テニスの試合に勝つ為の心構え?

テニスの試合に勝つ為の心構え?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

スポーツであろうがギャンブルであろうが、
勝負事には勝ちたいと思うのが当たり前ですよね。

試合に勝つ為にはいろいろな方法があるでしょうが、
今回は勝つ為の心構えについてお話してみますね。

試合に勝つ為に一番大事なことは、
やはり何といっても練習なようですね。

しっかり練習すれば、あれだけ練習したのだから、
という自信にも繋がるようですよね。

試合に勝つ為には、応用練習は勿論なんですが、
基礎的な練習の繰り返しが重要なようです。

ストロークやラリーについていくには、
筋力や体力を付ける為の

地道な基礎トレーニングが必要不可欠かも・・・。

サーブやスマッシュを打つ為には、
しっかりとしたフォームを固めていくなど、

見直す点もたくさんあるかも・・・。

サーブも自分の得意な球種や
コースになってしまいがちなようなので、

いろいろな球種とコースを打ち分けられるように
練習しておくと良いですね。

又、試合が近いからと言って、
練習量を増やしたくなる気持ちも分かるんですが、

試合前日などはあまり足に疲労が残るような
練習はせずに軽く行うのがいいかも・・・。

試合当日はウォーミングアップを念入りに行い、
体を冷やさないように気を付けましょう。

試合前は、意外と相手も自分の様子を
窺っていることがあるかも・・・。

オロオロした態度でいると、
相手がその弱みにつけこんできやすいようなので、

緊張してしまうかもしれませんが、
堂々とした態度を見せることも必要なようですよ。

それに、勝つことに拘り過ぎると
プレッシャーになってしまうようですから、

試合を楽しむことができるよう、
リラックスすることも大切なようですね。

テニスに勝つことが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒テニス 勝つ

関連記事
テニスで雨や雪の日でもできる練習?
テニス肘ってどんな病気?
テニスのフットワーク上達の為のポイント?
ドロップショットの打ち方のコツ?
ツイストサーブの打ち方のコツ?

スポンサードリンク


テニスで雨や雪の日でもできる練習?

テニスで雨や雪の日でもできる練習?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

テニスは屋外競技なので、冬の時期ですと、
雪が降ったりコートに霜がはってしまい、

練習ができない日もあるでしょうね。

又、雨が降ってしまうと、
コートを予約したにも関わらず、

練習が中止になってしまったりすることも・・・。

ですが、雨だからと言って
練習を中止しなくてもいいかも・・・。

雨の日でも、
屋内で練習することは可能なようですよ。

たとえ、ボールを打つことができなくても、
屋内で練習することで一歩差がつくかも・・・。

例えば、筋トレであれば、
屋内どこでも行えますよね。

俊敏性を養う為には、
腿やふくらはぎを鍛えなければなりませんし、

サーブやスマッシュを打つ為には腕や手首だけでなく、
背筋や腹筋等の筋力をアップさせることも重要でしょう。

それに、地味な練習なんですが、
タオルを使ってサーブの練習をするのも、

意外と効果的な屋内での練習方法なようですね。

屋内ということから、
あまり広くない場所での練習になってしまうので、

ラケットを使わずにタオルで素振りをしてみましょう。

勿論、広い場所で
安全に練習することができるのであれば、

ラケットを振って素振りをするのも良いですよね。

でも、それほど広い場所が無い場合には、
タオルでの素振りの方が安全でしょう。

タオルでサーブができたか確認出来るの?
と思うかもしれませんが、

タオルを振った時にしっかりとしたフォームで
振ることができていれば、

ヒュン!と音が鳴るようですよ。

逆に、ちゃんとサーブを打てていないと
音がしないようなので、

どなたでも簡単に分かるはずですよ。

タオルでの素振り、
頑張ってみてはいかがでしょうか。

テニスのサーブの練習が気になる方は、
楽天で見てみて⇒テニス サーブ 練習

関連記事
テニスの試合に勝つ為の心構え?
テニス肘ってどんな病気?
テニスのフットワーク上達の為のポイント?
ドロップショットの打ち方のコツ?
ツイストサーブの打ち方のコツ?

スポンサードリンク


テニス肘ってどんな病気?

テニス肘ってどんな病気?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

テニスの試合中はどうしても、
勝ちたい!という思いから強いサーブを打ったり、

サーブやボレーに力が入ってしまうようですね。

力が入り過ぎてしまうと、
フォームのバランスを崩してしまったり、

無理をしてしまいがちかも・・・。

そこでテニスをされる方に気をつけて欲しいのが、
このテニス肘なんですよね。

テニス肘と言うのは、正式名称としては、
上腕骨上顆炎と言うようで、

ストロークの繰り返し動作や慢性的な
疲労の積み重ねによる肘の炎症のことを言うようです。

テニス愛好者の方に多く見られる症状なようですが、
決して長年テニスをされている方だけが

発症する危険がある訳ではなく、
テニス初心者の方や女性でも

この症状が起こる危険性があるようです。

頻繁に肘の曲げ伸ばしの動作を繰り返していると、
肘の腱が痛んでしまうので炎症が起こるようです。

症状としては、物を持ち上げたりする時や
タオルを絞るような動作をした時に、

肘の外側から前腕にかけて痛みが出た場合、
このテニス肘を疑った方がいいようです。

初心者の方ですと、
肘を痛めていたとしても筋肉痛かな?

と思ってしまい、
そのままの状態でプレーを続けてしまって

症状を悪化させてしまうことにもなるかも・・・。

テニス肘を予防する方法としては、
手首や指のストレッチをこまめに行うようにする他、

正しいフォームで練習するように心掛け、
筋トレなどを行って基礎体力を

アップさせることが重要になるようですよ。

間違ったフォームで
力まかせにサーブなどを打ち続けてしまうのは

とっても良くないようですからね。

テニス肘には、くれぐれもご注意下さいね。

テニス肘の上腕骨上顆炎が気になる方は、
楽天で見てみて⇒上腕骨上顆炎

関連記事
テニスの試合に勝つ為の心構え?
テニスで雨や雪の日でもできる練習?
テニスのフットワーク上達の為のポイント?
ドロップショットの打ち方のコツ?
ツイストサーブの打ち方のコツ?

スポンサードリンク


テニスのフットワーク上達の為のポイント?

テニスのフットワーク上達の為のポイント?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、テニスで特に重要となるフットワークは、
いったいどうすれば上達するんでしょう?

そこで、フットワーク上達の為のポイントについて
お話してみますね。

まずは、
ストレッチをしっかりと行いましょう。

テニスに限らず、運動を行う前には、
どのスポーツでもストレッチを行いますよね。

ストレッチは、体をこれからスポーツをするぞ、
というモードに切り替える為にも、

怪我をしない為にも重要なようですよね。

それに、ストレッチを行うことで、
柔軟性を養うこともできるんですよね。

ストレッチで体の準備を整えた上で、
フットワーク上達の為の筋力トレーニングを

行っていくと効率が良いかも・・・。

又、長時間のラリーについていく為には、
持久力が必要不可欠なんですよね。

持久力を養う為には、
やはりランニングが一番効果的なようです。

それに、スマッシュやボレーに
すばやく反応する為には、

瞬発力を高める必要もあるようです。

その瞬発力を高める為には、
反復横飛びやジャンプなどを繰り返し行うと

敏捷性が高まるようで、
フットワーク上達の近道になるかも・・・。

下半身だけ強化していれば、
フットワークが良くなると思われがちなんですが、

バランス良く基礎体力や筋力を
アップさせることが重要になるようです。

腹筋や背筋はも勿論のこと、
腕立て伏せやウエイトトレーニングなど、

室内でできることは毎日続けていると、
瞬発力や持久力アップにつながるはず・・・。

フットワーク上達には、
地道で継続的な努力が必要になるようですが、

コツコツと頑張っていくことが大切なようですね。

フットワークの上達が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒フットワーク 上達

関連記事
テニスの試合に勝つ為の心構え?
テニスで雨や雪の日でもできる練習?
テニス肘ってどんな病気?
ドロップショットの打ち方のコツ?
ツイストサーブの打ち方のコツ?

スポンサードリンク


ドロップショットの打ち方のコツ?

ドロップショットの打ち方のコツ?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

硬式テニスのゲームを組み立てていく上で、
重要な技術の一つであるのがドロップショットなようですね。

ドロップショットと言うのは、ネット際に
山なりを描いてボールを落とすショットのことなんです。

このドロップショットを身につけることができれば、
相手選手を疲れさせたり、

イライラ感を募らせることができるようなので、
戦術としてはとっても有効なショットになるかも・・・。

ですが、このドロップショットを身につけるには、
ボールのコントロールとボールを上手くネット際に落とす

距離感を養わなければならない、
難しいショットでもあるようです。

先ず、ドロップショットを成功させるには、
イメージすることが大事なようです。

ボールが相手のコートに落ちるまでに
時間がかかってしまうと、

落ちるまでに相手選手が
追いついてしまう可能性があるんですよね。

でも、それでは意味がなくなってしまうので、
なるべくネットに近い距離から打つように
意識してみてはいかがでしょう。

それに、ドロップショットを打つことばかり考えて
低い姿勢で構えてしまうと、

相手にドロップショットを打つと読まれてしまうことも・・・。

なので、姿勢を低くせずに、いつも通りに構えて
ドロップショットに入っていけるようにしましょうね。

打つ時も手首だけで返そうとするのではなく、
体全体を使うようにするのが良いようです。

ボールがラケットに当たるインパクトの瞬間に、
前に出した足の膝を曲げることによって、

飛んできたボールの威力を
減少させることができるようですね。

つまり、
ドロップショットは膝を曲げ、

体全身で返すようなイメージで
練習していくのが上達のコツなようですよ。

テニスのドロップショットが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒テニス ドロップショット

関連記事
テニスの試合に勝つ為の心構え?
テニスで雨や雪の日でもできる練習?
テニス肘ってどんな病気?
テニスのフットワーク上達の為のポイント?
ツイストサーブの打ち方のコツ?

スポンサードリンク


ツイストサーブの打ち方のコツ?

ツイストサーブの打ち方のコツ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

人気テニス漫画で有名なツイストサーブなんですが、
打てるとかっこ良いですよね。

ツイストサーブはスピンサーブの一種なようですが、
様々あるサーブの中でも、

一番打つのが難しいサーブかも・・・。

特徴としては、
野球でいうカーブのような弾道なので、

相手コートに入ってからバウンドして、
大きく弾ませる為のサーブなようですね。

ツイストサーブをマスターするまでには、
かなりの量の練習と時間が必要になるようです。

打ち方のコツを掴むには時間がかかってしまうでしょうが、
根気よく練習を続けていくことが大事なようなので、

諦めずに繰り返し練習を続けてみて下さいね。

ツイストサーブを成功させるには、
縦の回転とひねりの回転を

ちょうど良いバランスで同時に行う必要があるようです。

ですが、そう言われても、
感覚で理解するのは難しいですよね。

そこで、まずは、
ボールトスを意識してみましょう。

ツイストサーブを打つ時、イメージとしては、
体を後ろの方へひねっているイメージがあるのでは・・・。

そこで、ボールをトスする時に、
後ろ側にトスするのではなくって、

大袈裟かもしれませんが、
ネット側に向けてトスするんです。

それに、
ボールをあまり高い位置までトスしないで、

自分から見て、
少し上にトスするのがちょうど良いでしょう。

トスの次に、
ツイストサーブを上手く打つコツとしては、

膝なようですね。

トスを上げた瞬間、膝を曲げ、
しっかりと力を入れて、力を溜めましょう。

そして、ボールを打ち込む時に一気に膝を伸ばし、
伸ばす力を利用してボールを打ち込みます。

これらのポイントを踏まえて、
繰り返し練習をしてみて下さいね。

テニスのサーブの打ち方が気になる方は、
楽天で見てみて⇒テニス サーブ 打ち方

関連記事
テニスの試合に勝つ為の心構え?
テニスで雨や雪の日でもできる練習?
テニス肘ってどんな病気?
テニスのフットワーク上達の為のポイント?
ドロップショットの打ち方のコツ?

スポンサードリンク


バックハンドの上達のポイント?

バックハンドの上達のポイント?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

バックハンドと言ったら、初心者の方の場合、
苦手意識のある方が多いのでは・・・。

ですが、硬式テニスのバックハンドは、
一度マスターしてしまえば、

フォアハンドよりも安定したストロークが
可能となるようですね。

つまり、バックハンドが自分のものにできたら、
試合においてもミスショットが格段に少なくなり、

より上達できる事になるようです。

なので、ぜひ、早い段階で正しいバックハンドの
フォームを身に付けるようにしましょう。

そうは言っても、具体的には
どのようにしたら良いのか困りますよね。

先ずは、
両手打ちでも片手打ちでも良いので、

自分が打ちやすい方を選んで下さい。

一般的に、両手打ちにした方が
力も入りやすいといった理由から、

女性の方には両手打ちを勧めるコーチが多いようですが、
あくまでも自分の感覚で選ぶと良いかも・・・。

バックハンドが苦手だと言う方は、
主に体の中心がブレている事が多いようです。

下半身の筋力が不足している為、
ボールに追いついて構えるタイミングが

遅れてしまっているからなようですよ。

なので、思い当る方は、
下半身の筋力をアップさせる事から始めてみましょう。

又、実際にプレイをしている中で、
一体どれくらいバックハンドで打っていますか?

フォアハンドで打つ場合でも、
敢えてバックハンドで打つぐらいの

気持ちがないと上達は望めないようですよ。

バックハンドは、ボールとの間隔が
捉えづらいといったことがあるようですが、

それは感覚で覚えるしかないようです。

その為にも、
ひたすらボールを打つ練習をするのが良いようですね。

テニスのバックハンドの上達が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒テニス バックハンド 上達

関連記事
テニスのスマッシュの上達のポイント?
フォアハンドの上達のポイント?
テニスのボレー上達のポイント?
テニスのサーブ上達のポイント?
両手打ちと片手打ちではどちらが良いの?

スポンサードリンク


テニスのスマッシュの上達のポイント?

テニスのスマッシュの上達のポイント?
これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

テニスをプレイする上で、
スマッシュが得意か苦手とでは、

プレイの内容に関しても相手へのプレッシャーに
関しても雲泥の差があるようですね。

スマッシュが得意といった事だけで、
相手は簡単にロブなど打てなくなるからなんです。

こういった事からも、ぜひ正確で攻撃的な
スマッシュが打てるように練習してみて下さい。

スマッシュが上達するポイントは、
ボールの落下地点を予測して、

素早く移動できるようになる事なようですね。

スマッシュが苦手だったり、
失敗が多かったりするのは、

足が止まっている方に多いようですが、
テニスで一番大切なのは、

フットワークだと言われているようですよね。

スマッシュを打つタイミングで
適切な場所にいる事ができなければ、

ラケットの真ん中にボールを当てる事ができず、
打点が狂いやすくなってしまうようですよ。

なので、まずは、
ボールの落下地点を予測して、

フットワークを使って
素早くボールの下に入るようにしましょう。

そして、ラケットの真ん中に
ボールが当たるよう打点を調節して、

一気に振り抜くんです。

これで、初心者でもある程度威力のある
スマッシュが打てるようになるかも・・・。

スマッシュを打つ際に足が止まっているようでは、
いくら強くラケットを振ってみても

迫力あるスマッシュは打てないようです。

プレイ中に足が止まるくらい
スタミナが足りないのであれば、

下半身を強化する事も
スマッシュが上手くなる為には
重要なポイントとなってくるようですね。

テニスのスマッシュの上達が気になる方は、
楽天で見てみて⇒テニス スマッシュ 上達

関連記事
バックハンドの上達のポイント?
フォアハンドの上達のポイント?
テニスのボレー上達のポイント?
テニスのサーブ上達のポイント?
両手打ちと片手打ちではどちらが良いの?

スポンサードリンク


フォアハンドの上達のポイント?

フォアハンドの上達のポイント?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

硬式テニスをされている方の悩みで
よく耳にするのが、

フォアハンドが安定しない、
フォアハンドのコントロールを良くしたい、

という事なんですよね。

テニスをしていると、気持ち良く打ちたい
という気持ちが強くなるようですね。

でも、その気持ちが前に出てしまうと、
どうしてもフォアハンドのコントロールが

不安定になるようです。

先ず、確認しておかなくてはならない事は、
ボールとのタイミングが

遅れたり速くなっていたりしていませんか?

フォアハンドで一番大切なのは、
タイミングとラケットの中心で

正確にボールをヒットさせる事なようです。

面倒かもしれませんが、一度、
自分のプレイをビデオで撮って確認してみましょう。

もし、タイミングが遅れていると感じるならば、
ボールが来る前に相手のスイングの仕方や
顔の方向をよく見て、

次にくるボールの方向を予想して
ポジショニングするようにしましょう。

それだけで、
タイミングがかなり早くなるようですよ。

もし、ボールとのタイミングが合っているのならば、
体ごとボールに体重を乗せるようにして、

自分が打ちたい方向に踏み込んでみて下さい。

相手にコースがばれてしまうかもしれませんが、
とりあえずこれで思い通りの方向に
ボールが打てるようになるかも・・・。

慣れて来たら、今度は前に踏み込みながら
しっかりと体をターンさせて、

ボールの行方を追わないようにします。

こうする事で、ボールの方向も分かりづらくなり、
スイングのスピードも上がるようですよ。

フォアハンドが安定すると同時に、
スピードアップも狙えるかもしれませんね。

テニスのフォアハンド上達が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒テニス フォアハンド 上達

関連記事
バックハンドの上達のポイント?
テニスのスマッシュの上達のポイント?
テニスのボレー上達のポイント?
テニスのサーブ上達のポイント?
両手打ちと片手打ちではどちらが良いの?

スポンサードリンク


テニスのボレー上達のポイント?

テニスのボレー上達のポイント?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ネット前でプレイする時によく使うのが、
ボレーですよね。

ボレーはネット前で行う事から、
相手が打ったボールをノーバウンドで
相手の足元などへ返す事ができます。

つまり、相手が取れないような場所へ
打ち込む事ができるので、

ボレーが上手にできるようになると
決めの一打が打てるようになるようですね。

そんなボレーの練習方法なんですが、
いきなり速いボールに対応できる人はいませんよね。

最初はゆっくりしたボールで、
目を閉じないようボールをよく見て
ボレーするようにしていきましょう。

一対一のボレーとボレーの練習が良いようです。

足を前に出すのではなく、
踏み込んでボールを体で押し出して
運ぶ感覚というのがポイントになるようです。

ボレーは安定が重要と言われているようですが、
ボレーが安定しない方の多くは、

ラケットを振り過ぎている事が多いようです。

一度、ゆっくりとしたボールで
押し出す感覚を確認してみると良いかも・・・。

又、ボレーを打つタイミングを
逃してしまう方も多いようですよね。

それは、ボレーを打つかどうか、
判断するタイミングが遅い事が原因なようですよ。

相手が打つボールばかりを見ているから、
どうしても判断するタイミングが遅れてしまうようです。

上級者の方は、常に、
相手のフォームを見ているようです。

そのフォームで、
次に飛んでくるボールを予想しているようです。

飛んでくるボールに手を出すか、
それとも出さないか・・・。

ボールを見てから判断するのではなく、
出来れば相手のフォームから

予想できるようになると良いですね。

テニスのボレー上達が気になる方は、
楽天で見てみては⇒テニス ボレー 上達

関連記事
バックハンドの上達のポイント?
テニスのスマッシュの上達のポイント?
フォアハンドの上達のポイント?
テニスのサーブ上達のポイント?
両手打ちと片手打ちではどちらが良いの?

スポンサードリンク