笑いヨガ?

笑いヨガ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

最近、女性達の間で健康や美容に良い、
とヨガが流行っているようですが、

そんな中でも話題になっているのが、
笑いヨガなようですね。

インド人の医師が1995年にたった5人で始めた、
と言われている笑いヨガなようですが、

現在では全世界70ヶ国にまで広がっているようで、
笑いヨガの人口が増えているようですね。

でも、笑いヨガと言うのは、
どのようなヨガなんでしょうか。

人が笑う為には、冗談やユーモア、
コメディーと言った要素が必要なんですが、

この笑いヨガは、このような要素に一切頼らず、
敢えて自分からただひたすら笑うだけの

エクササイズなようですね。

ヨガと聞くと、
ポーズが難しそうとか呼吸法が難しそう、

などとイメージしてしまいがちですよね。

でも、この笑いヨガであれば、
どなたにでも簡単に出来るはず・・・。

確かにヨガの呼吸法と言うのは、
自分の体が覚えてくれるまで

少し時間は掛かると思うんですが、

実は、笑いヨガで笑っていることで、
自然とヨガの呼吸法を行っているようですね(笑

又、笑いヨガの特徴として、
一人一人が個人で行うのではなく、

グループになって行うことがあるようです。

最初は作り笑いから始まるかもしれませんが、
グループで行うことによって

その笑いがグループ内に伝染し、
自然な笑いへと変わっていくようです。

医学的な研究でも
証明されて分かっていることなようですが、

作り笑いでも自然な笑いでも
体への効果は同じなようですね。

笑うことで、
酸素や血液が全身にいきわたって健康になったり、

ストレスが75%以上も解消される、
というような効果も出ているようですよ。

この笑いヨガ、健康にも良さそうですね〜

笑いヨガが気になる方は、
楽天で見てみて⇒笑いヨガ

関連記事
ヨガでのチャクラやマントラって何?
ヨガのアサナ(ポーズ)や呼吸法のコツ?
ヨガを行う最も適切な時間?
ヨガの効果って?
ヨガの歴史って?

スポンサードリンク


ヨガでのチャクラやマントラって何?

ヨガでのチャクラやマントラって何?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ヨガ教室等に何度か通ったことのある方も
いらっしゃるでしょうが、

本格的なヨガになると、チャクラ、という言葉を
耳にしたことがありませんか?

チャクラと言うのは、
古代インドで使われていたサンスクリット語で、

車輪、を意味しているようですね。

そして、ヒンドゥー教のヨガでは、
人の体の頭部、胸部、腹部などのことを

チャクラと呼んでいるようですよ。

上記であげた頭部、胸部、腹部の他にも、
尾骨、首の付け根の中央部分、額の眉間の部分、

おへそと胸骨の間の部分の七つの箇所に
チャクラがあると考えられているようです。

このチャクラをヨガを行って
活性化させることによって、

健康や美容に良い効果をもたらす、
と信じられているようです。

チャクラ以外に、マントラ、という言葉を
耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

ちょっと宗教的な発想になってしまうかと思いますが、
マントラとは、音や振動、波動からなる

エネルギーの形態のことを言うようす。

マントラヨガというものがあるようですが、
このマントラヨガとは、神様の名前を呼ぶことで、

マントラを唱えることによって
意識体験を生じさせるようです。

マントラの唱え方にも、
人に聞こえるように発声する方法、

自分だけ聞こえるように発声する方法、
心の中で念じる方法などがあるようです。

マントラを唱えることによって
精神を集中させるだけではなくって、

音によるエネルギーを引き出す為の
方法とも言われているようです。

私達に存在する神聖なる本質を目覚めさせる為には、
カルマを浄化させる必要があって、

マントラを唱えることによって
これが実現するとされているようですね。

ヨガが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒ヨガ

関連記事
笑いヨガ?
ヨガのアサナ(ポーズ)や呼吸法のコツ?
ヨガを行う最も適切な時間?
ヨガの効果って?
ヨガの歴史って?

スポンサードリンク


ヨガのアサナ(ポーズ)や呼吸法のコツ?

ヨガのアサナ(ポーズ)や呼吸法のコツ?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ダイエットに効果的だったり、
健康に良いということから、

ヨガ教室などに通う女性が
多く見られるようになったようですね。

私は体が硬いからヨガには向いてない、
などと言う女性もいらっしゃるようですが、

それは間違った考えかもしれませんよ。

元々、瞑想をする為に行われていたヨガは、
座ることを基本としているようです。

このことから、
アサナ、という言葉が生まれたようですが、

このアサナと言うのは、
サンスクリット語で座るという意味を持ち、

ヨガでアサナとは、坐法のことを指すようですね。

ヨガ初心者にとっては、床に座って背筋を
ピンッと伸ばしながらもリラックスして、

ゆっくりと呼吸を整えるアサナだけでも
相当難しく感じるかもしれませんね。

ポーズをとった時に、緊張と弛緩を味わいながら、
心と体と呼吸を合わせるということが

本来の目的となっているようです。

とは言っても、
初心者の方には難しいとは思いますが、

このアサナを完成させることが
正しいヨガではないようで・・・。

普段とらないポーズをすることで、
体の中でどこが痛いと感じるのか

など、自分の体と対話をして、
自分の体と心を感じることが重要なポイントなようです。

アサナで自分の体の足りないところを感じ、
バランスを取り戻すことができれば、

血行促進になったり内臓機能などに良い影響を与える他、
心の安定をもたらし日々の生活にも

大きな影響を及ぼすと言われているようです。

そんなアサナを行う上で重要になってくるのが、
呼吸法なようですね。

ヨガの呼吸法は、
独特で難しいと言われているようですが、

原則としては、
鼻から吸って鼻から吐くという呼吸法なようです。

鼻から吸った息で、
お腹の中にある風船を膨らませるようなイメージで、

吐く時は、
その風船の空気を全部出しきるようなイメージを持って、

意識的に呼吸をしてみると良いようですね。

ヨガが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒ヨガ

関連記事
笑いヨガ?
ヨガでのチャクラやマントラって何?
ヨガを行う最も適切な時間?
ヨガの効果って?
ヨガの歴史って?

スポンサードリンク


ヨガを行う最も適切な時間?

ヨガを行う最も適切な時間?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

精神的にも美容や健康面でも良い、
と言われているヨガなんですが、

せっかくヨガを実践するんですから
効率的に行いたいですよね。

では、一体、効率的にヨガを行う
最も適切な時間はいつなんでしょうか?

一般的にヨガをする時間帯として、
最も適しているのは朝なようで、しかも、

起きてすぐの寝起きにすると一番良いようですね。

これはヨガのインストラクターの方も
仰っていたので本当かも・・・。

ヨガって言うのは、
独特な呼吸法を行うようですよね。

あの呼吸法は、胃の中が空の状態の時に
行うものだと言われているようです。

それに、朝一番でヨガを行うことで、
脳も体も活性化されて目覚めてくれるようなので、

一日をスッキリした状態で始めることができるようです。

逆に、気を付けて欲しい時間帯は、食後なようですが、
食後は二時間以上経っていれば全然問題は無いようです。

早朝にそんなことしている暇は無い、
という方もいらっしゃると思うので、

この食後二時間以上経ってからならOK、
ということを頭に入れておくと良いかも・・・。

又、食後の他には、お風呂あがりに
ヨガをするのも避けた方が良いようですね。

お風呂あがりは、血行が良くなって
体の柔軟性もアップしているので、

ポーズをとりやすいと思いがちなようですが、
逆に気分を悪くしてしまうこともあるようですから

気を付けて下さいね。

早朝などに毎日続けることで、効率良く
効果を感じることができると思うんですが、

そうは言っても仕事をしていたりすると
なかなか思い通りにいかないこともありますよね。

時間が無いからといって諦めるのではなく、
一日一つのポーズでもいいので、

五分間だけと時間を決めて、
毎日少しずつヨガに慣れていく生活をしていくといいかも・・・。

ヨガが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒ヨガ

関連記事
笑いヨガ?
ヨガでのチャクラやマントラって何?
ヨガのアサナ(ポーズ)や呼吸法のコツ?
ヨガの効果って?
ヨガの歴史って?

スポンサードリンク


ヨガの効果って?

ヨガの効果って?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

最近、女性の間でも人気を集めている
健康法の一つがヨガなようですよね。

ヨガは古代インドで生まれた健康法なようですが、
どなたにでもできるようですね。

一般的なヨガのイメージとして、
体の柔軟性やある程度の筋肉がないと

できないように思うかも・・・。

でも、
そんなことはないようです。

ヨガの効果としては、
基本的には呼吸法とポーズを行うことで、

健康的な心と体を作ることができる、
と言われているようですが、

では、実際に、ヨガの具体的な効果には
どのようなものがあるんでしょう?

先ず、ヨガで行う呼吸やポーズは、
ストレス解消にとっても効果的なようです。

心が乱れているから落ち着かせたい、
物事をもっと前向きに考えられるようになりたい・・・など、

少しバランスが崩れてしまっている場合にも、
ヨガをすることで心のバランスを整えることができるようです。

ヨガを行う際のポイントとなるのが
瞑想なようですね。

この瞑想も、
自分の心や体を見つめ直す意識を働かせることから、

集中力のアップが図れると言われているようです。

それに、様々な場面において
日常的な作業がスムーズに進むなど、

精神面だけではない能力アップが
期待できるかも・・・。

勿論は、ヨガはメンタル面だけではなくって、
肉体面にも良い効果をもたらすようです。

中でも、ダイエット効果は、
多くの女性からヨガが支持されている

理由の一つにもなっているようですね。

ヨガをすると、
普段あまり使わないような筋肉を使い、

体をゆっくりとストレッチさせるような
ポーズをとります。

このように筋肉をほぐして脂肪を燃焼させることで、
基礎体力や代謝がアップして

効率良くダイエットを行うことができるようです。

正しい呼吸法を行うことで、
有酸素運動にもなるようで、

更に脂肪燃焼を促進させることができるかも・・・。

楽天で見てみて⇒ヨガの効果

関連記事
笑いヨガ?
ヨガでのチャクラやマントラって何?
ヨガのアサナ(ポーズ)や呼吸法のコツ?
ヨガを行う最も適切な時間?
ヨガの歴史って?

スポンサードリンク


ヨガの歴史って?

ヨガの歴史って?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

健康やダイエットに良いと口コミで広がり、
幅広い年齢層の方が愛好されているのがヨガですよね。

ヨガと聞くと、やはりインドを連想される方が
たくさんいらっしゃるでしょうが、

今回はヨガの歴史について
簡単にお話ししてみますね。

古くから日本でもヨガは親しまれているんですが、
あなたが連想されているように、

元々ヨガは、インドで4,000〜5,000年前に
誕生したと言われているようですね。

ですが、実は、
明確な起源は分かっていないそうです。

インダス文明の遺跡から
彫刻が発見されたようですが、

その彫刻がヨガの坐法を組んでいるような
ポーズをしているように見えたことから、

これがヨガの起源ではないか、
と考えられているようです。

元々、ヨガという言葉は、
古代インドで使用されていたサンスクリット語で、

結合や繋ぐ、と言った意味を持っているようです。

ヒンドゥー教や仏教の修行僧が
瞑想をして悟りの境地を開いたり、

気持ちを集中させて世の乱れを消し去ることが
目的とされていたことから、

とっても宗教色が強い神秘行法だったようです。

それが基となり、ポーズや呼吸法、
瞑想をすることによって、

心と体の調和をはかることができる方法として、
アジア各地へ修行僧が移動すると共に伝えられ、

その土地の文化がブレンドされて、
現在のようなヨガが確立されたのかもしれませんね。

日本でも806年頃に、
天台宗や真言宗の修行僧達が中国へ渡り

ヨガを持ち帰ったことから、
今のヨガスタイルへとどんどん進化して
いったのではないかという説があるようですね。

ヨガの歴史が気になる方は、
楽天で見てみて⇒ヨガ 歴史

関連記事
笑いヨガ?
ヨガでのチャクラやマントラって何?
ヨガのアサナ(ポーズ)や呼吸法のコツ?
ヨガを行う最も適切な時間?
ヨガの効果って?

スポンサードリンク