剣道用具の手入れの仕方?

剣道用具の手入れの仕方?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

剣道用具と言えば、
臭いというイメージがあるかもしれませんが、

きちんと手入れをしていれば、
臭いも抑えられるようですし、

長持ちさせることができるようですね。

まず、面の手入れのやり方ですが、
使った後には必ず内輪をタオルなどで拭いて、

よく乾燥させるのが良いようですよ。

直射日光に当てず、風通しの良い場所で
陰干しするのもポイントなようです。

又、汚れているなら、
掃除機でホコリを吸ってから水拭きして、

日陰で乾かしましょう。

それに、一年に一度くらいは、
専門店にメンテナンスを依頼した方が良いかも・・・。

胴も使用後は汗をしっかり拭き取り、
陰干しして乾かしましょう。

汚れが目立つ場合には、胴胸はブラッシングして、
胴台はぬるま湯につけてぎゅっと絞ったタオルなどで

拭いてくださいね。

そして、柔らかい布で乾拭きして、
風通しの良い日陰で十分に乾かしましょう。

臭いニオイの元になりやすい小手は、内革を伸ばして、
とにかく乾燥させて、湿気を残さないようにしましょう。

消臭スプレーを使ったり、
洗濯機で洗える小手を買うというのも良いかも・・・。

靴のように、二組以上をローテーションして使うと、
ニオイも抑えられるようですし、長持ちするようです。

垂は、前帯と大垂、小垂はブラッシングして
陰干しして乾燥させ、

垂ひもはアイロンをかけてシワを伸ばしましょう。

竹刀はできるだけ付属品を全て外した状態にして、
湿気の少ない冷暗所に置きましょう。

又、ささくれができてしまったら、
竹刀用のヤスリやサンドペーパーなどで、

丁寧に削ってください。

仕上げに竹刀スプレーを使うと、
さらに良いようですね。

竹刀の手入れを怠ると、
相手に怪我をさせてしまう恐れがあるようですから、

こまめに行うようにすると良いかも・・・。

剣道用具の手入れが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒剣道用具 手入れ

関連記事
剣道の昇段審査で合格するには?
剣道の段位のシステム?
剣道にはどんな技があるの?
剣道で強くなる為の練習?
剣道を始める為には何が必要?
剣道ってどんなスポーツ?

スポンサードリンク


剣道の昇段審査で合格するには?

剣道の昇段審査で合格するには?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに、剣道の昇段審査には
どうすれば合格できるんでしょう?

剣道の昇段試験は、
二段までは地道に練習を行っている人なら、

いつも通りを心掛けて受ければ
合格することができるはず・・・。

受審資格さえあればどなたでも合格できる、
と言うといい過ぎかもしれませんが、

落ちる人が少ないのも事実なようですので、
普段通りの実力を出すことを目標にすると良いかも・・・。

ですが、初段は地方ごとに合格基準が異なるようですし、
近年では合否判定が厳しくなっている、

と言われているようですから注意が必要かも・・・。

中には、学科で落ちてしまう人もいるようなので、
実技だけでなく、学科対策もしっかり行った方が良いようですね。

解答例をそのまま丸暗記すると失敗しやすいようですから、
重要なポイントを押さえて、

自分の言葉で書くようにするのが良いようです。

三段からは審査基準がぐっと厳しくなるようで、
三段で合格率が40%から50%位だと言われていますので、

受審者の二人に一人が落ちてしまうようです。

三段以上に合格する為には、
基本的な所作にも品位や風格がなくてはいけないようです。

これは常日頃から心掛けていないと、
付け焼刃ではすぐに審査員に見破られてしまうかも・・・。

それに、試合とは全く違うものなようなので、
試合と同じ感覚で受けてしまうと、

品位がないと判断されて落ちてしまうようですからね。

剣道の昇段が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒剣道 昇段

関連記事
剣道用具の手入れの仕方?
剣道の段位のシステム?
剣道にはどんな技があるの?
剣道で強くなる為の練習?
剣道を始める為には何が必要?
剣道ってどんなスポーツ?

スポンサードリンク


剣道の段位のシステム?

剣道の段位のシステム?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、剣道の段位って、
いったいどういうシステムなんでしょう?

剣道を統括する団体には、
全日本剣道連盟と日本剣道協会があるようで、

それぞれが独自の基準で審査や授与を行っているようです。

ですが、警察官や皇宮護衛官などの公務員の
武道区分採用の受験資格として認められるのは、

全日本剣道連盟の段位だけなようですから、
全日本剣道連盟が主流と言えるようですね。

全日本剣道連盟の段位システムには、
級位(六級から一級)、段位(初段から八段)、

称号(錬士・教士・範士)があるようですし、
実技(2級以上は剣道形も含む)と

学科(級位審査は実技のみ)で審査を受け、
合格すると得られるようです。

段位(初段以上)の取得者は、
個別に割り振られる全剣連番号で管理されており、

昇段審査を受ける際にもこの番号が必要となるようです。

又、基本的には、
級位の審査は市町村単位の支部剣道連盟が主催し、

初段から五段までの審査は都道府県の剣道連盟が
主催して行うことが多いようです。

六段以上の審査は、
全日本剣道連盟が主催して行っているようで、

主要都市で年に4回から
8回(段位によって異なる)開催されているようです。

二級以上の受審には受審条件があるようで、
特に称号は、加盟団体の会長に推薦された

高段者(六段以上)のみが受審可能なようですね。

剣道の段位のことが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒剣道 段位

関連記事
剣道用具の手入れの仕方?
剣道の昇段審査で合格するには?
剣道にはどんな技があるの?
剣道で強くなる為の練習?
剣道を始める為には何が必要?
剣道ってどんなスポーツ?

スポンサードリンク


剣道にはどんな技があるの?

剣道にはどんな技があるの?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、
剣道にはどんな技があるんでしょう?

剣道は、面、小手、胴、突き(喉のあたり)
の四ヶ所を打突すると決まっているようですが、

その為の技が多種多様にあるようですね。

代表的なものとしては、
面を打つ技では、
・面打ち
・引き面打ち
・小手面打ち
・小手抜き面
・胴打ち落とし面

小手を打つ技としては、
・小手打ち
・引き小手打ち
・払い小手
・小手返し小手
・面返し小手

胴を打つ技としては、
・胴打ち
・引き胴打ち
・抜き胴
・面抜き胴
・面すり上げ胴

突きを打つ技としては、
・片手突き
・諸手突き
・応じ突き

などがあげられるようです。

又、剣道の技は、出ばな技、仕掛け技、飛び込み技、払い技、
返し技、抜き技、すり上げ技、打ち落とし技(切り落とし技)、

応じ技などに分けることもあるようですね。

たくさんの技を身につけるほど、
試合運びを有利に進めることができるはず・・・。

とは言っても、基礎ができていなければ、
試合で使える技は習得できないようですから、

基礎的な練習をしつつ、
徐々にこういった技を覚えるようにすると良いかも・・・。

それに、試合では一つの技を出して終わりではなく、
技が決まらなかった時には、

他の技を続けてできるようにすることも重要なようですね。

剣道が上達したいと気になってる方は、
楽天で見てみて⇒剣道 上達

関連記事
剣道用具の手入れの仕方?
剣道の昇段審査で合格するには?
剣道の段位のシステム?
剣道で強くなる為の練習?
剣道を始める為には何が必要?
剣道ってどんなスポーツ?

スポンサードリンク


剣道で強くなる為の練習?

剣道で強くなる為の練習?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、剣道で強くなる為には、
どんな練習をすれば良いんでしょう?

早く強くなりたい、相手に勝ちたい、
と焦ってしまいがちなようですが、

まずは、
基礎をしっかりと身につけることが大切なようですよ。

正しい構えできちんと素振りをする、
身につくまで何度も繰り返し基本打ちを行う、

といった地道なことを続けるのが、
結局は上達への近道になるかも・・・。

それに、
剣道では足捌きも重要なようですね。

剣道の足捌きは、
一朝一夕に習得できるものではないようですから、

根気よく練習するようにしましょう。

強い人は手に頼らず、
遠い位置からの攻防を行うことが多いようです。

手打ちになってしまわないように、
常に下半身の動きを意識して練習を行いましょう。

手打ちで勝てるのは、対戦相手が弱いうちだけなようで、
すぐに壁にぶつかってしまうようですから、

最初のうちは勝てなくても、
下半身を重視した練習を行うようにするのが良いようです。

目先の勝ち負けにとらわれないで、
もっと先の将来を見据えて、

基礎的なことから
着実に自分のものにしていってくださいね。

剣道で強くなることが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒剣道 強くなる

関連記事
剣道用具の手入れの仕方?
剣道の昇段審査で合格するには?
剣道の段位のシステム?
剣道にはどんな技があるの?
剣道を始める為には何が必要?
剣道ってどんなスポーツ?

スポンサードリンク


剣道を始める為には何が必要?

剣道を始める為には何が必要?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに、剣道を始める為には、
いったい何が必要なんでしょうか?

まず、必要なものとしては、

・竹刀
・鍔と鍔どめ
・竹刀袋
・剣道着(上着・胴着)
・袴
・防具(面、胴、垂れ、小手)
・防具袋

などがあげられるようですね。

又、必要に応じて、

・面紐や胴紐
・面乳革や面手拭
・剣道用のサポーター
・テーピング用のテープ
・メンテナンス用品や消臭スプレー

なども用意すると良いようです。

これから剣道を始めたいと思ったら、
最初は全てセットになったものを購入して、

慣れてきたら少しずつ買い換えるのが良いかも・・・。

剣道に必要なものを一つずつ買い揃えると、
どうしても高くついてしまうようですから、

剣道入門セットを買うといいでしょう。

又、近年では、ジャージ素材の剣道着や、
洗濯機で洗える小手など、

便利なものも売られているようですので、
上手に取り入れてみてくださいね。

それに、防具にはサイズがあるようですから、
できれば、実際に身につけて確かめてから

購入した方が良いようです。

でも、行ける範囲内に剣道用具の専門店がなかったり、
あっても品揃えが悪かったりしたら、

ネットショップを利用してみてはいかがでしょう。

その場合には、サイズが合わなかった場合には
返品できる良心的なショップを選ぶのがポイントかも・・・。

剣道防具が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒剣道防具

関連記事
剣道用具の手入れの仕方?
剣道の昇段審査で合格するには?
剣道の段位のシステム?
剣道にはどんな技があるの?
剣道で強くなる為の練習?
剣道ってどんなスポーツ?

スポンサードリンク


剣道ってどんなスポーツ?

剣道ってどんなスポーツ?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

剣道ってどんなスポーツなのかと言うと、
日本に古くから伝わる古武術の剣術を

競技化したものと言えるようです。

競技として成立したのは明治時代なようですが、
単なるスポーツ競技ではなくって、

柔道や弓道、茶道や華道のように、
精神鍛錬に繋がると言われているようですね。

国際剣道連盟が三年ごとに世界大会を開催しており、
日本のみならず、世界中で

愛好されているスポーツでもあるようです。

剣道の競技中は剣道着と袴を着ますが、基本的には裸足で、
専用の防具を付けて相手と向き合い、

竹刀で打ち合うんですよね。

試合の時間は、高校生以上の場合で4分、
延長戦は3分となっているようですが、

大会や試合ごとに独自に設定することができるようで、
公式大会の決勝戦は10分で行われているようです。

又、剣道は相手の防具の予め決められた箇所を
打突するという競技なようですから、

どこを突いても良いわけではないようです。

審判に有効打突だと判断されたら、
一本、となり、

一本勝負の場合には、
先に一本取った方が勝ちになるようですし、

三本勝負であれば、
先に二本取ると勝ちになるようですね。

三本勝負の場合には、
片方の選手が一本を取った状態で時間切れになると、

一本を取った選手の勝ちに、
双方の選手が一本ずつ取った状態で時間切れの場合は、

延長戦で先に一本取った方が勝ちになるようです。

ですが、大会によっては、延長戦を行わず、
判定や抽選で勝敗を決めたり、

引き分けになってしまうこともあるようですね。

剣道が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒剣道

関連記事
剣道用具の手入れの仕方?
剣道の昇段審査で合格するには?
剣道の段位のシステム?
剣道にはどんな技があるの?
剣道で強くなる為の練習?
剣道を始める為には何が必要?

スポンサードリンク