせて踊るようです。

ヒップホップの基本ステップと言うのは、
必要最低限必要なステップ以外にも、

よく見られる定番のステップを始めとして
たくさんのステップがあるようで、

一番基本的なステップは、サイドステップ、
クラブステップ、チャールストン、

ラコステなどなようで、
まず一番最初はそれらの基本ステップを

覚えることになるようです。

基本ステップなしに、ただ音楽に合わせて
体を動かすだけのダンスとは違うようですね。

もともとは、ブレイクダンスから始まったようですが、
その後、様々なダンスの基本ステップを

取り入れながら進化してきたのが
ヒップホップダンスなようです。

その為、たくさんのステップを
組み合わせて踊ることになるようです。

基本的なステップだけでも
十分に踊ることができるようですが、

複雑で難しいステップを多く覚えれば覚えるほど
技術が向上するだけではなくって、

ダンスの応用が効くようになるようですね。

ですから、まずは少しでも多くの基本ステップを
覚えてマスターするところから始めるのが

良いようですね。

ステップを覚えたら、
手の振りなどを加えていけば、

更に華やかなダンスを踊ることができるようですよ。

ヒップホップダンスの基本が気になる方は、
楽天で見てみて⇒ヒップホップダンスの基本

関連記事
ヒップホップダンスのステップ?
ヒップホップダンスは義務教育?
ヒップホップダンスってどんなダンス?

スポンサードリンク


ヒップホップダンス基本技能指導士ってどんな資格?

ヒップホップダンス基本技能指導士ってどんな資格?
と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

文部科学省の指導によって、
2012年度から全国の中学校の保健体育で、

ダンスが必修科目とされたようですね。

それに伴って、ワールドリズムダンス技能協会が
ヒップホップダンスの指導者を育成する為の新しい資格である

ヒップホップダンス基本技能指導士を設立したようです。

ワールドリズムダンス技能協会が想定している受験対象者は、
中学校教諭、ダンス指導者、ダンスを取り入れた仕事の従事者、
などなようです。

ヒップホップダンス基本技能指導士の資格を
設立する事により、

これまでは趣味や娯楽と言った印象が強かったダンスを
職業として確立する、と説明しているようです。

検定の実施回数は、
最初の年の2012年には三回実施され、

次の年からは年に二回のペースで
実施される予定なようですね。

この試験の為の研修も行われ、
この研修を受けることでダンスの歴史などの理論を学び、

ダンス指導にあたる上で必要な技術を身に付けます。

そして、最終的には、
ダンスを通じて心身を開放し、人間らしさや
生きる力を子供たちに伝えられる指導者、

を育成することを目指すという資格なようですね。

又、資格設立のきっかけは、
子供へのダンス指導者の育成なようですが、

医療、福祉、介護の充実という観点から、
高齢者へのダンスの指導者の育成、

もその目的とされているようです。

検定料は25,000円なようですが、
毎年の更新料として、12,000円が必要なようです。

現在はヒップホップ検定のみなようですが、
今後、ロッキングやワッキング、チャチャチャ、

サンバ、ルンバ、ジャイブの検定試験の実施も
予定しているようですね。

設立して間もない資格なようなので、
検定や更新に必要な費用やその詳細は
変更される可能性があるかも・・・。

ヒップホップダンスが気になる方は、
楽天で見てみてはいかがですか⇒ヒップホップダンス

関連記事
ヒップホップダンスの上達のコツ?
ヒップホップダンスの振り付けが覚えられない?
ヒップホップダンス教室の選び方?
ヒップホップダンスは独学?DVD?教室?どれが良いの?
ヒップポップダンスの歴史?

スポンサードリンク


ヒップホップダンスの上達のコツ?

ヒップホップダンスの上達のコツ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ヒップホップダンスのスクールに通い始めた子が、
必ず思う事ですが、それが、かっこ良く踊れない、
なようですね。

でも、
そんなの当たり前なんですよね。

最初からリズムに乗ってかっこ良く踊れるなら、
スクールに通って練習なんてする必要はないですもんね。

どなたでも、最初は踊れないんです。
ただ、練習あるのみ。

つまらないかもしれませんが、
最初は基礎の基礎としてリズムをとる練習を
毎日5分〜10分やってみて下さい。

頭で理解しようとしないで、
音を良く聴きながらリズムをとるといいようです。

音の中にはエイトカウントが入っているようですから、
そのカウントを外さないように踊れる事を目指しましょう。

このカウントを外してしまうと、
かっこ良く踊る事はできないようですからね。

初心者の頃は難しいとされるアップダウンのコツは、
膝が折れる、伸びる、のリズムをきちんととる事。

しつこい位に、
繰り返し練習して下さい。

ダウンとアップのリズムの取り方が
体で分かるようになると、

どんどんヒップホップダンスが楽しくなるようですよ。

もし、自分のリズムのとり方が
合っているのか不安になったら、

恥ずかしがらずにスクールの
インストラクターの方に見てもらうと良いかも・・・。

間違ったカウントの取り方で練習をしていても、
上達は望めないようです。

つまり、
正しい内容で練習を繰り返す事が大切なようですね。

とにかく、
常にダンスを楽しみましょう。

実はそれが、
上達する為の一番の近道なのかもしれませんよ。

ヒップホップダンスの上達をしたい方は、
楽天で見てみてはいかがでしょう⇒ヒップホップダンス 上達

関連記事
ヒップホップダンス基本技能指導士ってどんな資格?
ヒップホップダンスの振り付けが覚えられない?
ヒップホップダンス教室の選び方?
ヒップホップダンスは独学?DVD?教室?どれが良いの?
ヒップポップダンスの歴史?

スポンサードリンク


ヒップホップダンスの振り付けが覚えられない?

ヒップホップダンスの振り付けが覚えられない?
これって、気になってる方もいらっしゃるかも・・・。

例えば、ヒップホップのダンス教室で、
講師の先生がお手本となって、振付けを教えてもらう時、

どうしても頭に入らずに
覚えられない時ってありますよね。

他の人はちゃんと踊れているのに、
自分だけ次の振付けに自信が持てなくて、

曖昧な踊りになってしまう・・・。

このような経験って、
どなたにだってあるはずですよね。

振付けが覚えられなくてどうしよう、
と思うのであれば、

少しでも先生に近い位置で
振付けを見るようにしてみてはいかがでしょう。

自信が無いからと、
先生から遠い場所で覚えようとすると、

振付けがきちんと見えずに
終わってしまう事がよくあるようですね。

先生に近い位置にいるだけで、
いつもより集中力が増すはず・・・。

又、最初から全部の振り付けを覚えようとすると、
結局、頭の中がゴチャゴチャになってしまうことも・・・。

自分なりのペースで構わないでしょうから、
確実に振り付けを覚えていくようにしましょうね。

もし、不安な箇所がある場合には、
恥ずかしがらずに先生に聞くと良いかも・・・。

そうする事で、
その部分は確実に覚えられるようになるはず・・・。

他の友達と一緒に覚えるのも
良い方法ですよね。

もしも、友達がいなければ、
この機会にダンスが上手な方に声を掛けて
教えてもらってはいかがでしょう。

良い刺激になって、
覚えるのも早いと思いますよ。

慣れてくると、振付けのパターンが
見えてくるようになるはずです。

無理な重心移動を伴うような振付けは、
一般的にはつけないでしょうからね。

右足の方に重心がのっているから
次のステップはこう、次のターンはこう、

等と自分で判断できるようになるはずです。

ヒップホップダンスの振り付けを知りたい方は、
楽天で見てみてはいかがでしょうか⇒ヒップホップダンス 振り付け

関連記事
ヒップホップダンス基本技能指導士ってどんな資格?
ヒップホップダンスの上達のコツ?
ヒップホップダンス教室の選び方?
ヒップホップダンスは独学?DVD?教室?どれが良いの?
ヒップポップダンスの歴史?

スポンサードリンク


ヒップホップダンス教室の選び方?

ヒップホップダンス教室の選び方?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

以前でしたら、ヒップホップの音楽が大好きで
ヒップホップダンスを習ってみたいと思っても、

教えてくれるダンス教室を探すのが大変だったようです。

それが、次第にヒップホップダンスが
広く知られるようになって、

中学でダンスが必修科目になった今では、
教室選びに迷ってしまうくらいヒップホップの
ダンス教室が数多くあるようですよね。

その中で、あなたにピッタリ合った教室を
選ぶ為のポイントって、

一体どんな事なんでしょう。

先ず、その教室はあなたが習いたい、
と思っているジャンルを教えてくれる教室でしょうか。

ひと口にヒップホップダンスと言っていますが、
実はスタイルはいろいろあるようで、

ブレイキングやポッピング等があるようです。

その教室のインストラクターが、
あなたが習いたいダンスを上手に踊れるかどうか
チェックしておく事が大切なようですね。

その為には、
体験レッスンが重要となってくるようです。

体験レッスンを受ける事で、インストラクターとの
相性を確かめる事ができますし、

その教室の雰囲気や生徒さんの年齢層、
レベル等もチェックする事ができますよね。

又、教室によって、
料金の設定方法も異なってくるようです。

その他、入会金の有無等もあるようですので、
事前に費用面を確認しておくと安心ですよね。

全てにおいて納得し、
そのダンス教室に通ってみようと思っても、

教室の場所が遠かったら足も遠のいてしまうかも・・・。

教室のレッスン内容重視と言っても、
できれば通いやすい場所のダンス教室から
探してみると良いかも・・・。

ヒップホップダンスを学ぶなら、
楽天で見てみてはいかがでしょうか⇒ヒップホップダンス 学ぶ

関連記事
ヒップホップダンス基本技能指導士ってどんな資格?
ヒップホップダンスの上達のコツ?
ヒップホップダンスの振り付けが覚えられない?
ヒップホップダンスは独学?DVD?教室?どれが良いの?
ヒップポップダンスの歴史?

スポンサードリンク


ヒップホップダンスは独学?DVD?教室?どれが良いの?

ヒップホップダンスは独学?DVD?教室?どれが良いの?
と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

まだヒップホップダンスがあまり世間で知られていない頃、
みんな独学でダンスを練習していたようですよね。

それこそ、上手な人のビデオを何回も見たり、
友達同士で集まってお互いのダンスを
チェックし合ったりと・・・。

そうやって、ヒップホップダンスの
第一人者になった方もいらっしゃるようです。

ですが、今では、
基礎から映像で教えてくれるDVDや、

インストラクターについてしっかりと学べる
教室もたくさんあるようですよね。

勿論、ヒップホップダンスを独学で踊る事に
全く問題はないんです。

でも、独学の場合には、
どうしてもムダが多く時間も掛かるようですし、

それに、基礎がしっかりとしていないと
アレンジも上手にできないのでは・・・。

その点、教室でダンスを習えば、
インストラクターが一年掛かって覚えたダンスの

ノウハウをその1/10程度の時間で
教わる事ができるようですね。

つまり、教室に通う事によって、
短い時間で上達するようないろいろなコツを
教えてもらえるはず・・・。

又、今では内容が充実しているDVDもあるようですので、
そのようなDVDを利用するのも良いでしょうね。

ヒップホップダンスの基礎ができていれば、
上達のスピードも全く異なってきますよね。

つまり、先ずは、
DVDである程度土台を作っておいて、

後はダンス教室で様々なテクニックを教えてもらう
という方法もあるんですよね。

どこでヒップホップダンスを学ぶか?
一番大切なのは、その目的なようです。

もし、楽しくダンスをしたいだけであれば
独学でも十分かもしれませんし、

ちょっと人より上手になりたいのであれば
DVDでテクニックを学ぶ程度でも良いと思いますよ。

ヒップホップダンスのテクニックを知りたい方は、
楽天で見てみてはいかがでしょうか⇒ヒップホップダンス DVD

関連記事
ヒップホップダンス基本技能指導士ってどんな資格?
ヒップホップダンスの上達のコツ?
ヒップホップダンスの振り付けが覚えられない?
ヒップホップダンス教室の選び方?
ヒップポップダンスの歴史?

スポンサードリンク


ヒップポップダンスの歴史?

ヒップポップダンスの歴史?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ヒップポップと言う言葉、
今では当たり前のように聞かれていますよね。

ヒップホップは1970年代初頭に、アメリカの
ニューヨークのサウス・ブロンクス地区の

ブロックパーティから生まれた文化なようです。

ですが、日本で言うヒップポップと言う言葉は
ちょっと異なり、

ヒップホップとJ-POPの言葉から組み合わされてできた
音楽ジャンルの造語として認識されているようですね。

そして、日本においてのヒップホップダンスは、
このヒップホップミュージックにあわせて

踊るダンスのことを言うようです。

つまり、ヒップホップダンスは、上記の音楽、
ヒップホップと一緒になって発達してきた
ダンスなようですね。

ヒップポップダンスにおけるダンススタイルは、
ブレイキング、ロッキング、ポッピング、

クランピングの四つに分かれているようですよね。

日本で、ヒップホップダンスを一躍有名にしたのが、
1983年の映画フラッシュダンスなようです。

この映画は、ヒップホップダンスを
メインテーマにした映画ではありませんでした。

でも、路上でブレイキングやポッピングを行う
子供達が登場するシーンがあり、

そのシーンに衝撃を受けて
ブレイクダンスを始める若者達が急増したようです。

ヒップポップダンスには、他のダンスにあるような
決まりが無いと言われているようです。

いろいろなジャンルのダンスの要素を取り入れた
自由に踊る事ができるダンスなようです。

その為、今後も時代の流れによって、
そのスタイルが大きく変化していくかもしれませんね。

楽天で見る⇒フラッシュダンス

関連記事
ヒップホップダンス基本技能指導士ってどんな資格?
ヒップホップダンスの上達のコツ?
ヒップホップダンスの振り付けが覚えられない?
ヒップホップダンス教室の選び方?
ヒップホップダンスは独学?DVD?教室?どれが良いの?

スポンサードリンク